本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

翌朝。


まだ夜明け前。



良く寝たな~
c0122670_10054999.jpg
キャンプで(車中泊だけど)ここまでぐっすりと快眠できたのは久しぶりだ。

コットと枕が良かったから?
サーマレストの枕は非常に快適な素材感だった。



c0122670_10054959.jpg













c0122670_10054972.jpg





本日も晴天なり。

内房は鋸南町の某所に来ております。





c0122670_10054933.jpg












c0122670_10054919.jpg







ふーん、こんな場所だったんだ~

Niiちゃんは返事はあるが、まだテントの外に出てこなさそうな上、

わ携帯の電池が昨夜から完全に切れたので充電&トイレがてら近所を車で走って散策。







すぐ近くに海水浴場

c0122670_10054938.jpg
上の写真のど真ん中に富士山がぼんやり見えますか??















c0122670_10084621.jpg
海岸線にも日の出がやってきた。









c0122670_10084692.jpg











c0122670_10084652.jpg
朝からサーフィンだなんてなんともアクティブ且つ、健康的な生活ですな~
素晴らしい。





テント場に戻るとNiiちゃんが誰かと話をしていた。

聞くとこの辺に詳しい人で、もっと暗くて星の撮影に良い場所があるとか。

昨日は都心の明りを遠くに見ながら、驚くほど大きな火球を観測したとか。

えええええ~ 観たかったな~ 大きな岩山が邪魔でここからは見られなかったようだ。

とっても残念。






さて今日はどうする??

海は若干荒れているので内房を漕ぐのは難しそうだね。

ばんやに寄って朝ご飯を食べたいけど開店が9時半でそれまで拘束されるのは不本意だね。

じゃあ40km(一時間)戻って亀山湖を漕ぎますか?

みずもっちゃんとかとも全然一緒に漕いでいないしね。

晴れた紅葉の亀山湖はまた景色が全然違うでしょう。

OKそうしよう。



急いで片づけて(特に片づけるものもないので10分撤収)

車に乗って再び亀山湖へ。

それぞれトイレ行ったり朝食買ったりGS寄ったりいろいろやることがあるから現地集合で!





駐車場に着いたのが8時半だけど、ほぼ駐車場は満車状態。

なるほどね~

昨日来なかった人も今日来て、しかも一年で一番いい週末でしょ。

一番の集客日和なのは間違いない。亀山湖の極大日だ。


Niiちゃんはまだ来ていないので一人で準備してさっさと湖上へ。

着いた時はものすごい霧に包まれていてそれはそれで幻想的だったけど、

漕ぐ頃までにはすっかり晴れていた。


確かにこれだけ晴れていると昨日と景色が全然違って見えるなあ~










c0122670_10154689.jpg
湖面に映る空の青がすごい鮮やか。

赤色のモミジもバックライトで照らされているように輝いている。












c0122670_10154697.jpg

















c0122670_10154623.jpg














c0122670_10261678.jpg
まったく波の無い鏡面の湖面を漕いでいると、湖面に映る雲や空に目のピントが合って、

一瞬空中浮遊をしているような感覚になりバランスを崩しそうになるのが面白くもあり、ちょっと怖い。











しかし本当に良い天気だな~。

昨日の雨は雨で良かったけど、たくさんの人で賑わっている湖面も活気があってなかなか良いな~

c0122670_10261630.jpg

しかし、釣り人が多く竿を垂れているので、その近くを通るときには若干緊張。

カヌー初心者でお構いなしにバチャバチャ音を立てて漕いだり、そのうえ無神経に「釣れますか~?」なんて聞いたあかつきには

「魚がにげるじゃねえか~バカヤロー さっさとあっちイケこのやろ~」なんて言われることもありますからね~

石を投げられるそぶりをされる事も。(私は無いけど以前、川などでアユ釣り漁師にされているシーンを何度も見た)








