本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

祝 70000 アクセス

本日も晴天なり。


blogのカウントを見たら7万アクセスを回って7万500アクセス。

毎度の事ながら訪問いただく皆様、

その「あなた」に感謝。



c0122670_22574483.jpg


記事数も960件を超えていた。

もうすぐ1000件。

(消した記事とか入れたら超えてたかも・・)


コツコツ・一日一日をなるべく大切に過ごしたい。

c0122670_23145691.jpg

by oyakata58 | 2011-09-29 22:59 | 独り言 | Comments(0)
本日も実に晴天なり。


完全に秋の空気になって来た。



先週末のキャンプの写真を追加でUP。

カメラ女子サチとかカイトとかが撮った写真コレクション。

c0122670_3463887.jpg









c0122670_3465413.jpg

これは photo by kaito だそうだ。
上手!!







c0122670_347848.jpg








c0122670_3472445.jpg

コナツはフォトジェニックなので沢山撮ってもらったよ。









c0122670_3474023.jpg









c0122670_3475176.jpg












c0122670_3481356.jpg












c0122670_21482895.jpg











c0122670_21484115.jpg











c0122670_21485319.jpg












c0122670_2149843.jpg











c0122670_3534336.jpg










c0122670_21492072.jpg










c0122670_21494926.jpg








c0122670_23175552.jpg

ウマウマカレー







c0122670_2150296.jpg

ペンライトアート











c0122670_21502474.jpg












c0122670_2153494.jpg

まさかのダイヤモンド富士









c0122670_21504112.jpg











c0122670_2154292.jpg









c0122670_21545481.jpg










c0122670_21551173.jpg










c0122670_23172365.jpg











c0122670_21555443.jpg











c0122670_21564465.jpg












c0122670_2157152.jpg











c0122670_21572210.jpg










c0122670_22153369.jpg











c0122670_2217169.jpg

これはどんなシーンなのでしょう・・・
ご想像にお任せします。



あー、楽しかった。
by oyakata58 | 2011-09-28 21:45 | キャンプ | Comments(8)

台風の爪跡

本日も晴天なり。



今日のランチ

すっかり元気になった嫁さんの手作りパスタ。

タラコとアボカドパスタ。

c0122670_0164125.jpg


さすがに美味しい!!!







夕方

家の前の竹林が先日の台風で荒れて、電線に絡まったりしていたので、竹を伐採していたら

四軒隣のNさんがやってきて、「公園の樹木が台風で倒されてるから散歩しに行ってみよう」

ということで、行ってみた。

c0122670_0193828.jpg


仲良しのコナツとチホちゃん。

チホちゃんが「いつまでも私達は仲良しだよ~」と言いながら歩いていた。

微笑ましい光景。





c0122670_0205081.jpg


おおっ、桜の木が凄いことになってる。






こっちも
c0122670_0213284.jpg










公園内の周回コースにも倒木があり、通路を妨げている。

この公園は災害時非難指定公園なのだがな~

c0122670_0224612.jpg







この公園、凄い広い割りに遊具が何もないので、

子供達にしてみたらジャングルジムようのうな遊具ができたようなもの?

c0122670_0225934.jpg










c0122670_0234998.jpg









先日キャンプに連れて行ってあげたカイトとコナツのお友達も偶然遊びに来ていてみんなで遊んだ。

c0122670_0243924.jpg










c0122670_0245081.jpg










c0122670_025560.jpg












c0122670_0252162.jpg










c0122670_0253168.jpg


今回の台風で受けた被害はいろんなところでさらに酷かったりするのだろう。

しかし今年は自然災害が多い年だな~。

いつ何が起きてもおかしくないこのごろ、備えが必要だね。
by oyakata58 | 2011-09-25 23:14 | 何気ない日常 | Comments(2)

日本一の朝

本日も晴天なり。

朝4時過ぎの空は満天の星空なり。

偶然人工衛星が夜空を通過していた。


富士山のシルエットの美しさに深夜ながら思わず声をあげてしまった。


寝袋を持ち出し、それに入ってリラックスチェアに横になりながらずーっと富士山を観察。

パワースポットからパワーを充電している気分。

五合目に明かりがある。閉山しても山小屋は開いているのかな?


c0122670_8511336.jpg

AM5時ごろの景色





カメラ女子のサチを起こす。

「すっげーっ」と感嘆し、大型三脚をもってベストポジションを探しに出かけた。






c0122670_8553272.jpg

AM5時半の景色



周りの客も起きてきて、みんなうっとりしている。
日本一の山を仰ぎながらまさに日本一の朝かもしれないな。





もうすぐ7時になるというのに朝日が出てこない。

なんで???

