本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

お気に入り絵本

少々お下品な話を最後にしたまま、ほうっておくとギャルにきらわれそうなので

気持ちを切り替え、最近、心に響いた絵本の話をしようと思う。

そのタイトルとは

ずばり

「かいくんのおさんぽ」

c0122670_23475877.jpg


中川ひろたか(作) 荒井良二(絵)

まず、タイトルが、あれっオーダーメードブック??と思わせる。でもちがうのだ。



内容はというと・・・

かいくんという少年が野原を散歩していると突拍子もないものがいきなり飛んできて体にくっつく。

するとまた、突拍子もない動物が向かいからやってきて、かいくんにくっついているものが羨ましくって「○○欲しいなあ」っていうので、かいくんは「じゃあ あげるよ」といってあげる、すると動物は喜んで行っちゃう。そんなことが4回、いろんな動物で繰り広げられるのだ。そのやり取りと、セリフがもう最高なのだ。ライオンが「ちょとイカくさい・・・」   プププっ。

さらにどんどん歩いていくと、森の木の上から歌が聞こえくる。

おとうさんがギターを弾いているのだ。

そしたらさっきの動物達が再びみんなで現れて、「ぼくたちもあのおとうさんが欲しいなあ」と言う。

すると、かいくんは「えっ、おとうさんはだめだよ。ぼくのおとうさんはあげられないよ」

と感動的なセリフを口にするのだ(涙)。

そのあと、おとうさんは「ははは。そうだね、だけどおいしいごはんならごちそうするよ、うたもうたってあげちゃうよ」といって、みんなをおうちに招待するのだ。
その後姿がカッコよすぎるっ!


ヘタウマな絵、画面の随所に散りばめられた子供心をくすぐるいろんな隠れキャラ、くだらないけど笑える駄洒落、リズミカルな文章、ストーリーだけではなくいろんな発見があるおもしろい絵本なのだ。

タイトルと内容でこれは是非oyakata家へあげるしかない、って嫁さんの妹からもらったプレゼントなのだが。

う~ん、よくできている。ほんと嬉しいじょ。ハルちゃんありがとう。

読むと毎回、ホノボノとした日曜日の昼下がりのような気分になれる。


「あんなおとうさんに わたしもなりたいと思いました」
by oyakata58 | 2007-05-31 00:22 | お気に入り | Comments(4)
「オラに元気を分けてくれ!」というのはドラゴンボール、孫悟空の元気玉を作るときの名ゼリフだが、しばらく仕事ではまりそうな、私の昨今の事情・・・まじ、元気を分けてくれ。オラの頭からケムリがでてる・・・


一昨日のことである。

のどの奥に違和感、んがっーーっ、ぺっつ、ひょこっ。

「くさい玉」がひょっこりと出てきた。


おー、久しぶり、半年ぶりくらいかなあ。


みなさんは「くさい玉(くさいだま)」を知っているだろうか。

誰が名づけたか「くさい玉」、哀愁の口内真珠。

一年ほど前、昼休みに会社の仲間をリサーチしたら、ほぼ過半数がくさい玉経験ありだった。

初めてくさい玉が生まれた時、なんじゃこりゃ~????と思った記憶がある。

直径3mmほどの黄色がかった乳白色の玉状のものだ。

気になって、手に取り、人間の本能で潰して思わず匂いを嗅いで見る・・・・・

くっさ~ぃ

最初に出会ったのは10年ほどまえだったろうか、いや、もっと前かな??

自分なりに分析すると、お米粒が鼻腔を逆流し、半分腐って降りてきたのがくさい玉の原因かと思っていた。

しかし、それにしてはお米の素材感とはまったく違う。

その後、おそらく親知らず辺りの虫歯ホールで熟成された歯垢が溜まったものがひょこっと現れたのかと勝手に信じ込んでいた。

詳しい説明をしている番組サイトを発見。やはりみんな気にしているようだ。

↓クリック
「うわさの検証ファイル くさい玉の正体を調査せよ」

まだくさい玉を見たことがないという会社の後輩の為に大切にとっておこうかと頭をよぎったが、現物を見せると確実にドン引きされるだろうし、その子の好奇心にまかせ、最大のポイントである匂いを嗅がせたなら失神寸前、嘔吐に襲われるかもしれない。確実に嫌われるであろうことは容易に想像がつく。

