本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

紙兎ロペ


マイケルの映画の直前の映画予告のさらに前にTOHOシネマズ限定?で面白い動画が公開されていて、めちゃ面白かった。







毎月新作が登場しているらしいが、これは三作目らしい。




ウケタ・・・・・







会社の仲間が誘い合って、最終日までに、結局8人が「this is it」を観にいってくれた。

みんなとてもとても満足して感動してくれていたので嬉しかった。
by oyakata58 | 2009-11-27 23:09 | お気に入り | Comments(0)

THIS IS IT AGAIN



どうしても、どうしてももう一度観たいので、今から映画館行ってくる。

睡眠不足なので結構辛いが、私が観にいけるチャンスは今夜しかない。




キャンディさんやTommyさんの口コミもあって、会社の仲間も次々とTHIS IS ITの劇場予約を入れ始めた。

感動を共有できるのは嬉しいな。







只今帰宅

上映終了日まであと2日と1本だったからか、レイトショーでもほぼ満席。

ネットで席を予約していったので今回もいい席で見れた。



2回目の感想


初回と同じかそれ以上の新鮮さと感動があった。


この映画は悲しいことなど何も無いということ。
一回目見たときは悲しさとかいろいろこみ上げてきたが、2回目はマイケルジャクソンとダンサー、バンドメンバー、スタッフ達の幸せストーリーでしかなかった。不思議。


しいて悲しくなるシーンを上げるとしたらジャクソンファイブ時代の映像カット。
ここだけはウルウル来た。
子どもらしさを強制的に排除させられて過ごした幼少期。
もっとも親に甘えたい時期にビジネスの素材として扱われ続けた。
プライベートのマイケルに見え隠れした負の影はこの頃の大活躍と引き換えに背負った代償だっただろうと推測される。未来の自分の姿を知ったら悲しむだろうな。それを想像したら切なかった。





お気に入りのシーンを楽しみにして映像にのめり込める為、より深く映像を堪能できた。


ムーンウォークしているシーンは今回の映画に出てこなかったと思っていたが、よく観ていると「Billie Jean」のところで2歩半ほどやっていた。気づいてちょっと嬉しかった。


マイケルに認められ、ソロでマイケルと絡んだメインギターの女性 orianthi(24歳)、ハンチング帽とサングラス、ポニーテールと笑顔がキュート過ぎる。

演奏姿がカッコよすぎる。

c0122670_13356.jpg






同じくソロでマイケルと「The Way You Make Me Feel」絡んだダンスの女性、セクシーすぎる。






エンディング以外のリハーサルをすべて終え、日曜日のオフに入るメンバーにマイケルは「みんな気をつけて、元気で」と声をかけている。このメッセージが彼らへの最後になったのかもしれない。






あそこまでハイレベルに完成された演出、すでに完成したステージ。

巨額の費用がかかっただろうが、一般の人に生で披露することがなかったのは本当に残念でならない。



ショービズ界の八ツ場ダム。        (比較のレベルがちょっと違うか・・)








スーパープレミアムチケットを必死の思いで手に入れ、その日を待ちわびたファン達。

チケットの払い戻しを希望した人なんてほんの一握りだっただろうな。










帰りのエスカレーターで前を行くカップルの彼女が

「ねぇ、お願い、明日もう一回観に来よう」と彼にお願いしていた。

その気持ちすごいよく分かる。







帰りの車ではマイケルの「DANGEROUS」のアルバムをカーステのいつもの倍の音量でかけ、

赤信号に止まる事を歓迎しながら、ゆっくり遠回りで家に帰った。
by oyakata58 | 2009-11-25 23:57 | 何気ない日常 | Comments(0)

