本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧


本日も晴天なり。


本日から我が家はGWツアー開始。

9時半ごろ家を出て、中央道、圏央道、関越道、上信越道を順番に乗り継ぎ、長野県は小布施町へ。


道路はGW中とはいえ、世間は平日の人も多く、渋滞もなくスイスイ状態。

しかも高速道路1000円ポッキリDAYなのでお得。


13時くらいには小布施に到着。

小布施は「栗と葛飾北斎」で町おこしをしている。

中心地はおしゃれな建物が多く、小道も綺麗に整備され、芸術の町ぽく多くのお客さんでにぎわっていた。

中心地よりも先に、北斎が描いた21畳の天井画で有名な岩松院へ。




c0122670_2245575.jpg











c0122670_2245215.jpg













c0122670_22444626.jpg











c0122670_22473860.jpg





館内は撮影禁止の為、天井画のイメージはポスターで。

c0122670_22491381.jpg


全方向から見ても目が合って、こちらを睨んでいるように見えると言われている。

しかし実はこの鳥は微笑んでるのだとか。

北斎が80歳、今から150年ほど前の作品らしいが大迫力で色も鮮やかだった。

数年前までは座敷に寝転んで見るのがここの正しい見方だったらしいが、

今は椅子に座ってみるように変えられていた。


裏庭には小林一茶の「痩蛙 負けるな一茶 これにあり」を詠んだとされる池もあって、館内は蛙の置物だらけ。


どちらか一つの目玉でも良かったのにね。








街の中心部へ移動。

中心部にある町営の駐車場に車を停めて散策。



c0122670_22472210.jpg









c0122670_22513394.jpg









区画整理されているというよりは迷い込んでしまいそうな感じの町が楽しい。

探検感が味わえる裏道や、民家の庭を自由に見学できるようなところもあったりと、町を上げて客を楽しませる工夫がされている。

c0122670_22514759.jpg










c0122670_22535755.jpg








定番の栗のお菓子も食べて、満足。

c0122670_22534050.jpg









c0122670_22544951.jpg











c0122670_23273181.jpg










c0122670_23274535.jpg








ひととおり散歩して満喫したあと、今日の宿泊地、戸倉上山田温泉へ。

我々は17時には到着したが、

今夜は従兄弟の結婚式に出席する為、茨城に移動中の私の両親と親戚とこの温泉宿で一緒に宿泊する。

今朝岡山を出て、途中京都を経て、さらに中山道の宿場町「馬籠」で観光してきたらしいのだが、夕食時間もギリギリの19時過ぎに到着。

久々の再会だが、ほとんど宿の晩御飯を一緒に食べただけで終わった・・・


c0122670_2334469.jpg

Photo by dotkun





c0122670_234091.jpg


大広間で食事しながら、岡山のおじいちゃん、おばあちゃんに再会できてご機嫌なカイトとコナツ。




今日の宿は親が予約した「ホテル亀屋本店」

特に外を散歩するような魅力的な雰囲気ではなかったので、旅館チェック。


フロントロビーはとてもシンプル(質素)な味気ない空間。

接客は親しみやすいそこそこ宜しい感じで。

駐車場は離れているので到着時は宿の人が移動してくれる。


部屋は広さ清潔さ共に程よい感じ。30inchほどの最新式の地デジ対応液晶TVが完備されていた。

子供の浴衣も部屋に準備してくれた。これは嬉しい。

部屋の窓からの景色は向かいの山が見える。景色もよさそうなので明日車で登ってみよう。

c0122670_2327964.jpg


温泉は加温・加水なしの、硫黄の香り漂う天然温泉源泉かけ流しの最高お風呂。
泉質、雰囲気、広さともにとても満足。
駅伝で痛めた足を癒すにはもってこいのお風呂だった。



c0122670_23213789.jpg


料理は普通。量は多すぎず少なすぎずで適量。

食事を始めた時間が遅かったので天ぷらとか冷めていたのが残念。

c0122670_23204137.jpg


食事中に上空をISSが通過。晴れていたので外に出たら観れただろうな~。残念。



貸切風呂は5つもあって、値段も45分2100円と高かったが、夕食後部屋に戻るときにフロントのお兄さんが「いかがですか?」遅い時間だと空いているらしくサービスで予約させてくれた。ラッキー。
温泉の温度が高く、長く入っていられなかったので10分で出たけど・・・・






