本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

もうすぐ夏休みなのに

本日はなんとか晴天なり。


朝と夜はかなり雨が降った。

とくに今の時間はそうとうな雷雨中。

北陸と北日本の豪雨が心配。


先週は夜子供が起きている時間には一度も帰れなかったほどお仕事が忙しかった上、

明日の日曜日も早朝から休日出勤。

なかなかハードであるが、それも仕事がある程度充実しているので疲れるわけではない。


毎年7月最週末に南伊豆ツアーを企画していたのだが、今年はたまたま参加予定メンバーの行事が重なって一週間早めた。
それが功を奏してかこの週末に南伊豆に行っていたら雨のツアーになってしまっていたところだった。晴れ男パワーは健在だったということで・・・。

c0122670_0123239.jpg





あと二週間で夏休みに突入なのだが、どこに行くか決まっていない。

妙な腰の重さを感じるのは、どこにいっても雨が降るかもしれないからだろうか。


そろそろ決めないと10日間の自由時間を無駄に過ごしてしまうことになる。

さてどうするべか・・・・
by oyakata58 | 2011-07-30 23:07 | 何気ない日常 | Comments(0)

南伊豆 二日目

本日も晴天なり。

民宿で民宿らしい朝ご飯を食べてから、車で出発。

今日の遊び場は「田子瀬浜海水浴場」こちらもなかなか知られていない
透明度抜群の穴場的海水浴場。

3年ぶりに来た。

c0122670_023237.jpg


目の前の島をグルッと一周すると渓谷あり、外洋あり、洞窟ありのアドベンチャーなスノーケリングができる。



c0122670_0242942.jpg




しかし私は防水カメラを忘れたのでほとんど写真なし。






ようやく子供達も海水浴というものを存分に楽しめるようになってきて、とてもはしゃいでいた。
次のステップはマスクとフィンを使った遊びができるともっと楽しくなるはず。

c0122670_0253344.jpg


昼過ぎまで遊んだ。






c0122670_0254236.jpg

帰りにドライブインに寄って、遅めのお昼ご飯を食べて、15時を回ったところで出発。

c0122670_0274626.jpg


なんとか19時には家に着くことが出来た。

海遊びの後は道具の塩抜きやら洗濯やらで帰ってからも大変。


一緒に行ったメンバーも家族もとても楽しんでくれたようでなにより。

おつかれさんでした。

※近日中に写真追加
by oyakata58 | 2011-07-24 23:19 | 旅行 | Comments(0)
本日も晴天なり。



いつもの集合場所には八王子以外のいろんな場所から人が集まってくるにもかかわらず、今回は朝6時30分の集合時間にピッタリと集まった。
優秀。


予定通りに出発ができるというのはなんとも幹事としてありがたい話である。

c0122670_22563942.jpg





予定通りなのは天気も。

絶好の海日和で期待が膨らむ。

c0122670_22572192.jpg


東名高速道路もスイスイ~


しかし、沼津ICを過ぎてからが伊豆の大変なところ。

いたるところで渋滞が起きており、道路の多くが山道だったりグネグネ道だったり。

これが伊豆に行く事のハードルを上げる。



c0122670_22574685.jpg







たかだか200kmの距離も6時間かかってしまうのだ。

修善寺を経由して下田について海岸線の道路になり、初めて海の状態を知る。




台風が過ぎて2日以上経過しているにもかかわらず、海は大荒れではないか!!

台風が北東ではなく、南東に向かって行ったのが原因のようだ。

白浜や外浦の海水浴場の波も風も強く、上級サーファーしか遊びようが無い状態なのに
むりやり家族連れやら若者でごった返している。

何故、このような状況なのにこの海水浴場にこだわる!?
西伊豆に行ったほうが良いのではないの?

