本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:キャンプ道具( 74 )

久々のアウトドア村

本日は雨天なり。

しかも結構な本降り。

週末にGWで達成できなかったキャンプにでも行きたいと思っていたのだが、数日前から嫁さんの腰痛が発生した為に予定を取りやめて結果的に良かった。

子供たちはそれぞれ遊び友達と雨の中外出。


c0122670_20362511.jpg




c0122670_20023199.jpg


仕方ないので、少しでもアウトドア気分を味わおうと昭島のアウトドアヴィレッジに一人で行って来た。


家から30分ちょいで到着。

c0122670_20023158.jpg


開村当時に比べたらずいぶん緑が茂って来たなあ〜



c0122670_20023231.jpg

雨もあってか客は少なめ。


客が入ってるテナントと入っていないテナントの差が激しい。

一般的に知られたお好みのブランドに偏ってる感じ。



c0122670_20023213.jpg

子供とくるより一人でじっくりみたかったので丁度良かった。




c0122670_20023260.jpg





c0122670_20023344.jpg

私の目的はほぼこのお店に集約される。


セール品が全然なかったが、みていて飽きない、魅力的な商品に溢れている。



しかしずいぶんKAVUの勢力が大きくなって来てるなあ。


結果的に、目的としていたお気に入りのシャツとプレゼントを買った。


入間のアウトレット店にも行きたくなった。


c0122670_20023325.jpg

スノピのレストランも今日は空いてた。
時間が中途半端だったので、そのせいかも。



c0122670_20023368.jpg






c0122670_20023486.jpg


モンベルで売ってたこのテーブルマットいいなー。ロールテーブルは汚れると面倒だがこれがあると片付けが楽になる。




c0122670_20023418.jpg

キャンプチェアに緑バージョンも。


c0122670_20144893.jpg




c0122670_20144883.jpg

ノースフェイスもかっこいい服が沢山あって目移りしたが、我慢ガマン。




でもここ数年、キャンプ道具は買っていないよ。






c0122670_20144982.jpg
田部井さん、逝ってしまったね。


c0122670_20144983.jpg




c0122670_20144970.jpg





帰宅後


今夜は手作り餃子。
c0122670_20145018.jpg

夫婦で無心に包む。


c0122670_20145077.jpg

たまらんなーー



c0122670_20145149.jpg

ノーマル味に、チーズイン味も。



c0122670_20145120.jpg

美味しかったです!!



by oyakata58 | 2017-05-13 19:51 | キャンプ道具 | Comments(0)

バウルーにヤキモチ

本日も晴天なり。



バウルーが目の前にあったので小腹がすいたついでに、バウルーで餅を焼いてみたらどうなるのか試してみた。

c0122670_23453626.jpg



この中にサトウの切り餅が4個入っている。


恐る恐る弱火で数分待つ。

トースターより明らかに時間をかけて。


c0122670_23453676.jpg

うまそーーー


c0122670_23453777.jpg


やき海苔の上に落とす。

バウルーからするりと落ちる。


c0122670_23453875.jpg


バウルーの縁付近はサクサクパリパリ、
中央部もサクサクだったので手で割れ目を作ってお醤油をかけてみるといい感じ。


c0122670_23453883.jpg




c0122670_23453995.jpg



こしあんなんかもつけてみたりするとさらに味を楽しめた!

これは大成功!!!