カイトはおじいちゃんのお布団で一緒に寝ると言うので両親の部屋に預け、

コナツと夫婦で3人で快適に寝た。




続く。
by oyakata58 | 2010-04-30 23:14 | 旅行 | Comments(0)

本日は晴天なり。



でも途中、雨がパラついたり、風が強いときがあったり、暑いときがあったり、寒いときがあったり。

体調管理が難しい日だった。




朝6時半に起きるつもりが寝坊して7時前になったので、朝ごはんも食べずに家を出る。

駅に着くまで1kmちょっとを走る。すでにアップの始まり。

横浜線と東横線を乗りついで1時間ほどで綱島へ着いた。



現地へはピッタリ予定集合時間に到着。

特に細かく集合場所が決まっていなかったので探すの難しいかな~と思いながら歩いていたらすぐ目の前にいた。




皆さん時間にきっちりで全員集合。

リーダーが受付を済ませて、我々のゼッケンとタスキを貰ってきた。


c0122670_22372123.jpg






誘ってくれたshuさんは足の故障で今回は残念ながら走らずに応援&カメラマン。

チームメイトの一人の奥さんが代わりに参加。

直前の依頼なのに受けてくれてすごい。

きっと結構走れるクチやね。






c0122670_22363356.jpg





着いてからウォーミングアップ。

最近の健康ブームというか、ジョギング・マラソンブームで若い女性のランナー「ビジョガー」が非常に多い。

c0122670_2236194.jpg


いいことだ。

今大会 参加チーム約600組、

各チーム7人のランナーが42.195kmをタスキリレーで走りきる。





10時スタート

c0122670_22374936.jpg





私は結局第3走者で5kmを走る。

たったの5km。大丈夫だ。





第1、第2走者は夫婦のタスキパス。二人とも健脚で合計13kmを1時間8分ちょっとの、ほぼ目標タイム(5分/1km)で完走。





こんな格好をして走っている猛者もいて、会場を盛り上げる。

c0122670_22582448.jpg


極めてるな~。

走っている最中も沿道のみんなから声援をもらうので、それに応えるのも結構大変そうだった。

でも笑顔で全部応じていた。偉すぎる!!





他にも、コスプレやらで楽しんでいる余裕のランナーが非常に多い。

チーム全員で「春日」だったり、「チャイナドレス」だったり、「ガンダムのキャラ」だったり・・

お祭り騒ぎだ。


c0122670_22595497.jpg






c0122670_2301097.jpg


それで10km走るのは無理でしょう・・というような格好をして走っている男子や女子がいっぱい。

みんな余裕だなあ~。体張って盛り上げてるなあ~。


私もいつかその域に達してみたいようなみたくないような・・・。





c0122670_22565036.jpg


フムフムなるほど。




いよいよ私の番。

タスキパスゾーンは非常に混雑していたので前の第2走者を見つけられず30秒ほどロスしてしまった。



緊張していたのか、ストレッチやウォーミングアップが足らなかったのか、

スタートして、いきなり両足の脹脛(ふくらはぎ)が攣(つ)りそうな状態に陥る。


スタートして300mほどのところでチームメイトの応援があったのだが、

ヘタな動きをすると攣ってしまうので、内心かなり焦りながら大したパフォーマンスなしで通過。

c0122670_11222278.jpg

photo by shu


飛ばすこともできず、1kmほどおとなしく走っていたら攣る感覚は治まって、

なんとか走り続けることが出来たが、なぜか練習の時よりも足が前に出ず、

2kmほどでバテ始めた・・・・

情けない。






あー、走ることってこんなに辛かったっけ??

負けるな俺、

でも歩きたきゃ歩いてもいいんだよ、

駄目だ、ダメダメ!