c0122670_22583686.jpg



監視用のヘリまで飛んで、益々大きくなる波しぶきの強さに目を疑った。



我々の目的地はそうではありませんように。


c0122670_23636100.jpg







c0122670_2365436.jpg










目的地が見えてきた。
c0122670_2381573.jpg


あれっ?波も風も比較的おだやかそう。

予定通り。

ちょっと走っただけでこんなにも違うものなのね。




途中、いつものお店で予定通り海鮮食材を購入。
サザエとトコブシをそれれぞれ人数分ゲットした。
c0122670_2374640.jpg

準備OK






c0122670_2391620.jpg







現地についたのが丁度12時半ころ。
これまた予定通り。

c0122670_23102125.jpg

速攻で設営して、お昼ご飯を手分けして作る。



c0122670_23143958.jpg








c0122670_2317765.jpg




完全に例年と同じ行動。
まさに遊びのルーティンワーク。

しかし、まったく同じことをするだけで、確実にすばらしい景色と楽しい遊び時間、
そして最上級の味覚が保障されるのだから毎年同じようなことを同じようなメンバーで繰り返すのである。

メンバーもそれが実現できることが分かっているから、まったく新しい感動が無いにしても、毎年参加してくれるのである。

そして毎年同じように来て良かった~と感動するのである。


c0122670_23163948.jpg




海鮮ばかりだと飽きるので今年はトン汁も。

c0122670_231730100.jpg


この景色、この仲間達にして、どんな料理でも美味しくなり、美味しい料理はさらに極上の美味しさになる。






さて、メインディッシュ

バターをひいた鉄板にトコブシをうつぶせに敷いて、トコブシがツイスト&ツイスト
c0122670_23175543.jpg




動きが止まって数分待ったら、仰向けにひっくり返して

すりニンニクを少し、醤油を数滴たらして、さらに焼くと出来上がり。
c0122670_2320262.jpg


マジこれを食べるために来ているといっても過言ではないのだよ。



もちろん余興で海で泳いだりもしたのだが、今回は防水カメラを持ってき忘れたので、
メンバーから画像が入手できたら再UP。









c0122670_23232667.jpg

photo by コナツ






c0122670_23505298.jpg

カイトの収穫物。もちろん、最後は海に放しました。








c0122670_23235744.jpg

コナツとカイトが防波堤の上でお互いに「今日は楽しかったね~」と感想を言い合っている。






かくして、楽しい時間はあっという間に過ぎていくもので、

早くも5時。

c0122670_2324599.jpg








撤収も完了、掃除も完璧に終えて弓ヶ浜の民宿へ。

c0122670_2325568.jpg








今日の民宿は弓ヶ浜温泉民宿 清水屋さんとにかく女将さんもご主人も笑顔が素敵でとっても接客が良い、掃除も行き届いた良い民宿だった。

c0122670_2327410.jpg










c0122670_23272816.jpg

料理も美味しくいただいた。







最寄の弓ヶ浜海水浴場まで徒歩2分。

毎年のように、大袋で買った花火セットで夜を盛り上がり、

c0122670_23275433.jpg




c0122670_23283839.jpg


子供達も喜ぶ。





帰りの道で生命の神秘に立ち会う。

c0122670_23291249.jpg



これでカイトも夏休みの宿題の絵日記に書くネタがひとつ出来ただろう。

大人も子供も、子供のように沢山遊んだ一日だった。




明日も続く。
by oyakata58 | 2011-07-23 22:53 | 旅行 | Comments(0)
本日も晴天なり。


朝7時。

キャンプの朝はいつも早起き。

でも今日はちょっと遅め。


c0122670_06287.jpg


相変わらず清々しい朝の気温に朝の空気。



父娘のキャンパーはさっさと片付けをして8時前には出発して行った。

「またどこかで会ったらよろしくお願いしますね~」






c0122670_081820.jpg


我々はゆっくりの朝食。







カイトが食器の洗い物のお手伝いに行く途中、「パパ見て~」と叫び声が・・・


行ってみると地面に巨大なナメクジが・・・
c0122670_09594.jpg

こりゃデカイわ。







さて、片付け片付け。

最近ファミリーキャンパー化していくにつれ、道具も増えて、撤収に時間がかかって仕方が無い。

テーブルやキッチンテーブルなんて贅沢不用品だったのに。

今となっては必需品だ。

独身時代は大型のリュック一個に入るだけの道具で普通にキャンプが出来ていた。

カヌーに積めるかどうかが道具選びの基本だったのに。

撤収なんか(そこでキャンプするな!と言われてすぐ逃げられるように)30分以内が鉄則だったのに。





c0122670_0102776.jpg

コールマンのフォールディングキッチンテーブルに一工夫して使いやすくしている。








c0122670_0112594.jpg







撤収のお手伝いも飽きてトンボと戯れるカイト。

「パパみて~」

c0122670_0125086.jpg


「おお、すごい」

今回のキャンプでカイトは虫取り網も無しで手と帽子でトンボを7,8匹捕まえていた。

c0122670_013361.jpg




一時間ほどかけて何とか撤収終了。

今回使ったREVOルーム4は設営が簡単なので便利だが、
撤収するときフライの内側の結露をふき取るのが難しくて面倒だった。
分解して片付けると次回の設営が面倒になるし・・・・

地面には専用のグランドシートを綺麗に敷かないと本体を乾かすのは面倒。
なぜならポールがないのでひっくり返すことができないから。




朝の9時過ぎ。

いろいろ遊びながら帰りたいので名残惜しみながらも出発した。

ロッジへ管理人さんに挨拶に伺うも、どこかに巡回中。
お掃除中かな?



