本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

スキーの帰り道


みんなで、教えてもらったお店へ立ち寄る。

c0122670_10443338.jpg

ストーブハウス 原村店



c0122670_10455981.jpg

なんと、憧れのドームハウスではないですか!!




c0122670_104644100.jpg





c0122670_1047390.jpg

入るのが楽しみ~




c0122670_10472797.jpg

ちょっと失礼して写真を撮らせてもらって・・・




c0122670_1048127.jpg

薪ストーブのプロショップ
二階建てで一階はストーブグッズと喫茶店
二階にはオシャレな輸入雑貨の品揃えが凄い。



お店の人に聞くと、BESSで建てたらしい。
c0122670_10485727.jpg

みてるだけでも楽しくなるお店である。




c0122670_10493950.jpg





c0122670_1049542.jpg





c0122670_10501376.jpg

喫茶店。こんどコーヒー飲んでみたいな~




ガラスビンに入ったキャンドルを二つ購入した。



c0122670_10512123.jpg






c0122670_10513178.jpg







c0122670_1052879.jpg







c0122670_105226100.jpg

楽しいお店だった。






c0122670_1055982.jpg

帰りは中央道の渋滞もまったくなく、途中から嫁さんの運転でのんびり帰宅。

おつかれさん。

shu.tさん家族に、050さん、今回も大変お世話になりました。



今シーズンもう一回スキーに行っておきたいな~。

今回使えなかったリフト券、どーしよ。
by oyakata58 | 2013-02-24 23:41 | キャンプ道具 | Comments(2)
本日も晴天なり。


我が家にとっての第二回「ファミリースキー部(shu.tさん命名)」開催日。

今回は白樺湖方面へ。

前回登りきれなかった緩やかな坂道は雪も氷もなく、完全舗装道路だった。

c0122670_7453071.jpg



c0122670_7475748.jpg



c0122670_7481063.jpg

現地に近づくにつれてだんだん怪しい路面と天気になっていく。

上り坂は融けてるけど、下り坂は凍結状態。
帰路が怖いな~


ロイヤルヒルスキー場に到着。



c0122670_7484443.jpg

スキー場エリアに入ってから駐車場までは完全に雪道か凍結路だった。
初めて点灯したインパネの横滑り警告ランプ。
こわ~い

目的地手前の上り坂途中での信号に止まってしまったときは、絶対にスリップするぞ~って
覚悟したのだけど、ローギアに入れて発進したら、このRKアオゾラ号君はしっかりとスタートしてくれた。頼もし~ぃ


c0122670_0904.jpg

一番上で一番奥になる第一駐車場は空いてて、ゲレンデに直結。


c0122670_094638.jpg

準備をしてスキー場へ。

直前にオークションでGETした一日リフト券の引換券でリフト券を購入しようとしたら・・・

なんと、持ってくるのを忘れていた・・・・・。

しかたなく普通に購入。
一枚はshu.tさんに早割り券を譲ってもらって安く購入。ありがと~

このスキー場、大人リフト券に子供券が無料で付いてくるのが助かる。

ちなみにこの日のこのスキー場の外気温は-14度

しかも厚い雲に時折覆われ、しかもブリザードが吹いている状況。

体感気温は(体験したことほとんどないけど)-20度は行ってそうな環境。

とりあえずリフトに乗って山頂(そんなに高くない)まで移動するもあまりの風の強さ、冷たさ、顔に当たる冷たい硬くて冷たい雪の粒に子供達は我慢できず「もういやだ~って」言うので車へ。

shu.tさんの奥さんが面倒を見てくれるというので、またまた今回もそれに甘えさせてもらって、ほぼ大人だけでスキーを楽しんだ。
一緒に滑ってた050さんの息子さん、小1なのにえらいな~



お昼

c0122670_0152836.jpg


屋外でキャンプ風にランチを楽しませてくれようと、shu.tさんが準備していてくれたにもかかわらず、今回は風と寒さで断念。ほんと残念。

c0122670_0162770.jpg




c0122670_0164827.jpg

料理は若干高くてそんなに美味しいものでもなかったのだが、
この寒さの中、レストハウスで休めることに対するコストパフォーマンスは十分だったかも・・・・


c0122670_0174651.jpg

程よく空いてたし・・・・




午後からは天気も少し安定しつつあったので、子供達も元気にスキーをちょっとだけ楽しんだ。
c0122670_0182979.jpg





c0122670_0184299.jpg





c0122670_0185713.jpg

嫁さん
結構上手に滑ってます。




c0122670_019149.jpg

カイト
今回もちょっと上達したかな。





c0122670_0194693.jpg

そうそう、今回のために準備した人生初のカービングスキー。
かっちょい~
若干使い勝手が違うので乗りこなせてないけど、結構いい感じです。





雪質最高!!!