自分に問いかけながら、


コスプレの人に抜かれたり、

太めでも頑張っている遅い人を追い抜いたり、

お年寄りランナーに抜かれたり・・・・

給水所でちょっと歩いてみたり・・・・・・






それでも何とかタスキを途切れさせることなくゴールまで運びきり、

第4走者に渡せた。

個人タイムは大体27分30秒くらいだったと思う。

目標より2分30秒オーバー。がくっ



本当に、真剣に疲れた。

練習ではもうちょっと楽に走れていたのに・・・

チームに迷惑を掛けたのと、自分自身のふがいなさが悔しい。



走る前に食べようと思っていた糖分補給のためのアンパン、食べるの忘れてた。

前の日の夜は飲み会だった。興奮状態で2時まで寝られなかった。

などが原因だったのかなぁ。どれも言い訳だな。

次回またチャンスがあったら気をつけよう。リベンジしよう。




とはいえレースは続く。

チームメイトは体育会系の元アメフト部みたいな人が何人もいて、

みんな明るく楽しく、いいペースで走っている。頼もしい。

c0122670_22562232.jpg


まだゴールじゃありません。


ちなみにトップのチームはさっさとゴール。

2時間18分ほどだったかな?

個人の女子マラソンの世界記録と同じくらい。分担して走っているのに意外と遅い?






わがチームの最終走者。

c0122670_2363266.jpg


これもまだゴールじゃありません。

あと7kmほど残ってる。



とりあえず走り終えた者たちは乾杯。

c0122670_2373094.jpg







c0122670_2374483.jpg


アムロを気遣うシャアがいたり。






我らがチームもあと2km 

頑張れ~っ、ここからがきついんだよね~

c0122670_2320288.jpg








みんなで移動し、ゴール地点でチームのゴールを見届ける。



c0122670_2382665.jpg


偶然背後に時計が写っているが時間は3時間35分36秒。

目標タイムより5分半ほど遅かったが、それでもチームとしては大満足の結果。







c0122670_23121019.jpg


3時間35分で 3 3 5

皆様お疲れ様でした。個人的にはとても悔しかったけど、みんなで盛り上がれる駅伝て楽しいね。


次回は是非3時間半を切れるようにわたしもしっかり頑張ります。





このあと移動し、ガラガラに空いている14時過ぎのバーミヤンに行って、

打ち上げを行い、3時間ほど喰い続け飲み続け、

疲れた体を癒し、

メンバー皆アウトドア好きなので夏にキャンプ行こうと盛り上がってみたりしていたのでした。

c0122670_23171755.jpg


新しい友達を作るのが今回の一番の目標だったけど、これは達成!!。






おしまい。







あー、腿が、脹脛が・・・痛い。

明日は温泉だ~。
by oyakata58 | 2010-04-29 23:31 | 何気ない日常 | Comments(0)

GW突入

 
本日まで雨なり。


あさってはお休みを取るので我が家は実質明日からGW突入。


とりあえず明日29日は神奈川県の綱島で行われる横浜駅伝に出走。

第3区間ランナーとして5kmを走る。

個人目標タイムは25分!こんなに速く走ったことないぞ・・・

チーム目標タイムは3時間半。

さてどこまで達成できるか。




30日から信州に温泉旅行。岡山から来る親と合流。

5月1日から別行動で我が家は長野にもう一泊して観光。

その日のうちに伊豆半島に移動して、カヌー仲間と合流。
カヌーは持っていかないので海岸遊びかな。

伊豆で一泊して5月2日の夜には八王子に戻ってくる予定。



c0122670_0543513.jpg


ある日、コナツと二人でお留守番 デッキでお弁当ランチの図






c0122670_0551242.jpg










c0122670_0553083.jpg



さて、今年はどんなGWになりますかな。





「予告」4月30日夜19:20ごろ。

日本列島に大チャンス!

