本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

秋のキャンプへGO


今朝発で恒例の湯西川温泉紅葉キャンプに行ってくる。

今年の紅葉も綺麗かな~。


ちなみに、我が家のパソコン環境は11月からとうとう光通信にチェンジ。

NTTフレッツ光、プロバイダは「ぷらら」に移行。


いろいろアクセスが速くなるといいなあ。
by oyakata58 | 2009-10-31 04:45 | キャンプ | Comments(0)

29の宴



毎月末の恒例、Team29の肉祭り。



焼肉屋ツアー、今月は八王子の「DORA」へ。

2回目の訪問。

和牛専門で、ホルモンが充実していて、味には定評があるお店。






クーポンのサービスで出てきた和牛サラダが激旨。

c0122670_4274928.jpg


生和牛肉が乗っている。








c0122670_4371068.jpg












写真見返しているだけでお腹がグーと鳴った。

c0122670_4373091.jpg
















c0122670_4374930.jpg



若干値段が張るといっていたが、それほどでもなく、味はかなりハイレベル。

食べるのに必死で写真を撮るのをほとんど忘れていた。




会社の同期と偶然お店で会って、別の肉の会をしているらしい。
話を聞くと、そのチームは毎月このお店で開催しているとか。

たしかにうなづける。

レギュラーローテション入りに十分なお店。
by oyakata58 | 2009-10-29 23:44 | 何気ない日常 | Comments(0)

不死身の絶景



社窓から。




c0122670_22213410.jpg


※7倍ズームレンズにて。

台風一過のドピーカンで西に凛々と立ち誇る。







こんなすごい景色がちらちら見えたら仕事にならん。

今日は朝から13時ごろまで見えていた。

写メで撮って実家の親に送信する人もチラホラ。

それくらい美しかった。





c0122670_22243393.jpg







山手線の車両から1秒だけ見えていた最後の富士山が、ビル建設により見えなくなるらしい。

もっと見えるところに住めばいい。




もし富士山が噴火爆発して形が崩れたりしたら、国家予算で修復するんかいなあ。

富士山は不死身です。





前原大臣、また大変になるなあ。
by oyakata58 | 2009-10-27 22:26 | 何気ない日常 | Comments(0)

カラスウリの中の話



日曜日の午前中の話。







コナツと2人でお留守番をして、家の中は飽きたので裏山を散歩した。

c0122670_22324294.jpg







沢山のカラスウリが赤く染まって、雑木林に飾られたお飾りのようになっている。

c0122670_22333047.jpg









一個をとってあげたらめちゃ喜んでじっくりと観察している。

c0122670_2235282.jpg











トマトみたいに赤いけど美味しそうな香りもしないんだよね。

c0122670_22354011.jpg









割ったらこんな風になっていた。

c0122670_22361632.jpg


パッションフルーツの中のようにも見えたが、さすがの私も味見をすることはしなかった。




もう一個拾って必死に割ろうとしているコナツ・・・・
by oyakata58 | 2009-10-26 22:32 | 何気ない日常 | Comments(0)