なるべく離れて、しーずかにパドルを水面に落として音を立てないように進む。




c0122670_10261602.jpg

そんな漕ぎ方をしていたら目が合ったら挨拶をしてくれる釣り人も多く、お互いの遊びを尊重してくれている感じがしてうれしい。

湖はみんなのものですからね~

上手く共存できたらいいですね~


ちなみにこのレンタルボートはモータが付いていて、とても静かに進むことができる。

釣り人だけではなく、一般の観光客にも貸出をしていて、


老夫婦もカップルも みんな優雅に広い亀山湖を散策していた。
(レンタル料 1時間3000円、2時間4500円 定員2名)


それも楽そうで楽しそうで良いな~








c0122670_10261621.jpg















c0122670_10261696.jpg










シラサギに教えてもらうように、昨日は気づかなかった木々に囲まれた湾のような場所に入っていく。







c0122670_10213187.jpg


すぐどん詰まって終わるのかな~と思ってとりあえず突き当りまで行くと、

その横に曲がるように続きの水路があって、まだ続いている。

そんなことを繰り返しながらどんどん奥に進める。

川を遡上するように入り組んだコースになっているのだ。

そのような場所を探しながら探検するのが本当に楽しい。

亀山湖カヌーツアーの醍醐味だろう。








c0122670_10213121.jpg
















c0122670_10213147.jpg














c0122670_10154683.jpg











そんなところに滝もあったりする。
c0122670_10341124.jpg













c0122670_10213249.jpg
いやあ、これは楽しいな~

一人で漕いでいても安全だし、家族できても楽しそうだな~














c0122670_10213189.jpg










c0122670_10443095.jpg
森が騒がしいと思ったら野生のサルがケンカをしているようだ。











c0122670_10442486.jpg


自然豊かな環境なのだな~














湖上で無事にNiiちゃんと合流し、さらに奥深くへと入っていく。


c0122670_10442387.jpg
風向きによって湖面の浮遊物が集まり、陸地のような景色になるところも。

まあ倒木に気を付けさえすれば、お構いなしに突き進んでいけるので特に問題ではないのであるが。









c0122670_10154601.jpg








ここは笹川だな。

なかなか入っていく人は少ないだろうな~


c0122670_10354073.jpg



















c0122670_10154528.jpg









水位が高いせいもあって、意外とずんずんと奥まで入っていくことができた。


c0122670_10354013.jpg
















c0122670_10354014.jpg












c0122670_10354070.jpg
観光ボートもたくさんのお客を乗せていて、昨日の売り上げ損分も稼がなきゃ~って忙しそう。











c0122670_10443056.jpg
数組のツアーも組まれていてみんな笑顔で楽しそうだった。

これをきっかけにマイ艇を買う人もいるのだろうな~














c0122670_10443061.jpg














c0122670_10442316.jpg













c0122670_10442393.jpg












c0122670_10442345.jpg
逆光









c0122670_10353948.jpg
順光で輝く橋

その下を巡航

おそらく最近ペンキの塗り替えをしたばかりと思われる赤い橋がこの景色に非常にマッチしている。


橋の上からは三脚を構えた大勢のアマチュアカメラマンが大きな一眼カメラを手にシャッターチャンスを狙っていて、

こっちも下手なモチーフにならないよう、カッコよく撮ってもらえるように姿勢を正してみたりして・・・

全然違うところを撮っていたりして・・・・













c0122670_10442311.jpg









午前中だけで、7kmほど漕ぎ、写真もいっぱい撮ったし、満足したので今日はここまで。

あっ、みずもっちゃんに会えなかったな~

携帯電話も(圏内だが)つながらず。

昨日教えてもらったのを教えてあげた滝方面を漕いでいるのかな~

まあ仕方ない。








お昼ちょっと前だけど、上陸


c0122670_10521585.jpg







