夏の湯西川キャンプ④ バウルーの歴史を垣間見る

本日も朝から雨天なり。




c0122670_14230519.jpg











しかもかなりの量が降っている。

とはいえ、撤収時だけでも雨が止んでくれればOK~


c0122670_14203244.jpg













c0122670_07232157.jpg









c0122670_14213953.jpg






朝食は今朝はいつものホットサンド。

昨日の余りのカレーを使ってチーズやらを挟んで作るのだが、ホットサンドにカレーやチーズは正直やめた方が良い。

固体に近かったカレーは融けて液体化しこぼれるし、こぼれたら焦げやすいし、バウルーに引っ付きやすいし、食べながらやけどをしそうになるし。

総合的にメンテナンスが大変。とても美味しいのであるが、なるべくなら避けるようにしよう。





コナツは昨夜の残りご飯で作った唯一のおにぎりを昨晩から執着しており、

誰にも食べられないように、今朝に限っては速攻で起きて出てきた。

「だれか勝手に食べたら20万円払ってもらう!!」って警告していたので、誰にも食べられなくって良かったね~








ところでここからは独立記事にしようか悩んだネタ。


イモートさんが面白いものをみせてくれた。



c0122670_14230502.jpg
おそらく40年近く前に日本で初めてバウルーが発売され始めた当初のパッケージ?。

紙でできている。

二色刷りのデザインがいかにもレトロ!

レシピの書いた紙が入っていたらしいのだが、それは破棄したらしい。

非常に残念!!!!





嫁さんの実家にも、私の岡山の実家にもおそらく40年前の発売当初からバウルーがあったのが驚き。

この確率を考えると相当数が日本に流通していたことになる。


イモートさんも我が家と同じく、当時のバウルーを引き継いで使用しているらしい。
おなじような焼き色がアルミ部分についていた。








c0122670_14230532.jpg
いまご家庭で静かなブーム・・・・ってすでに発売中に改編されたパッケージなのだろうか。

といいつつ新発売のシールがギラギラと輝いている。




「バウルーでコンガリ焼かれたサンドイッチはどなたが召し上がってもこれは最高のパン食だとおっしゃいます」

ふむふむ、大いに賛同!



c0122670_14230520.jpg

バウルーの線引き説明いりませんから。






これどうするの?って聞いたら

もう捨てる!というので、もったいないから譲ってもらった。


これは貴重な資料だ。



ちなみにちょっとネットで調べてみたらバウルーの歴史を調べたサイトがあった

最も古いモデルのパッケージとあるが、こちらの方が古いように思える。

しかし、バウルー自体の形状が現行品とも違う(真ん中に仕切りが無い)のでおそらくリンク先の話は正しいようだ。

こんなサイトも発見。未使用状態の当初のバウルーでしょうか。


すごいな~





さてさて、9時ごろに雨がやんだようである。

ここから一気に片づけますよ~

c0122670_14273415.jpg
Photo by kaito










テントやタープについた水滴を全部タオルで拭いた。

c0122670_14213955.jpg

気温も上がってきて乾いた色をし始めた。

良い感じ~


このまま降らないでくれよ~







c0122670_14273596.jpg
Photo by konatsu






さて幕体を撤収するか~と動き始めた途端!



まさかの雨!!!!!

ひーーーっ、全部拭いて乾いたところだったのに~



どんどん雨脚が強くなる。

今までにたとえば5~60回キャンプをしているとして、雨の中撤収したのはその一割以内の5回ほどだと思う。






とはいえ、仕方がないので濡れたテントや幕体たちを大急ぎで全部クーラーボックスに突っ込んで撤収完了。



c0122670_14273402.jpg




管理人さんに挨拶。
管「ちょっと天気が残念だったね~」

私「いえいえ、それでも要所要所では止んでいたのでやることはほとんど実行できて満足してますよ」

管「そうか、それは良かった。今日はさらに悪いらしいんだよね。子供たちがせっかくたくさん遊びに来てくれてるから
元気に思いっきり楽しませてあげたいんだけど、天気ばかりはね~ 明日は晴れるらいんだけどね」

管理人さんは子供たちの事を気にされていた。

虫刺され用に頂いた薬を沢山余ったので返し、「また近いうちに遊びに来ます!」。

今回も本当にたくさんお世話になっちゃったな~

ありがとうございました!!!!






最後は(も)雨だったけど、今回も楽しかったな~






圏央道が東北自動車道とつながったらもっと便利に近くなるので益々来やすくなる。

もうしばらくの辛抱だ。






c0122670_14300083.jpg

湯西川ダムに立ち寄ってすこし見学。








c0122670_14300037.jpg













帰りの道すがら、妙に盛り上がっている肉屋のコロッケを買って車内で頂く。

c0122670_18332563.jpg










c0122670_18332488.jpg









c0122670_18332482.jpg

キャベツメンチ140円が激ウマ!!!!!

これあと3個は買っておけばよかったな~

これから湯西川に行くときには必ず寄っていくこと間違いなしの、お気に入り店に登録します。










高速道路の渋滞はまだ発生していない様子。


c0122670_14300028.jpg



途中立ち寄ったSAで強い日差しが復活してきた。

気温25度前後の快適空間から35度前後の蒸し暑い空間。


SAの敷地の端っこにあった広い休憩広場でびしょびしょに濡れていたテント達を引っ張り出して広げ乾かすことにした。





c0122670_14300017.jpg
タープだけじゃなく、テントもフラップも、グランドシートも。



通行人がこちらをジロジロ

あら大変そうなキャンプだったのね~的なまなざしでこちらを見ておられる。

はい、そうなんです。広げちゃってごめんなさいね~







ロープのところは完璧に乾いていなかったが、幕部分は一瞬にしてパリッパリになってくれて一安心。

再び撤収して再出発。







家までの帰り道、未開通区間の白岡菖蒲ICと桶川北本ICの間にある嫁さんの実家のすぐ横(50m)を絶対通るので、お盆ということもあって挨拶がてら立ち寄った。

圏央道が繋がるとこの行動も起こしにくくなるね~。




そんなことをしながら結局渋滞もなく八王子に無事帰宅。





帰ったらすぐにテントなどをデッキに広げて、ロープなどまだ湿っていたパーツを中心に乾かした。

雨天撤収の後片付けは普通の2倍の手間と時間がかかるのですよ。

しかも大切な道具たちがカビや腐食により傷んでしまう可能性も格段に上がる。

なので油さしなど、さまざまなメンテナンスも要求されるわけですよ。


キャンプはな~、帰ってからもキャンプなんだぞ!







おしまい。


Commented by いもーと at 2015-08-16 21:41 x
撤収時の雨にはまいったけど
その他はやりたいこと全部できたし
おいしかった!楽しかった!
準備色々とありがとうございました~!
流れ星めちゃきれいだった☆
Commented by oyakata58 at 2015-08-16 22:11
いもーとさん、どーもです!
今回はお疲れ様でした。
狙いはほぼすべて実行できましたね~
スイカ割りができなかったというか、最後にスイカを食べたかったのだけが心残りでした。
こちらこそいろいろと美味しい料理をありがとう。
雨が多くて座って食べてばっかりだったような気がしているので、なんか体重というか腹回りが広がったような気がして、ちょっと焦ってます。
子供たちも相当たのしかったようなので、是非次回また計画しましょう。
by oyakata58 | 2015-08-14 19:10 | キャンプ | Comments(2)

何気ない日常の中に見つけた小さな幸せを綴ります


by oyakata58
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31