日曜日。

雨の予定だったが車で八王子を出たころにはすっかり止んでいた。



今日は昔の恩師、ムサ美時代の教授のお宅にお邪魔する。

その教授は昨年年末に最終講義を終えてリタイアしたばかり。

私の学生時代からよくしていただいて、波長が合った先生なのだ。

卒業後も一緒に長野のド田舎の過疎山村に田んぼを借りて一緒に稲作をやったり、ときどきお宅訪問したりして親交は続けてきた。



そのお宅は田園調布の一等地に家があって、最近すぐ裏の土地に新築を建てて引っ越したばかり。

今日は私の家族と、田植えとかを一緒にやっていた同級生の友人家族でお邪魔した。




田園調布の一等地といっても、駅から広がる同心円状の町並みの中で、さらに駅まで徒歩2分くらいの本当に一等地。

近所にMr.長嶋の家もある。

この日は家の近くを車で回っていると警視庁の警備があちこちにいて、どうやら鳩山総理が御帰宅中ではないかとのこと。

御近所にあるらしい。




昼前に到着。




よく吼える犬ちゃんがお出迎え。








家の写真を撮ろうとしたら    あれ、カメラの電池が切れている・・・。

後日友人のカメラで撮った写真でUPすることにしよう。



3世帯が住んでいる家なので複雑な設計をしていた。

超一等地に住んでいるが、とても庶民的でセレブという感じの家族ではない。

とても親しみやすい、いい御家族に、いいお家なのだ。


c0122670_23253027.jpg









c0122670_2329020.jpg










c0122670_23261459.jpg




リビングにはみんなが一緒に食べられる大きなテーブルがある。









c0122670_23292289.jpg




広いおうちなので掃除が大変そうだが、教授から引退した先生は家のお掃除にいま夢中らしい。





c0122670_2327192.jpg


子ども連れの家族で教え子が自宅に遊びに来てくれたことはいままでなかったらしいのでとても喜んでくれてた。

そういっていただけると私も嬉しい。






教授の家族の娘さんと、あたらしく加わった海外からのお嫁さん(香港人)も一緒に盛り上がった。








奥様の手料理とビールやワインを頂きみんな御満悦。



c0122670_23274894.jpg













c0122670_2328572.jpg











c0122670_23294462.jpg


鳩山首相もお気に入りのパン屋のパンらしい。






私は教授の似顔絵を書いてあげたら、その娘さんたちやら、みんなから「似てる似てる」と大ウケした。

教授も喜んで壁に貼っていた。


c0122670_232826100.jpg


※とにかく人の名前を覚えないのが特技。








ミニカー遊びで盛り上がっていた子供達が飽きてきたので途中、外にお散歩に出る。

近くに公園があった。




カイトと、その友人の息子は公園で仮面ライダーゴッコをし始め、お互いにパンチやキックの対決を楽しそうにしていた。だいたい一年近く差があるので基本はカイトが弱いのだが、それでも負けじとそこそこ応戦していて頑張っている姿が頼もしく、面白かった。



4時ごろ、空が暗くなってきたのでお開きに。




次回は奥様の希望で私の手作りお好み焼きのケータリングシェフとして来る約束に。
(実は過去に一度やってて、またあれを味わいたいとのことで嬉しい御使命を受けました)


帰路は嫁さんの運転で帰った。






かなり年上の親しい恩師というか、お友達?がいるというのはとても楽しいものである。
by oyakata58 | 2009-10-25 23:14 | 何気ない日常 | Comments(0)

鍋の日



土曜日は家族と一緒に晩御飯。





今夜は鍋の日





おでんの日。






c0122670_22163053.jpg
















関東には牛スジという具がないのが残念。スーパーでは売っているんだろうけど・・

c0122670_22164530.jpg














お鍋には郷土の備前焼のビアマグでいただくのが最高。

せっかくの琥珀エビスの色を楽しめないのは残念。


c0122670_22173418.jpg





寒い夜には暖まるわ~。
by oyakata58 | 2009-10-24 22:15 | 何気ない日常 | Comments(0)

日ハムの試合に感動



昨夜のさよならHRは日ハムファンではない私も感動した。



その試合を見ていたときははっきりとは気づかなかったのだが、なんか不思議な新鮮な心地よさを感じる応援だったのだけははっきりと覚えている。



今日の試合を見ていてそれがはっきりしたのだが、日ハムの応援の仕方が新しい。

実際は昨年あたりから実践されていたらしいのだが。





日ハムの得点のチャンスのシーンでの応援の仕方。


男性ファンだけで「打ってー、打ってー ○○(選手の名前)」

続けて

女性ファンだけで「打って~、打って~ ○○(選手の名前)」

次に

男女合わせて「打ってー、打って~ ○○(選手の名前)」

※チキチキバンバンの曲をアレンジしているので「チキチキバンバン」と呼ばれているらしい。




面白い!!!!

女性のパートが明らかに女性だけの黄色い声を集めている上、男性の声量に負けていなかったのでとても新鮮で斬新で好感がもてるのだ。





チャンスが続く限り途切れずに続くのがこれまたすばらしかった。





↓(昨年の試合らしいが)音声はそのもの。




これだけの応援がありゃあんな勝ち方もしちゃうわな。



すごいぞ日ハムファン!!


日ハムの応援に加わりに野球観にいきたい!!!!と素直に感動した阪神ファンの私。


(阪神も応援は凄かったが及ばず・・・残念)
by oyakata58 | 2009-10-22 01:06 | 何気ない日常 | Comments(0)


このアルミ製囲炉裏テーブルがある程度の熱に耐えうることを確認した私は、帰ってきてから近所のホームセンターへ出向き、カドの2枚板の連結アイデアを実現することにした。



c0122670_23494176.jpg










アイデアは全部で3パターン。

一回の結果ごとに買出しに行くのが面倒なのでまとめて買ってみた。


(これ以前の経緯は10月6日付けの日記で)