ISSを見よう!

c0122670_0584734.jpg

by oyakata58 | 2010-04-28 00:39 | 独り言 | Comments(0)

酔っ払いオヤジの聖地


本日は夕方から雨天なり。



どういうわけか今月末ごろ横浜で開催される駅伝なるものへのお誘いをshuさんから受けて、

軽いノリで引き受けてしまったので、そのチームとのミーティングの為、

仕事をちょっと早く切り上げて、酔っ払いオヤジの聖地「新橋」へ




八王子からだと一時間以上かかるへき地。いや都会の中心。
東京駅の次の次ですから。




高層ビルの明かりがまぶしい。これぞ東京!!!







c0122670_23213382.jpg


めちゃひさしぶりに東京駅を通過したよ。







神田駅で京浜東北線に乗り換えるタイミングの図。

c0122670_2322466.jpg


右に入ってくるのが山の手線。






c0122670_2331376.jpg


この広場で、よくニュースに出てくる酔っ払いオヤジにインタビューしてるシーンを撮っている。






新橋駅前のシンボル。

c0122670_23311839.jpg





7時半過ぎみんな集合。

みんな知り合い同士でも、私にしてみればshuさん以外全員初対面の4人だったが、

年齢も近く、みなさん面白いキャラをされているようで、アウトドアもお好きなようで、

楽しくていい人たち。


久々に新しいお友達ができそうで、それが嬉しい。





駅伝なのにチームの顔を知らなかったらタスキのパスができんわな。

今日、無理やり来ておいてよかった。



総勢7名で42.195kmを走るのだが、決められた距離配分枠があって、

3kmの人もいれば10kmの人もいる。

打ち合わせの結果、私は6区5km担当になった。




焼肉ミーティングは、とても美味しく楽しく盛り上がった。


八王子まで帰らなければならない私は、22時半には電車に向かったが、


終電の一本前というギリギリで家にたどり着いた。



駅伝、初挑戦、楽しみ。
by oyakata58 | 2010-04-20 23:59 | 何気ない日常 | Comments(2)

第三回野草会

本日も晴天なり。



外遊び日和。



本日は毎年新春恒例、近所のNさんと一緒に行う野草会の日。





近所の空き地やら茂みやら、Nさんちの裏庭などから、食べられる野草を集める。

c0122670_18542825.jpg











c0122670_1855204.jpg









どうみても雑草にしか見えない草でも美味しいものがあるんだねえ。

c0122670_18553450.jpg


毎会、Nさんの知識に頼りまくりのわたし。











c0122670_18555760.jpg












c0122670_1857438.jpg


竹の子は七輪で焼きながら、塩を振って食べる。









子供達は天ぷらの油を準備するのに、なぜか興味津々。

c0122670_18573786.jpg



近所にすむ会社の後輩も参加して、ことしも楽しい野草会が実現した。

調子に乗って食べ過ぎて、胃モタレ中。











c0122670_18575210.jpg


アウトドア道具がそろっているし、非常食も周りの草花でなんとかなりそうで、

春に災害が起きても、しばらく生きていけるかも。












嫁さんが気を利かせて蕎麦を作ってくれた。

天ぷらそば。

c0122670_18591985.jpg












c0122670_18595436.jpg


スーパーで買ってきた100円弱の活サザエはまたとても美味しかった。











c0122670_191313.jpg


食べた後、後輩のおうちまで子供達とお見送り散歩。













そういえばデザートがなかったので、

ついでにジェラート屋さんに寄り、ジェラートを食べて、本日終了。

c0122670_1924660.jpg







目と舌で春満喫。
by oyakata58 | 2010-04-18 18:52 | 何気ない日常 | Comments(2)