周りはすっかり明るいし、後ろの山はとっくに照らされているのに。

こんなに日の出って遅かったっけ?



昨夜の宴の後片付けをして、洗い場で汚れ物を洗っていると背中に温かい感触を感じた。

それと同時に奇跡が始まった。





6時50分ごろ。

なな・なんとあまりにも偶然ながらダイヤモンド富士がお目見えしたのである。

c0122670_857610.jpg

直後はカメラを持っていなかったので、食器をゆっくり洗い終わってからの撮影になってしまった・・・


なんじゃこりゃ~

日付と時間と場所を計算して天気が最高でようやく見えるはずのダイヤモンド富士が、

偶然そこにあるではないか。

みんな大喜びだった。



富士山の麓で富士山の頂上からの日の出。

この近辺では日本一遅い日の出になるわけだ・・・・





c0122670_911116.jpg











c0122670_924896.jpg


ちゃちゃっとホットドック










c0122670_931289.jpg

ママさんに元気にしているか確認の電話をしているコナツ。










c0122670_934490.jpg

今回も焚き火が沢山できただけで大満足なカイト








超ストイックなカメラ女子サチ
c0122670_942790.jpg


一日の半分はファインダーを覗いている??







c0122670_941176.jpg

空には沢山のパラグライダーが気持ちよさそうに飛んでいた。
それを見ている図。

うらやましいな~






今回のテントコレクション

c0122670_23303420.jpg


NEMO(ニーモ)のASASHI。会社きってのイケメン先輩所有。

私にとっても初お目見えである。

細部にいたるまで細かい機能美なデザインが施され、組み立てやすさと広い室内空間を合わせ持つ。
しかも恐ろしいほど軽くてコンパクトにたためる。

最近?WILD-1でも扱うようになってきた。






c0122670_2333312.jpg


J先輩夫婦のLOGOSクイックスクリーン&内側にLOGOSテント。

しかもドッグラン付き。

c0122670_23594438.jpg


ワンコを箱庭で遊ばせながら庭付き一戸建てのようなスペースを形成できる完成度の高い居住空間。

メチャ建てるのが速くて、簡単そうだった。





c0122670_2336716.jpg


私のUNIFLAME REVO250と、Go Lite HEX3、シェラデザインのナイトウォッチ(私の)。

いろんなメーカーのテントが集まると楽しい~。




最高の天気の中

できることならもう一泊したいところだが、今回はここまで。

2時間近くかけてゆっくり撤収して、12時前に解散した。





みんな大満足で第2回を約束し、帰って行った。

近くの温泉に行く者、中央道の渋滞にはまるのが怖くてさっさと帰る者(私)それぞれ。


c0122670_96495.jpg


13時前の小仏トンネルは渋滞無し!

13時半には家に着いた。



カメラ女子サチのすばらしい写真は近日公開。

つづく
by oyakata58 | 2011-09-24 22:59 | キャンプ | Comments(2)

富士山の麓でキャンプ

本日は朝から雨なり。


いまから富士山の西面の麓、朝霧にキャンプに行くところ。



職場のアウトドア好きな人に声を掛けて今回は9人が参加。

「第一回野営祭」と銘打って実施。
恒例行事になるかな~。





朝は雨でも、現地に着いたら晴れれば良い!

そんな晴れ男特有のちょっと根拠のある自信を持ちながら、

超楽観的感覚で朝7時過ぎに、体調を崩している嫁さんを置いて、

カイトとコナツを連れて父子3人で出発した。



c0122670_2262556.jpg




この時間、すでに中央高速道は上野原から三鷹料金所までの交通集中による大渋滞。

ということで、相模湖ICから乗ることにして、下道を走る。

国道20号線は意外と空いていて、あっというまに相模湖へ。



集合時間の9時に富士吉田のMAXVALUE(フォレストモール内)に到着。

ほかのメンバーの車も一時間ほど遅れて到着。

想定内。

まだ雨が降っていたので、お昼にキャンプ場に着ければいいやとのんびり構えていた。



富士吉田のMAXVALUEは今年3月にオープンしたばかりで、食材も揃っている。

同じ敷地内にダイソーもホームセンターもある。

ホームセンターではアウトドア用品が非常に充実。炭と薪を買う。

薪の質は間伐材だったが、300円もしなかったので、4束買っていった。

ここは便利だ。集合場所にも良いし、なんでも買い揃えられる。使える。



のんびりアウトドア用品の品添えに関心をしながら

買出しを終えて外に出たら雨が止んでいた。

予定通りだ。



11時30分、現地到着。


天気は快晴に。

すがすがしい空気で気温もばっちり!!!