c0122670_0204094.jpg

ここのスキー場、中級レベルのコースがとても広くかなり安全にスキーを楽しめるし、
スノーボーダーにはジャンプ台やハーフパイプなど飽きさせない演出が充実してて、
またスラロームの人たちも楽しめる特殊なコースも充実してて、
さらにはスノースクートとよばれる板を履いた自転車みたいなのに乗っているひとも沢山いた。

なのに人が少ない。






c0122670_0205591.jpg





c0122670_021332.jpg





c0122670_0214954.jpg

この働く車な~んだ?





じつはハーフパイプを作る車でした~




かなり寒かったけど、みんなで一緒に滑ってるのは楽しかったし、
インストラクターの技術をもつshu.tさんにアドバイスもらったり、
子供達は子供達同士できゃあきゃあと雪遊びを楽しんでいたし、

なんだかとても楽しいスキーツアーになったのでした。


c0122670_0242032.jpg

帰りは050さんのアルファードに追突しないですむように先を走らせてもらって、雪道をやり過ごし、絶対に怖いと思っていた山道の下り坂はなぜか完全に融けてアスファルト道路になっていたし



c0122670_0261577.jpg

良かった~




c0122670_0264167.jpg

帰り道すがら、050さんから電話があって、面白いお店があるから寄ってく??



いくいく!




つづく。
by oyakata58 | 2013-02-24 07:45 | スポーツ | Comments(2)

これな~んだ!?

本日も晴天なり。



突然であるが、

さて問題

「これな~んだ?」

c0122670_23272923.jpg

大人用と子供用。

っていうか、いつもこのblogに遊びに来ていただいている方にはちょっと前の日記で既出の道具で、しかも答えも書いてしまっているのだが・・・




良くできた道具なのでみんなにも紹介しようと職場に持っていって、数人に質問を投げかけてみたものの、知っている人はおろか、ヒントなしに答えられた人は誰もいなかった。




c0122670_2328461.jpg





バネのある方向に少しスライドさせてからロックを解除し、軸で回転させると摘みが現れる。
c0122670_2329161.jpg






c0122670_23295973.jpg

若干エルゴノミクス風にあけられた穴に手を入れてつかむ。



ベアリングが見える?

そこで部品が分かれていて空転する。





c0122670_23305249.jpg

人差し指を出すようにして持つのが安全なようだ。






c0122670_23311794.jpg

ドラムの間には頑丈そうな糸が巻かれていて、
その先端は、如何にも釣り竿から流用したパーツが付いていて、糸が通っている。







さて何でしょう。

答えわかった人!







建築現場で使う墨壺! という回答が多かった。

釣り用のリール! という回答も二番目に多かった。

距離を測るメジャー! という回答も三番目に多かった。











正解は、いつもの公園で。








c0122670_2335156.jpg











c0122670_23352637.jpg


ハイ、

正解は、中国で一般に普及している凧糸の糸巻き道具でした。

中国から一時帰国していた友人のHIGE-Sさんがお土産に買って来てくれた。

以前彼の息子さんが使っている写真を見てて、「それ是非買ってきて!!」とお願いしていたのを覚えていてくれたのだった。

ありがと~







c0122670_23353931.jpg











c0122670_23355155.jpg


このカイト、半端なく高く揚がるんですけど。

すげーーー高く揚げても、巻き取るものめちゃ簡単なんですけど。


あまりにも高く揚がるので、公園で散歩している人がみんな驚いた表情で見てくれてた。







なんでこのような商品が日本にはまったく流通していないのだろうか。

めちゃ良くできているアイデア商品である。

中国は凧揚げがひとつのアミューズメントであり、根強い人気の文化があるからな~。





釣竿の先端のようなパーツは糸を巻くときに一箇所に集中しないように、いい感じに小刻みに回転して分散しつつ巻けるようになっている。すばらしい。



大量輸入したらきっとブームになると思う。

日本も凧上げがもっと流行ると思う。

きっと。

NETで売ってる店発見 ← 4000円前後





c0122670_2340449.jpg

コナツの自転車練習も頑張り中。






夜は家にベランダで一人ナイトキャンプ気分。

c0122670_23412672.jpg


激しい寒さも去りつつある。





c0122670_23413880.jpg

独特の燃焼音と青い色の揺らぐ炎に癒されるわ~





c0122670_23421055.jpg

この新作エビス、香りがきつくてちょっと苦手。





c0122670_23424316.jpg

シングルストーブで炭に着火させて、七輪に落とし、自家製の焼き鳥で土曜の冬の夜を満喫。





c0122670_23432467.jpg


いい夜だな~




春がすぐそこ。
by oyakata58 | 2013-02-23 23:45 | 何気ない日常 | Comments(0)