ついでに


c0122670_23453963.jpg

その日の夜は広島焼き。



c0122670_23454000.jpg



自分たちの結婚祝いに友人からプレゼントしていただいたホットプレートだが、こびりつきが目立つようになり、失敗する原因になり始めたので、ついに買い替えの決心がつきアマゾンでポチッと!

c0122670_23454190.jpg


ついでについでに雪の日の八王子の景色。





by oyakata58 | 2016-11-25 23:36 | キャンプ道具 | Comments(0)

ソリステの新しい使い方

本日も晴天なり。



先日のキャンプで、気づいたスノピのソリステの新しい使い方。




c0122670_00085192.jpg
shu.tさんが、現場から出たという角材の破片をそのまま焚火用にもってきてくれたのだが、

あまりにも太すぎた。


乾燥割れ防止の切り込みがすでに入ってたのでその隙間を利用してソリステを3本使って石割りでもするように打ち込んでいくと・・・


結構深く打ち込む必要があったが、見事に割れてくれて、半分のサイズになった。

鉈(なた)がなくてもなんとかなるものなのね。強靭な道具って素晴らしい。重すぎるのはなんとかならんものか。

まあ、こういったシチュエーションはそう滅多にあることではないけどね。


キャンプサイトにキンコンと音がしばらく響き渡り、ちょっと迷惑だったかも。

c0122670_00282356.jpg
ちなみにソリステのヘッドの部分を白いスプレーでマーキングしているのは、

① 地面に刺したまま回収し忘れるのを防止するために目立つようにしている。
② 暗がりで白いほうが若干目立つので、引っかかって転ばないようにしている。
③ だれかのソリステと混ざらないようにしている。
④ 錆防止

以上4つの観点からでした。







この週末は遠出をせずに比較的おとなしく過ごした。

土曜日は授業参観(学校公開日)だったり、そのあと夕方から八王子の小さい映画館で特別上映の映画を観たり。

この映画館、初めて入ったけど、かなり素敵。

ニューシネマパラダイスとまでは行かないけど、昔の感じがただよう。



c0122670_00085870.jpg

観たのはまんなかのポスターの映画「帰ってきたヒトラー」だったけど、
ドキュメンタリーとフィクションが混ざってて面白い映画だった。

知らない役者さんばかりだったのと、ドキュメンタリー映像が混ざっていたのであまりにもリアルすぎて映画であることを忘れるほど。

どう受けとめたらいいんだーって、考えさせられる映画だった。

民主主義も進化しないと。







今日は午後からカイトのテニスの特訓に、いつものじゃない公園へ。

地面がそこそこ平らで、テニスコートサイズの広い誰もいない公園なんてそう滅多にないので・・・

c0122670_00085809.jpg

途中バドミントンをやったり、テニスをやったり。

途中、テニスラケットを持った青年が自転車で一人でやってきて、公園のベンチに座り、こちらをずーっと見ている。

いっしょにやりたいのかな~?

あとで声をかけてみるか。



テニスの最中にちょっと疲れて休憩しようとしたら、テニスラケットをもった学生さんが立ちあがり、こちらにやってきて、「息子さんのフォームですがもっとこうすると良くなると思うんです」と割り込んでアドバイスをし始めてくれた。


手本をみせてくれたりする。

かなりの腕前かとおもったら、本人いわく、数カ月のテニス歴だとか。

そんなわけないほど上手だった。



ちょっと打ちませんか?と私を誘い、乱打をしたりして(ネットはない)、容赦なく結構強い球を打ってきて、
私もまけずに本気で打ち合うものだから、普段使わない筋肉が速攻で筋肉痛。

スポーツとか遊びながらハードトレーニングできるって素晴らしい。




最後は私はカイトにバトンタッチし、カイトが彼と一緒に乱打。

長いこと相手をしてくれていた。


c0122670_00085861.jpg


カイトも良い練習になったようで、二人で満足。



またここに来ようかな~と思った。


帰りに、その学生さんにお礼を言われ、どういうわけか新しいテニスボールを二個くれた。

聞くと高校生で、今日試合帰りらしい。その試合で持って帰っていた玉のようだ。


なんだか不思議な人だなあ。




今日もなかなか夕日が綺麗な日だった。

c0122670_21474344.jpg





c0122670_21474499.jpg





c0122670_21474488.jpg





c0122670_21474546.jpg









by oyakata58 | 2016-10-17 22:25 | キャンプ道具 | Comments(0)
本日は曇天なり。
c0122670_21522007.jpg