c0122670_22211172.jpg


残念ながら富士山は恥ずかしそうに雲に隠れたまま。

出てこいよ~



台風と、昨夜からの雨で場内の道路が荒れていた。

しかし、重機が入って大急ぎで綺麗にしていた。




受付を済ませ、場内をあるきながら、設営ポイントを探す。

c0122670_22173380.jpg






一通り見回った結果、実は最初から団体用として指定されていたイベント広場が最適なことに結論づいた。


富士山を見ながらキャンプがしたい。

広々とした平らなところで楽しみたい。

日当たりと水はけが抜群に良く綺麗な下草が生えている所が良い。

すべての条件を満たした。


c0122670_22204572.jpg






c0122670_2222466.jpg









c0122670_22221760.jpg



みんなでてきぱきとタープやらキッチンテーブルやらを準備してお昼ご飯の料理に取り掛かった。



c0122670_22223326.jpg

私は燻製たまごを人数分

一晩めんつゆで下味をつけたものを、スモークチップで燻す。








c0122670_2223378.jpg


なかなかの色づき。

チップにザラメを混ぜると艶がさらに出るらしい。








c0122670_22231633.jpg

新人の女子であり、カメラ女子であるサチにサラダを作ってもらい、
燻玉を乗せた。

キャンプに豪華サラダが加わるとなんともリッチな食事になる。






9人の大人メンバーで、そろぞれ一人一品以上調理して、テーブルを飾る。

昼(トリフルコース)
鳥のから揚げ
燻製たまご&サラダ
鳥モツ煮
丸ごとスタフッドチキン
丸ごとオニオンスープ



手作りナン&煮込みカレー
あらびきソーセージ
豚汁
スモーク(チーズ、ちくわ、ししゃも、ソーセージ)


ホットドック
豚汁
煮込みカレー
コーンスープ
焼きとうもろこし




c0122670_22254064.jpg

B-1グランプリ「甲府の鳥モツ煮」




c0122670_22255290.jpg

私の中ではこれが今回のKINGおつまみだったかな~。

みんな美味い旨いといってあっという間にほとんどなくなってしまった。
c0122670_22512599.jpg







残念ながら、この日に富士山はほとんど顔を見せることはなかった。
時々覗く頂上にはうっすらと雪がかかっていた。

今年の初冠雪らしい。




夕方の赤富士に期待していたが、ほんのかけらが見えただけ・・・・

c0122670_22324659.jpg









c0122670_2233275.jpg









c0122670_22331365.jpg

気温が下がる夜の食材はやっぱり豚汁だね~。
かなりの量が一晩で消費された。
うまい!!





c0122670_2233296.jpg

生地作りから本格的にナンを作るコータくん。

ダッチオーブンの鉄の熱を利用して焼く。








c0122670_22342262.jpg

嫁さんはいないし、ときどき子供の面倒を見ながら、

料理で忙しく、写真をゆっくり撮る暇がなかったので、

新人写真&カメラ女子(イベントの専属カメラウーマン)のサチの写真が手に入ったら改めてUPしようと思っている。







c0122670_22362644.jpg

今夜の寝床は久々にREVO250

私と子供二人のゆったりテント。

9時前には子供を寝かしつけて第二ラウンド。



富士山の存在をなんとなく感じながら、明るい木星を含む雲の間に見える星空と

おいしい食事の数々と沢山のお酒と非常に価値を感じる焚き火

さらに、職場の大先輩を含む楽しいメンバーに囲まれて、楽しい夜は更けていった・・・・








そして翌朝、奇跡の朝が待っていた・・・・ つづく


c0122670_22402875.jpg

4時過ぎの東の景色。空には満天の星だ。
by oyakata58 | 2011-09-23 22:03 | キャンプ | Comments(0)

箱根旅行二日目

本日も晴天なり。


宿を出発して、とりあえず昨日行こうとして渋滞で諦めた箱根の山の上を目指して車を走らせる。

割引券は数種類確保。


大涌谷にいくか、星の王子様ミュージアムに行くか、それとも・・・



で、結局「箱根ガラスの森美術館」に行くことに。



彫刻の森のバッタモンのように聞こえるが、

八王子市民にはなじみの深いあのUKAIグループが運営しているので間違いはないだろう!