お昼ご飯時になったらこの出艇場所も上陸する人で大混雑するのだろうな。

今切り上げるのは正解かも。


c0122670_10521579.jpg













c0122670_10521581.jpg

駐車場は超満車。






入りきらなかった車が道路まで伸びている。

c0122670_10521595.jpg





いやあとっても満足しましたわ。

チャンスがあったらまた来年必ず来よう。

要領も得たので次回はもっと効率的に行動できそうだ。




c0122670_10553032.jpg

駐車場の上を飛行機が旋回。

成田空港に降りるのだろう。
















c0122670_10553086.jpg

帰りもアクアラインを利用。

まだお昼なので渋滞も一切なく、快適なドライブ。


せっかく空いているのでもったいないので海ほたるPAで休憩。

c0122670_10553053.jpg















c0122670_10553010.jpg










c0122670_10553094.jpg














c0122670_10553038.jpg















c0122670_10553024.jpg

昔、南房総に住み着いた野生のイルカウォッチングシーカヤックツアーをしに来た時に、この前で仲間たちと集合写真撮ったな~
















c0122670_10593835.jpg
















c0122670_10593907.jpg

このモニュメントの円の大きさがそのままアクアライントンネルの直径と同じなのだな~
上5分の3が道路で、下の5分の2が避難路やケーブルの配管路になっているのだとか。

c0122670_07565097.jpg
c0122670_07565781.jpg
拡大可能















c0122670_10593979.jpg


















c0122670_10593919.jpg


















c0122670_10593890.jpg





















c0122670_10593850.jpg


次から次へと飛行機が羽田空港に吸い込まれていく。

二週間後には私も羽田空港から飛行機に乗って久々の海外出張に出かける予定。

しかもお誕生日フライト。















c0122670_10593868.jpg




あの白い風の塔の真下を通る感じで海底56mにトンネルが通っているなんて、どう想像すればよいのだ。

人間もなかなかすごいことするもんだ。


















c0122670_11015220.jpg










c0122670_11015179.jpg











c0122670_11024305.jpg



ここから先も高速道路は順調で2時過ぎには八王子の家に帰宅。

無事に亀山湖ツアーは終了。

お世話になった方々、まさきさん、ありがとうございました。



おしまい。

by oyakata58 | 2014-11-30 19:57 | カヌー | Comments(0)
本日は曇り時々雨なり。


初めて亀山湖にカヌーをしに行ってきた!

結論から言うと、亀山湖の紅葉カヌーは本当に凄い!!!!!!!!!!!

とにかく美しい!

そして冒険的な要素もあって漕いでいて楽しい。


c0122670_00265148.jpg




私にとっての亀山湖カヌー散策は初めてのことで、勝手がわからないため、今回は家族を家に置いてソロ参加。

いろいろと遊びやすそうで安全だったら次回は家族やファミリーカヤック仲間も連れてきたいな~




休みが合ったキャンプ仲間のNiiちゃんがやってきてくれて、基本二人での紅葉満喫ツアーを計画したのだが、

はたしてどうなることやら。





噂に聞く亀山湖は関東地方の中でもシーズン最後の紅葉が観られるという紅葉の名所。

前日のニュースでも千葉県を代表して亀山湖だけが紹介されていたし、今一番の見ごろを迎えているとの情報だったので、

こりゃ混みそうだな~



駐車場も停められる台数に限りがあるというし、一年で一番カヌー客が増える週末になりそうな予感だったので前日入りすることに。

金曜日の夜に車にカヌーやら荷物を積んで23時に八王子を出た。




夜の16号を南下し保土ヶ谷バイパスを抜け、アクアラインへ。

久々のアクアラインだけど、海底トンネルの中は貸し切り状態である。

気持ちいいな~、でも今地震が起きたら怖いな~

c0122670_00272068.jpg





休憩とか取りながら120kmの道のりを2時間30分ほどで亀山湖の笹公園駐車場に到着。

前夜入りするカヤッカーの車で埋め尽くされているのかと思いきや、キャンピングカー1台と、Niiちゃんのジムニーのみ!?

