本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ツインバーナー

どんなに探しても、今までキャンプで活躍していたツインバーナーが見つからなかったので

しかたがないのであきらめて新しいものを購入した。






SOUTH FIELD

xebiosとかいうスポーツ道具屋さんで7000円くらいで売ってた。




c0122670_22541892.jpg






これのいいところはコンビニでも買える普通のカセットガスを装着すると言う点。


コストパフォーマンスNo.1!

c0122670_2256780.jpg






閉じた状態(上面)
c0122670_22544338.jpg





閉じた状態(底面)
c0122670_2255272.jpg





開いた状態
c0122670_22554876.jpg



まだ点火したことはないが、煮こぼれしたものとかを拭き取るなどのメンテナンス性も良さそう。

デザインもなかなか良い。




火力は3500kカロリーだが、中華をやるわけではないのでこれで十分。




先週末、屋根裏の整理をしていたら、引越し時にまとめたダンボールの底から、めちゃめちゃ探していたツインバーナーがひょっこり出てきた。


あべしっ!
by oyakata58 | 2008-09-30 23:02 | お気に入り | Comments(2)

秋の味覚

早いものでもう9月も終わり。

朝夜は寒いという感覚まで味わえるほどすっかり秋になってきた。


奥多摩あたりをドライブしつつ、街道沿いで目にする栗の文字に「食べたいなあ~」と言っていたら、

実家からたまたま送られてきたので驚いた。



嫁さんが、手間がかかるといいながら茹でてせっせと皮をむいて

c0122670_210389.jpg





c0122670_2105159.jpg






栗ご飯の準備。




いくつかはそのまま試食。








c0122670_2113579.jpg


ホクホク、ほんのり甘くて美味しかった。











それから夏に漬けておいた自家製梅酒。



これも実家から送ってもらった青梅を漬けて作ったもの。



そろそろ飲みごろを迎え・・・




c0122670_2124666.jpg






果肉も一粒添えて

c0122670_213379.jpg





水と氷で割って、「ン~、美味い!!!」




カイトと小夏には飲ませられないけど、これは美味いとしばらく楽しみが続く。
by oyakata58 | 2008-09-29 02:14 | 何気ない日常 | Comments(2)

Nationalよ永遠に

我が家の炊飯器がとても古くなったので、最近の高性能銅釜だの土釜だの、圧力釜だのというものを物色しに、Y電器へ。


お店中がPanasonic祭りのようになり、入り口にはPanaがスポンサー契約しているF1カーまで展示してあって風船とかも配りまくっていた。


そうか、もう松下電器という言葉もNationalという言葉も時代に消されてしまうときなんだ・・・。


まるで昭和が終わるときのような一抹の寂しさを覚える。




炊飯器コーナーに行ってみると、目移りするほどいろいろな新機能の新商品が低価格から10万円を越すものまでいろいろ並んでいた。

その中でもひときわ目を引くのがSANYO製の最高機種「ECJ-XP1000」。




c0122670_1114371.jpg


店員さんいわく、「これが一番味が美味しく炊けます」と。




朝日新聞の特集によると、35年間?炊飯器開発に携わっていた人が定年最後の集大成に全知識を注ぎ込んで完成したこだわりの作品なんだとか。




さすがにこの価格には手がだせませんわ。





ふとコーナーから目を外すと島をつくって山積みしているお買い得品コーナーが、



そこにはナショナルというだけで型落ち品になってしまおうとしている半期前の高級商品が超特価で売りさばかれようとしていた。




Nationalブランドをすこしでも長く使いたいという思いで、それを購入に決定。




ちなみに昨年の価格.comの購入者による炊飯器の最高評価はナショナル製品だった。



今年は圧倒的にSANYO製品の評価が高いようだ。








c0122670_11224313.jpg






早速、晩御飯に向けて使用してみる。





キレイに炊けた。


c0122670_11233195.jpg



おお、美味しそう!!