この管理棟の前の林道を北に2kmも走るとそこは福島県である。

放射能の風評にも負けず、もっと沢山のキャンパーで賑わうといいですね~。









c0122670_0151152.jpg

新しい道路は快適。





この橋のはるか下を今まで使っていた道がある。

ここも水没するのかな~
c0122670_0155181.jpg






湯西川ダム建設現場は大掛かりな鉄筋の設備で、トラックも大量に出入りしていいて忙しそうだった。
c0122670_0202058.jpg



c0122670_0213550.jpg



さようなら湯西川。
また来るよ。



携帯の電波が圏内になったところで「なでしこJAPAN」のW杯優勝のニュースを知った。
発狂するほど感動したが、下界の熱狂から完全に乗り遅れた・・・・




道路も空いていたので、出発から一時間後には東京スカイツリーの麓に到着。

c0122670_0191629.jpg


そんなわけないか







ついでに今日は今から飛行機に乗って世界一周旅行に出かけることに。








c0122670_022456.jpg









な~んて、実は鬼怒川の東武ワールドスクエアでした。

初めて入ったのだが、なかなかの作りこみで、侮れないぞ。






c0122670_0233116.jpg

ジオラマな景色をデジカメのジオラマモードで撮る・・・・
あんまり意味がない。





あの9・11テロ事件前からこの場所に建っていた貿易センタービルの結構高いミニチュア
c0122670_024644.jpg

ココは切なくなる景色ですな・・・









c0122670_0242656.jpg

「ここの本物行った~」とか子供に自慢して、嫁さんと思い出話で盛り上がる。










c0122670_0252280.jpg

作業員の人に聞くと、「五年に一度!」という塗り替え作業の現場に立ち会った。

なんか巨人が補修作業をしているように見えるのが不思議。



c0122670_0255683.jpg

塗料の色も細かく決まっていた。






c0122670_0264926.jpg

作った当初の写真や、本物の写真などを参考資料にして再現しているのだそうだ。

「誰だっけ~、この芸能人??」と作業員のお兄さんに聞いてみる。

「あ~、誰だっけなあ、おだ、おだ・・あかね」

当時のイメージキャラクターの小田茜だ、「そういえばこんな子いたな~」
「東~武ワールド スクエア~ ここは~華麗な~玉手箱~♪」結構いい歌でした。





c0122670_0284617.jpg









c0122670_029052.jpg

「隠れウルトラマンを探せキャンペーン中」で必死に探すのを楽しむカイト。









c0122670_0295343.jpg










c0122670_030489.jpg










c0122670_0301732.jpg










c0122670_0303112.jpg









c0122670_0304454.jpg

よ~く見ると、観光客の模型にも一体一体キャラクター設定があるくらいこだわって出来ていて、
そういうのを想像しながら見るともっと楽しめるのだ。



全部見て回るのに2時間くらいかかった。

しかし、まあよく作ったもんだねぇ。

気が遠くなりますわ。

想像していたよりも楽しめるテーマパークだった。





12時を回ってあまりにも暑くなってきたので退散。