朝積もっていた雪も午前中でほぼ融けて、お昼前から晴れてきたので子供達とお散歩へ。










c0122670_2035197.jpg















c0122670_20523752.jpg















c0122670_20351587.jpg




多分、都会に住んでいると「季節の変化」って気温とか服装とかくらいでしか、そんなに感じなれないのかもしれないが、




自然に囲まれていると、散歩するたびに、自転車で走るたびに、目に飛び込んで来るいつも見慣れているはずの景色が変化していくのがよく分かる。

季節の移り変わりを五感全部で感じる。





だから同じコースを散歩していても、毎回景色が変わるので本当に飽きないし楽しいのだ。

いい環境の近くに住んでいるなあとつくづく思う。







c0122670_20375537.jpg










c0122670_2038970.jpg


※デジタルカメラの機能に含まれるアートフィルターのPOPアートで撮っているので色調がビビッド気味なのだ。










c0122670_20394971.jpg















c0122670_20441810.jpg


近所の公園がオープンしてから、いつもの散歩道を若い人や見知らぬ人が沢山歩くようになった。

すれ違う人が程よく多くて、挨拶とか交わして楽しい。


カイトやコナツが率先して、すれ違う人に「こんにちわー」と言うので、相手もにこやかに返してくれる。



ときおり会話も生まれて、日常のスパイスになる。








カイトが蹴っていたボールが向かいから来るすれ違う女子二人組み(上の写真)の足元に転がり、ボールを奪われる。

私はその女子に「ナイスカット!」というと、その女子は笑いながらドリブルをしてカイトをかわす。





最後はカイトに軽く蹴ってパス。

その女子二人組は「なんだか楽しいね~」といいながら去っていった。










c0122670_20424961.jpg














c0122670_2043482.jpg


カイトが一人で手を洗いに行くと言って離れたら、戻ってくるとき私が見えないのでちょっと迷子になったらしく、大声で私を呼んでいる。

「こっちー」と大声を出してみるも、カイトは泣きながら呼んでいるので私の声が聞こえないらしい。

私は一瞬コナツを置いてカイトの方へ走って行ったら、さっき広場ですれ違ったサッカーの練習をしていた小学校高学年のお兄ちゃんたち3人が、カイトを連れて、一緒に私を探すのを手伝ってくれていた。

「あれがパパか?、もう大丈夫だね」と言って去ろうとしていた。

わたしは大きな声で「ありがとー」と言った。

カイトも「ありがとう」と言っていた。

親切に対応してくれた小学生に感謝。その子の親にも尊敬の念をもってしまう。

カイトにもいつかこんなお兄ちゃん見たいな子になってもらいたいなあ。









一方で、一瞬一人にされたコナツは階段で転んでいたらしく、

そこに通りがかったおばちゃんに助けられ、

ニコニコしながら膝やコートについた土を払ってもらっていた。

ほっとかれたコナツは半べそ・・・


またそのおばちゃんにも感謝。








c0122670_20432560.jpg



















c0122670_20445849.jpg

















c0122670_20451483.jpg

















c0122670_20452656.jpg


新緑も芽吹き、暖かくなり、みんなの気持ちも高ぶりだして、

この時期は特に、積極的なコミュニケーションが生まれやすくなっているのかもしれない。














c0122670_20453778.jpg



いろんな発見があって、いろんな色があって、会話があって、運動にもなって、


この季節、自然散策路の散歩は日常のエンターテイメントだ。
by oyakata58 | 2010-04-17 20:33 | 何気ない日常 | Comments(0)

ウソのようなほんとの話


今 深夜の1時半。

桜の花も終わり、新芽も芽吹き始め、春本番を告げたばかりなのに、

外の天気は雪だ。





c0122670_1333655.jpg





すでに1cmほど積もってて、白い景色になっている。


地球温暖化というけれども、ただ単に異常気象を繰り返しているだけなのではないだろうか。

クワバラクワバラ。



朝の風景


c0122670_20311169.jpg



4月18日の関東の積雪は41年ぶりの最遅タイ記録だとか。
by oyakata58 | 2010-04-17 01:34 | 何気ない日常 | Comments(0)

