本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

グッドデザイン自転車

BYCICLE NAVIという自転車雑誌で「グッドデザインな自転車選び」という特集が組まれております。プロダクトデザインには興味がある私はタイトルで思わず手にとって見た。

雑誌の評価に興味がある人は雑誌を立ち読み、もしくは購入していただくとして、

わたしならこんな自転車を選ぶね 特集。
発売時期が20年以上前のものだったりぐちゃぐちゃなのでアンフェアーだが・・・
そこはご容赦。懐かしいデザインのものを楽しんで見てみよう。



私が選ぶグッドデザイン自転車  (webでの拾いモノ写真でスイマセン)

初めてのお給料で買った自転車はこれだった。
ゲイリーフィッシャーのクランカー
c0122670_2245061.jpg

現在のマウンテンバイクの原型といわれている。


で、今乗っているのはGIANT MR-4R
c0122670_22571378.jpg




下の二つはKUWAHARA Gaap と GRIFFON  スタイルがめちゃカッコいい。
c0122670_0554586.jpg







モールトン博士の作品。
小径自転車の究極ですな。
最上級デザインですな。




c0122670_2264091.jpg

 
これは廉価形というか進化形というか、BSモールトン。美しい!!!!
c0122670_226229.jpg



SOFTRIDEはお尻のサスペンションが奇抜、そんなにかっこよくないけどオリジナリティーで頑張った。見ていて楽しい。

c0122670_2394496.jpg






シンプルでいうとピストタイプ
c0122670_2237143.jpg

トップチューブがグランドラインと平行なのがとにかく美しい。






c0122670_22151843.jpg



岡山に帰るのに買う自転車はコレにしようかMR-4にしようか真剣に迷った。KHS
c0122670_23104642.jpg

 


TREKのY-33  かつて私はKLEINマントラコンプかコレが憧れだった
c0122670_23101199.jpg






私が持っているのと同じタイプ KLEINマントラコンプ


   
進化形
c0122670_22125110.jpg
 


どれもカッコいいなあ~。デザイナーの夢や、持ち主の愛情も表れている。
基本的にオリジナリティーがあるのが好き。
基本的に小径車がマイブームな感じもする。


きっと本格的な人から言えば邪道な自転車。

でもデザインが面白いって、持っているだけで、乗っているだけで楽しくなるじゃん。

c0122670_2395726.jpg

一回乗って見たい GIANTのリカンベントタイプREVIVE

宝くじが当たったらタルタルーガが欲しいと思っている↓
c0122670_2337960.jpg


キャノンデールにもリカンベントはありますですのよ。
c0122670_22513097.jpg




個性派デザインの自転車、もっともっと光よ当たれ!!!
by oyakata58 | 2007-06-30 22:50 | お気に入り | Comments(1)
八王子市、昨夜の暑さと湿度の高さはなんだったのだろう。


久々に新居の進行状況。

いままで家の外側を覆っていた足場が2日前に取り外され、初めて全貌をしっかりと確認できるようになった。親子二人かかりで建築をしてくれていたので他の建物よりも早く進んでいるようだ。

デザインに関して、今のところ満足している。

c0122670_10272923.jpg


c0122670_10281095.jpg


ほどよくモダンシンプルなイメージになっていて、だいぶイメージ通りだ。

ベランダのサイディングも綺麗にまとまっている。


玄関側に入っていくと、前回触れた、「ウィルウォール」という天然木の外壁材がつかわれている。これは難燃性の木だそうで不思議。クールななかにもワンアクセント温かみが欲しくてこだわった。別注オプションだが上手く行った。
表から見えないのが残念だが、さりげない演出だ。