THIS IS IT


今日から一泊で嫁さんと子ども達が嫁さんの親達と温泉旅行に行ってしまったので、フリーな午後。




というわけで、久々に映画を観にいくチャンスが訪れた。




どうしても観たかった映画はマイケルジャクソンのTHIS IS IT


c0122670_23173465.jpg






2週間限定上映のはずが、大好評により更に2週間延期したらしい。
ありがたい。



夜7時からの部だったが、映画館は8割以上席が埋まっていた。



c0122670_23303031.jpg


映画は約2時間、感動しっぱなし。

映画を観ているというより、ライブを見た感覚に近い。

でも映画なので、じっと黙って座ってみているのが辛かった・・・

コンサートのリハーサルというか、練習なのだが、完成度が高いシーンがほとんどなのだ。





3席ほど隣の女性が始まってからずーっと涙をぬぐっていたが、マイケルのライブに賭ける情熱やパフォーマンスのあまりのカッコよさと、もうこの世にいないというギャップが涙を誘う。



冒頭は、マイケルと同じステージに立つことを夢見てダンスを続けてきた世界中のトップダンサーが
550人もオーディションに参加し、その中からさらに数名のトップが選ばれる。
彼らにその喜びと意気込みをインタビューされているシーンから始まる。

みんな少年少女のように喜んで輝いて一緒にステージを作り上げていくのだが、このころの彼らはこれから起こる未来を知る由もない。彼らの落胆を想像すると、とても観ていて辛かった。

それでも彼らの人生最高の喜びが伝わってきてこっちまで嬉しくなった。

マイケルと過ごした日々は人生の最高の思い出になったのは間違いないだろう。



マイケルのコンサートはダンスがあまりにもハードな上、風や音などの演出が多いのでほとんど口パクと噂されているが、リハーサルの映像はすべて生声であることが、とてもプレミアム。

マイケルの突然口ずさむ声に合わせて、バンドのメンバーがスーーーっと音で加わってくるシーンが何度もあってなんと気心知れたメンバーに包まれているんだろうと感心した。

もちろんバンドメンバーもトップ中のトップ。



マイケルのリハーサルをステージの下で見て感動と興奮しながらマイケルを煽り、みんなで大盛り上がりしているダンサー達が本当に羨ましかった。

c0122670_23305615.jpg



彼らが最終的に最後の観客になるとは・・・

ここまで完成しておいて、公演にたどり着かなかったなんて神様も非情すぎる。




マイケルがロンドンへの出発を8日後に控えたリハーサルの締めくくりに、メンバーと輪になって「お客さんに、いままで未体験の才能を観せよう」といっていた。

もう沢山いろんな新しい感動や体験をファンに与え続けてきたのに、最後まで本当にエンターテイナーだったなあ。





個人的にはBEAT ITが一番好きなので、マイケルがクレーンに乗って下からの風で白いシャツが煽られているシーンが一番盛り上がったかな。


いままでライブを何年も休んでいたのに、まったくダンスも声も衰えていないとはどういうことか。




最後のシーンはファン達の悲しむシーンをまとめたエンディングになるのかと思いきや、

そんなシーンはまったくなく、最後までKING OF POPのままステージで終わらせる演出はとても清々しかった。

最高潮にカッコイイままマイケルはみんなの心に生き続けているというメッセージなのだろう。

50歳には見えないが、生きた伝説と言われたKINGは本物の伝説になってしまった。





私は、けっしてディープなファンとはいえないが、

マイケルのアルバムを大体買った。

ショートフィルムを集めたVHSも買った。

自伝「MOON WALK」も買って読んだ。映画{MOON WALKER」も映画館に観にいった。

ゴシップで叩かれているときも、一番好きな海外アーティストはと聞かれるとマイケルだと言い張ってきた。

昔、嫁さんとまだお付き合いの最中だったたころ、新曲のショートフィルムの試写会のチケットを取って誘ってくれた。記念のバッジも持っている。

HISTORYツアーの東京ドーム公演に行き、生のマイケルのコンサートを見たことがあるのが一生の思い出になった。


c0122670_23392396.jpg

↑これも買った。

そして最後にThIS IS ITも観れた。

とりあえず一人のファンとして少しは認められるかな。





英語の先生に、(まだマイケルが生きているころ)マイケルが一番好きと言ったら失笑されたが、

先生に、一番お金がかかったショートフィルム(プロモーションビデオ)は何か知ってる?と質問したら、

SCREAMでしょ。とあっさり答えられた。    正解。 先生も結構好きなんじゃないの・・?