買ったのは


c0122670_23491682.jpg




左から

1・コードなどを壁に固定するための両面テープつきフック。120円/ホーマック。

2・使い方いろいろ両面テープつきベルクロ(マジックテープ)。105円/ダイソー。

3・しっかり固定できるステンレス製の蝶付きボルトとナット。250円くらい/ホーマック

合わせて500円弱。


どのようにして固定したかは写真を撮り忘れたので想像して頂戴。

結果

1・しっかりと固定することが出来たが、畳むときこのフックが邪魔でフォールディング性能を損なうので却下×。

2・ベルクロの厚み分が若干の段差を作るがほとんど気にならないレベル。フォールディング性も○で、テーブルもしっかり固定できるので非常に良い感じ◎。
(本当に天板が熱くなったときにシールの粘着性が保たれるかは不明)

3・これもしっかり固定できるが、使わないときは紛失しやすいうえ、テーブルに小さな突起ができるので△。







ベルクロシールを使った作り方アイデア

c0122670_23174349.jpg


ベルクロシールを貼っている位置がポイント。それぞれ端っこからの距離が重要。

これは自分で「俺って天才かも!」と思ったレイアウト。





というのも、


上段の2枚タイプのテーブルはもちろん

c0122670_23192170.jpg




上段の3枚タイプにも、対面の板の位置を入れ替えるとしっかり対応するのだ。

c0122670_23205137.jpg




c0122670_2321551.jpg




c0122670_23212164.jpg






これで、焚火台より小さいバーベキューグリルや七輪に載せた鍋などを囲んで食べるときには3枚板バージョンが有効になる。








c0122670_2323141.jpg


テーブルとして使うときはこのシールが若干邪魔だが、コレくらいは我慢しよう。

(テーブル時に別れた天板をきちんと固定する方法がまだ未完成)




なにせこんなに軽量でコンパクトで

・ハイテーブル
・ローテーブル
・囲炉裏テーブルスタンダード
・囲炉裏テーブルワイド
の4WAYトランスフォーム。



c0122670_0261038.jpg





c0122670_2323497.jpg








こうして月末から行く予定の毎年恒例紅葉真っ盛り温泉美食キャンプツアーの準備は整った。

さて、長時間、本番の火力に耐えるか・・・・



それよりキャンプが楽しみだ~



※キャンプ仲間の皆様、10月31日土曜日は毎年恒例の栃木県の例のキャンプ場に大集合です。
酒類、おつまみ、好き勝手なものを持参して、土曜日のお昼ごろ目指して安全運転で来てね。
by oyakata58 | 2009-10-21 23:35 | キャンプ道具 | Comments(0)


先週の金曜日の話。



翌々日にボランティアの活動で八王子市内の小学校に科学教室の先生をするイベントを控えていた。



結局インフルエンザの学級閉鎖が3クラスも出たということで突然のキャンセル。



楽しみにしていた子供達はもちろんのこと、影で準備を進めていた小学校の先生や主催者側の我々も楽しみにしてくれていたのでお互いに残念。



今回もウミホタルのお話と実験を予定しており、今回は私としては初めて、ウミホタルを採取しに、三浦半島までいく予定を、チームのメンバーと立てていた。


イベントは中止になったが、採取ツアーは是非とも行きたい!!

せっかく海にいくんだったら、海岸で焚火とキャンプ!!という私の立っての願いで、

会社の後輩にあたるウミホタル博士(本当に日本でもトップクラスの研究者)にお願いして、

都合がついたもう一人の後輩君と3人で、

夜の19時半に博士の運転する博士の車に乗り、八王子の会社を出発して、

途中、我が家で焚火台とランタン、折りたたみ椅子を車に積み(一緒に行きたがるカイトをなだめ)、

16号線を南下し、ほぼ三浦半島の最先端の観音崎を目指した。



博士には、行きの車で運転してもらいならが、DNAの螺旋の美しさや、地球の生物は3種類じゃなく、2種類の性(つまり男と女、オスとメス、オシベとメシベ・・・)に自然淘汰されたことの深さについていろいろ語ってもらって、難しいことはよく分からなかったが、とても興味深く面白い話だった。





途中夕食を食べながら、空いている道をかっとばし、着いたのは22時過ぎ。

c0122670_23274850.jpg


観音崎海水浴場のバスロータリーに車を停め、ヤンキーさんたちが暇つぶししている脇で博士はテキパキと仕掛けを作る。




c0122670_23292439.jpg


インスタントコーヒーなどの空き瓶のふたに穴をいくつか開け、中のガーゼのその中には竹輪や生レバーなどを入れる。ビンのフタをして紐でつなぎ、海に投げ込み、そのままポイントを移動。数箇所でコレを繰り返し、30分後に回収。