春の収穫

本日も晴天なり。


空気も澄んでて、富士山がよく見える。




チビ菜園で採れたほうれん草。

c0122670_0362646.jpg







タネから植えて、数ヶ月・・・・

尋常じゃない遅さでようやく食べれるサイズまで成長した。





晩御飯の小鉢になった。

c0122670_0381132.jpg


とても甘くて美味しかった。










次はハツカダイコンを植えている。

c0122670_0385630.jpg


一週間もしないうちに芽がでて来た。

春のパワーだ。



その横ではプチトマトを植えている。

夏には食べきれないほどの鈴なりトマトが出来ることだろう。








そういえば、今朝、通勤中にGoogleの「ストリートビューカー」が走っているのを見た。

※ ストリートビューカーの画像で検索すればどんなもんかわかります。


屋根の上に変てこな機材を積んで走っているので目立ち、すぐにそれと分かる。

主要道路を走っていたのでおそらく撮影ではなく移動中だったのだろうが、

傷だらけでボロボロに近いプリウスだった。



どんだけ手荒な運転しているのか品がない・・・

走行距離はいかほどなのか・・

おそらくバイトだろうけど、チャラそうなアンちゃんが運転していた。


運転手が、googleアメリカのキチンとしたスーツを着たアメリカ人の社員とかだったら説得力あるんだけどな。



そろそろ関東地方は写真が更新されるのかな。

また物議を醸し出すのかな。
by oyakata58 | 2010-04-14 23:47 | 何気ない日常 | Comments(0)