どんどん山を登っていくと着いた。


c0122670_05003.jpg










c0122670_0502189.jpg










c0122670_0503365.jpg










c0122670_0504995.jpg


そんなに期待していなかったのだが、造りこみがなかなか素晴らしい。

若いカップルとかにもかなり人気のようで、たくさんのお客さんで賑わっていた。











c0122670_0515497.jpg







ピントを合わせるとこんなゲートになっていて、

風が吹くたび、いろんな色に輝いて、観る者を楽しませる。

c0122670_0521347.jpg


すべてクリスタルの粒。








c0122670_0531016.jpg









c0122670_1292927.jpg


「華麗なるベネチアングラス企画展」へ入る。





ヨーロッパの王室、貴族が愛したガラス細工や装飾品、家具等が多数常設展示されている中に

ベネチアンガラスの技術が成熟した17~19世紀の最も華麗な時代のガラス宝飾作品が特別展示されている。

c0122670_1311348.jpg







c0122670_0532453.jpg

ヨーロッパの貴族の鏡。現物。

当時はどんな立派な絵画よりも、美しい鏡が家の壁に掛けてある方が自慢だったようだ。


嫁さんは、ある一つの鏡に自分の姿を映しながら、

「たくさんの貴族の姿を映してきたのね~」と、

その鏡に自分が映っていることに感動していた。

なるほどね~






c0122670_0544460.jpg








c0122670_0581247.jpg


ベネチアンガラス展には色鮮やかで造るのが非常に難しい歴史の古いガラス細工が

たくさん展示されており、おばちゃんたちは感嘆の声を挙げながら見入っていた。

c0122670_0554349.jpg









c0122670_1373660.jpg










c0122670_056578.jpg









c0122670_0571143.jpg

中には紀元前2世紀のエジプトから出土したガラス製品もある。
(高さ10cm程度)

キリスト以前かよ。







c0122670_0583386.jpg









c0122670_0575275.jpg









c0122670_0593139.jpg









c0122670_0595281.jpg









c0122670_0591454.jpg








c0122670_101391.jpg










c0122670_10392.jpg












c0122670_105141.jpg










c0122670_1154.jpg










c0122670_111858.jpg


高そうな展示室だけでなく、ガラス細工のお土産屋さん含め、無防備に露出展示されている作品が所狭しと並んでいるのだが、

動き盛りの子供を連れて見て回るのは非常に緊張する。


もし、ふざけて落として割ってしまったら・・・・・

ああ、恐ろしい。

そんな事件は一日数件は普通に発生しそうなのだが、どうしているのかお店の人に聞いてみたいものだ。



外に出るとホッとする。

c0122670_173873.jpg










c0122670_175678.jpg










c0122670_181249.jpg


あとでふと見つけたのだが、

AKB48の篠田姉妹が写真を撮ってblogに載ってたのはこの空間ですな・・・・








c0122670_183159.jpg









光り輝くガラスの美しさと繊細さに緊張しまくっていた後で、

石の手すりの上に根付いたコケにハッとする。

c0122670_185371.jpg


落ち着くわ~


癒されるわ~







c0122670_1104175.jpg


はるか前方の山に大涌谷から出る火山の湯気が見える。





c0122670_1101761.jpg


生歌が聴ける混雑するレストランの前を素通りしながら、

想像以上に見ごたえのあったガラスの森に満足して、

園を出た。






ススキの穂が満開の仙石原の道を突っ切り、せっかくだからと大涌谷に向かうも、

やはり大渋滞で近づけず・・・・




元箱根を通る一号線は大渋滞が予想されるので、昨日と同じ箱根新道を下るべく、

遠回りして帰ることに。これは大正解だった。




c0122670_1121776.jpg


途中で立ち寄った見晴らし茶屋で美味しい十割そばを戴き、







c0122670_1151875.jpg







c0122670_1153795.jpg


蕎麦を食べながら、この見晴らし。






c0122670_1474048.jpg



駐車場脇の急な階段を降りていくと、旧箱根道(昔の人の徒歩での主要ルート)にブチ当たった。

c0122670_1444564.jpg


その道をひたすら歩く山ガールに遭遇。



芦ノ湖から小田原まで通じているようで、昔の石畳がそのまま残った

味わい深い散策ルートになっているようだ。




c0122670_146183.jpg









スムーズに小田厚道路に乗って、大きな渋滞もなく無事八王子に帰宅。

暑い・・・・




夕方から天気が悪くなってきて、雨が降り始めると、

こんどは急に寒くなった。

と思ったらカイトが熱を出した・・・・


まあ、すべて遊び終わってからで良かった!。

おしまい。
by oyakata58 | 2011-09-19 23:45 | 旅行 | Comments(0)