超お気に入りのザックオスプレー バックサイドプロ。

c0122670_21522227.jpg

しっかり時間をかけて重曹液に浸しても完全に綺麗になるには繰り返す忍耐が必要だった。

c0122670_22092646.jpg


前回も書いたけど、加水分解が進行しきってないPUコートはすぐには重曹液に溶けず、繰り返すうちに徐々に溶けていくので、終わって乾かしてから落ちきっていないことに気づくことが多い。

c0122670_21522396.jpg






c0122670_21522585.jpg

もう今の段階では諦めることにする。
匂いは完全ではないがほぼ消えて満足。


c0122670_06593215.jpg






c0122670_21522625.jpg



続いてスノーピークのワンポールタープ ペンタ!だと思っていたらペンクって堂々と書いてあった。
c0122670_21522812.jpg

15年前にスノーピーク正規取扱店で買った。

c0122670_21522934.jpg


記入欄があってもロット番号もないが、そんなの書かれてるのを聞いたことないのでどれもそうだろう。

c0122670_21523015.jpg


昔のスノーピークも適当だなあと。

しかし昔のスノーピークは、世界最小のガスランタンやストーブの天地シリーズや、袋までも組み立てに有効利用するタープなど、ミニマムキャンプに特化したものづくりメーカーとしてファンだったのだが、今は良かろう重かろう高かろうなブランドに成り上がり、私はターゲットユーザーから降りた。


そんな古きよき日の貴重なスノピ製品
c0122670_21523164.jpg

ベタベタ感マックスの加水分解タープ。

重曹液に浸し甲斐がある。

2時間程浸けて放置した液体を見ると写真の掲載は自主規制するほどの汚水に変化。例えるなら茶色い紙すき和紙の液体の如く。

c0122670_21523232.jpg


縫い目に当てられたシームテープは強力で溶け切るのに回数が必要だった。しかし最終的には綺麗さっぱり剥がれ、とりあえずベタつきは終了。

コートを剥がされたタープはペラペラで光がスケスケに。かなりの厚みで防水防UVしてくれていたと思われる。


さてここからどうするか…

再びPUコートを自分ですべきか、それほどの価値もないか…

迷い中。
by oyakata58 | 2016-09-14 21:30 | キャンプ道具 | Comments(0)
本日は曇天なり。

青空も時折覗くちょうどいい天気。

特に予定もない日だったので、アウトドア道具のメンテナンス。

c0122670_00525591.jpg


超お気に入りザックのオスプレー旧タグ
「Backside Pro」

ポリウレタン(PU)で防水処理された外装の内側はいずれ必ず加水分解で辛い匂いとベタつき、更には剥がれによる汚れが発生する運命にある。

15年前に買ったこのお気に入りのザックも、そろそろ使用の限界になっていたのだが、お友達が重曹に一晩浸けたら綺麗に剥がれて匂いも消えた!というので、家にあった重曹ちゃんでやってみた。


