本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

想定外な激痛一転快調

本日も晴天なり。



激痛で寝返りすらも出来なかった体が、

注射を打って、薬を投与して以来、尻と股間に若干のシビレ(麻痺?)が残っているものの、腰の痛みはほぼ消え、調子が良くなってきた。

まるで仙豆を食べたみたいだ。



過去の経験上、1週間以上の寝たきりを覚悟していたあの耐え切れない痛みからあまりにもあっけなく解放されたのは想定外。

ありがたや。






一方、世間でも想定外のことが沢山起こりすぎていて、

この先どこまで想定した準備や対応をすれば安心できるのか不安が渦巻いている。

いろんな楽しそうなイベントはすぐ中止になってしまうし、夏の計画停電も心配。


かつてホリエモンさんが、記者のいろんな意地悪な質問にも「想定内です!」と自信をもって答えていたのがある意味社長として頼もしく流行語にもなったが、東電さんにも「もちろん、これらは想定内です、対策は十分に考えられています!」と言って貰いたいものだ(とはいえ漏れたのも、壊れたのも想定内だったら救いようが無いのだが・・・)。

電気はほどほどでいいので、早く安心できる生活をわれわれに返して頂戴!





c0122670_21341377.jpg

いつまでも暗いTVを見たり、ベッドで寝てばかりいたら気が滅入りそうなので、昼過ぎからポカポカ陽気の中、リハビリついでに子供達と散歩にと外へ出かけた。











c0122670_21342647.jpg

庭から無手入れなのにムスカリがニョキニョキと伸び始め、気がついたら満開に。










c0122670_21344017.jpg

寒い間は元気が無かったビオラたちも元気になり始め、










c0122670_21352388.jpg

公園を散歩していたらコジュケイの散歩にも遭遇し、











c0122670_2136459.jpg

地上一嫌いなあの動物も目を覚ました・・・













c0122670_21364087.jpg

片倉城址公園のカタクリも咲き始め、アマチュアカメラマンさんたちも集まりだし、









c0122670_213792.jpg

カタクリ色のジャンパーをマントのように着たコナツは元気に走りすぎて転倒、

泣かなかった。








c0122670_21374960.jpg

家の中の水槽で越冬したオオクワも



c0122670_2138888.jpg

ヒラタクワガタも動き出した。








夕方、玄関前で西日を浴びて光り輝くビオラがとても美しかった。

c0122670_21383732.jpg




明日はもう仕事にも行ける!

元気が一番!

健康な体に感謝!!




いよいよ春がやって来た。
by oyakata58 | 2011-03-29 21:30 | 何気ない日常 | Comments(0)

魔女の一撃に天使の一撃

本日も晴天なり。



歩いたり、座ったりができる状態とは程遠いので会社はお休みを頂いた。




薬が効いている瞬間を狙ってパソコンを開いている。
時間は掛けられない。


ぎっくり腰やら椎間板ヘルニアなどの急性腰痛症のことを「魔女の一撃」という。
たとえばくしゃみとか重い荷物を持った瞬間に、腰椎がずれたりや椎間板が飛び出して神経に当たる激痛の瞬間が魔女の魔法の杖の先から発せられた電気的な攻撃に似ているからそう例えられたのだろう。上手い表現だ。


座薬と痛み止めの飲み薬によってかろうじて移動することが可能になったので、右半分のお尻のシビレは強烈に残っているものの、昨日の休日診療をしてもらった病院で撮ったCTスキャン写真を持って近所の整形外科に行ってきた。

待ち時間が短くて助かる。待ち時間が長い大病院だと急性腰痛患者のみんなはどうしているんだろう。

過去に腰痛で何度もいろんな病院に通っている私は、医者が見せる模型やら指導してくれる一連の流れはもう判っているので、半分聞き流しながら過去に言われたことの無い最新情報が無いかだけ注意して聞いていた。