もちろん、いたずら心に理性が打ち勝ち、止めておいた。

かつて鉄腕ダッシュで臭い物競争みたいな企画をやっていて、ドリアンだの、クサヤだの、シュール・ストレンミング(スウェーデンのにしんの腐った缶詰)など匂い測定器を使ってやっていたが、くさい玉はどれほどのものなのだろうか。(番組は食べ物特集でした)


みんなの「くさい玉」を集めて最強の匂い玉を作って対決させてみたい。

おそらくその匂いは悪も倒せると思う。

「地球のみんな、頼む、おらに少しずつ、くさいを分けてくれ!」


いらね~ 先に自爆してしまうわ。
by oyakata58 | 2007-05-29 23:29 | 独り言 | Comments(3)
今回はあっさり味のレポートで。

建築中の新居にサッシが付き、しかも玄関ドアまでついていた。

ということで、大工さんがやっていない日曜日は、いくら家主といえども勝手に出入りができなくなったということ。

うれしいような、かなしいような。

c0122670_2291266.jpg

この段階で写真をたくさん撮っておくと、完成した後々、壁の内側のどこに添え木があって、加重が掛かるフック等を打ち込める事ができるか分かるのだ。

c0122670_2293083.jpg


川越に住む友人から、カイトの誕生祝いにもらったオリジナルユニフォームが、やっと着られるサイズにまでカイトは成長した。成長が早いのですぐ着れなくなるかもしれないが、2年間ほど着せまくる。ドロップさんありがとー。


c0122670_22101792.jpg


ちなみに、背番号は友人の計らいで、私の所属する草野球チームの私の背番号と同じ番号にしてくれたのだ。

とっても嬉しいプレゼントでした。

しかし、もう、かれこれ3年くらい草野球の練習に参加してないや・・・。
by oyakata58 | 2007-05-27 22:17 | 新居建築 | Comments(2)
午前中は出産予定日まであと2週間という嫁さんの産婦人科検診で病院に送って、息子と二人で、これまた八王子に建築中のアウトドア仲間の新居見学。

そのお家は目の前が広い草原、その向こうに山(あれなに?高尾山脈?)が連なっていて、とてもよさそうな環境だった。建築の進行状況はうちとほぼ同じくらいかなあ。
おおきな全開窓が羨ましい。

トレーラー(いわゆる車の後ろに繋げて引っ張るキャンピングカーみたいなもの)を購入してワイルド&アクティブにいろんなところに出くわす、住所不定の親子だったらしいのだが、いよいよ住所が確定するようだ。しかし、アクティブさはおそらく加速していくだろう。
今度、トレーラーに乗せてね。


そうこうしているうちに、嫁さんの検診が終わったので迎えに行き、そのまま赤ちゃんほんぽへ。

赤ちゃんを迎えるための準備品、カイトがお兄ちゃんになるための準備品を買いに行く。

チャイルドシートを購入。「エールベベのカーメイト」これがまた、フォレスターの助手席シートにあわせて作ったのかというほどピタっと吸い付くようにはまって素晴らしかった。

c0122670_045034.jpg

助手席に座ってご機嫌なカイト。今までのチャイルドシートは妹へのおさがりとなる。

今までよりもますます安全運転に心がけないとな。



なんだか新居という大きな買い物をしているので金銭感覚が麻痺している。
なんでもかんでもついでにあれも、ついでだからこれも・・・

というのは、良く聞く話ですが、oyakata家も御多分に漏れず、勢いでフルスペックハイビジョンTVというモノを勇み足で購入してしまった。しかも、世界の亀山工場、AQUOS by SHARP。

今まではもちろんブラウン管だったが、新居にはやっぱ薄型TVでしょう!ということで、引越しにあわせてそのうち購入!の予定が、ぶらりと立ち寄ったヤマダ電機でおっそろしい安い値段で売っているのを発見し、限りなく衝動買いに近い状態で購入してしまいましたわけでございます。(SHARPの営業さんの為に値段はあえて伏せておきます)