スキー道具を中古で新調

本日も晴天なり。


なんだかわけのわからないタイトルになってしまったが、

ファミリースキー元年の我が家は、前回の10数年ぶりの初スキーで完全にスキー道具が浦島太郎状態になっていたので、子供達の道具はもう少し仲間に甘えるとして、親達の道具は夫婦共に20年弱ぶりに新しくそろえることにした。

今は中古でもカービングスキーしか売ってないのよね。

気が付けばそんな時代なのよね。


ここ一週間で日曜日や、平日の夜をフル活用して八王子みなみ野、ムラウチエコ村、多摩地区で比較的大きな多摩永山、嫁さんの実家近辺の桶川、北上尾・・・とスポーツオフの品揃えのあるハードオフ系列を中心に物色しまくって・・・

ヤフオクとどっちが安いか比べまくって、入札するも値段が釣りあがって負けたり、

とにかく沢山見て、欲しいと思ったやつは凄い高かったり、ビンディングの調整が夫婦で共用できないものだったり、長すぎたり、短かすぎたり、傷だらけだったり・・・これだ!という決め手に欠けながらも、今週末に迫る第二回目のスキーに間に合わせるべく、ずーっと探し回った。


結局のところ八王子みなみ野のハードオフが品揃えも陳列品の質もダントツで状態が良かった!
ということで、なんやかんやといろいろ遠くまで走り回ったけど、最後の最後に地元で揃えることができた!

ありがとうハードオフ!


c0122670_22185391.jpg
キミドリイロ好きの私としては結局こんな色使いにまとまってしまったのだが、

結構お気に入りの道具達が集まったかな。


(自分用の板)Elan Race SL 165cm:21000円 (ハードオフ)
(自分用のストック) Scott :4800円 (ハードオフ)
(自分用のブーツ)Dolomite ZRC90:7500円+送料 (ヤフオク)
(嫁様用の板)Salomon Short Kart 125cm:14700円 (ハードオフ)
(嫁様用のブーツ)Salomon:5900円 (ハードオフ)

携帯ポイントで貯めたワンデーサンクスパスの10%OFFや、お店オリジナルの5%オフ券の合わせ技でここからさらに約15%安く買えた。

結局全部で50000円くらいだっただろう。

走り回って調べたなりに、良い状態の商品が手に入った気がするので満足。


Elan Race SL
c0122670_22371273.jpg




c0122670_22372897.jpg




c0122670_22381473.jpg

ビンディングが仮面ライダーみたいで綺麗。



c0122670_2238559.jpg

多少塗装がはがれてるけど、美品の部類に入る入る。



c0122670_22391018.jpg




c0122670_22394763.jpg



どちらの板ともエッジも底面も目立つ傷もなく綺麗。


c0122670_22401327.jpg

右側がSalomon Short KART 
嫁さんが軽くてかっこいいのがいい!というし、
私もショートスキーで遊んでみたいし、
ビンディングの調整幅がかなり自由なので、もし向いてなかったらカイトが近々履けるかも!

ということでミドルな長さのスキー板を買ってみた。

私はかなりデザイン的にカッコ良くて好み!

嫁さんもこれがいい!と言ってくれた。



c0122670_2246309.jpg

まあ嫁さんはスピード出せないし、エクササイズ感覚で楽しんでもらいましょう。




c0122670_22464351.jpg

ビンディングも未使用?って思うほど傷が少なく状態が良いのに定価の半額でGET!




c0122670_2342667.jpg





c0122670_2344879.jpg

ストックはSCOTTで。
最近のは細い!んでもってカッコいい!