痛み止めの薬とできれば注射を打っていただき、あとは自宅で安静にしていたいだけなのである。


その後、こちらの希望をつらつらと述べて、聞いてもらった。

「まずこの痛みを軽減してもらいたいこと、手術はしたくないこと、痛み止めの薬を処方してもらって自宅療養したいこと、自宅療養で動けるようになってきたら今まで通っていた整体にまた通いたいこと、MRIの検査が必要な場合も考慮して別の病院も予約している」等々。

先生はすべてうなずきながら聞いてくれた。

「最近は椎間板の切除する手術はあえて行わないような傾向にあります。切除しても人によっては1週間で再発する場合もあったりする」と先生。

「ブロック注射をお願いしたい!」と自ら訴えて、じゃあレントゲンを撮りますかと言われて今度は側面断面の写真から注射するべき箇所を分析してもらう。

デジタルレントゲンは撮影後すぐ見れるのですばらしい。

「ああ、ここの隙間がかなり狭くなってますね~」

「そうですか(そんなのとっくに知ってます)」

過去にアレルギー反応などなかったか聞かれ、

触診をしてもらって一番痛い箇所の近くに注射を打ってもらう。


即効性のあるブロック注射はまさに「天使の一撃」とでもいいましょうか。今までの痛みが嘘のようにスーっと引いていった。

ありがたや~

しかしブロック注射の効果はほとんどの場合一時的なもの。

収縮していた血管が拡張され血のめぐりがよくなり、痛みが緩和する。



「一週間たっても腰痛によるシビレが引かない場合はMRIを受けるのをオススメします」と。


ワガママな患者に聞き分けの良い丁寧な先生で良かった。
ほぼいつものやり取りを経てあっという間の診療が終わった。

感謝。



現在最新の腰痛治療は内視鏡手術と微細顕微鏡レーザー治療というのがあるらしい。
受けられる病院も限られているらしいが、一生この悩みから開放されるのであれば興味がある。



安静にしてくださいといわれても、安静にしないわけにはいかない。
しかも安静なんて無いほど常に痛い・・・・

しかし今はつかの間の安堵感に包まれている。
天使の愛に包まれている。いつまでの包まれたい。



とにかく一日も早くいつもの平和な日常に戻って、大事な年度末の仕事に早く復帰したい。



みなさんも気をつけなはれや!
by oyakata58 | 2011-03-28 16:45 | 何気ない日常 | Comments(0)

痛すぎる日々

本日も晴天なり。


腰痛がほぼ完治していたと思っていたら、最近再び悪化し始め、

昨夜、寝たままやってしまったくしゃみで決定的な一撃を加えてしまい、

トイレにもいけないほどの痛みを伴う事態になってしまった。


午前中に休日診療の病院を嫁さんに探してもらって、

瀕死の激痛と戦いながら車になんとか乗り込み、

たどり着いた病院で生まれて初めてのCTを撮ってもらうと、確実に椎間板ヘルニアですねと。

看護士さんに座薬をぶち込まれ、今は痛みが若干やわらいだものの、それは一時的なものなので

しばらく寝たきりの絶対安静が必要な状態がつづく・・・


やっちまったな~。
by oyakata58 | 2011-03-27 14:16 | 何気ない日常 | Comments(2)