SL公園のD51


所沢のいもーとさんの家に用事があって行ったのだが、

わたしはやることがなくあまりにも暇だったので、

ママチャリを借りて写真でも撮りにポタリング。





c0122670_0492670.jpg












c0122670_0495762.jpg













c0122670_0515291.jpg















c0122670_0523010.jpg


















c0122670_0521376.jpg

















所沢周辺の雑木林はこんな廃棄ゴミがたくさん転がっている。

c0122670_10842.jpg

















c0122670_0525080.jpg
















偶然見つけた近所の公園「小手指公園」に現役を退いたD51があるのを発見。

ちょっと感動。



北海道で走っていたものを譲り受けて、展示しているらしい。

c0122670_0534415.jpg













c0122670_0535629.jpg












c0122670_1250100.jpg













昔は文明開化の象徴だったろうけど、いまはノスタルジーそのものである。



活躍当時の盛り上がりを想像するとときめきますなあ。


運転士さんがここに乗っていたんだねえ。

c0122670_0541154.jpg


汽笛の音が聞こえてくるようである。












c0122670_05626.jpg











c0122670_0583051.jpg


そのうち、現役復帰のおよびがかかるかもしれないよ。

そういう展示物を修理して活躍させるプロジェクトがあるらしいと言う話をTVで見た。

また走る姿をみてみたいねぇ。
by oyakata58 | 2010-04-11 23:45 | 何気ない日常 | Comments(0)
本日も晴天なり。

暑くもなく寒くもなく、自転車旅行にもってこいの最高のコンディション。

子供達の世話を嫁さんとばあちゃんに任せ、


朝8時半に家を出る。





集合場所の、最近TV番組の「珍百景」で全国的にすっかり有名になった了法寺、通称「萌え寺」に8時45分に着いた。

c0122670_2275219.jpg




ここは陣馬街道の入り口、追分交差点のすぐそばにある。



まだ誰もいないので、掃除をしていた住職さんらしき人に挨拶しながら見学。

朝早くからこの寺を一人で散策するのはちょと恥ずかしい・・・



お寺と萌えコンセプトの融合で話題になり、参拝客もすごい増えているらしい

おもしろいことを考える人がいるもんだねえ。

c0122670_2281468.jpg






c0122670_237121.jpg




国立から自転車で走ってきたコータ君や、豊田から走ってきたケージ君が到着。

さらに今日参加のメンバーが一人二人と到着して、

みんなで萌えコンセプトの小物に盛り上がっていた。

c0122670_2381978.jpg

ガチャガチャのおみくじ。



c0122670_238386.jpg










c0122670_2385241.jpg







お賽銭を入れて、今日の無事を祈願した。






c0122670_239459.jpg


マニアックな格好をした男が5人で盛り上がっていたので、

犬の散歩がてらお参りに来た人に「なにかイベントですか?」と聞かれた・・・・


「いえいえ、自転車で陣馬山に登るので集合場所につかわせてもらってるだけです^^」


男ばかりでここに長いこといると、前を通る人みんなにAKB系の人に間違われるからちょっと恥ずかしい・・・

※ちなみに私にはこの趣味はございませんから。




などと話していると、(吉祥寺から輪行で手間取って遅刻 ぷぷっ)tommyさん夫婦がやってきて、

予定より30分遅れで全員揃ったので9時30分、出発。

c0122670_2395498.jpg


本日は男6人女1人、計7人の大ツアーになりましてござる。

みんな職場の同僚、元同僚。




片道24km、山道がそのうち3分の1

ゴール地点の陣馬山山頂(標高857m)まで約3時間

全工程48kmの山登りツアー。













浅川沿いのサクラ満開が目に入り、スタートしてすぐ寄り道。

c0122670_2453211.jpg











c0122670_246975.jpg










陣馬街道の恩方までは車どおりも多い上、道幅が狭いので危ない。

c0122670_2465115.jpg











恩方まで入ると車がグンと減る。

c0122670_2474484.jpg














c0122670_2514614.jpg















c0122670_2521914.jpg














c0122670_252345.jpg











ロードレーサーの自転車の人たちが沢山トレーニングで走っている。速い!


夕やけ小やけふれあいの里で休憩。

c0122670_2523953.jpg


ここまで順調。









c0122670_2562898.jpg











左に曲がると地獄のように急な九十九折の坂。
(でもトレーニングに使うロードのチャリダーは登り坂と思えない速さでビュンビュン登っていくんだけど)