まずはフレームやら型維持用の素材を本体から引き抜き骨抜き状態に。



c0122670_00525683.jpg



c0122670_00525647.jpg

ひどいことになってる。

写真だとわからないけど匂いもする。


c0122670_00525742.jpg



こんな時用に取っておいた花火セットの大きなバッグに、ぬるま湯に混ぜた適当量の重曹と一緒にザックを突っ込み、揉み揉みする。


c0122670_00525879.jpg



この状態で2時間ほど放っておいたら、あらあらなんと、液体が見事な茶色に。


c0122670_00525920.jpg



c0122670_00525913.jpg



取り出したらPUコートが日焼けして剥ける皮膚のように剥がれてるではありませんか。

ちょっと早かったかな。
c0122670_00530050.jpg


たわしなどを使ってゴシゴシとしごき、1度目完了。


再び同じように綺麗なお湯に重曹を混ぜ、すすぎ終えたザックを突っ込み、しばらく待つことに。

更に2時間後、先程不十分だったところも綺麗に剥がれて、見事に落ちた。

c0122670_00530164.jpg



匂いも全くしない。




c0122670_00561392.jpg


陰干しして乾くのを待つ。


あある程度乾いてからわかったのだが、加水分解の進行が弱いところは、はじめはすぐに溶けない。しかし繰り返すうちに徐々に重曹の効果が現れるので、何度も繰り返す事になった。一昼夜浸けておけば一発で落ちたのかなー。

味を占めた私は、スノーピークのワンポールタープもベタつきが発生していたのを思い出し同じ処理をしてみた。

c0122670_00561471.jpg


これもえらいことになった。


c0122670_08563009.jpg


ワンポールタープ ペンタ。だと思っていたら、ペンク!って書いてある。

バッタもんか??


この話はまた後日に。




by oyakata58 | 2016-09-11 23:49 | キャンプ道具 | Comments(0)

ヘリのドームシェルター

本日は曇天なり。

関東地方は寒い日が続いております。

c0122670_12070157.jpg


いつもの野生1の道具屋で展示販売販売しているヘリノックスのドームシェルターの情報を頂いた。

かっこいい!

流石のヘリノックスだけあってありえないほどにコンパクトに収納できるようだ。

一つ買おうかな〜。

で、お値段は…

販売価格は税別27万円、税込約29万円

でもおそらく金額並みの価値はあるだろう。

少しでも高い製品を見せて、麻痺させた客にスノピの高価格帯を売る為の戦略かもしれない。

でもキャッシュバックキャンペーン中でも無理だわ。
私はメーカーが設定したターゲットユーザーの中に入れなかった。

これでヘリ沼から脱する良い機会になります。



by oyakata58 | 2016-03-13 11:56 | キャンプ道具 | Comments(2)

これは面白い特集だ

本日は晴天なり。


ここのところのジメジメ天気で
干し柿にカビが発生、増殖し
まさかの全滅。

待ちきれずに吊るして3日後くらいに食べてしまった3、4個以外、全数廃棄してしまった。

残念!



なにげに本屋さんのアウトドア雑誌コーナーをプラプラしていると

c0122670_19484762.jpg


アウトドア業界のちゃんとしたブランド保護の観点からいうとタブー?とも言えそうな特集をしている雑誌を発見!

よくやったなーー


ざっと中身を立ち読みしてみたが、なかなか面白い。



決してコピー商品を推奨しているわけではないので安心したが(ジェネリック?的な商品もちらほら)

同じ目的の製品を比べてもあたりまえだけどピンキリで、

この製品は高いけど価格差が使いやすさと耐久性を納得のいくレベルで反映しているのか⁉︎
この製品にこの値段を払う価値があるのか⁉︎
について冷静になれるきっかけになり、安くてもこれでいいのだ!と安心させてくれるかもしれないので購入検討中の人は判断のヒントになるかも。



対コスパの優良製品はこれだ!といった評価を下している取り組みは面白い。
実際に使い込んでみた評価結果なのかは不明。でもここが一番大事なポイントなんだけど…。



格安キャンプ道具!とはいえ、決して安いものばかりが選ばれているわけではない。

えー〜っていう商品もあるが、それは自分の固定観念かも?と気づかされるかも。

どや!というラグジュアリー志向のおしゃれで高級路線ではなく(もちろん戦略としてそれも必要)、
買いやすく得した気分になれる庶民の味方のブランドや製品の紹介なのだ。
そういう観点からいうとUNIFLAMEは強い。




とはいえ所詮スポンサーとおんぶにだっこのメディア。
鵜呑みにして失敗しないとは言い切れないので、最後は自分の情報収集能力と判断力に委ねられる。


安くて良いものを上手に使っている人の方が発想や知恵が長けていて、応用力が高く、本質的にキャンプ行為や体験そのものを楽しんでいるベテランキャンパーなんじゃないかなー、なんて思えてしまう、そんな特集だ。

これから道具を揃える人必見!