c0122670_0315237.jpg









車で南に5分ほど走ったところにある創作イタリアン料理屋で昼食。
c0122670_0325419.jpg










c0122670_0331017.jpg

今回はなるべく観光に寄ったり、お土産を買ったりして現金を使ってきた。
遊びながら少しはお役に立てたかな~











c0122670_03652.jpg










c0122670_0361972.jpg

一時過ぎまでゆっくりしていたので、帰りは多少の渋滞を覚悟していたのだが、

ラジオによると中央道は24km渋滞、東名道は25km渋滞、

東北道は・・・・アナウンス無し。

えっ渋滞ゼロ???




一気に埼玉まで走り抜けた。

途中群馬県の気温は39度を示していた。

c0122670_0405276.jpg

貴重な車を発見。能登半島の時にも見かけたな~。





思ったより早く帰れそうなので桶川市の嫁さんの実家に立ち寄り、
お土産をわたしてアイスをご馳走になり、

圏央道を飛ばして八王子に着いたのはまだまだ明るい時間。




渋滞が無いと体が疲れないし、子供達も元気だし、助かる!!!!!




とても充実した東北方面キャンプ旅行であった。



しかし下界は暑いね~
またすぐにでも避暑地に遊びに行きたいな~





といいつつ、次の週末は南伊豆に恒例の海遊びツアー。

忙しい忙しい。

おしまい。
by oyakata58 | 2011-07-18 23:03 | キャンプ | Comments(2)
本日も晴天なり。



朝5時。

起きてテントを出ると半そででは肌寒いくらいの気温。
しかし半そでしか持ってきていない。


焚き火に火を着ける。
c0122670_21505249.jpg





熟年夫婦は午前中で帰るらしい。
c0122670_21503721.jpg





c0122670_2151760.jpg





寒いので近所を散歩がてら走る。

c0122670_21514724.jpg

隣の区画サイトにはソロライダーが一人でテントを張っていた。






c0122670_21522289.jpg

炊事場。







c0122670_21523857.jpg







c0122670_21524929.jpg

豪華な管理等兼ロッジ兼蝶の美術館。




c0122670_21532321.jpg








c0122670_2153385.jpg

管理棟に近いフリーサイト。

ここもよく整備されている。

今日は小さな団体の予約が入っているらしい。





c0122670_21543241.jpg

道路沿いのオートサイト。

ガラガラ。









c0122670_2155482.jpg

我々のサイトにも光が射し始め、一気に暖かくなってきた。










c0122670_21554579.jpg










カイトも目を覚ます。
c0122670_2156788.jpg










c0122670_21562023.jpg

炊事場










c0122670_2156373.jpg

嫁さんが簡単におかずを作って、朝のパン食。









c0122670_21571766.jpg

ご飯が済んだらちょっとくつろいだ後に、水着に着替えて沢遊びに。









父息子組(小学生の息子が2人)のキャンパーは先に沢に入って行き、釣りをしてくると言う。
後で会いましょう!







