油井さんの乗ったISSをみんなで観よう!

本日も晴天なり。



暑い日がつづきますな~


c0122670_20220203.jpg
拾い物写真で失礼します。

あす金曜日の夜、油井宇宙飛行士が乗ったISSが日本列島の真上を横断する。

地表から約400kmの上空。

サッカーグラウンドほどの大きさのISSが一等星以上の光(太陽発電パネルに反射した太陽光)を発しながらゆっくりと移動するのだ。

東京から、神戸にあるサッカーグラウンドを見ているのと同等の距離と大きさの関係。

普通地上から地上なら絶対に見えない距離だよね。

でも空方向なら見えるんだから面白い。

しかも光っているから見える距離とサイズなのである。



地球一周90分。

一日に何週もしているわけだが、地球からさほど離れていないため日没後数時間、もしくは日の出前数時間しか目視することは難しい。
軌道も少しずつ変化しているわけだし。

天気も含めていろいろな条件が一致して初めて観られるので、普段からそう簡単に観られる訳ではないのですよ。




まぶしいほどの動く光の中に宇宙飛行士になるという夢を叶えた油井さんが乗っているのかと思うと感動もひとしお。

まるで油井さんそのものの輝きのように見えるかもしれない。


長時間(とは言え4、5分)の観測が可能なので、その時間になったらほぼ真上の空を見上げてみよう。

南西の方向から点滅せずに飛行機くらいの速さで近づいてくる光があったら、それはISSだ。

現在6名のクルーが乗り込んで人類の未来へ向けた実験任務をすいこう中。


c0122670_20205880.jpg
20時30分 忘れない内にアラームをセットしてみては?






同じ時間、油井さんもISSの窓から日本の夜景を楽しんでいるかも。

そして、同じ時間に多くの人が空を同時に見上げて、一つのきぼうの光に目を輝かせていることを想像するととても面白いなぁ。






油井さんは中年の星というが、実はもう一名、宇宙飛行士を目指してロシアで訓練中のさらに年上の中年の星がいる。

一緒にお仕事をさせてもらったことがある方で、とても尊敬するクリエーターさん。

人生をかけて宇宙飛行士になる夢を諦めずに見てきた執念は人類の歴史上最強かも。

彼から頂く年賀状のネタはいつも宇宙のことだった。

c0122670_20331002.jpg
写真は本人のgoogle+より

訓練の内容を常時発信してくれている。

彼らから発せられる情報から常に目が離せません。


二人とも頑張れ~








明日夜は晴れるといいな~!


Commented by ばぶりん at 2015-07-31 07:47 x
情報ありがとうございます!
チェックしてみまーす。
今日はブルームーンでもあるみたいですね。
Commented by oyakata58 at 2015-07-31 08:14
ばぶりんさん、今夜も明日の夜も絶好の機会になりそうです。
晴れるといいですねー!
by oyakata58 | 2015-07-30 20:24 | 何気ない日常 | Comments(2)

何気ない日常の中に見つけた小さな幸せを綴ります


by oyakata58
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30