プラズマとかハイビジョンとかいろいろあるようだが、よく分からないので、みんなが買ってるやつにしよう。ということでアクオスにした。

買ったのは先週日曜日だったのだが、平日配達を避けて、届いたのは本日。


14時ころ、  ピンポーン♪ 納品および、設置までやってくれるお兄さん二人がやってきた。

c0122670_23402231.jpg


うわ、デカぃ! とは言え、37インチで、今時の標準タイプだ。

お財布のサイズと、TVボードのサイズにあわせるとこれが一番ぎりぎりサイズだった。

c0122670_2346197.jpg


すべてお任せで接続してもらい、いろいろ説明を受けた。

画像がとっても綺麗!あきらかに違う。

でも、いいことばかりではない。地デジ対応じゃないハードディスクレコーダーはもうTVとの画質の互換性が悪く、ブラウン管で見るほど綺麗に見れなくなるらしい。。。もったいないなあ・・・また買い物が増えるのか?。

昼寝から覚めた息子が、新しいTVを見るなり、「うわっ、おっきーね~!」と、とても感激している。

こんなキレイな映像でいったい何をみるというのだ・・・

とりあえず アンパンマンとサザエさんが楽しみだ。
by oyakata58 | 2007-05-26 23:35 | お気に入り | Comments(0)

今日のカイト

「今日のわんこ」みたいだ。

ぱぱしゃん、がーがーす、がーがーすしゅる!
(訳:パパさん、グーグルアース、グーグルアースする!)

カイトは今、グーグルアースにはまっていて、地球規模でこの世を眺めている。

パソコンの電源は自分で入れられないところにあるが、それさえ入れてあげると起動画面を楽しみながら、勝手にグーグルアースのシュートカットアイコンをダブルクリックして、立ち上げる。

スクロールや拡大を適当にやりながら、地球上の気になるアイコンを見つけてはクリックして、動画まで見ている。

もうやめさない!といったら「はいっ」と言って、右上の赤いアイコンをたどって、最後の電源オフまでやってしまう。

最近は「戻る」、や、右のバーをドラッグして下スクロールまで覚えてしまった。

この年でパソコン癖をつけると良くないのはわかってるけど、あんまり楽しそうだから、ちょっとくらいいいかと甘くなってしまう。


パパさんの愛車、マントラコンプのペダルをぐるぐる回して自転車のギミックを確かめている。
c0122670_2238634.jpg

はやくボクも自転車に乗ってプチ冒険したいなあ・・・。と思っているかどうかは定かでないが、

どちらかというと、こっちの外遊びの方にはまって欲しいなあ。
by oyakata58 | 2007-05-24 22:43 | 何気ない日常 | Comments(1)

目に入れたら痛い

自己主張が強くなってきた昨今のカイト。

やりたいと思ったことは、何が何でも自分でやりとおさなければ納得しないということがたびたびある。

時間がないので、わたしがやってしまうと、泣き喚きちらしながら一旦元の状態にもどしてから自分でやり直す。

「かいたんも、たーーい(訳:カイちゃんも、したい)」

これが始まると手がつけられない。

これもだれもが通る成長の証しなのだろうが、

何をされても、目に入れても痛くなかった息子だったが、

c0122670_23204159.jpg
さすがに最近は目に入れたら痛そうだなあと思うことしばしば・・・^^
by oyakata58 | 2007-05-23 23:21 | 何気ない日常 | Comments(2)

ギャグネタ第1号

とっても恥かしがりやの息子のカイトは一つギャグを身に着けた。
「かっこよくなくてもいい、キャラ的に存在感のある面白い男にそだって欲しい 丸大ハンバーグ♪」

と願ってやまない父親は、息子に普段からそういう教育をしているのだが、

誰が教えたでもないおもしろいネタを最近披露してくれるようになった。

それは

ご飯を食べているとき、目一杯マズそうな顔をしたまま、「おいし~っ」と不機嫌そうに言うのである。

c0122670_22502469.jpg


その顔を見てみんなが笑うと、満足そうな笑みを浮かべて、美味しそうに食べ続ける。

このブサイクさ加減が父親ににているとよく言われてるのだが、嬉しいような悲しいような・・・
by oyakata58 | 2007-05-22 22:51 | 何気ない日常 | Comments(0)

作詞作曲

初登場 我が息子カイト 
2歳3ヶ月 もうすぐおにいちゃんになる。

カイトの最近のブームはお風呂に浮かぶトーチャンの(いろんな)毛をすくうこと。
「け、け、け あった!」、といっては毛を粉末洗剤のスプーン(再利用)ですくう。
「入った!」と喜んでは湯船の外に流す。