この沢は源流であり、上流に民家がないのでとても綺麗で冷たい水だった。
c0122670_2159972.jpg









c0122670_21592176.jpg

倒木の樹洞から。










c0122670_21595964.jpg

水も空気も美味しくて、すがすがしい最高の空間である。










c0122670_2203838.jpg

こいつさえいなければ・・・・・・であるが。









c0122670_221987.jpg















c0122670_2212357.jpg















c0122670_2213712.jpg

多少の危険もどんどん体験しろ~











c0122670_222896.jpg

甘酸っぱい野生の木苺も発見。








途中、釣りを終えた父息子組が下ってきて、一匹だけど釣れた魚を見せてもらった。
c0122670_2252990.jpg









c0122670_2223518.jpg

シャワークライミングしながら100mほど登ったところに小さい滝の丁度イイ深さの淵があって、そこで泳いで遊んだ。
親子はここで魚を釣ったようだ。






c0122670_2252549.jpg










c0122670_2241798.jpg








c0122670_2243345.jpg





丁度良い感じの暑さ冷たさでいつまでも遊んでいたかったが、

お昼も近いので退散。






c0122670_2255164.jpg

沢から斜面を登って林道に入るとさらに上に立派な巨木が立っていた。









帰りは林道を歩いて。
c0122670_2253443.jpg












c0122670_2271470.jpg











c0122670_227279.jpg









簡単にお昼を済ませてから、湯西川の町にある数少ないテーマパークの
「平家の里」へ。


駐車場のところにある巨木。
c0122670_2274759.jpg






木の声が聞こえるかな?
c0122670_2293672.jpg

コナツ、そこはしめ縄の上だってば。








ここに入るのは何年ぶりだろう。
c0122670_2285140.jpg










c0122670_22102691.jpg

丁度茅葺屋根の吹き替え中の家もあった。











c0122670_22105425.jpg










c0122670_2211587.jpg










町中は暑いわ~
c0122670_22111733.jpg








明日の朝用の食材やお酒を買出ししてキャンプ場に戻る。
c0122670_2214865.jpg


やっぱこっちは涼しいわ~

カイトもコナツも「キャンプ楽しいな~」を連発している。







晩御飯にパスタを作って食べてから

c0122670_22145944.jpg



今日も温泉へ。

でもシャンプーがしたかったので男子組もペンションのお風呂を借りた。
「ハミングバード」は内湯も露天風呂も立派なペンションである。




キャンプ場に戻る
c0122670_22164877.jpg

今夜は3家族合同による花火大会で夜がふけていった。



熟年夫婦と入れ替わりに入ってきた父娘のキャンパーは宇都宮の人。

父息子の父と、宇都宮の父は二人ともたまたま天文部出身で、天体望遠鏡をのぞかせてもらいながら星の説明を受けた。なんとも楽しい夜。


花火が終わってからもしばらく会談は続いた。
みんなここのキャンプ場のファンで、時々来ているそうな。
いろいろキャンプ場に行ったがここを超える環境は無いとみんなで共感。

地震の日のこと、良かった秘湯のネタなど、いろいろ盛り上がった。





そろそろ寝るかなと思ったところで一匹のホタルが我々の上を横切っていった。





父息子組は明日朝別件が入ったため、テントを撤収して今夜の9時半に帰ることになった。



その息子兄弟がカイトにプレゼントをくれたのがこれ。
c0122670_22245764.jpg

ミヤマクワガタ!!!

昨夜、電気の明かりに飛んできていたのを捕まえたらしい。

ありがとう。

楽しい思い出もありがとう。





湯西川キャンプ最終日へ続く。
by oyakata58 | 2011-07-17 21:46 | キャンプ | Comments(0)
本日も晴天なり。


本日からの三連休は直前までどこに行くか決定できないまま前日になり、

台風の影響を受けそうな海、混雑しそうな信州エリアをあきらめ、

比較的混雑の少なそうで涼しそうな東北(北関東)方面を選定。



目的地は紅葉のシーズン(←2009年秋のキャンプ)には何度も行っているものの、夏には一度も行ったことの無い湯西川のお気に入りのキャンプ場にすることにして、今回はめずらしくソロ家族キャンプ遊びを目的として出発した。