かなり日本びいきなマイケルが日本を意識して作ったマイケルの最高傑作。

着物姿や和風庭園、車田正美のアニメなどが登場する。

7000万ドル製作費に投資したらしい。



今日のスマスマはマイケル追悼スペシャルだった。

THIS IS IT の日本公演もひそかに計画されていたらしい。




映画は今週金曜日まで。

観にいける人は是非、行ってみて。 

ライブを最前列で見ている感覚になれるよ。

エンドロールで帰らないこと。まだ続きの映像がたっぷりあるよ。







観終わってから何度も何度も見返したyoutubeの映像↑ この映画のダイジェスト版。






映画館じゃないと絶対に伝わらない感動があることをこの映画で知った。
by oyakata58 | 2009-11-23 23:14 | お気に入り | Comments(2)

我が家にもはやばやとクリスマスの空気がやってきた。


c0122670_00342.jpg










c0122670_00493.jpg









今夜は、アウトドア仲間のお○さんから夕食のお誘いをいただいたので、お邪魔することに。



本日は 出張お好み焼きサービスで、しかもお○さんの手作り焼き鳥とコラボして、



「お好み焼き鳥パーティー」になった。








夕方お邪魔すると、お○さん宅方面に遠めに見て怪しい光を放つ田舎のスナック??




おうちに着いてビックリ。




c0122670_2359454.jpg




お○家がイルミネーターに・・・

どっぷりクリスマスモード。







しかも屋内まで・・・・



これは子供達は喜びそうだ。


c0122670_032389.jpg



最近のカラオケ屋のようで、慣れるまではなかなか落ち着けなかった・・・・


聞くと、ネットで沢山LEDを買ったら、屋内用だったとか。






間違えて知らないお客さんが入ってきそうな・・・ まあそれも良しですな。



c0122670_0131679.jpg










しっかりタレの味がしみこんだ、とても美味しい焼き鳥を焼いてくれた。

c0122670_033727.jpg













c0122670_042158.jpg











わたしも広島風お好み焼きを6枚焼いた。

c0122670_04814.jpg











c0122670_063287.jpg














c0122670_083964.jpg










こりゃクリスマスパーティーは盛り上がりそうですな。
by oyakata58 | 2009-11-22 23:13 | 何気ない日常 | Comments(0)

天才子ども芸術家集団



ちょうど今日、近所の小学校で入場自由な展覧会が行われているという情報が町内会の回覧板で回ってきたのでみんなで午後に行って見る事に。






c0122670_12191629.jpg














c0122670_1219319.jpg











校舎に入ったらいきなり、手塚治虫のアトムの原画展が何気なく無造作に行われていて超驚き。

c0122670_12195044.jpg








会場の体育館の空間をぎっしりと埋め尽くすこの小学校の児童による鮮やかな作品たち。


c0122670_12231482.jpg













c0122670_12242312.jpg








c0122670_1231783.jpg














c0122670_12244392.jpg












一作品ごとのクオリティーが結構高くて、それぞれ額装して家に飾りたくなる。

c0122670_12245898.jpg














c0122670_12254926.jpg
















c0122670_1226677.jpg



作品一個一個がこじんまりまとまっていなくて、結構のびのびと爆発してて、先生達の指導も上手いなあと関心させられる。
















c0122670_12262378.jpg







近所のおねえちゃんの作品も発見。

c0122670_1236713.jpg













c0122670_12304724.jpg

















c0122670_122736100.jpg


とても満足のいく展覧会だった。









c0122670_12312787.jpg


















c0122670_12314011.jpg




















芸術の秋を満喫しつつ、秋の光と空気を味わいながら帰宅

c0122670_12315899.jpg





















c0122670_12321531.jpg
























c0122670_12323048.jpg






















c0122670_12325799.jpg



















我が家の天才児たちにも元気のいい作品を期待しよう・・・

c0122670_12331165.jpg

by oyakata58 | 2009-11-21 23:59 | 何気ない日常 | Comments(0)