c0122670_10325221.jpg


玄関の木調(まだカバー掛かってますが)と合わせるつもりで作っている。

c0122670_10331542.jpg




きょうは左官屋さんが基礎の外装を化粧塗りされていった。

c0122670_1035411.jpg


とても蒸し暑いのでアイスの差し入れをした。


玄関を開けてもらえたので中に入ってみることができた。

c0122670_1036275.jpg


一階は雨戸がしまっていたので暗いですが、キッチンはそれほど暗いという印象は受けなかった。晴れていれば光も結構差し込みそうだ。

左側に和室があるのだが、指示した色と違う引き戸とふすまになっていて、ショック。
これはクレームで交換できるのだろうか。挑戦してみよう。

ネットで注文して届いているはずの手洗い台が見当たらないなど、ハプニングもポチポチ。
まあ、これは何とかなるだろう。



c0122670_10372326.jpg


2階の天井裏にロフトをつけた。子供達が登って遊びそう。化粧梁もまだカバーされているが、出てくると綺麗な空間になりそう。

c0122670_10383012.jpg




2階の窓からの眺めの良さは最高だ。

c0122670_10385135.jpg


しかし、向かいにある竹林が元気に育つと一階のリビングからの景色をさえぎるので、管理者に言ってときどき伐採してもらうしかない。蚊が大量発生すると困るもん。

c0122670_10453672.jpg


家の中はこまごました作業がまだまだ残っていたが、ほぼ完成が見えてきた。

トイレや水道、インターホン、外溝、等々を仕上げてもらえば、もう完成だ!



引越しの準備もそろそろ始めなきゃと 焦り始める今日このごろ。
by oyakata58 | 2007-06-30 10:46 | 新居建築 | Comments(2)
皆様に支えられ、あたたかいコメントに励まされ、好き勝手に書いている日記みたいなものなのですが、楽しんで書き続けることができ、

2ヶ月で1000アクセスを頂いた。

これが早いのか遅いのかはわかりませんが、私にとってはとても嬉しい経過だ。


c0122670_311491.jpg


カイトが撮ったロディーの写真↑



みなさまからのアクセスが私のブログ継続の原動力です。


c0122670_234799.jpg



     今後ともよろしくお願いいたします。
by oyakata58 | 2007-06-30 01:25 | 独り言 | Comments(0)

カイトの成長

昼間、ケータイに嫁さんからメール



持てたよ

ダンゴ虫生きてるの手でつかまえたよ!飛行船が飛んで来たのにも大きい声で「おーい」って何度も言ったよ!

c0122670_23215710.jpg


c0122670_23143350.jpg






2ヶ月前はアリが地面を歩いているだけでその道路を歩けなかったカイトも

今となってはアリの巣を踏み潰したり、ダンゴ虫を素手でつかまえたり、子供らしくなってきたようだ。

すれ違う小学生の下校のおにいちゃんにバイバイと言ったり、コミュニケーションをとろうとするまで成長してきた。
by oyakata58 | 2007-06-28 23:25 | 何気ない日常 | Comments(2)
実はカイトがお腹の中にいたときから出産育児教室でお知り合いになったSMDさん家族とカイト産まれてはじめてのキャンプに行ってきた。

ルカくんとカイトは赤ちゃんの時からお友達で、いまでもよくいっしょに遊んでいる。
ご両親とは沖縄好きということで趣味が合う。
欲しいものとか、道具とかもかなり同じ趣味だった。
スノーピークのアイアングリルテーブルセット一式を持っている。
無敵です!。これがあれば料理は楽しいでしょう。
運ぶのが重いので大変だが・・・。

向かったのは「西湖キャンプ場テント村
東京から向かうと西湖の西の角っこにある。

受付の近くに赤色のウーカンカン(消防車)がある。
c0122670_0102194.jpg

カイト大興奮。

このキャンプ場は富士山は見えない。
西湖は見えまない。
なんにもない。

ただ、芝生の広場が本当に広くて清々しいのだ。

気に入った!。

c0122670_23594610.jpg


料金はまあ普通。

直火禁止ですので焚火台を持っていきましょう。

ガスコンロが空っぽになったのでスーパーかコンビにまで買いに行こうと思ったら河口湖の真ん中まで行かないと手に入らなかった。近くの別のキャンプ場の売店に買いに行ったら断られた。