遊び相手は現地調達。



カートップ用の大型アウトドアボックスを新調してスッキリ収納。
これでラゲッジスペースがスッキリし後方視界もばっちりに。

c0122670_6152869.jpg






八王子の朝の気温がすでに33度、今日もうだるような暑さは確実・・・

さっさと逃避したい。

ダラダラと積み荷して結局8時に出発できた。




キャンプキャンプとカイトもコナツも喜んでいる。
なんだかんだで今シーズン初のキャンプなのだ。

c0122670_617647.jpg






圏央道を終点の桶川北本ICまで北上し、30~40分ほど下道を通って久喜ICから東北道に連結。
早くこのエリア繋がらないかな~。

東北道は部分的な渋滞があったものの、比較的空いており順調に宇都宮を通過。

ETCじゃない一般ゲートに並んでいる車が比較的多いのは災害ボランティアの人たちなのだろう。

c0122670_19135254.jpg





日光道路を利用して鬼怒川方面へ。

途中休憩を挟みながら、スムーズに湯西川温泉駅に到着。まだ13時。

c0122670_19121790.jpg


湯西川温泉駅から湯西川の温泉街まではたしか4,50分ほどかかっていたのだが、
湯西川ダム工事に関連して新たな道路が建設完了しており、半分の時間で到着した。

c0122670_19141992.jpg


つい去年まではバスがすれ違えないほどの渓谷沿いの細道をくねくねと走り、秋には紅葉に萌え萌えの美しい景色を楽しんでいたのがもう味わえないのは残念半分・時間短縮の便利を歓迎する気持ち半分。
しかしこの便利さは地元の住民には大きな喜びなのだろう。
工事用のトラックや観光バスも走り易くなって観光客もたどり着きやすくなるしね。

ダムが完成すると旧道の多くは水没してしまうようだ。

新しい道路沿いには大型の観光施設が建設ラッシュ中で、急激な進化を遂げようとしていた。
時代の流れだねぇ・・・




2年前に竣工式を終えたばかりの立派なロッジ兼キャンプ場の受付について、
キャンプ場の様子を管理人さんに聞いたところ、まだ今日のお客さんは誰もいないと言う。

「は~っ???」

管「今日は他に2組の予約が入っているけどね」

「いやあ、夏の3連休なのに少なすぎませんか??」放射能汚染とか気にしているのかな~。

管「少ないよね~でも7月はこんなもんよ。8月は混雑するけど」




つぶれてしまわないか心配だ。

自分の中では秘密のお気に入りキャンプ場にしていたのだが、

みなさま、是非ここ「安らぎの森キャンプ場」をご利用くだいませ。

虫も多いし何にも無いけど、トイレも水洗、水場もばっちり!環境だけは超一級ですよ。





c0122670_6293780.jpg








我々の設営中にもう一組の50代くらいの夫婦キャンパーが到着。

c0122670_6412818.jpg

ダンナの手作りの道具とかあってなかなかの懲りよう。

夫婦でずーーっと会話を楽しんでいた。
仲の良い熟年夫婦ですばらしい。







c0122670_6294964.jpg

気温も25度前後で快適。

天気が悪くなってきて、設営が終わったころに本降りの雨になった。
管理人のおじさんいわく、このところ夕方は毎日雨らしい。



関東は梅雨明けしているだけに久々の大雨体験。


夫婦キャンパーのタープが豪雨で潰れそうになっていたので慌てて助けに行った。
ロープの張り方がゆるすぎる・・・

その夫婦に感謝されながら、その奥様に
「うちも昔、子供が小さいときに一緒にキャンプに行った楽しい思い出があるのよ~。あなた達観てると思い出しちゃうわ。今がファミリーキャンプが一番楽しい時期よね~」と。

そうなの?一番楽しいと毎回そう感じるが、そのうち子供が生意気になると、たしかにこうも行かなくなるのだろう・・・今をしっかり楽しもう。



雨は一時間ほど降ってピタっと止んだ。






c0122670_6305719.jpg

今日の晩御飯はみんなで作るカレー。
とてもありきたりなメニューなのだが、なんか必ずいつかは通る家族キャンプの定番メニューみたいで、あるいみこれを楽しめる年齢になってくれたのがとても嬉しい。





c0122670_6321131.jpg

こうやって正しい包丁やナイフの扱い方を覚えて欲しい。





c0122670_6322411.jpg






c0122670_633776.jpg






c0122670_6332586.jpg










c0122670_6334342.jpg

獣道のスロープを下りて沢に行くとひんやりクーラー状態。

下界は36度を越えているのに・・・・

薪を集める。







c0122670_6345196.jpg

湿った薪を焚き火台に積んで乾かす。

どれだけ上に積もうがびくともしないスノピの焚き火台の頼もしさを再認識する。





c0122670_6351347.jpg

ハンゴウによる炊飯も完璧で、美味しいカレーができた!!