☆ガキ


本日も超晴天なり



c0122670_1156066.jpg





藪を散歩していたらヤマカガシが小春日和の暖かさに誘われて、日向ぼっこをしておった。

130cm級の大物だったので一瞬あせった。



c0122670_11562455.jpg












これから越冬の為の最後のお食事ですかね?

c0122670_1157544.jpg








午前中、ママさんとカイトは買い物に行ってしまったのでまた2人でお留守番。

c0122670_11582951.jpg













岡山の実家から送ってもらった干し柿用の渋柿をデッキで皮むきすることに。

c0122670_11593749.jpg









めちゃめちゃいい色にいい形だ。

c0122670_11594893.jpg









コナツのお手伝い邪魔をされながらせっせと25個剥き続ける。

c0122670_1202340.jpg














c0122670_121930.jpg
















c0122670_1212276.jpg
















以前、うちに遊びに来た友人が、「渋いっていう種類の味覚を味わったことないんですよね~」と言ったので

渋柿の実を舐めさせてあげたら、


「シブイ~」と口から泡を吹いていた。



c0122670_1214237.jpg











ちょっと長さを間違えて、縁台に乗ったコナツが触れてしまう・・・

c0122670_1234083.jpg











帰ってきたカイトたちとお昼はホットケーキになった。

c0122670_1243274.jpg








夕日に照らされた秋の味覚。

c0122670_127142.jpg









まだだよ~。

c0122670_127344.jpg











しわしわになった出来上がりの干し柿よりも、途中段階のジューシーな干し柿が大好き。




楽しみ、楽しみ・・・・・
by oyakata58 | 2009-11-21 23:54 | 何気ない日常 | Comments(0)


天空の城、ラピュタはいいねえ。



何回見ていてもまた最後まで見てしまう・・・



宮崎アニメの中では一番好きかも。

二番目は魔女の宅急便かな。




ラピュタをみるとこいつを連想せずにはいられない。



日本海側だけじゃなく、太平洋側にも回り込んで漁師さんたちをこまらせているとか。



c0122670_1345347.jpg





エチゼンクラゲの除去方法を考えた。


バルス!








しかし水中で見たら美しさと迫力に感動するだろうなあ。

c0122670_1373250.jpg

by oyakata58 | 2009-11-20 23:28 | お気に入り | Comments(0)

吹き抜けのシルエット



なんのことはない写真だが





なにかシルエットからストーリーが生まれそうな








c0122670_184356.jpg















猫の像はエジプトで露天商から買ってきた。


とても美しい身形をしていて、重いのを旅行カバンに詰め込んで大切に持って帰った価値があった。


c0122670_195866.jpg











民芸品だけじゃなく、工業製品のシルエットも負けていない。

c0122670_1112025.jpg

by oyakata58 | 2009-11-19 01:13 | 何気ない日常 | Comments(0)

旬を食す


今年もこの季節がやってきた。


カニが美味い時期。





楽天のメルマガもカニの連絡ばかり。





ズワイとタラバの足と爪の詰め合わせ2kgが送料込みで5000円。



ネットで注文。



火曜日、午前中に到着して、午後解凍して、ママさんと子供達が夕飯に食べてもまだこれだけ余っていた。



仕事で遅れて帰宅。


カニの山に癒される。




c0122670_011099.jpg













身もしっかり詰まっていて、プリプリで美味しかった。

c0122670_0123846.jpg














爪の肉はさらにプリプリしていて特に好き。

c0122670_0125591.jpg


腹いっぱい食べたけど、食べ切れなかった。




幸せ。
by oyakata58 | 2009-11-18 23:13 | お気に入り | Comments(0)