嫁さん用のブーツ
c0122670_236593.jpg

私より甲高でへんな形の脚をしている嫁さんは、
デザインうんぬんよりまずブーツに足が入るかどうか。
デザインや価格がよろしくても入らないものが続出。
その中でも比較的スムーズに入って、足がいたくならなそうということでこれに決定。
シンデレラブーツだわ。



私のブーツ
c0122670_22473239.jpg

これはドロマイト?って読んでしまったのだが、
ドロミテというイタリアのブランドのブーツらしい。

いろいろなメーカーを履き比べてみて、どれもなんかしっくりこなかったのだが、
この初めて聞いた「ドロミテ」というブランドのブーツだけは奇跡的にフィットした。
20分くらい履いていたけど、平気だった。

そんな感想がNETではところどころでささやかれている。

このブーツ、同じものが上尾のハードオフで14700円で売ってて、
しらないブランドなのにな~もう少し安く買いたいな~ってその場では我慢。
ヤフオクで検索したら同じサイズでヒットしたので、頑張って送料込みで1万円弱でようやく落札しGET。


c0122670_22525119.jpg

お店で見たものより状態もよく、ラッキー。


c0122670_2253175.jpg

まあ、私の足では、まったく痛くならないスキーブーツなんてありえないと思っているのだがちょっと期待!



こんな感じで大体道具がそろった感じ。

新品で納得のいく道具を揃えようとしたらいくらかかったことか。
沼に嵌っちゃう前に揃えられて良かったよ。

shu.tさん、いろいろご親切にアドバイスありがとう!
おかげ様でなんとかなりました!



最新式の道具をいろいろWEBで見てたらカッコいいデザインが溢れてて、
興味がわいて気持ちが惹かれたけど、物欲の神は光臨させず。
そんなお金ないし我慢我慢。

子供達のスキー道具も買ってあげたいし。




はやくスキー行きたいな~

あっ、今週末だった。

晴れるといいね~
by oyakata58 | 2013-02-21 22:29 | キャンプ道具 | Comments(2)

コナツの幼稚園の発表会

本日も晴天なり。


朝からコナツの幼稚園での発表会。


年中になったらソロの台詞も何度かあって、さすがのコナツも若干の緊張気味。
c0122670_23461863.jpg






c0122670_234625.jpg

トマトの役だそうだ。

ちょっと早口になったり、声が小さいときもあったけど、頑張ったよ~



c0122670_2348690.jpg
photo by Nsan
四軒隣のNさん、いつも良い写真をありがとう。
今回は特に助かりました。




c0122670_23465064.jpg
先生達によるセットや衣装の作りこみもすごいな~
ほんとお疲れ様です。




c0122670_23103623.jpg







c0122670_2347073.jpg


よくできました!

花まる。
by oyakata58 | 2013-02-16 23:44 | 何気ない日常 | Comments(2)
本日は雨天なり。


金曜日の話。


キャンプやカヌーで15年来の付き合いがあるのに、仕事で中国在住になってしまっているHIGE-Sさんが中国の正月休暇で一時帰国。

金曜日と土曜日の二日だけ東京凱旋するらしい、しかもいつものアウトドア仲間といつもの三浦の海岸でキャンプするというのだが・・・

しかし私、もちろん金曜日はお仕事、夜は職場の忘れられてた新年会。カイトは夕方に空手。土曜日はコナツの幼稚園の発表会。


会いに行くのはマジ無理だわ~と思っていたのだが、

金曜日は午前中に仕事を詰め込み午後半休に、飲み会はキャンセル、しかも日帰り覚悟で、叱られながらも嫁さんからOKもらって、お昼過ぎから三浦へGO!

途中渋滞で2時間半。


直前までいけるかどうか確実ではなかったので、仲間には連絡なしでいきなり到着した。

16時半。


駐車場に停めた車の中から観察してたらちょうどティピーから出てきた。



YUJIさん「あれ???? おやかた何で???、仕事は?」

私   「来ちゃった・・・」

     笑


YUJIさん「驚いた~ おやかた来たらいいのにな~、って思って歩いてたらそこにいるんだもん」



YUJIさん 「あれ?カイトが乗ってないじゃん??」

私    「学校だよ!」

YUJIさん 「そっか今日金曜日だ」

っていうか、なんでみんな仕事もってるいい大人が金曜日の昼間から集まって遊んでるんだよ~

     笑



c0122670_0365253.jpg


私    「HIGE-Sさん、久しぶり~!!!」

H-Sさん「どうも~お久しぶりで~す」


私    「Niiちゃん、久しぶり~  湯西川以来だね(って、この前じゃん)」


私    「そろそろティピー建つころかな~って時間を狙って^^」

YUJIさん 「ちょうど今建ったところだよ~」

     笑

このティピーはまた違うオーナーのティピーである。
友達が二人もティピー買ってるなんてそういないよ~


c0122670_0385633.jpg


カンパーい!