味は・・・




うーーん、たしかに美味しいけど、以前とそんなに違うか?・・・?。
by oyakata58 | 2008-09-21 11:27 | お気に入り | Comments(0)
たしか、8,9年前、北海道出身の後輩の実家にあつかましくもお泊りさせてもらったときに

ご接待いただいた「ジンギスカン」の味が忘れられなくて、それ以来本物のジンギスカンを追い求めている私。


八王子の「羊帝」というお店に行き着き、これで八王子で本物のジンギスカンの味にめぐり合えた!!!



と思っていたら、しばらくしてそのお店は閉店していた。



しかたがないので我が家のデッキで家族のみのホームパーティージンギスカン!!



鉄板は本物のジンギスカン鍋があるんだな。これが。





ある日の週末・・・



c0122670_082983.jpg








肉はスーパーで買ってきたjジンギスカン専用タレ漬け肉、真空パックものだが、これがなかなかいける味。


c0122670_238114.jpg










カイトもお外で食べるご飯は美味しいネエととても喜んでいる。







問題は食べ終わった後のジンギスカン鍋。



肉汁やらタレ焦げやらがガンコにこびりついてるのだ。




嫁さんはこれを洗うのがいやだからホットプレートで食べようというのだが、


ジンギスカンはそういうわけには行かない。



この形のヘリに集まった野菜汁と羊の肉汁とジンギスカンのタレで煮立った野菜たちが美味いんだもの。





結果、鍋はこうなる。




c0122670_23142749.jpg





TV通販でどんなにしつこいアブラ汚れも、換気扇のアブラ汚れでも、この洗剤ならシュッっと一吹きして、ちょっと待って、キレイナ布巾で一拭きでこんなにキレイに!!と言うのがあるが、どれほどのものか試してみたいものだ。


この鍋が本当にきれいになったら口コミで広げてあげるんだけど。
by oyakata58 | 2008-09-19 23:17 | 何気ない日常 | Comments(0)