c0122670_6354469.jpg

子供達も自分が作るのを手伝ったカレーにご満悦。




ビールが美味い!


c0122670_636224.jpg




夜になる直前に、父子のキャンパーが到着。

挨拶を交わす。
小学生の男の子が二人いて遊び仲間になれそう。

前日の地震(震度5弱)の震源地に住んでいるらしい。
地震発生の時の話で盛り上がった。

上司との飲み会の最中だったらしいが、
もう震度5レベルだと「あ~ またか」といった感じだそうだ。
3・11の時はさすがにこりゃヤバイと感じたそうな。
怖かっただろうな。






夜の7時前ごろ、お楽しみの温泉へ。

嫁さんの運転の車で5分ほどかけて街まで移動する。

女子チームは温泉街の外れにあるペンション「ハミングバード」の露天風呂付きの貸しお風呂へ。
男子チームは川原の超開放的露天風呂へ。

c0122670_6423032.jpg






c0122670_6434517.jpg


観光客もチラホラ散歩していて、裸になるのに若干躊躇する明るさであったが
そこは割り切って入湯!



c0122670_19283432.jpg

橋の上の観光客に丸見えで、遠巻きにチラ見されたり、遠巻きに写真撮られたり・・・

ぜんぜんOK






c0122670_7271590.jpg

それにしても、たまらんな~

ここがあるから湯西川温泉にリピーター化しちゃうのよね~。






c0122670_6463361.jpg










c0122670_647286.jpg











c0122670_6471847.jpg

湯西川の温泉街は減った観光客を呼び戻そうとイベントを毎晩開催して盛り上げていた。

この夏は竹を使った灯篭でお祭り中。

沢山の浴衣を着た観光客が中心街に集まっていてちょっと安心した。


女子チームの入ったペンションまで行ってみるとコナツのサンダルが、ペンションのお客さんに公用のサンダルだと間違われて履いてお祭りに行かれたらしく、ペンションのオーナーが探しに行ってくれるハプニングなどもあったが、

c0122670_6504561.jpg


そんなことはお構いなしに、

初夏の湯西川のとても快適で涼しい夜をまったりと満喫したのであった。




二日目へ続く。
by oyakata58 | 2011-07-16 22:08 | キャンプ | Comments(4)

派手好きにはタマらん

本日も晴天なり。



義母がこんなのを持ってきてくれた。

近所で拾ったらしい。




c0122670_028297.jpg

タマムシの死骸。


しかしまあ、どんな思いでこんなに派手なボディーに進化してしまったのか・・・・

派手に行きたいという欲望が溢れ出ていたのか。

大阪のオバちゃんをゆうに超えておるわ。








裏っ返してもすごい。

c0122670_0292457.jpg


2年ほど前には生きているのを捕まえたので、この近くにも住んでる。


クワガタ同様、朽木が好きなので、朽木を粉砕するとゴロゴロ出てくるときもある。
この前も朝の散歩中に見た。



しかし今となっては貴重な虫だね~。
by oyakata58 | 2011-07-12 23:26 | お気に入り | Comments(0)

コナツの夏祭り

土曜日の夕方


コナツの幼稚園の夏祭りへ。




c0122670_16155213.jpg









c0122670_16164347.jpg










c0122670_16165967.jpg

太鼓の達人で鍛えた技が炸裂か!?