一年ぶりくらい?もっとぶり?



私  「オレ、この写真、LINEのホームにUPしよう!」

皆  「じゃあオレも」「じゃあ俺も」

私  「って、LINEの交流仲間が今ここに揃ってるのに、誰に報告したいの??」

    笑




c0122670_0391628.jpg

今回も私はロケットストーブ持参で。

みんな興味深そうに質問してきて観察してた。




小雨が降っていたけど、ティピーの中は関係ない。





c0122670_0405917.jpg






c0122670_0411422.jpg
↑中国の凧の専用糸巻
HIGE-Sさんが中国から楽しいお土産をたくさん買ってきてくれて・・・・

うれしいな~

私はあわただしかったのでなんにも準備できなかったよ~ゴメン



c0122670_0422741.jpg





c0122670_0425529.jpg

この人たちはみんな遊びの天才で、いろんな道具に詳しくって、
私のお師匠さんでもあるのです。

この場所教えてくれたのも彼等だし。




今回も面白い道具が初登場。




c0122670_14174.jpg

バッテリーを利用してファンを動かし、すごい勢いで薪に火がつき、火力調整もできる「A&Fサバイバルストーブ」。

おもしれーーー

サバイバルなのに電池式? ソーラー発電パネルもセットで買ってるし・・・





みんな、山や空や海や川や、いろんな遊びをたーーーくさん体験してきてて話が尽きないのだ。

みんなそこそこ平凡じゃない人生おくってるよね~。

c0122670_0561863.jpg

みんな沖縄で出会ったり、カヌーで出会ったり、出会いが思い出せなかったり、

老けた老けない、歯がある歯がない、あの時は最高に面白かった、

あのキャンプはすごかった、パラグライダーで墜落して死にかけた、

出会いのころの話や武勇伝などたくさんの思い出話で盛り上がっているうちに

いつのまにか時間も経って、外は雨も止んで三日月や星が見え始めたよ~





c0122670_135851.jpg


なんとここちよい時間なのでしょう。


無理してでも来て良かったな~





c0122670_04538100.jpg






c0122670_0455430.jpg

私以外はみんなここに宿泊組なので、酒が進み、酔っ払った勢いでロケットストーブにいろんな実験を開始し始め・・・




c0122670_0473851.jpg

かなりの勢いの炎や





c0122670_0531780.jpg

ありえない勢いの炎や





c0122670_046555.jpg

すごい煙や、




私は帰らなければならない時間が近づいたのでロケットストーブを鎮火させる。

すると酔ったYUJIさんが焚き火台にすごい量の薪を積み始め・・・・
c0122670_053438.jpg



煙がティピー内に充満し始め、


c0122670_0535825.jpg

もう耐えられなくてみんな外へ出る。

「おいYUJIさん、死んでしまうわ!!」

「中国のPM2.5の空気の方が100倍美味いわ!!」


「ほんと、ロケットストーブは煙がほとんど出なくってありがたいわ~」



最近私が嵌りつつある若い女子のおるオサレキャンプとは間逆?のちょっぴりワイルド&スモーキーおっさんキャンプだぜ。

c0122670_0553013.jpg

結局最後はティピーから炙り出される形になって、そのまま車に乗り、八王子への帰路へ^^

「じゃあまた次回~」

酔っ払うこともできず、後ろ髪を引かれる思いで夜の道を一人で帰った。







服や髪やあらゆる荷物に燻しの強い匂い(臭い?)を染み込ませて帰宅。




風呂に入る前、服を脱ぐ時の匂いで再び思い出す。

あー楽しかった。


また遊ぼうね。
by oyakata58 | 2013-02-15 23:31 | キャンプ | Comments(2)

ちょっと雪。

本日も晴天なり。

水曜日の朝。


c0122670_0292644.jpg



夜のうちに降った雪。

予報が脅すほど降らなかった。

ちょっと拍子抜け。


日の出の太陽の光を浴びて、湯気を出しながら融けていく雪の姿が美しい。




c0122670_030990.jpg





c0122670_0302435.jpg

みなみ野タウンの向こうに富士山が見えておる。



そんなにたいしたことはないけど、今年は積雪が多いな~。

スタッドレスタイヤがあって良かった。
by oyakata58 | 2013-02-13 00:28 | 何気ない日常 | Comments(0)