本日も停電なり

本日も晴天なり。

今日も腰痛で会社を早退し整体に通って早めの帰宅。



 
本日の計画停電はなんと2Gのみ。

我が家は2Gに属する。


計画停電が始まって約2週間。

それでも我が家のエリアは昼間の停電こそ2度あったらしい(私は不在)ものの、
夜の停電は回避されてきた。



スタート予定の18時20分までにお風呂も食事も済ませてスタンバイ。


c0122670_153329.jpg


みなみ野の街の明かりが消える瞬間を見届けようとカメラを構えていたけど始まらず。






今夜もひょっとして2Gとはいえ、対象外のエリアに入るかもな・・・と思っていたら

町内放送が入って18時50分にスタート。

c0122670_1542491.jpg


写真中央の電気がついているのは八王子みなみ野駅と横浜線の電車の明かり。

街は不気味なほど暗い。







なぜかろうそくに静かに手を合わせてお辞儀をするコナツ。

c0122670_332263.jpg



コナツの見つめるろうそくの揺らぐ明かりが震災犠牲者への弔いの明かりに思えた。

c0122670_2143542.jpg












c0122670_155497.jpg


ホワイトガソリンを使ったランタンを焚くと静かな燃焼音と炎の温かみが心地よい。

これなら暖房が切れても大丈夫だ。











情緒的な明かりに子供達のテンションも逆に上がり、
コナツが意味不明な歌を熱唱してくれて家族が盛り上がる。



かつて無い大きな地震を目の当たりにした東日本の人々は
命のありがたみ、および明かりのありがたみを感じつつ、
この時間を家族のコミュニケーションの時間に使う家も増えていいかもしれない。

キャンプとかでの焚き火効果みたいなもの。








20時には家族全員布団に入って寝始めるものの、20分後、町内放送が流れて、
「本日の計画停電は終了しました。ご協力ありがとうございました」と・・・

3時間の予定が1時間半で終わってしまった。

今日の東電の電力消費はかなり少なかったようだ。

電車は本数削減にして、パチンコ屋やゲームセンターはもちろん、増えすぎた家電量販店、コンビニエンスストア密集地など電気を使いすぎるお店が淘汰、もしくは自家発電や操業自粛していけば春の昼間でも十分乗り切れるのではないだろうか。夏は無理だろう。

ちなみにディズニーランド&シーは施設自体はまったく問題がないのだが、使いすぎる電力がネックで再開に踏む切れない実情があるらしい。難しい問題にぶち当たったなあ。資金を使ってオリジナルな発電所を設けるか・・・





意外とあっけなく終わった初めての計画停電 夜シフト。

c0122670_158792.jpg


そのまま寝続けた。






イスラム教の宗教儀式にラマダンというのがあって、毎年ある定められた約一ヶ月間、日の出から日没まで食事も水も摂らないという習慣がある。
かつてエジプトに旅行に行ったときに、ちょうどその期間にあたっていて(異教徒・旅行者などは免除) ガイドはしゃべりが仕事なのに、口が渇いて大変そうだった。
エジプトのガイドいわく、今は富める人も平等に貧しい人の苦しみを分かち合う為に行われると言っていた。事の起源はちょっと違うようだが、その思想がなかなかすばらしい。

ランタンの明かりにラマダンを思う。

停電なんて我々にしてはちょっとした不便だが、この不便をみんなで共有する行為が、なにかそれに通じるものがあるような気もした。





あまりにも早寝すぎて、24時ごろに目が覚め、そのまま寝られなくなった・・・・
by oyakata58 | 2011-03-26 02:38 | 何気ない日常 | Comments(0)