買出しは富士吉田インター降りてすぐのダイエーかどこかですべてそろえよう。
足りなくなったら大変だ。

このキャンプ場は視界が広いので安心だ。

全面美しい芝生で覆われているのでホコリっぽくないし。

360度緑に囲われているので風も強くない。

c0122670_03642.jpg


家族連れが3、4組いて、しらない家族の子供達と一緒にサッカーやらフリスビーをして楽しんでいた。

カイトもスポーツオーソリティーで買ったばかりの700円のサッカーボールを蹴ってあそんでた。走り回っても投げまわっても広いので安心だ。

c0122670_05975.jpg


みんなでご飯を作って、おかずを作って、飲んでホゲ~とまったりしたり、お話したり。

息子達を寝かしつけたり、いっしょに遊んだり。

子供がいるので、いままでのキャンプとはワケが違う。

あんまりパパママたちも自由な行動が取れない。

c0122670_093138.jpg


隙を突いて、私は持っていったKLEINのマントラコンプで西湖一周タイムアタック。
自分なりに結構頑張って、約20分くらいだった。
一周約10キロある。

以前、西湖マラソン参加したなあ。そのときは50分くらいだった。

夜は思ったほど冷え込まず、快適だった。山が多いので朝日が差し込むのがちょっと遅いくらいだが、朝が暑くなくてイイ感じだった。カイトも初めてのテント睡眠は意外と平気そうで、しっかり寝てくれた。


キャンプ場の近くに、なんじゃこりゃ?不思議な巨大な施設がある。

6人で行って来た。
テーマパークとでもいうのでしょうか。

その名は「西湖いやしの里

キャンプ場からそこまで歩いて3分くらいで行ける。かつて茅葺屋根の集落があったそうなのだが、昭和41年の台風で村ごと土砂崩れで飲み込まれ、多くの死者が出たそうだ。
その集落は桃源郷のように美しかったらしく、それを平成になって大復活させようと事業が進行している。まだグランドオープンしていないが(H19年中にするらしい)、プレオープンで営業はしている。観光バスもたくさん来ていた。建築中の茅葺屋根の家とかもあって、興味深い景色が楽しめる。
参考写真は「こちら
入場料も安いし、富士山もとても綺麗だし、ちょっと行って見る価値はあると思う。

集落があったときの貴重な写真↓
c0122670_0212569.jpg


今現在
c0122670_0214476.jpg


最後に西湖湖畔で富士山をバックにブラックバスを眺めて帰って来た。
c0122670_0222968.jpg


富士山がとてもキレイな夏の日だった。
by oyakata58 | 2007-06-27 00:28 | キャンプ | Comments(2)

めろめろ

一週間ぶりに子供達に会える。

土曜日は洗濯やら掃除やら雑用やらを一通りこなしてから、子供達とママさんのいる埼玉へ。
今日は圏央道の八王子鶴ヶ島間が完全開通するとやらでそれに乗ってみようかなと思いましたが、一般車は15時から開通ということで諦めた。

せっせと渋滞の下道を3時間近く走って到着・・・・



う~ん、可愛い~と、うなってしまうほど、可愛くなってきたコナツ。

カイトもいい兄ちゃんっぷりをみせてくれていた。

キョトンとした純粋な瞳で見つめられるとこっちが照れちゃいそう・・・

親ばかぶり炸裂です。

c0122670_23443117.jpg



とうちゃんをジーっとみてはときどきはにかんでくれるのだ。

c0122670_23454182.jpg


ずばり、誰が見てもママさん似になった。

今のところ一安心。パパ似じゃなくて・・・



本日のウルルン滞在記でやっていた飛び出し絵本職人さんの本がたまたまあって、カイトが喜んで見ていた。

新宿のルミネの本屋さんにもたくさん置いてあったけど、明日は売り切れちゃうんだろうなあ。

すごい良く出来ていて、感動だけど、子供が扱うには繊細で複雑でちょっとむずかしいぞな。

しかしよく出来ていて、まさに一冊というより一ページ一ページがが芸術作品である。

c0122670_23474064.jpg



カイトと久々の散歩

すっかり一週間の間にたくさんしゃべれるようになっていて、会話が普通にできるのだ。
お話が出来るのって楽しいなあ。



カイト「パパさん、ダンゴ虫、見てー」
パパ「どれどれ、おっ、本当だダンゴ虫だ、すごいね~、カイたん好きなの?」
カイト「カイたん、ダンゴ虫大好きよ。カッコいいねえ~、ここにもいるよ」