とはいえ最後はその製品だけじゃなく中長期的に見てそのブランド(個性や思想)を心底愛せるか?が長く使えるポイントです。

コンマリさんじゃないけど、永きにわたりときめき続けるかがモノ選びにおいて一番大事なのです。

そこは冷静に。



長く愛せる道具って結局ちょっと背伸びして買ったあこれがれのブランドや高級な道具が多いんだよな〜









おまけ

ちょと話題になっている「世界一のリア充カップル」の動画。

単なる物質的に恵まれた金持ちの御戯れというだけではなくって、かなりアクティブ。


美男美女のカップルといい、型にはまっていない様々な方向に突き出た遊び方といい、

遊びの質といいなんでもこなせる運動神経といいかなりハイレベル。

あえておまけで載せたメイキングも嫌味が無くって、なんかバランスを取ろうとしている(良い意味で)。

溜息が出るようなリゾート地の風景、小気味よい編集と、おしゃれな音楽が相まって、映像としてもとても美しい。






女の子がサラダでもいいからヘルシーで美味そうな料理を自分で作るシーンがあったらもっと完璧だったわ。



きっと映像作家が作った世界なのだろうとは思うが、そんな曲がった妬みの感情で観たりせずに、
こんな生き方をしている人が同じ地球にいるかもしれないなあと妄想させてくれるだけで人生の励みになるわ。



by oyakata58 | 2015-11-15 19:31 | キャンプ道具 | Comments(2)
収納箱にもさらなる機能性を求めて整理術の改善を図る。

c0122670_22591062.jpg








最近までアウトドア道具の持ち運び用にプラスティックでできたケースを使っていたのだが、
c0122670_10593095.jpg
キャンプサイトでの存在感がいまいち美しくなく、中身を出した後は邪魔だったりしたので、