天城湯ヶ島ツアー2日目

6時過ぎに起きて、朝風呂温泉へ。

露天風呂の川音の湯は朝が男風呂になるので、そこに入る。

昨夜の貸切風呂とほぼ同じつくりで、2人分寝そべる湯船が併設されているのが特徴。

内湯にもハシゴ湯して、気分すっきりで朝食へ。


朝食は和食

c0122670_23333627.jpg


ほかにもサラダバイキングやらがついてくる。



c0122670_23342616.jpg





食事が終わってチェックアウト。

玄関を出るタイミングで車を運んでくれえて、サービスも充実。

事前に登録していればガソリン代10リットル分値引きというサービスもあったらしいが、するの忘れてた。



それにしてもなかなか満足な宿だった。

カイトも今日もここに泊まりたいを連発。

楽しかったみたい。




車で浄蓮の滝へ。



長い階段を下りてそこにあった滝は日本の滝100選に選ばれているらしいが、多くの滝を見てきた我々はそんなに感動するほどではなった。

c0122670_2348354.jpg







その後、気にはなっていたが訪れたことがなかった旧天城トンネルへ。

心霊スポットとして幽霊が出ると噂のトンネル。




c0122670_2348625.jpg


ちょっと歩いてみたが、中は真っ暗でかなり先に出口の小さな光が見える。





歩いて通過するひとも何人かいたが、照明も持たずにあるいているので出会うとビックリする。

川端康成の伊豆の踊り子さんはこのトンネルを通ったのだなあ。






トンネルの脇にはトンネルが出来る前までの険しい峠道があった。





MTBで登ってきているつわものもいた。





中伊豆の観光はここまで。







「天城越え」道の駅で生わさびソフトクリームを食べ(めずらしいだけで、そんなに美味いものでもない)帰宅の途へ。


c0122670_23461932.jpg





その前にせっかく伊豆に来たので沼津で魚料理食べて帰ろう。




帰りは川の向こうを平行して走る抜け道の県道修善寺天城湯ヶ島線が車線拡張工事で通行止めの為、本線の国道414号がダイダイ大渋滞・・・。




11時に天城を出て、沼津に着いたのが3時ごろ。普段は1時間のところが4時間かかった。





人気の魚料理屋「丸天」はあいかわらずの大行列で、子供連れでも入れる空いているお店「武田丸」を選んだのだが、ちょっと失敗。

特選かに汁に期待していたのだが、これがかなりまずくでテンション下がり気味。


それ意外はまあまあかな。


特選あじ定食

c0122670_23454245.jpg




お寿司は美味しそうだった。


c0122670_23455829.jpg












帰り道での収穫。

ビックリ・ドンキーホーテは実際にあった。


c0122670_23593698.jpg


なんのことやら。






帰りの渋滞は旅を疲れさせますなぁ。

ああ、もいっかい温泉はいりて~。
by oyakata58 | 2008-09-18 00:04 | 旅行 | Comments(0)
久々に家族旅行に行ってきた。