拍子抜け。





10分ほど前に先に到着していたNiiちゃんが出会うな否や

「おやかた!!すごいよ空、すごいよ!!!」

と興奮気味。




なになに??

「超満点の星空だよ!」

「ついさっきまで雨だったのに、雨雲に覆われていたのに、おやかたの到着と同時に雲が消えた!!」

「そしたらこの星空だよ~」

またまた~

空を見上げたら「うわっ!!!」ここは海の上か?とおもうほどの沢山の星が見えていた。

雨で空気が澄んだんだねえ。



もう2時になるというのに寝るのがもったいない。この星空を写真に残そうと一生懸命カメラをいじっていたけど、なかなかうまく撮れず。



c0122670_00335177.jpg


最近星空プロカメラマンと化しているNiiちゃんにして、この興奮度だから相当な星の数。

オリオン座はもちろん、天の川も木星もスバルもはっきり見えた。

流れ星も見れた!!





3時前には車中にコットを張って寝床を作った。

ステップワゴンとW-1のオリジナルコットの相性は最高。


翌朝7時までぐっすり眠ることができた。







翌朝

隣りのワゴンがカチャカチャとファルトを組んでいる。



c0122670_00390337.jpg


しかし、しとしと雨・・・・・・

昨夜はあんなに星が見えたのにな~



c0122670_00390293.jpg

車内にコットを敷いて作った寝床はこんな感じ。

天井裏収納も活躍中。

サーマレストの枕も最高だった。

久々にキャンプで良く寝た。



朝からカヤッカーで混雑するのかな~と思いきや、他の車もちらほらくらいで、なんだかおとなしい朝。

どうやら天気予報がよろしくないかららしい。

天気予報もろくに見ずに、自らの晴れ男パワーを過信してやってきたのだが、この雨予報。
知っていたら出発を延期してたかも。


でもこれはある意味ラッキーだね。

喧騒に巻き込まれずに我々のペースでのんびり楽しめるぞ。


c0122670_01033717.jpg

せっかくなので湖畔に近い場所に車を移動する。





時々降る雨にタイミングがつかめず、ダラダラしていたら、カヤックを担いで運んでいる男性(まさきさん)から声を掛けられる。

まさきさん「あれ、先週もいらしてましたよね?」

Nii「はい、集合の日にちを一週間間違えて来てました・・・」

聞くと千葉県の方で、亀山湖にも房総周辺も熟知されているベテランのカヤッカーのようで、いろいろアドバイスを頂いた。

ま「お天気どうなりますかね~、でも天気が悪い分、釣り人もあまり湖上にいないので今日はのんびり遊べますよ!」



c0122670_01032134.jpg


ではお互いお気をつけて楽しみましょ~





c0122670_02082499.jpg




雨は10分ほどざーっと降ったり、20分ほど止んだりの繰り返しで、これが一日続く様子。

スマホの雨バンドで雨雲レーダーの動きを気にしながら、東屋でお湯を沸かし、コンビニで買ったカップラーメンをすする。





c0122670_00435127.jpg







気温はそれほど低くなく、17,8度といった感じ?