かなり大胆にすくうのだが、うまいこと入るのだからすごい。
水面に浮いている毛を見つけてターゲットを決めると、ほぼその真上からスプーンの腹を上から水面にたたきつけるように沈めると、巻き込むように中に毛がはいるのだ。もやは髪技いや、神業である。
おかげで風呂の水面には毛が浮いていない。


しばらく前になるが、カイトは自分で歌をつくった。
「あ、あ、あ、あ、あれれ~し~」
意味は分からないが、とにかく嬉しそうに口ずさむ。
かれこれ1ヶ月くらい気が付けば歌っているだろうか。

あまりにうれしそうなので、昔結婚式のときにアウトドア仲間のゴーヤ団からいただいたウクレレを持たせて見ると音を鳴らしながら「あ、あ、あ、あ、あれれ~し~」と歌ってみせた。

c0122670_22384830.jpg


才能があるのかもしれない。
by oyakata58 | 2007-05-22 22:40 | 何気ない日常 | Comments(2)

外壁が張られ始めた

上棟から4日が過ぎた。足場の周りにはさらに安全対策&防風用だろうか、メッシュが張られ、中が見えにくくなっていたが、中に入って、いろいろ見させてもらった。

本日は岡山から一級建築士の資格を持つ父親が出張で上京していたので、大工さんが来る前の早朝に一緒に見ながら解説をしてもらった。
c0122670_23221912.jpg


屋根も柱もとても綺麗な木を使っている。板や壁紙で隠すのがもったいないくらい。
一本の無垢の木というよりは合板のように多くの木を張り合わせて一本にしているような材料だった。それはそれで強度は問題なく、反りが少ないなど、メリットもたくさんあるようだ。

c0122670_23252549.jpg


外から見ると大きいなあと思った家だが、入ってみるとやっぱリビングは小さいなあと思ってしまった。今から拡張はできないもんねぇ。最終的な印象はどうなるのだろうか。。。

二階にもあがってみたが、景色の良さは最高だ。

隣の家の大工さんは5時とかには既に来ていて、作業をしていた。だれもいないはずの家から物音が聞こえるので泥棒かもしれないと怪しんでわれわれを見に来た。
家主になります・・・・と説明すると安心した感じで、笑顔になった。
その大工さんから、いろいろお話を伺うことが出来た。

今回建てている物件に関して、その大工さんは「ホーク・ワンさんの設計およびチェックは本当にしっかりしているから、見れば感じるかもしれないけど、すごい頑丈だよ」と誉めていた。

たしかに木材の量も多いので、「昨今の木材の価格の高騰で原価が合わなくなって大変なんです!」と営業の人が嘆いていたのを思い出した。その影響が既に購入者の我々にも影響しているんです・・・。外壁のメーカーが変わったり、戻ったり、素材を安いものに選びなおしたり。。。名目上は建て売り物件だから、仕方がないので文句を言いながらも受け入れている。

ついでにこの近辺の早朝散歩スポットを父親と一緒に散歩した。

c0122670_2352173.jpg


c0122670_23474784.jpg


いつも本格的なカメラマンさんがたくさんいて、水鳥やらカワセミやらを超望遠レンズで狙っている公園の池。↓

c0122670_2348516.jpg



帰郷する父親を駅まで見送り、お昼過ぎに差し入れを持ち込みがてら、再度、家を見に来た。

今日は棟梁は親父さんと一緒に作業をされているらしく、親子のタッグでピッチも上がっていっているようだ。

c0122670_2320851.jpg


また、現場監督さんと会うことができ、初めて挨拶が出来た。
私が「土日に時間があったら建築中の家の中の掃除とかやっていいですか?」と聞いたら笑っていたが、「何か危険があったら困りますが、是非ということであればヘルメットとかもお貸しするので、営業を通して言ってください」と。それも仕事の中に入っているようなので基本的には余計な邪魔はしないで任せることにしようと思った。

今更ながら部屋の広さが心配になり始める今日このごろ。
by oyakata58 | 2007-05-19 23:13 | 新居建築 | Comments(0)
ブログの構成上、変則的に日付を遡って更新し続けていたGW中のMR-4による東京→岡山間の自転車旅行記ですが、完結いたしましたのでご報告いたします。
カテゴリーはチャリ旅になりますので、そちらから入っていただけるとすぐ見れます。
by oyakata58 | 2007-05-19 23:00 | 東京→岡山 チャリ旅 | Comments(8)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58