久々の雨に一喜一憂

本日は久々の雨天なり。



マスクをしないで過ごせるこの清々しさ。

隣に杉山さん、杉本さんという苗字の人が座るだけでも目が痒くなってしまう私は
花粉の飛散が少ない雨の日は本当に嬉しい。




一方で、雨を喜べない地域がある。
関東も例外とは言い切れないのだが。


先日、原発被害を食い止めるため命をかけてミッションを成功させたハイパーレスキューの隊長(東京消防庁)のインタビューをTVで見て感動した。


映画「アルマゲドン」のスペースシャトルに乗ったクルーを思い出す。
映画の話が実際に起きているかのようだ。


日本国民は普段からこんな人たちに守られていたんだな。


命に関わるかもしれない自己犠牲を、場合によっては家族を捨てる覚悟で任務に忠実に遂行している消防隊や自衛隊の方々には誰もかなわない。

送り込む許可を下した、あの石原都知事が涙を流して労う位だからよっぽどの事だろう。
本当に頭が下がる。



彼らのおかげもあって、放射能汚染は最小限に踏みとどまれていると信じているが、
それでも放射能汚染された水や、食べ物の不買・風評問題が浮上し始めている。

子を持つ身としては、それを心配しないといったらうそになるが、
どれも直ちに健康に影響の無いレベルであるというコメントを信じるしかない。



ある知人が言っていた「ちょっとでも汚染されてる野菜とか絶対食べたくね~」と。

気持ちはわかる。わたしもそうだ。

でも散々有害と警告されているタバコを美味しそうに吸っているあなたのその価値基準が私には理解できんわ!と突っ込みたくなった。

偉そうなことを思ってしまった私もその人以上に自己都合による価値基準で生きているので言うのはよした。※例えば見方を変えたら、電気を無駄遣いするなというならパソコンを切れ、blogを更新するな!という意見も正当な価値基準だ。



眠らない街の底無しの欲望や便利さを満足させる為に必要になったエネルギー工場のせいで、遠く離れたのどかな田舎町の住人が怯えなければならないもどかしさ。

追い討ちをかけるように関東周辺の買いだめ行為が被災地への物資を行き渡らなくさせているとも言われている。


我々都会の人間(八王子はそんな都会じゃないけど・・・)はそれを反省する気持ちも込めて必要ならば無期限でも計画停電やら電車の部分運休、ガソリンの価格の高騰を歓迎したい。※信号機や病院、家庭医療器具使用者、もろもろの解決すべき問題はあるが・・・


先進国が一度味わった便利さを退化させるのはおそらく不可能だろうが、
エネルギーの節約の大切さ、程よい便利さとは何かを今一度見つめなおし、
今回の教訓を世界に発信し、もう一度本質的なエコ先進国としてのイニシアティブを強固にする為、国は今後の日本の進化の方向性を精査して、この教訓を国民に定着させるべく政治活動を行って欲しい。



あと、ついでにといっては何だが早く放置森林によるスギ花粉問題をどうにかして欲しい。
あくまで自己都合な価値基準だが、この春の花粉による空気汚染は私にとってそれよりもマジで深刻だ・・・・


すべての人に安全な空気を!
by oyakata58 | 2011-03-21 23:11 | 何気ない日常 | Comments(0)

避難所を元気にする曲

さっき某ラジオ番組に電話出演していた東北地方のラジオパーソナリティーの方の話が興味深かった。



ラジオが聞ける環境、またそこから流れる曲が被災者に喜びを与えているのは想像がつくのだが、

ラジオ局にどのようなリクエスト曲が多いか、なにか特長があるか?の質問に対しての答え


一番人気があるのが「アンパンマンのマーチです」と。

c0122670_9343878.jpg


この曲が流れると子供達に笑顔が戻り、とても楽しそうにしている、
その姿に大人も癒されて避難所が明るくなり、元気をもらえる。

という理由なのだそうだが、それだけじゃないらしい。



大人たちも、この歌を何度も聞いてその歌詞の意味を考える度に、
自分達の置かれてる境遇に照らし合わせ、
この曲の歌詞に涙し、勇気や希望を与えられているのだそうだ。




作詞:やなせたかし 作曲:三木たかし 編曲:大谷和夫

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも
なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!
今を生きる ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

2番へ続く・・・




わたしも前々から思っていたのだが、特にここの歌詞深いなあと。
子供向けの歌詞にしては事がデカイぞと。

「なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!」


自分も明確にはこたえられないけど、いつかはこたえを見つけ出したい。

なにか痛いところを突付かれているような感覚をおぼえる。



やなせたかし氏本人は被災した方々へ向けてアンパンマンのイラスト入り色紙に、
とにかく元気でくじけないで「きっとアンパンマンが助けに行くからね」と
メッセージを送っている。



この人もまた、ニッポンを元気にする偉大なるパワフルじいちゃんである。
by oyakata58 | 2011-03-20 23:56 | お気に入り | Comments(0)

車を使わない生活

本日も晴天なり。



花粉症の症状がひどすぎて、朝起きたらまぶたが接着剤でくっつけたように開かなくて、

指で押し広げてようやく景色が開けている・・・・・

八王子に雨よ来い!!!!