邪魔にもならず、見た目も美しい(良い雰囲気になる)ケースに変更すべく、いろいろ考えて木箱を作ることにした。




作るといってもホームセンターで安く売っているものをリメイクしただけのお手軽品。

近所のホーマックスーパーデポに工房マイスターさんが作成しているという白木でできた木箱がなんと2000円以下で売っているのを発見し、

店頭の商品を使っていろいろな寸法を測った結果、そこそこ使い勝手がよさそうだったので購入。

c0122670_22384231.jpg
ホーマックスーパーデポならいろんなお店であつかっているんじゃないかな。







考えがあって、ほぼ同じ色でできている板材も購入。


c0122670_22410732.jpg
まずはエッジをヤスリで丸めたり、荒れたところをヤスリで滑らかにしたりと怪我が無いようにしておいた。


それに自分の好きな色を塗って整える。


※この時点でパテでビス穴の凹みを埋めておくべきだったな。




c0122670_22415501.jpg














c0122670_22415549.jpg
下地完了



さらに、それに味を出すために、ワトコオイルを塗りこむ




c0122670_22425283.jpg













c0122670_22425220.jpg
二度塗り、三度塗り。

タオルでゴシゴシしごいて浮かせないようにしながら、しみこませる。








c0122670_22425233.jpg
















c0122670_22425275.jpg






天板となる板材も。
c0122670_22301715.jpg

両端に繋ぎの横板を釘打ちして天板にした。








c0122670_22432403.jpg



底面にはウッドデッキに使っている防腐防水塗料を塗って、地面に直置きしても水分を吸収しないようにしておいた。


ビス穴も木製用のパテで埋めて、ヤスリ掛けして着色。
c0122670_22301739.jpg





二週間ほど外において天日で乾燥。

ほぼ完成。









c0122670_00185733.jpg





c0122670_00185753.jpg

セリアという100円ショップを物色して外装をデコるための部品を購入。

100円にしては質感が良く、バリエーションがいろいろあって面白い。




c0122670_22481323.jpg
プレートもそのままつけたら生っぽいのでちょっとヤスリで傷をつけたり、オイルをしみこませたり。



小さなスキレットは黒い釘で一箇所が固定されていて運ぶ時揺れたりカタカタと木と当たる音がするのが心地よい。









c0122670_22492523.jpg
スキレットの金属小物は二個入り一セットで売っていたのだが、
大小のサイズの差がある。
大きい方が調理器具が入っているサイン。











c0122670_22492545.jpg














c0122670_22492520.jpg

背面には取っ手を。
車の荷室の奥から引き寄せる為。
これらもセリアで購入。
名札のところには中身をわかるように札を入れることもできる。


側面に8の番号がついているが、これもセリアで売っていたいい感じの金属パーツ。
58にしようと探すも5番が無し。
とりあえず8だけ買って、他の店舗で探そうとするも、無し。

店員さんに聞いたら、123、789しか商品として存在しないらしい・・・・
なんで???
456が出るのを気長に待つとするか・・。





c0122670_22492577.jpg
これでほぼ完成。











c0122670_22515087.jpg
家族でキャンプに行ったときなど、テーブルの足を木箱が兼ねているので、使っていない時が無い。

箱にも機能を持たせたということ。


※この状態から中身を取り出すには正直不便。








c0122670_22481315.jpg
蓋を表裏逆さにすると横に伸ばしてワイドテーブルになるようにした。

2家族くらい余裕で行ける。


蓋も楽に空けられるので、これなら途中で中身を取り出すことも容易に。


ただし、空荷の状態でどれ位の荷重に耐えられるか試してみないと。







c0122670_22542582.jpg





c0122670_22542511.jpg












c0122670_22550179.jpg
中身は無印で買ったステンレスメッシュカゴに
UNIFLAMEのファンゴ―デラックスやケトルなど食器類。隙間にまな板やお皿。



c0122670_22550132.jpg
それからセリアで買った小さな木箱にカトラリー類は入れた。






c0122670_00185716.jpg




c0122670_00185808.jpg
全部100円(税別)



その木箱にもワコトオイルを塗るなどして着色した。











c0122670_22565191.jpg

もう一方の箱には火器類。

ストーブやトーチ、ランタン、ヘッドライト、燃料ボトルなどが入っている。

ランタンのケースは外して、緩衝材になりそうな巾着袋を頭にかぶせて保護し、収納保有スペースを小さくした。









テーブルとして使わない時も、サイトの一部におしゃれな感じで佇んでくれるのでとてもお気に入りに。








実践編

五光牧場で使った時の様子

c0122670_22591071.jpg
かなり平地じゃないと天板が安定しないのは欠点でもあるが、薪などを使って補正すれば今のところ使えなかったところは無い。








c0122670_22591064.jpg

天板はそのまままな板にもなるよ。






c0122670_22591023.jpg



側面に2箇所の穴を開けて持ち運び用に太めのロープを付けた方がよいかな~とも思ったけど、
外れないための内側の結び目が中身の収納に影響を与えそうなのでいまのところ検討中。

ロープはそのうち海岸の漂流物でも拾っておこう。


c0122670_22481330.jpg



大型の調理器は入ったけど、調味料入れのケースは外へでてしまったので、追加検討中。

暫くはこれで楽しんでみて、また改善したいと思う。




by oyakata58 | 2015-11-08 11:06 | キャンプ道具 | Comments(4)
本日も晴天なり。





数カ月前に購入したアウトドア用具の収納木箱が少し進化。
c0122670_07453670.jpg



c0122670_07453603.jpg



中に無印のステンレスメッシュカゴを入れて、食器洗い用のバスケットにすることにした。

サイズ的にはぴったり。
c0122670_23191635.jpg
水色の袋の中身はコレールのお皿が3枚。







c0122670_23191679.jpg

UNIFLAMEのFUN5セットやポット、食器、などが何とか入り、コンパクトに。

その上から100均で買った木製のケースにお箸やスプーン類を入れたらこれまたスッキリ!