日曜日の散歩 午後の部


午後はカイトを連れて同じコースを散歩しに出発。


コナツの髪留めを探すため。


カイトにはアイスクリームを食べに行こうといって誘い出した。


今日はそれほど暑いのだ。


私は半そでTシャツだ。







近所の畑。


白菜とかほうれん草とか、元気に育っていて羨ましい。


毎日、朝早くから爺さんがやってきて手入れしてるもんなあ。

c0122670_22215145.jpg







もう一週間もすればこの森も色づくだろう。

c0122670_22242174.jpg













c0122670_22245179.jpg












これは何の写真でしょうか。

c0122670_2225452.jpg





轍の泥の水溜りに映ったイチョウの葉。







c0122670_22255786.jpg

















このあたりは撮影ポイントが沢山。

切り出して見ると北海道にでもいるかのような錯覚に陥る。


c0122670_22264250.jpg
















c0122670_22265630.jpg





















c0122670_22271170.jpg




















c0122670_22272620.jpg





















c0122670_22274122.jpg















八王子駅の南口に建築中の駅ビルもかなり背が伸びた。


c0122670_22281045.jpg












コナツと歩いた道をくまなく観察しながら歩いていると、地面の雑草に半分埋もれた状態で髪留めを発見。

かなり奇跡的に見つかった。


c0122670_22293295.jpg



よかったよかった。
















c0122670_2230241.jpg
















なにか気持ち悪い生き物を発見したらしく、逃げるように走ってくるカイト。

c0122670_22302187.jpg
















c0122670_2231483.jpg














c0122670_22313920.jpg


日向ぼっこの図を一枚 Photo By Kaito














c0122670_22315362.jpg

















まだ本当は立ち入り禁止 (良い子は入ってはいけません) で、建設中の公園だけど、水も出る。

c0122670_22323254.jpg




周りは全部クローバー。











c0122670_22325796.jpg

















c0122670_22331429.jpg








カイトがアイスはまだか、アイスはまだかとうるさいので、約束どおり西片倉のジェラート屋さんへ。

もちろん、私も食べたかったのでちゃんと約束どおり来る予定だったけどね。





c0122670_2235669.jpg















2種類ほどテースティングさせてもらってから、塩入りのミルクアイスとチョコのダブルをコーンで注文。

c0122670_22352342.jpg


380円だったかな。











c0122670_22363439.jpg


















c0122670_223655100.jpg



















食べていたら2組ほどやってきた。


一組はカップルで、このお店がジェラート屋だと知らずに入ったらしい。



c0122670_22374746.jpg













c0122670_2238437.jpg














c0122670_22382238.jpg


















c0122670_22383612.jpg















八王子みなみ野駅からはちょっと離れているけど、おしゃれな穴場的ジェラート屋である。

c0122670_22385259.jpg












すぐ近所にある人気のケーキ屋「ペールノエル」は早くもクリスマス仕立てになっていた。

c0122670_22395030.jpg













c0122670_22404145.jpg














c0122670_2240542.jpg
















はるか遠くを飛行機が・・・・・・

c0122670_2241735.jpg


どこに行くのかな。

窓からはどんな景色が見えてるのかな。









最後はヒッツキモチと勝手に呼んでいる植物を投げ合い、くっつけあいして家に駆け込む父子であった。

c0122670_22421135.jpg










c0122670_22532296.jpg











入り口の電気が点きっぱなし??ではなく、夕日が直接差し込んで輝いているのでした。


c0122670_22542380.jpg







おしまい
by oyakata58 | 2009-11-15 22:45 | 何気ない日常 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58