c0122670_23571991.jpg


散歩の直前にパパさんがカイトを散髪。ちょっと前髪切りすぎたかな。
まあ可愛いから何でもいいか。似合う似合う。

c0122670_129091.jpg


c0122670_0211053.jpg



おうちに帰ったら手を洗いましょ。
c0122670_23581457.jpg



お仕事が残っているのであんまりゆっくり出来なかったけど、幸せな週末だった。

早く来週末、来ないかな。
by oyakata58 | 2007-06-25 00:00 | 何気ない日常 | Comments(4)

命名の儀

お七夜と名付け祝い(命名の儀) 
お七夜(おしちや)と名付け(名づけ)祝い(命名の儀)とは。どんなことをする行事なのかを見てみましょう。

お七夜(おしちや)と名付け(名づけ)祝い(命名の儀)
赤ちゃんの生後数えで7日目の行事にお七夜(おしちや)があります。

お七夜(おしちや)に「命名書」を赤ちゃんの枕元に飾ってみんなでお食事会をします。
「命名書」は「奉書紙」を横半分におり、折り目を下にして三つ折りに。三つ折りの中央部に赤ちゃんの名前、右肩に両親の名前と続柄、左下に生年月日、三つ折りの左側中央には両親の名前(又は命名者)、命名した日を右方に記載します。最後に三つ折りして上になる右側の表に「命名」と書き入れます。そして、三方にのせ神棚や床の間に飾るのが正式なやり方です。

ただ最近では、写真や手形・足型やメッセージなどを合わせて飾ったり、アルバム式になっているものを買ったり、と形式にこだわらず赤ちゃんの誕生を祝う行事の1つになってきました。
簡略な「命名紙」に記載して、飾る場所も神棚や床の間でなくとも、赤ちゃんの枕もとや、目立つ場所に飾ったりもします。


だそうだ。

ふーん。 

もう、7日はとっくに過ぎちゃったけど、ココロを込めて作ってみた。

c0122670_1413035.jpg

             実家に送るバージョン↑


c0122670_1414724.jpg

                     その裏面↑



我が家に飾っておくバージョン↓
c0122670_1425383.jpg


なかなか書きやすい字な気がする。それなりにバランス取れたかなぁ。まあ許して。


明日は一週間ぶりに小夏に会えるよ。

カイトにもママさんにもね。
by oyakata58 | 2007-06-23 01:46 | 何気ない日常 | Comments(0)
梅雨明けしたの?