ドームハウスへの憧れ

本日も晴天なり。


11日月曜日。

建国記念の日

暇だったので家族で桧原村方面に向かい、過去に行って源泉賭け流しに感動した「瀬音の湯」へ。


12時ころ着いたのだが、駐車場渋滞が起きるほど混んでいたのでタイミングをずらすためにお昼ご飯を食べるところを探しに移動。

結局払沢の滝の近くにあるNPO団体運営のレストラン「ひのはら 四季の里」へ。

c0122670_013358.jpg




この建物は憧れのドームハウスなのである。
※外観はそんな風ではないのだが・・・


c0122670_0144944.jpg



店員さんもアットホームな感じで居心地の良い空間。


c0122670_0152543.jpg


巻きストーブの中で薪がメラメラ燃えていて癒される。

c0122670_016556.jpg





c0122670_0162525.jpg





c0122670_0164992.jpg

山歩きの団体さんが結構訪れる。




c0122670_0172177.jpg

薪ストーブと木の素材感で室内空間は暖かい。




c0122670_0174448.jpg

食事ができるまでちょっと待ち時間がかかりそうというので、子供達はDS。




c0122670_0181615.jpg

すぐ出そうなメニューも注文して、めちゃ美味しかった。




c0122670_018471.jpg

地元で採れる「舞茸のてんぷら定食」880円。

揚げたてのてんぷらを塩でいただくのが大好きだ。



c0122670_0193299.jpg

サクサクでめちゃ美味しかった。



c0122670_0195271.jpg





c0122670_0235481.jpg

憧れのドームハウス


いつかは建てたい!という将来の夢を持っている。


眺めの良い場所に建て、自分の趣味の道具を飾り、自然と戯れ、

友達を誘ったり、奥さんと一緒に、時には一人で朝日や夕日を眺めながらコーヒーを飲むんだ。





このあと、駐車場待ちが解消した瀬音の湯で体の芯まで温まって、即席の三連休のイベントを終えた。
by oyakata58 | 2013-02-11 00:07 | 何気ない日常 | Comments(0)
山頂からの眺めは格別だが、富士山は山頂がちらっと見える程度で残念。

c0122670_23242867.jpg


登る前までは見えていたんだけどな~



空いているベンチを見つけて、コンビニで買ったおにぎりたちでお昼ご飯。

c0122670_23261690.jpg

携帯ストーブに火をおこして調理したり、コーヒーとか作って満喫したいところだが、荷物を少なくするために、装備をけちっちゃったんだよね~



c0122670_23244535.jpg

新宿副都心は見えるものの、スカイツリーまでは肉眼で確認できず。

双眼鏡もってくれば良かった~



景色を見させるために、山頂付近の木々は散髪されたようにカットされてて、いいんだかわるいんだか・・・


c0122670_2325305.jpg




c0122670_23265174.jpg

ビジターセンターの中は暖かい。


山頂は寒いし、特にやることもないので、さっさと降りることにする。


c0122670_2327166.jpg

帰る人コースだけ泥だらけ。

山頂下のケーブルカーや一号路を上がってきた人達がたくさん通るメインストリートは雪解け水が地面の土を溶かして水溜りになったり、靴にくっつく粘土質になったり、えらいこっちゃになってた。
これはウッドチップを撒くとか対策が必要だろう。


c0122670_23292770.jpg





c0122670_23294378.jpg





c0122670_23295741.jpg





c0122670_2330943.jpg





c0122670_23302390.jpg





c0122670_23303617.jpg





c0122670_23304797.jpg





c0122670_23305982.jpg





c0122670_2331950.jpg





c0122670_23342076.jpg





c0122670_23343843.jpg

だんご屋のおじさんが謎の歌を歌いながら焼き団子におまじないをかけてくれる。




c0122670_23352074.jpg

これがまた美味しいこと!!




c0122670_23354298.jpg





c0122670_2335548.jpg






c0122670_2336814.jpg

高尾山はミシュランに選ばれてるだけあって、とてもオシャレな人も歩いてる。




c0122670_2336208.jpg

ケーブルカー待ちの行列。

これくらいは一台に乗り込めるので一気にはける。




c0122670_2337334.jpg

過去に一度だけ行ったことがある高尾山のビアマウント。
夏の間だけ関東の夜景を楽しみながら、食べ放題、飲み放題のビアガーデンになる。




c0122670_2338365.jpg

ここからはいつもの公園や、八王子駅、自分達の職場も見えたよ。



ケーブルカーで麓へ。
c0122670_23383733.jpg

少し傾くので進行方向に向かって座っている人はおもわず前のめりになる!の図。



麓に到着。

登り初めてから丁度3時間の工程。
春から秋は行列と渋滞でこうは行かないぞな。


c0122670_23392822.jpg

駅周辺は高尾山にしてはおしゃれなお土産屋まででき、ちょっと都会化を狙おうとしているのか??