調味料入れが飛び出してしまったけど、そのうち対策を考えよう。





もう一つの箱には火器が入っている。
c0122670_23191560.jpg






c0122670_23191549.jpg

これも意外にいろいろと入ってスッキリ。








c0122670_23191551.jpg
外装にはこれまた100均で買った金属製の小物を張り付けて、何となく二つの箱の中身を識別できるようにしている。

詳しくはまたそのうち。











午後から
八王子の街へ



南口の郎郎郎(三郎)ラーメンで昼食。

家族3人であまりの量の多さに撃沈。

私だけかろうじて完食。
晩御飯まで苦しかった。

c0122670_00014637.jpg
カイトも嫁さんも半分くらいでギブアップ。

でも病みつきになる人が多いのはうなずける





出っ張った下腹をさすりながら

c0122670_23191530.jpg
八王子の駅ビルで行われている今日から始まったばかりの宇宙展へ。


到着して気づいたのだが、初日は午前中で終わり・・・・。


だけど、企画者の方がいらして、ショックを受けている私たちに気づいたのか「観にきたのですか?、入って良いですよ」と言われ、入らせていただいた。





写真撮影もOKとのこと。



c0122670_23191589.jpg













c0122670_23191553.jpg
イトカワのカプセルの模型










c0122670_23302362.jpg
10億円といわれる宇宙服もレプリカだと感動もそれなり。。。






















c0122670_23302274.jpg








c0122670_23302389.jpg
若田宇宙飛行士が着た宇宙服のレプリカも。










c0122670_23302285.jpg
ネームの刺繍に悪意のあるダジャレ???

と思ったのだが、後で調べてみると、ロシア語でワカタを発音通りに書くとBAKATAになるらしい・・・・

ちょっと笑った・・・







壮大なスケールの宇宙をテーマにした展示を観るなら模型やレプリカなどでは物足りない感じが・・・・

せめてプラネタリウムや映画館で勉強したいな~










c0122670_23302242.jpg
コナツはそのころ、子供たちのイベントで高尾山登山中。

とても楽しかったようで、嬉しそうに帰って来た。









夜には家のベランダから花火が見えた。

東京造形大学の芸術祭があったらしい。

c0122670_23302292.jpg

生で花火を見たのは今年初めてかも・・・・

















by oyakata58 | 2015-10-18 23:35 | キャンプ道具 | Comments(0)

ZARGES社 アルミコンテナ

ネットで検索しているとかなりカッコの良いトランクを発見した。




c0122670_18284275.jpg
ZARGES社 トランスポート アルミコンテナ

航空貨物を運ぶ為に開発されたコンテナのようだ。


ドイツ軍も認める堅牢なボディーに機能的な梱包性。






c0122670_18284212.jpg
88×45×44cmとサイズも丁度良い感じ。
c0122670_18284274.jpg





※こちらより画像拝借

c0122670_18365539.jpg


畳むとこんな薄型に


横田基地周辺のミリタリーショップに超偶然置いてあったのだが、
木製のパ―ツの摩耗状態からみるとかなりの使い込まれたUSED品だった。
お値段たしか24000円程度だったような。


アルミとはいえ、重量は13kg。重いととるか軽いととるかはその人の個人価値次第。




ネットで出回るが、すぐに売り切れるパターンらしい。









インテリアとしても素晴らしいデザイン。

若干在庫があるお店も発見したが、これは人気がありそうだな~

c0122670_22353362.jpg



使ってみたい・・・・


by oyakata58 | 2015-09-07 06:25 | キャンプ道具 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58