卒園式を無事終えた息子のリクエストでボウリングに行ってきた。


途中、ガソリンスタンドに入る車の長い列が・・・

200mほどあっただろうか。ちょくちょく進むのでアイドリングストップもできないし、
山の上にあるGSだから上り坂待ち状態で、惰性で前に進むことも出来ない。

c0122670_0331924.jpg



レギュラー130円でも高すぎる~とか言っていた国民(自分も含めて)が、
やれ、ガソリンが品薄だとなると150円近くにまで高騰しても並ぶ時間をも惜しまない大行列を作る。なんとも皮肉な光景だ・・・。

道路には車も減り、なんだか環境にもよさそう。

仕事に車が絶対必要な人には申し訳ないが、いっそのことこの値段、国策としてしばらくキープしてみては・・・?
TNPエコカーばかりがもてはやされ、空気が綺麗になりそうだ。

観光業界が大打撃だな、それはまずい・・・・。





山を越えながら2kmほど歩いてボウリング場に到着。

c0122670_0344591.jpg


最近は左利き用のボールもあるらしい。

細分化が進んでいる。

ボール関係は左利きの私は今回利用してみたが、何が違うのか分からなかった・・・





c0122670_036997.jpg




カイトも力がついてきたからか徐々にスピードが出せるようになってきた。

たまたま偶然バンパーに触れることなくストライクが獲れたりして大喜び!
c0122670_0371672.jpg










コナツも超スロー投げして、ノロノロボールで楽しんだ。

c0122670_0375212.jpg


YOU CAN DO IT!








c0122670_038971.jpg










c0122670_0382551.jpg

多くの若い客でにぎわっていて、40分待ちだったが、活気があってすばらしい。



あまりにも久々にやったので完治していない腰にきて、そのまま私は整体院へ・・・




いつも車で行っていた買い物もみんなで散歩がてら行ったりしている。




昼間たっぷり花粉を浴びたせいか夜は花粉症が重症になり、とほほ・・・

翌日は足腰、腕が筋肉痛でさらに、とほほ・・・
by oyakata58 | 2011-03-19 00:28 | 何気ない日常 | Comments(0)

ニッポンを元気にするCM

本日も晴天なり。



友人から「観た~?」ってメールをもらって思い出した。

c0122670_629264.jpg


そっか、もう完成して公開され始めてたんだ。





くしくも突然横入りしてやってきた大震災に押しやられ、

翌日にひっそりと開通した九州新幹線「さくら」

全線開通祝いCM(180秒バージョン)





CM観て涙が出たのは初めてかもしれない。



こんな時世だからだろうか。




1万人以上のエキストラを集めて、1日だけレインボーラッピングされた撮影用新幹線が、
鹿児島から博多へとゆっくり走りながら、車窓から沿線に集まったみんなを一発勝負で流し撮りした。


雨(上がり?)の鹿児島をスタートし、北上するにつれ天気は好転。
熊本あたりではすっかり晴れており、九州の広さも感じる。





全線開通を祝いたい!
目立ったパフォーマンスでCMに写りたい!!
このイベントを仲間や知らない人と一緒に盛り上がって楽しみたい!!!


目的は様々だが、このイベントを楽しむように心を一つにして大人も子供もお年寄りも無邪気に笑顔ではしゃいでいる。


なんとすばらしい映像でしょう。




華々しい門出の祝いになるはず!!   だった。








現在このCM放送自粛中。

とーーっても残念。






あまりにも多いACのCMにうんざり(そのCM自体は悪くない)な日本に
このようなCMを勇気をもって“ドッカーーン”と放送したならば
どんなに日本を元気にする効果があるだろう。


今あえて流すことで、頑張ろう東北!のメッセージも込められている気がする。


不安を煽る情報や映像の影響もあって極端な買い溜めやら買い控えが発生していると仮定するならこの希望に満ちた映像はそれらを抑制する効果があるかもしれないとも思う。



国全体がいつまでも悲しみに暮れているわけにはいかない。

どこかが元気に引っ張っていかねば!!