c0122670_23401451.jpg

フクちゃんさんから以前もらったトレッキングシューズにカイトの足のサイズが追いついて今回初めて活用できました。ありがとうございます。




c0122670_23411279.jpg

私は驚異的なテクニック?でブーツの裏だけで歩いたので靴は大して汚れず。

この靴の評価としてはダナーライトやケブラーライトに比べたらフィット感が足りない。もうちょっと履き込んで見ないとわからないけど。全体的に、特に靴底が硬い感じ。
インナーソウルを入れてクッション性を向上させたいな~



c0122670_23445916.jpg

出発駅に帰ってきた。


帰りにオシャレなコーヒー屋で一杯!

と思ったけど、ここは子供同伴禁止のお店だった~

c0122670_23455774.jpg

残念。



無事帰宅。

高尾山登山終了。

お疲れ様。

といっても誰もそんなに疲れている風ではなく、家族みんな元気そのもの。


この後、体力回復に家族で焼肉屋さんに行きましたとさ。

おしまい。
by oyakata58 | 2013-02-10 23:23 | 何気ない日常 | Comments(2)
本日も晴天なり。


この三連休、特に予定もない。

なんとなく家で過ごすのなんてもったいないので、

急遽思い立って高尾山に登ってみることに。


杉林でできてる高尾山、春前の週末に登るチャンスはこの週末が最後かも・・・

だって今にも花粉が飛び散りそうな雰囲気なんだもの・・・


コナツも成長して体力もちょっとづつついてきたので山登りも挑戦させてみよう。


それから先日GETしたDANNERのブーツの性能も試してみたい。

そんな思いもあって、高尾山にGO!



久々に大量の写真とともにレポしようと思う。




家を出発したのが11時半。

途中のセブンイレブンで昼食用のおにぎりやお弁当を購入。

京王片倉駅から高尾山口駅へ。


久々に登場のKarrimor ZOOM
やっぱKarrimorはこの色に限るわ~
c0122670_18212072.jpg

このウエストバッグには水筒と防寒着が既に入っていて、
購入したお弁当は明らかに入らなそうなサイズなのだが・・・


c0122670_18224181.jpg

パカッと開いて、ショルダーベルトが出てきて、


c0122670_18232965.jpg

ちょちょいのちょいで容量2.5倍くらいのちゃんとしたリュックに変身するのである。
もうとっくに廃盤の商品なのだが、Karrimor ZOOMの優れたアイデア。

その変身後の写真は後ほど・・・
ご参考←



京王線の乗客はおしゃれなハイカーだらけ。
山ガールと呼ばれる若い女性が目立つ。


c0122670_18243051.jpg

お昼の高尾山口駅はかなりの混雑。
帰りの切符は買ってから登れ~ってアナウンスするほど。

真冬にこの人気、お昼の混雑は思ったよりこりゃすごいわ。



c0122670_18265432.jpg




c0122670_18271832.jpg

さて、分かれ道。
もちろんケーブルカーという選択肢はなしで、

前回カイトと登ったときは稲荷山コースだったので、

今回は違うコースがいいな~ということで、

ピンクの点線で描かれた6号路を登ることに。


コナツは5歳8ヶ月にして初めての登山。

登山とはいえ、標高600m弱のトレッキングなんだけどね。

カイトの時のように、これを練習として富士山登山に挑戦かな?