場所は 静岡の伊豆半島の中央部、天城湯ヶ島温泉郷。


その前に修善寺に立ち寄り、「虹の郷」へ。


東京ディズニーランドに匹敵する敷地を要し、園内にはイギリス風な建物や蒸気機関車が走っている。


子供連れに人気で、一日遊べるが、ベビーカーだと辛いコースも多く、ちょっと疲れる。



c0122670_22365866.jpg


ロムにー鉄道に大興奮のカイトであった。

運良く一番カッコイイ「カンブリア号」のトロッコ車両に乗って、大喜び。





日本庭園のコイの餌乞いにはちょっと怖かった。

c0122670_22383023.jpg




3時間ほど楽しんで、修善寺の温泉街へ。



人ごみを車で掻き分け中心地へ。

ちなみに中心地の有料駐車場は一時間で520円。

気づけば橋の反対側は2時間で400円だったりする上、すいているので、今後行く人は参考にしてちょうだい。

それでもみんなそれを知らないので、列を作って高い駐車場に止めては、一時間だけ散策してさっさと帰っていく。回転も速く、値段も高い、いい商売をしている。





以前は勇気のある人は入ることが出来た独鈷の湯も、いまでは入浴禁止の足湯に様変わり。


しかも、湯温が46度はあろうかという熱さでみんなちょっと浸かっては退散していった。

c0122670_22401698.jpg





c0122670_22402723.jpg





川の周りにはキレイナ遊歩道が続き、雰囲気の良い甘味どころでところてんとあんみつをいただく。


c0122670_22411516.jpg






c0122670_22412752.jpg



生花が添えられていてオシャレなのだが、お値段はちょっと高め。




散策再開。



c0122670_22455095.jpg




宿のチェックインの時間が近づいたので我々も退散。


カイトが写真を撮ってくれるようになったので、我々夫婦も久々にツーショットの腕組み写真なんか残せるようになった。


それでも時々、私の首から上が写ってなかったりして、カイトも自分の失敗に照れ笑い。






移動。


そこから車で20分もしないところに天城湯ヶ島温泉郷がある。


今日のお宿は「眠雲閣 落合」。

老舗で評判が高い、内容の割りにリーズナブルなお宿だという。




c0122670_2251723.jpg

玄関前に車を入れるとお迎えが世話してくれて、車も勝手に移動してくれた。



チェックインの受付も含め、愛想の良い歓迎でとても満足。


ロビーから見た清流の眺めは美しい。


c0122670_23264479.jpg



フロント階は7階に位置するのだが、これが地上階で、川面に向かって客室は下の階へ続く。





老舗だけあって部屋は古かったが、それでも手入れが入っているのでそんなに気にならなかった。



窓からの景色はよかった。


c0122670_23283150.jpg




運良く丁度いい時間に貸切露天風呂も予約できて、近所の散策へ。



湯道と呼ばれる散策路が温泉郷を網羅している。


c0122670_23295580.jpg






c0122670_23301096.jpg


奥に見えている橋のような通路は泊まる宿のお風呂上りの休憩場。





c0122670_2331158.jpg


湯道のマップがそこかしこに設置されている。





一時間の散歩のあと、お風呂へ。


丁度いい湯加減で、樽のような湯船で気持ちよかった。



c0122670_23475031.jpg




夕食はコースの「鳥つくねと きのこ鍋」。天ぷらや刺身、炊き込みご飯など、種類は豊富。


c0122670_0447.jpg

※宿のHPより


どれもなかなか美味しくて量もちょうどいい感じ。





食事の後は、ちょうど今夜は十五夜で近所でお月見の振舞い酒イベントをやっているというので、先ほど散歩したばかりの橋へ行って、地酒「天城」の辛口やら梅酒やらを頂く。

温泉郷の宿泊者には無料で振舞い酒チケットが配られたのだ。子供はジュース。



もっと人が少ないかと思いきや、常に20人ほど浴衣姿の観光客が集まってにぎわっていた。


若い人が多い。








c0122670_2332149.jpg






お団子の向こうに見える光が満月。



c0122670_23321724.jpg







温泉に、満月に、お酒に、ふかふかのお布団に、良いリフレッシュが出来た一日だった。





おやすみなさい。明日へ続く。
by oyakata58 | 2008-09-15 22:51 | 旅行 | Comments(0)

ヒーローになりたいな。



最近のカイトのお気に入り道具は、


岡山でパパさんにおもちゃセールで買ってもらった仮面ライダー電王シリーズの変身ベルト。



正確には「仮面ライダーゼロノス」の「変身ベルト」←詳しくはこちら。




c0122670_2236267.jpg



今風なつくりで、カードを差し込むと音がする。



子供の世界にもカード社会の波が・・・




カードの表裏があって、表裏で変身できる内容が変わる。


ベガフォームと、アルタイルフォーム。


気分によって切り替える。




電子音がしゃべるのだが、これがうるさい。

ボリューム調整はない。




c0122670_22363251.jpg







これを装着すると、弱いカイトが若干強くなる・・・。
by oyakata58 | 2008-09-11 22:37 | 何気ない日常 | Comments(0)


会社の取引先のお土産で手作りグライダーをもらった。


c0122670_23171638.jpg




糊もはさみも使わずに、組み立て時間約5分


以前、こんなのを持っていたのを思い出した。



同じ会社が作っている。

c0122670_2318343.jpg


所沢の航空公園でも売っているのを見かけたなあ。






古いやつは切ったり糊で貼ったり、鉛の錘をバランスよくつけたり、結構玄人向け。


8機ほど作ったが、そのうち面倒くさくなって本棚の肥やしになっていた。






数年でずいぶん進化したものだ。



c0122670_23193071.jpg








嫁さんが買い物に出かけているうちに、カイトと、コナツをベビーキャリー(背負子)に積んで、いつもの城址公園へ。


一週間前よりずいぶんキレイに草刈されていた。








c0122670_23203512.jpg



付属のゴムで引っ張って、びゅーーーーんと飛ばす。





カイトはまだうまく飛ばせないが、私のは何とか失敗と微調整を繰り返した後、上手く飛んでくれた。







空に向けて放つと、15mほど上空まで一気に高ーーーく飛んで、頂点に着くとゆっくり下に向いて円弧を描きながら急降下し、地面すれすれで再び気流に乗る。

すると、前に向かって30mほど飛んでいった。


これだけ広い公園があってやっと遊べるグライダーだ。








c0122670_23301081.jpg










それでも高い木に引っかかったり、はるか遠くの畑まで飛んでいったり、汗だくになって追い掛け回した。










c0122670_23232741.jpg









帰り道。


コナツをおんぶしている私の足元でオンブバッタ発見。久しぶり~。


c0122670_2330359.jpg













帰宅の後、一機は目を離したスキに、コナツ軍に撃沈されていた・・・・


c0122670_23241298.jpg

by oyakata58 | 2008-09-08 23:27 | 何気ない日常 | Comments(0)