c0122670_16173154.jpg











c0122670_16174735.jpg













c0122670_1618216.jpg

先生達も練習をしてきたというソーランダンスで盛り上げる。



最後に花火セットがお土産で配られて、コナツやそのお友達は4人でテンション上がりまくりダンスを披露してくれて面白かった。

ちゃんとやぐらもあって、賑やかな祭りだった。
by oyakata58 | 2011-07-09 19:15 | 何気ない日常 | Comments(0)
本日も晴天なり。

正式に梅雨明けだ。






昨夜は今年一番の寝苦しさを感じたが、オハイオ(USA)からバケーション訪日中の義理姉夫婦が我が家に宿泊中。大変なときに来たもんだねえ。


c0122670_11541218.jpg










c0122670_11542868.jpg






あまりに暑いので午前中は公園の散歩したりダラダラと過ごしていた
c0122670_11324244.jpg












c0122670_11545643.jpg




森の中で珍しい蛙発見
c0122670_11331189.jpg

アカガエルかな






お昼後はんを食べるころ、久々にYujiさんからメールがあり、
「自転車で多摩NTまで来てるんだけど、そっちは家にいる?行ってみようかな~」
と。

こんな暑い日に深大寺から多摩NTに行って、八王子まで頑張るね~。


先日買って改造したロングテールに乗ってやってきた。

あの~、日本一周中の人ですか!?






c0122670_1136206.jpg


かっちょえ~

わたしも一時、真剣に悩んだほど欲しかったサーリーのカスタマイズキット。

本体となるフレームは自分の自転車がそのまま使えて、

後輪の軸を含んだパーツを装着するカスタムキットである。

c0122670_11371312.jpg




YUJIさんがカイトと水鉄砲戦闘中にいろいろ物色。

c0122670_1138173.jpg





高性能自転車だと基本パーツがチタン製だの、軽量剛性だの、ミニマムハイスペックに振られるのだが、

こちらの自転車は高機能自転車なので、
サイドバッグが前後左右に付いているとか、タンデム用のハンドルが装着されているとか、

さらには大きなクーラーボックスが装備されていて、中にはたっぷりの氷とビールやらジュースやら、さらにはアイスクリームやらが入っていた・・・・いやはや

c0122670_11555614.jpg


冷たい飲み物を好きなときに飲む為だけにクーラーボックスという重い荷物を運び、その分汗掻いて余計に冷たい飲み物が必要になってしまうという無駄がかなり馬鹿馬鹿しくてカッコいい!!!!

普通ならクーラーボックスを運ぶ代わりにちょっと我慢して探したコンビニで冷たい飲み物を買うんですけどね。

YUJIさんらしくてイイ!!!



c0122670_11561777.jpg


一式を持ち上げようとするとかなり重たかったが、走ってみると意外と軽かった。






c0122670_11563971.jpg


カイトが水鉄砲遊びから帰ってくると、水鉄砲遊びとは思えないほどずぶ濡れになっていた。





c0122670_1156573.jpg











c0122670_11571441.jpg


この自転車買ったら長距離ツーリング行ってみたいねえ。








c0122670_11572849.jpg


また来てね~。

さて、これからコナツの幼稚園の夏祭りである。
by oyakata58 | 2011-07-09 18:58 | 自転車 | Comments(0)
本日も晴天なり。



c0122670_584693.jpg


南関東は梅雨明けしているでしょう。



網戸で「ブウォーン、バサっ」 と音がして、大きな虫が止まったぞ!と見てみたら

大きなメスのクワガタだった。

c0122670_5114719.jpg


メスのクワガタほど種類を見分けるのが難しい生き物はいない(といっては大げさだが)

図鑑と睨めっこして形やら背中の筋具合やらで見比べたところ、

どうやらオオクワのメスのようだ。

c0122670_512155.jpg


オオクワはとても臆病な虫なのでこんなに大胆に飛んでくるかどうか知らないけど、

とりあえずオオクワ(オス)の水槽に一緒に入れてあげた。

こんな感じにこの一週間で3匹ものメスクワガタが網戸に止まっていた。

オオクワ以外のは逃がしてあげたけど。
by oyakata58 | 2011-07-08 05:02 | 何気ない日常 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58