JR九州のHPには仕掛けがたくさん。
CMには出演できなかった人たちもみんな写真でピックアップされている。

c0122670_645384.jpg


あの日、応援してくれてありがとう。
ちゃんと皆のこと観ていたよ!ってメッセージかな。




そのほかYOUTUBEにはCM撮影の舞台裏が沢山。


めっちゃ気合いれて頑張っているのにまったく写らなかった人や、

家の玄関前で飛び跳ねてソロでピックアップされた人、

仕事中な面持ちで真面目そうな駅員さんたち。

よーーく観ているといろんなドラマが見え隠れする。



このCMを企画、実行してくれたJR九州とADさん、そして九州の人々に拍手!!

YOU TUBEやJRのサイトを通して、いろんな人を励ましている、勇気付けていると思う。




被災地の現場にいる人達にしてみたら、今はお祭り騒ぎの映像なんて・・・
応援の言葉より、物資や労力で助けてくれ! と叱られちゃうかな。
きっとそうだろう。


意地悪な地震さえなければ・・・・




でもこんな時だからこそ

ニッポンを一つに!九州からニッポンを楽しく元気に!!


それだけのパワーを持ったCM。


みんなで集まればすばらしいものが生まれる、なんでも可能になる!!

このメッセージ、きっと届くと思うな~。



一日でも早く、手放しでこのCMを楽しめる日が来ることを願わんばかりである。

c0122670_1345126.jpg



東北新幹線「はやぶさ」も負けるな~
by oyakata58 | 2011-03-18 23:27 | お気に入り | Comments(2)

SNOW PEAKからのご連絡

私もなにか協力できるかも。
余裕がある人がいれば是非!!

以下転送 部分省略 詳しくはSNOW PEAK サイトを。

*******************************************           
SNOW PEAK CLUB Magazine 臨時号
http://www.snowpeak.co.jp/
2011年3月15日配信
*******************************************
3月11日に発生しました史上類を見ない震災となりました「東北地方太平洋沖
地震」におきまして、被害を受けた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

=====================================
東北地方太平洋沖地震に伴う災害援助物資提供のお願い
http://www.snowpeak.co.jp/info/2011shien.html
=====================================
深刻な状況を目の当たりにし、急遽スタッフで話し合い、被災地のボランティア
センターと協力しながら援助を行っていきたいと考えております。

中略

そこで、ユーザーの皆様にお願いです。既に使わなくなってしまった、物置や
押入れの隅で眠っているテントやシュラフ、ご使用にならないマットなどが
もしございましたら援助物資としてご提供をお願い致します。(実際に使用
できるものに限ります)

皆様から頂きました善意の物資を私たちの手で現地へ直接運び、可能な
限りテントの設営までお手伝いをさせていただきたいと考えております。

<援助物資送付シート.PDF>
http://www.snowpeak.co.jp/info/soufu.pdf

皆様からのご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

■受付期間
2011年3月14日~3月31日

■受付援助物資として必要なもの
※現在テントに関して受付を一時中止させて頂いております。
・シュラフ(寝袋)
・インナーマット、銀マット

※テントに関しまして相当数物資が届いたことで一時受付を停止させて頂きいております。状況を見ながら再度募集をさせて頂きたいと思います。
※実際に使用可能なものに限ります(部品が揃っていて、できるだけ清潔なもの)。

※誠に申し訳ございませんが、発送運賃は元払いにてお願いいたします。
※お送り頂きました援助物資は、ご返却させていただくことはできませんので
予めご了承ください。

■受付方法
下記送付シートをご利用頂き必要事項をご記入の上、下記送付先へお送り頂き
ますようお願いいたします。物資の状態について特記事項がございましたら併せて
ご記入をお願いいたします。また、同シート下にある「被災者の方への応援メッセージ」
欄にも一言お書き添えいただければ幸いです。