っていうくらい関東地方は良い天気が続くねえ。

自分としては難しい仕事に追われながら、育児で遊びに行けない今年の夏をうらやみ、

去年の思い出に浸りながら慰める特集を組みたいと思う。


「梅雨明け最初の週末に行った南伊豆町 大瀬漁港 の思い出」


会社の先輩に誘われて、初めて行ったのは11年前の夏になる。それ以来会社のお遊び仲間と何度も通った。


なんとも幻想的な島々が並んでおり、頑張れば登ることもできる。危ない。

c0122670_23522961.jpg


カイト君、初の海水浴のはずが、砂の上を歩くのもいやがり、海水に浸かるのなんてもってのほかと言った感じで、肩透かし。

パトカー型の浮き輪とか、まったく役に立たず。


c0122670_2354910.jpg


みんなでシュノーケリング。南伊豆の海は本当透明なのです。魚もたくさん見える。うつぼもいるし、海女さんもいる。

ちょっと冷たかったけどね。

近くの漁協直営市場で仕入れたトコブシを鉄板で焼いて、バター醤油味で食す。

はっきりいって、これはもう絶品でございます。これを食べるためだけに3,4時間かけてやってきた甲斐があるってもんだ。私的にはこの為に何度も通っているのだ。


夜は近くの民宿「あじろ荘」に泊まり、夕方まったりと海岸散歩だった。
夕食に金目ダイの塩釜焼きが出てきて、一同興奮。

小槌で割る儀式が楽しい。
とても美味しかった。

c0122670_23201827.jpg


夜はそこらの素人が打ち上げているとは思えないほどの立派な打ち上げ花火の連発をタダで楽しみ、夜の海岸でお酒をみんなで楽しみ、くだらない話で盛り上がり、夜の波の音を満喫してから、お布団でゆっくり眠った。



翌日は「田牛の海水浴場」に行ったのですが、海の水がまだ冷たく、サンドスキーで遊んでいた。
c0122670_0134443.jpg

この海水浴場もかなり変わった景色のおもしろい海水浴場なのだ。
結構穴場だが、砂浜が少なく、砂斜面はそれはもうエキサイティングだ。
強い海風で砂が持ち上げられて出来たサンドスキー場。


田牛のすぐ手前にあるのが↓
c0122670_23573761.jpg
c0122670_23575297.jpg


紅の豚の飛行機基地のモデルになったといううわさの「龍宮窟」であります。
たんなるうわさでしょう(おしえてください宮崎監督)。でも綺麗なところだ。
円筒形にぽっかりと穴が縦に開いていて、階段で下りられるようになっている。
さらに海に向かって一つだけトンネルがある。どうやって出来たのだろうか。

でも今年はいけない。

あ~トコブシ食べたい。泳ぎたい。


毎年恒例の海遊びの思い出でした。
by oyakata58 | 2007-06-21 00:14 | 旅行 | Comments(2)
オリンパスのスペシャルサイトに写真を投稿したらなんと(クリック→)アップされていたので

思わず保存しちゃった。

海人も小夏も二人とも出てた。

最後の2フレーズ「少ないけど」「赤 黄色 緑」で出てくる。

ミスチルの曲にあわせていろんな人が撮った写真と一緒に流れるのです。

うれし~
by oyakata58 | 2007-06-18 00:48 | お気に入り | Comments(6)

台所と壁の目止め

本日も非常に暑い日ざしが肌に刺さっていた。

久々に建築中の新居へ。


日曜日なのにやってるなあ。

おっと、キッチンが出来ている。

c0122670_18445327.jpg


ちなみに内装をちゃんと撮影しようと思ったら相当な広角レンズが必要なのだが、

そこでひらめいて、

昔ムービー用に買ったワイドコンバージョンレンズを無理やりレンズの前に手で当てて撮っている。

ちゃんと撮れる。ひずみが大きいのはご勘弁を。

今日は壁紙を綺麗に張る為に壁の隙間の目止めをしてくれている。

専門職の人が作業をやってくれている。

c0122670_18465016.jpg


2階のお部屋もちゃんと出来ていた。
c0122670_18481696.jpg


外装もサイディングがほぼ完了した。
写真では見にくいですが、テラスはガルバニウム合金という金属の素材にした。
オプションだが素材感にこだわってみた。

まだ張られていないが、玄関の上部には天然木の板が張られる予定。
これも追加料金が発生した上に、施工業者さんでも初扱いだということだが、

お願いしてこだわった。木材なのに難燃性の外壁なのだそうだ。

c0122670_18521198.jpg


ここまでできたらほぼ外装は完成に近いのだが、思ったとおりといいましょうか、かなりいい感じ。すでに満足している。

後は小さいお庭や、フェンスがどうなるのか、外構に関して設計士と打ち合わせが行われる予定。

業者さんに問い合わせたところ、完成予定はやはり7月中旬で、梅雨入りしたので外構が若干時間が掛かりそうとのこと。

おそらく今年は空梅雨になりそうなので、そんなにかからなそうな予感。
by oyakata58 | 2007-06-17 18:58 | 新居建築 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58