いくつか採取しやすいポイント情報があるが、水温や季節がシーズンオフに入ってしまったため、どうなるか・・・




なんとなく海面に近づきたくなって、用もないのに真っ暗な夜の桟橋の階段を降りている時、私は苔のぬかるみに気づかず足を下ろしてしまい、ツルリンと滑って派手に尻餅をついてしまい、危うく夜の海に落ちるところだった・・・。あと10cm手のつく場所が外側だったらマジ危なかった・・・・大汗))。







残念ながら、今日はほとんど採取できず。




c0122670_2336327.jpg


透明な丸っこい米粒みたいなのがウミホタル。大きくても3mmくらい

敵に驚いたり、恋をすると、体内から光る酵素を放出して海中の酸素と結びつき、青白い光を作り出す。これを化学変化という。

どこにでも住んでいるわけではない。

関東では三浦と千葉の館山に多く生息している。






車に戻ると、先ほどのヤンキーさんたちが、警察の事情聴取を受けていた。




博士いわく、一人で採取に来るのは慣れっこ。どんなところでも怖くないらしい。

時々イセエビの密猟者と間違えられて、警察に職質うけたりするらしい。

私は闇の海岸を一人で奥にすすんでいるだけでも怖いと思った。






ウミホタルの光の映像がyoutubeにあったのでご拝借。



実際に採取の時に滴り落ちる液体は光ってこういう風に見える。








↑科学教室の実験では微量の電気ショックを与え、このようなことをして子供達に見せる。

大歓声が上がるが、電気ショックの話をするとかわいそうとのコメントもあがる。

肩こりの電気治療くらいの気持ちよさだよと言い訳する。








夏に来たときはビンに一杯とれるそうだ。

すべて研究に使っている。







気を取り直して、半島の反対側のカヌー仲間とよく行く海岸へ移動。

昼間の景色をよく知っているのでここは怖くない。




焚火台を設置し、薪となる流木たちを集め、イスと、最近自作した囲炉裏テーブルをセット。

博士は食中毒の後遺症がまだのこっているらしく、禁酒中なので都合がよく、私はビールをいただく。


このときすでに深夜1時。





今夜は無風。

星も沢山見える。

波の音を聞きながら乾杯!。

ビバ、ウミホタル。

c0122670_23474040.jpg











c0122670_2348030.jpg


スーパーで買ったママカリの酢漬けがおつまみ。







c0122670_23484221.jpg



みんな普段焚火とかほとんどやったことがないらしく、どんどん薪となる枝を拾ってきては炎を大きくして喜んだ。

おねしょしちゃうぞょ!



自作の囲炉裏テーブルは1時間ほどの焚火ではまったくもって熱くならず、製品化の可能性がでてきた。






ウミホタルの光もすばらしいが、焚火の炎もまけずとすばらしい。

c0122670_2356173.jpg




みんなで焚火の感動を共有し、一人だけ独身の後輩君には、焚火に女の子を誘って落とすべし!と既婚者2人で説教しながら、笑って、飲んで、ユラユラと揺れる炎を見つめていた。






博士の翌朝の用事の都合でキャンプはやらなかったが、

深夜2時を過ぎたころ後片付けをし、火をしっかり消して、撤収。



ウミホタルはほとんど取れなかったが、

日帰り三浦焚火ツアー(ウミホタル採取もね)は皆満足の中、深夜3時過ぎに無事終了した。

次は春になったら採りに行こう。
by oyakata58 | 2009-10-19 23:15 | 何気ない日常 | Comments(2)

烏瓜



近所のケモノミチが綺麗に伐採されて景色が広くなった。

時々通勤に利用する、駅までのショートカットコースにもなっている。


c0122670_1322385.jpg



景色が開けすぎて、樹木による天然の柵が無くなり、余計に危険になった気がする。






c0122670_13225955.jpg


電車に向かって水鉄砲で攻撃するカイト。

距離が全然届いていない。










夕方から散歩。



家の裏山に赤い木の実を発見。



先日、まだ青かったカラスウリだ。





c0122670_13213285.jpg














玄関のリースのアイテムに加わってもらった。


c0122670_13235913.jpg











近所に来年春に完成するつどいの森公園の管理事務所建設予定地。

c0122670_13242252.jpg














c0122670_1325976.jpg


4時にはもう暗くなって秋も深まる。
by oyakata58 | 2009-10-18 13:10 | 何気ない日常 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58