そりゃちょっとさすがに早いな。




c0122670_18394011.jpg

この6号路、ケーブルカーに平行して舗装道路をしばらく登る。





実践形式で初登場のDanner mountaintrail
c0122670_2240247.jpg

早く足に馴染んで柔らかくなって欲しいけど、
あんまり汚したくないな~





c0122670_18402671.jpg

安全に登りきれますように。



c0122670_184041100.jpg

「オレはいいよ~、恥ずかしいよ~」って言ってそう。



c0122670_1840567.jpg

日本一の勾配を誇る高尾山のケーブルカー。
満車状態のお客さんに、
「歩いて登る方が楽しいですよ~、またあとでね~」



c0122670_18421756.jpg

数百メートルでいよいよ登山道らしい登山道に入る。
ここから約3km 90分らしい。







c0122670_1843480.jpg




c0122670_18431914.jpg

ひしゃくが置いてあるが、飲み水ではなさそうだ。
カイト残念がる。



c0122670_18435157.jpg






こちらのコースは稲荷山コースとは違って、景色以外の見所があるようだ。
c0122670_18444348.jpg





またしばらく登ると、琵琶滝といって、実際に滝行を行うところも。
c0122670_18452662.jpg





c0122670_18454042.jpg





大きな杉の木の麓にはベンチがあって、
杉の木に癒されながら休憩ができるようになっている。
c0122670_22393569.jpg





c0122670_18463967.jpg
パノラマモードで撮影





c0122670_18465792.jpg





c0122670_18471196.jpg

ところどころに残雪が。

そういえば去年は雪だらけで、地面も凍っていたところがあったな~



c0122670_18481654.jpg

アジサイの道は夏通ると綺麗なんだろうな~




c0122670_18485981.jpg

まだまだ余裕~よ





c0122670_18492453.jpg






c0122670_18493954.jpg

道はすれ違うのもちょっと不便な、狭いところが多い。
稲荷山コースにはそんなところほとんど無かったのにね。
これがまた6号路の面白いところでもある。




c0122670_18495988.jpg






c0122670_18501335.jpg






c0122670_18504114.jpg

6号路は昼過ぎの時点では日向と日陰が半々、もしくは日陰の方が多いくらいの谷あいの登山道。
日陰は気温が低いので、上着はほぼ脱ぐことはなかった。
この辺りは5度はあるかな。
八王子の最高気温が7度とか言ってたから。




c0122670_18561597.jpg

まだまだ半分しか登ってないのか~




c0122670_18562861.jpg





c0122670_1857081.jpg





c0122670_18571526.jpg

こんな動物でてきたらやだな~



c0122670_18573556.jpg





c0122670_18575694.jpg

崖のある細道を歩くこともしばしば。




Karrimorのウエストバッグはこんな感じに変化する。
c0122670_18583694.jpg

Photo by Kaito




c0122670_18592547.jpg






c0122670_18594117.jpg





さて、8合目くらいにある最初の難所。
c0122670_1901261.jpg

石畳をはずさないように登る。
はずすと雪解けの湧き水でぬかるんだ泥にまみれる。

しかも石は濡れてて滑りやすい。

雨季には完全に沢になり、流れる中を歩くようだ。

これを避けるためには手前の分岐点を稲荷山コースに向かえばよい。


c0122670_1915976.jpg


小さい子供にはちょっと危ないかもね~

結局コナツを担いでクリヤした。





c0122670_193211.jpg

そして稲荷山コースと同様に、最後にあらわれる階段地獄。

最後にやってくる最大の難所。

おそらく200段ほどだろうか。



c0122670_194681.jpg

階段ってありがたいけど、なんかちょっと人工物な感じが・・・


だけど、コナツと二人で登ってたら「おじょうちゃん、頑張れよ~」

っていいながら、ハイタッチしてくれる下り中のおじちゃんがいたりして。

「じゃあパパもついでにタッチ!!」って・・・

やさしいね。




そんな励ましをいただきながら、子供達も難なくクリヤ!

c0122670_194214.jpg

それを登りきったら頂上が見えた。

人の賑わいもすごい。



c0122670_1945055.jpg

頂上の手前に、謎の黒と白の建物。

ひょっとしてあれ、うわさの豪華トイレ?


去年来た時は基礎しかできていなかったのに、二階建ての立派なトイレになっていた。

6号路は駅以来トイレが無かったので、とりあえず入っておく。


c0122670_1961343.jpg

中は温かみのあるウッディーな感じ。
暖房便座にウォシュレット、子供用アタッチメントもある男子大ルーム。
とても清潔、でも床はどうしても泥が入っちゃうので残念。

ちなみに二階は女性専用だが、もっともっと混雑するシーズンしか開放されないらしく、
冬場は一階にある女性トイレのみ使用可能のようだ。

女性はいつも行列になって大変だもんね~



c0122670_1962872.jpg





c0122670_1964112.jpg




頂上へ到着~
c0122670_197061.jpg


ぴったんこ90分。

カイトもコナツもママさんも良く頑張った~!!!!




つづく
by oyakata58 | 2013-02-10 18:17 | 何気ない日常 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58