鮮やかミニモスラ


プチ菜園に植えているミカンの木の葉っぱが明らかに減ってるなあということに気付き、近づいてみると・・・



c0122670_1503539.jpg


アゲハの幼虫だった。




いまごろこのサイズで夏のうちに成虫になれるのだろうか。





よくよく見てみると、まだ幼虫の中の幼虫の茶色いのやら、小さいのばかりが4匹もいる。




こんなのを親切に育てていたら小さな苗に生えた葉っぱは3日ももたないので全部駆除。

c0122670_1511636.jpg



小さな抵抗をする、幼虫。


この黄色い角のにおいがくさいんだな。





c0122670_1535230.jpg




どこかのミカン畑に逃がしてあげるわけにもいかないし・・・





道路の端っこに逃がしてあげたとさ・・・。
by oyakata58 | 2008-09-07 15:05 | 何気ない日常 | Comments(0)


お盆休み中に、おそらく「雷サージによる誘導電」で電源すらまったく入らないという壊滅的状況に陥ってしまった「パソコン」、「モニター」、「外付けハードディスク」、「モデム」たち。



それぞれのメーカーに相談して、修理に出していたのだが、その後の話。



1.パソコン

HP製のパソコンは、以前にも書いたが、訪問修理は3万円の基本料金+交換部材費がかかるというので、修理工場に本体を直送(自費)して、1万5千円の基本料金をまず覚悟。


約2週間後、封筒が届いて、「基盤損傷の為、プラス1万5千円の基盤交換料」になるそうだ。

原因は不明。メモリーには支障がないらしく、合計3万1千円でもとに戻ることになりそう。

修理にあと2週間。



2.モニター

IIYAMA製のモニターも修理工場に直送(自費)。

なんと、送って5日目くらいで現品が戻ってきた。
私は以前(一年ほど前)に修理したときの明細の裏に、今回は落雷による故障と思われますと正直に書いて送ったのだが、
返ってきた答えは「落雷とのことですが、調べた結果落雷による特有の症状は見当たらず、基盤の不具合と思われます」と。
しかも、金額は無償。保障期間は過ぎているのに何故??前回の修理明細の裏に書いて出したのが効いたのだろうか。

修理費に2万円も出したら新品が買えるなあとおもっていたのだが、無料ということでラッキー。

こういうことされると、次回もIIYAMAのリピーターになってしまいますよ。

助かった!感謝。




3.外付けハードディスク

こちらはバッファロー製
購入したノジマ電器に持っていく。保証書がどうしても見当たらなかったが、ポイントカードをもっていたので購入履歴で保障できますとのこと。店員の対応もすこぶる良かった。

約一週間後、検査の結果がメーカーから知らされた。

原因は電源基盤の損傷。

しかし、「電源基盤の在庫がもうないため、新品に交換になります」と・・・。

「メモリーはリセットになりますがよろしいでしょうか?」との連絡。

は~ぁ??、半年前に買った商品の部品がもうないとはどういうこと??

しかもメモリーを消してもいいかだと??子供たちの成長がぎっしりつまっているので、何人たりともそれは許さぬ。

「壊れたのを返せ、新品もくれ」というと「交換じゃないと新品は渡せない」というので

じゃあ修理はいいから全部返してもらって、中身のハードディスクだけ取り出し、電源ユニットを含む外ガワを別メーカーのを買ってそれに取り付け、写真データを抜き出した後、ふたたび分解したのを元に戻して、バッファローには無償交換させるという作戦に出てみようと思う。

バッファロー製はもう買わない。





4.モデム。

SOFTBANK製

連絡した2日後には新品を持ってきて、古いのと交換してくれた。

電話の音も良くなった。たすかった。

でもそろそろ光に換えたい。




結局、写真データはすべて戻ってきそう。良かった。

経費も3万5千円くらいで済みそう。

覚悟していた半額くらい。良かった。



みんなも雷には気をつけよう。
by oyakata58 | 2008-09-05 00:46 | 何気ない日常 | Comments(2)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58