我々は真っ直ぐ進んで比較的緩やかな迂回路的な山道を登る。


c0122670_2554154.jpg


さて、ここから上り坂が始まるのだ。





c0122670_384659.jpg





林道になるが、一応舗装道路。



途中、車を阻むロープの柵が道をふさいでいたが自転車は担いで越えられるので問題ない。










すこし登ったところの左側に湧き水がある。

c0122670_301985.jpg


水筒に入れて、頂上でカップラーメンとコーヒーを作る予定。
















これを過ぎたところからは、各自のペースで登る。

マラソンと同じで自分のペースで上がらないと余計に疲れるのだ。

自転車の性能や、体力によって左右される。

速い人はさっさと消えて、峠まで会わなかった。


c0122670_39452.jpg












c0122670_39244.jpg













私は一応、このコースの経験者であり、ツアー幹事なので最後尾を気にしながらゆっくりと登った。

c0122670_393863.jpg










乗って上がるのを諦め、歩いて上がる3人。

これもまた良しですな。

c0122670_3111245.jpg









ゆっくりじゃないと見えないものも沢山あるので。

c0122670_3115722.jpg











醍醐峠(標高740m)を上りきり、50mの標高を一気に下ると和田峠(標高690m)に合流する。

12時30分 全員無事到着。

c0122670_3123659.jpg


ケージ君を筆頭に、早い人は30分も前から到着して待っていたらしい。







他にも沢山のチャリダーが次から次へと登ってきて、休憩していた。











ちょっと休憩してから、体が冷える前に山頂へ向けて出発。

自転車で最後まで登るコータくんと私は登山道の左にある林道を進む。


「山頂まで自転車を持って上がる意味が分からない!」とそれ以外の人は、階段を登る。

c0122670_3191077.jpg


愛車と山頂に立てるなんて、最高じゃないですか~

といってもわかってもらえそうにないので、ご自由に。

山頂までは徒歩でも自転車でも30分弱。

c0122670_321917.jpg










はっきり言って、自転車コースは細くてすぐ横が急斜面になっている上、最後に試練の登り坂があるので、けっこうな覚悟がないと大変。











c0122670_3231174.jpg


山頂の茶屋の食材資材とかはこの道をミニキャタピラーに乗せて運んでいる。










ギアの軽いマウンテンバイクなら6,7割は乗って登れるが、

最後の坂道は流石に無理!!。

休憩しながらなんとか自転車を押して登り切ったって感じである。






ヒイヒイゼエゼエ言いながらようやく山頂に到着。

13時。


他に自転車で山頂まで登っている人はいなかったのでちょっと目立つ。




出発してから3時間半。

c0122670_3242835.jpg


最後はかなりきつかった。





















c0122670_3281633.jpg





















歩き組みもほぼ同時に到着して

みんなで山頂の怪しい馬モニュメントの前で記念撮影

c0122670_3291198.jpg



下界の景色を見ると、かなりの高さまで登ってきたのがよくわかる。

tommyさんは女子一人よく頑張った。



久々に、まあまあの過酷な試練に立ち向かった達成感。

空も青くって、空気も新鮮で気持ちいい。













写真には写っていないが、周囲は食事中の150人ほどの登山客でにぎわっている。















我々もおなかが超すいていたのですぐ食事。

c0122670_32946100.jpg


嫁さんのお手製おにぎり3個、コンビニで買ったカップヌードル、薄皮アンパン・・・



















湧き水で作ったカップラーメンは格別で、大パノラマの景色も合わさって超うまいっす。

c0122670_3295996.jpg


満たされた。




















めずらしく3軒ほどある山頂(平日は休業・週末でも休業の場合がある)の茶屋がすべてフル稼働だったので、

うどんとか注文して食べる人もいた。

c0122670_3302985.jpg



















ドリップコーヒーも美味しい。

c0122670_3313611.jpg





天気がとてもよかったので、双眼鏡で覗いてみると、

はるかかなたにスカイツリーらしきものを発見。

空にちょろっと突き出す白い棒だった。


c0122670_3342222.jpg







残念ながら富士山は見えず。

c0122670_3352818.jpg









何人かのハイカーに声を掛けられて、

「えっ、自転車でここまで登ってきたの???すごいね~」と驚かれたり、

自転車を誉められたり、話のきっかけになって楽しかった。






一時間半ほどノンビリして、一気に下る。

c0122670_3432014.jpg











ダートの林道下りはジェットコースターみたいでスリリングで最高に楽しい。

今日一番の楽しさだった。

c0122670_3442493.jpg


一歩間違えると崖に転落するかなり危険な道だったけど。









その後、歩き組みと合流し、舗装道路に入ってからハプニング続出。

3人連続でパンク。




プシゅ~っ

下り始めて1分。

ケタタマシイ音がフロントタイヤでしていると思ったら、そのまま完全パンク。



分解してみるとチューブの劣化で部分割れしていた。

すぐさまコータ君がもっていたパッチで穴をふさいでピット終了。助かった。

c0122670_34546.jpg


さっきすごい勢いで我々が追い抜いたはずの歩きのハイカーに、今度は抜きかえされたりで

なんか恥ずかしい。



気をつけないと、最後尾をタラタラ走っていると、誰にも気づかれず一人で路頭に迷うところだった。

パンク修理セットは携行すること必至なのを実感。







プシゅ~っ

1分後、

コータ君のタイヤがパンク。

同じような症状。

c0122670_3462876.jpg


さっきすごい勢いで再度追い抜いたはずの歩きのハイカーに、再度抜きかえされたりで

非常に悲しい。


修理用の穴パッチの数が少ないぞ。

あと一回で修理不能。






感動的な光に包まれる巨大な桜の木に遭遇。

c0122670_351720.jpg


頑張った御褒美ですかね。





そしてふもとにたどり着いたところでぶっちぎりで先を走っていたケージ君が止まっている。

パンク。

バルブの故障らしい。

c0122670_3465431.jpg












c0122670_3564477.jpg


穴パンクではないので、修理不能に思われ考えたあげく救援車を呼ぶことにして置き去りにして帰った。










さらに5分走ったところでコータ君が再びパンク。

さっきのケージ君に空気入れを渡してしまっていたので修理ができず、

彼が歩いてくるのを待って再び修理するという。

いろいろ対応策を考えた結果、置き去り決定。

まだパッチが残っていて良かった。






とんでもないハプニングが連発したが、なんとか無事、5人は出発点の萌え寺に到着。

17時10分。

c0122670_3561574.jpg


皆様お疲れ様~。



パンクで置き去りの二人も、救援に頼ることなくなんとか自転車屋に到着して修理の後、

1時間半ほど遅れて萌え寺に到着し、

その後、無事帰宅できたらしい。





家につくなり、風呂に入って、着替えて、自転車を洗って磨いて、あースッキリ。





全員の帰宅をメールで確認し、安堵&the END。




久しぶりの自転車山登りで、かなり足が疲れたが、充実した一日になった。

またチャンスを見つけて行こう。

いや、行かせてもらおう。
by oyakata58 | 2010-04-10 23:23 | 自転車 | Comments(2)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58