詳しくは、下記ページをご確認頂ければと思います。
http://www.snowpeak.co.jp/info/2011shien.html
by oyakata58 | 2011-03-16 06:32 | キャンプ | Comments(0)
本日も晴天なり。




c0122670_3471368.jpg


地震以来、TVのニュースに釘付けな日々を送っている。

近代日本で起きているとは思えない光景だが、事実だからどうしようもない。




我々の近辺にも影響はでていて、通勤電車の完全運休で電車通勤ができないし、

ガソリンスタンドはどこも長蛇の列で売り切れ店続出。

店から乾電池が売り切れ、懐中電灯、カセットコンロ用のガスボンベなども在庫なし。

今日は3ヶ月ぶりに自転車通勤したが、電車が走らないからか道路は渋滞、ガソリンスタンドの並び渋滞(普段客がいない店が特に)、存在すら薄れいていた町の米屋に行列、八王子駅から会社まで(長い一駅分)歩道に徒歩通勤の長い列など、普段見れない光景が目に付いた。




買占め行動に出ている人が結構いるらしい。自分の身は自分で守れだが、こういうときになって慌てて動き出すのではなく、普段からある程度を想定して備蓄しておくべきだ。
備えあれば憂いなしだ。教訓になった。




うちの部署では7割りほどの人が出社。みんな徒歩か自転車で出社できる人が来れただけ。
午前中は計画停電の予告でパソコンを開くのも気が引けるし、
午後は調理場が使えない社員食堂は営業がなく、交通機関のストップで会社側の判断もあり3時すぎにはほとんどの人が退社。



結局、散々脅された計画停電は我らのエリアで今日は実行されなかったが、

夕方に家族全員お風呂を済ませ、早目の夕食をし、実際に停電した場合の最適なシュミレーションが出来た。
c0122670_3324540.jpg


我々にできる数少ない最低限の協力的行動。

家族みんなで暖かいご飯が食べられるのは当たり前ではないことを改めて考える。




このまえ買っておいたLEDランタンがこのときとばかりに活躍してくれそうだ。

スーパーの袋などを被せるとLEDの光が柔らか拡散してくれる。

LEDランタンならではの裏技。

c0122670_3323099.jpg


充実したアウトドア用品はいざという時にとても頼りになる。
大きな声で言いたい「物欲キャンプ道具ライフノススメ」





今夜は夜8時過ぎにはみんなで布団に入った。

カイトが「4人でお布団に入れて幸せだな~」と

分っていっているのか知らないけど、つぶやいていた。

本当にそうだ。





被災地の人たちのことを考えればついついいろんなことを控えようという気持ちになるが、

いろんなことをマイナス方向に考えて、いろんなことを自粛したり、買い控えをしたり、

ひきこもっていたりすると経済活動が停滞してしまい、本当に日本が沈没してしまう。


みなそれぞれ大変な時だが、明日に向けて自分達にできる有意義な行動をしっかりとって行くべきだと思う。

c0122670_3425955.jpg











c0122670_3432912.jpg






受け止めきれないくらい究極の不幸がある中で、

唯一ラッキーだったのはこれから春が来ようとしていること。

東北はまだまだ寒い日が続くとは思うけれど、これから冬が来るタイミングだったらば精神的ダメージは想像を絶するだろう。

c0122670_3531858.jpg



メディアには取り上げられない、我々には知るよりもない沢山のドラマが現地で繰り返されていることだと思うが、その多くは悲劇の方に違いない。


自分は被災者でもないし、実際に我が身に起きている人の事を考えるとどんな掛ける言葉も見あたらないが、

どんだけつらい思いをしていたとしても、希望だけは持ち続けていただきたい。

ちいさな幸せを沢山集めながら、なんとか前向きに考えてもらいたいものだ。



それでも明日は必ずやって来る。

c0122670_4265314.jpg

by oyakata58 | 2011-03-15 04:08 | 何気ない日常 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58