箱根老舗温泉旅館

本日も晴天なり。



想像以上の快晴。

あまりのキャンプ日和なので、カーポートに吊るされたカヤック達が

おれたちもたまには使え!と訴えている気がする・・・

c0122670_20174652.jpg






しかしながら今回はキャンプではなく、久々の温泉お宿旅行。

温泉好きになってしまったコナツは「温泉!温泉!」とテンションもあがりまくり。

c0122670_20165067.jpg







小田厚を通って箱根方面へ。

c0122670_2018378.jpg


朝焼けの時間にはてっぺんしか見えていなかった富士山もくっきり。









c0122670_201992.jpg

愛車のフォレスターも「77777km」走行を記録。

特に故障もなしに良く頑張ってくれている。

しかし、そろそろ買い替え時なのだ。








小田厚は箱根の手前で渋滞に遭いながら、なんとか箱根出口へ。

完全恒久無料化された箱根新道をスイスイと芦ノ湖方面に上り、途中強羅で昼食。
c0122670_2023091.jpg





その後、7歳寿命が延びるという黒卵を食べようと大涌谷に向かうも、

手前で大渋滞に遭い、あきらめてUターン。




なんだかんだでお宿のチェックインの時間に近くなったので

どこにも寄らずに本日のお宿に向かった。





本日のお宿「塔ノ沢 一の湯本館」

c0122670_20232877.jpg


<ご参考>
一の湯の創業は寛永七年(1630年)
現在もその地に建つ塔ノ沢 一の湯本館は、江戸時代に建てられた蔵が今なお健在する中、骨組みは明治時代に造られたものです。そして、浴場や客室には大正時代、昭和初期の建築様式がいたるところに見られ、伝統的な日本文化の香りを残しています。
c0122670_2051722.jpg



見かけの割りにかなり安い。

館内の古さは味があると取られるか、ボロイと取られるかはスタッフの皆様の努力次第。

c0122670_20284645.jpg




スタッフの雰囲気は普通。

床や壁にはだいぶシミがあり、古い匂いがする。





c0122670_20504356.jpg


掃除は普通に行き届いているが、ビミョ~なところ・・・

さすがにお部屋のTVは地デジ対応済みだった。

c0122670_20294216.jpg







部屋からはすぐ早川の渓流が見えて、流れの音がすごい。
c0122670_20391342.jpg


マイナスイオンバリバリ!





ティッシュボックスはさすが本物の箱根寄せ木細工。
c0122670_20395710.jpg






c0122670_202956100.jpg

共同トイレの表示。

金具や建具などに、古き良き時代を感じされる素材や造りが垣間見れてなかなか趣深かった。







c0122670_2054473.jpg

100年前に造られたという不思議な雰囲気の貸切家族風呂

30分の無料貸切、早い者勝ち予約制。

着くなり、空いていたのでこれに入った。

天井が高く開放感があるはずが、半地下な大理石造りでサウナのような密閉感があり、

思いのほか長く入っていられなかった。

しかし、コナツは喜んで温泉を楽しんでいた。





c0122670_20311331.jpg


普通の内風呂。

こちらは露天はないが、家族風呂より開放的。

どちらのお湯もすばらしい源泉賭け流し。

お水の蛇口はあるものの、なんとお湯のカランもシャワーもなくて、

鏡の手前に流れる源泉の溝?が流し用のお湯。

桶ですくって体を洗ったり、流したりする。

これは面白い。





c0122670_20323021.jpg









玄関のすぐ目の前は大大渋滞の国道一号線。

c0122670_2053118.jpg


徒歩12,3分で箱根湯元駅にたどり着けるロケーションだが、

路肩も狭く、散歩には危ないので、晩御飯までお部屋でゴロゴロ昼寝でもしながら過ごす。








18時

お待ちかねの夕食。

c0122670_20333871.jpg


これに、お肉のメインやら、お魚の揚げ物などのお皿がいくつか着くコース。



量は十分、味はまあまあかな。

c0122670_20341878.jpg


湯葉入り野菜の蒸し料理はなかなかの味だった。



本日は満室。

すばらしい!

若い大学生くらいのグループから、普通の家族連れ、

また、いかにも敬老の日の祖父母招待旅行家族に、

外国人のお客様も2,3組いらした。

c0122670_20354988.jpg


空いている席は夕食19時スタート希望のグループ用。









c0122670_20343235.jpg


明治を存分に感じさせる食堂の天井を含めた雰囲気はとてもよい感じ。







家族風呂と内風呂を時間差でそれぞれ両方いただいて、気持ちよくご就寝。


TVを切ると、窓を閉め切っても川の流れの音がちょっとうるさい位だった。









翌朝


遅めに起きて朝ごはんへ。

昨夜のスタッフより、朝のスタッフの方がおばちゃんが多くて元気。

一生懸命働いていた。




絵に描いたような温泉宿の普通の朝ごはん。

c0122670_20581187.jpg


普通に美味しかった!



また、食堂の窓から見える外の景色が緑でとても良かった。

c0122670_2059661.jpg








c0122670_2182916.jpg


出発前、コナツと朝風呂。

昨夜とは男女入れ替わり。

こちらのほうが雰囲気がいい?


c0122670_2056444.jpg


鏡とシャンプーボトルの間にある湯槽が、源泉賭け流しの体洗い湯。

「昔ながらの不便をお楽しみください」みたいなことが書いてある。

楽しみました!




さて、頭も体もスッキリして今日も快晴!

お宿の満足度は☆☆☆って感じ?






さて、どこに行こうか!まだ決めていない・・・・

c0122670_20594350.jpg



つづく・・・
by oyakata58 | 2011-09-18 20:15 | 旅行 | Comments(0)

今日の朝焼け

本日も晴天なり。



花粉症の症状が先週から出始め、

朝晩は鼻が詰まったり、目が痒くてつらい。


今朝も鼻が詰まって息が苦しくなって目を覚ましたら、外が朝焼け。

c0122670_5364053.jpg









とりあえず写真を撮って、TVをつけて

5分後、また外を見たら違った雰囲気に

c0122670_5254385.jpg


無風なのか、雲の動きに変化が無い。







さらに5分後

c0122670_5275938.jpg


彩りが目まぐるしく変わる。




写真を撮ったとき、富士山の頂上が見えたので

おそらく昨日の悪天候を乗り切って富士山に登った人達には

いつもよりドラマチックなご褒美ご来光が味わえていたことでしょう。



家の前の竹林ではメジロがツーピーと鳴いている。



日の出を見てから、もう一回寝よっと・・・

そのあと、箱根行ってきます。
by oyakata58 | 2011-09-18 05:28 | 何気ない日常 | Comments(0)

メンテナンスデー

本日は晴天、どきどき通り雨なり。



3連休の初日。

朝から晴れたり、雨が降ったりの繰り返し。

c0122670_21281960.jpg



本日は特に予定なし。

いつものアウトドア屋では20%還元セールを実施中。
とりあえず近づかないようにしよう・・・・

久々に洗車をしたり、今はほとんど乗る機会がなくなった自転車MR-4Rの手入れをしたり、

庭の草取りをしたり、土起こしをしたり、壊れたインバーター蛍光灯を修理しようと電気屋に持って行ったら、うちじゃあ取引がないメーカーと言われ、ちょっと遠い買ったお店にわざわざ持って行ったらお見積もりに1000円、修理なら最低9000~15000円かかると言われて、しぶしぶ新しいのを買ったり・・・

なにかとメンテナンスに追われる一日だった。


明日から一泊で久々に温泉宿に家族旅行。

天気がちょっと心配だが、外遊びメインではないので、まあなんとかなるでしょう。



来週末の3連休(前半)は職場のアウトドア仲間達との朝霧で大キャンプイベントに決定。

今からちょっと天気が気になるところだが、まあなんとかなるでしょう。
by oyakata58 | 2011-09-17 21:30 | 何気ない日常 | Comments(0)

RED MOON

本日も晴天なり。




久しぶりに早い帰宅。


電車の窓からかなり低いところに月が見えたのだが、

ちょっとびっくりするくらい赤い月だった。

c0122670_1916023.jpg


日没前の太陽が赤くなりやすいのと同じ条件で、

地平線に近いところにある月は赤くなりやすいのだろう。



残念ながらリポートをしている今は、いつものように黄色い。



ちなみに暁(あかつき)という言葉があるが、

日の出前の、ほの暗い時間帯や情景を言うらしい。
by oyakata58 | 2011-09-14 19:19 | 何気ない日常 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58