むしろアウトドアジャケットやレインパーカーを着こむと暑いくらいなのだ。









c0122670_00390364.jpg


カヤッカーの為にとよく考えられたエントリーを利用して湖に艇を浮かべる。








c0122670_00390311.jpg



さて、雨も止んでるし、出ますか。






c0122670_00390256.jpg













c0122670_01033641.jpg














c0122670_00453754.jpg


なるほどね~、たしかにこりゃすごいね~。

野田知佑さんが有名にしたのもあるけど、みんながカヤックの聖地として集まるのも良くわかるな~。

今年の秋、湯西川温泉の紅葉キャンプに行けなかった分を取り返せそうだな~。













c0122670_01033762.jpg



カヤックを積んだ車が続々と集結中










c0122670_00453752.jpg






時折強烈に降ってくる雨を、真っ赤なモミジを屋根にしてやり過ごすの図。






c0122670_00453710.jpg












c0122670_01033794.jpg














c0122670_00453790.jpg



かなり奥の方まで漕いでいるうちに、実は別のお友達がグループでやってくるというので挨拶をしに一旦集合場所である駐車場まで戻ることに。








一時、やわらかな追い風が吹いていたので撮影時の雨除けに持って行っていた傘をセーリングにしてグイグイ進む。

c0122670_00453762.jpg


こりゃ楽だわ。
前が見えないので透明な傘の方がよいかな。









c0122670_00504925.jpg


入れ替わりに数名のお客を連れたカヌーツアーの団体さんがすれ違った。

カヌーが初めて風な若い女性の多いツアーである。

あいにくの天気だけども、こうやって若い女性のカヤック人口が徐々にでも増えると湖上が盛り上がりますね~






c0122670_00504976.jpg


陸に上がると集まっていた。

なんだか大人数のツアーですな~ 



何度かキャンプを一緒にしているみずもっちゃんもいて(実は今回誘ったのだが、別の仲間と行く予定になっていたという偶然)驚いた。

小学生の子供が5,6人いてファミリーカヤックを楽しむ家族もいる。

そうかそうか、次はファミリーイベントにしてもよい場所だな。艇があれば・・・・




彼らとはちょっと自己紹介などのあいさつをした程度で、お昼ご飯を済ませたあとも二人で別のルートを漕ぐことにした。



こんどはこっちへ行ってみよう。

なにか面白い景色はないかな~

でもこっちは午前の場所ほど紅葉が綺麗じゃないね~


湖の真ん中で強い雨が降ったりして、先ほどの傘を背中に挿して頭とカメラを守りながらゆっくりと湖上と雨を楽しんだ。




良くわからず適当に徘徊していたら、

さきほど陸でお話した地元のまさきさんと遭遇。


私「あ~、先ほどはどうも~」





私「あの~、こっちがわのエリアで見ておくべきポイントはありませんか~」

私「なんにも調べずに来ちゃって、さっぱりわからないんです・・・」

ま「あっちの方に滝がありますよ」

私「え~、そうなんですか・・・もしよかったら案内していただくことはできませんか~?」

ま「いいですよ~、一緒に行きましょう!」

私「ありがとうございます~」


かくして我々は幸運にも強力なガイドを得た。
c0122670_01165340.jpg






どんどんと奥へ奥へ。

Niiちゃんと、「二人だけだったら絶対にここたどり着けてないよね~」




ま「このへん、ジャングルクルーズみたいでとっても雰囲気があって面白いんですよ」

「うん、うんたしかに」




もはや湖というより、川(支流)をさかのぼっているような気分である。
c0122670_01225820.jpg









c0122670_00504931.jpg


カメラのレンズについた水滴が雨の強さを物語る。






c0122670_2152405.jpg




徐々に横幅も狭くなってきたところで・・・・・








目の前にデーンと滝が!

うわぁ、すごい!!  これは凄い。


c0122670_01243829.jpg
事前インプット一切なしでこれは感動だった。



ま「昨夜の雨もあって今日の滝は先週よりも随分水量があって迫力がありますよ、今日はラッキーですよ」

私「こんなところにまで連れてきていただき本当にありがとうございます~」





ま「しかも例年の傾向だとここの紅葉は黄色と赤が順番に来るので、今年みたいに混ざっている年も珍しいかもしれません」

私「へ~、それはラッキーだな~。今年来ておいてよかったです~」



駐車場までの帰りの道すがらキャンプ場だか公園だかの横を通ったのだが、地面と湖面の高さがほぼ同じになっていた。

まさきさんに聞いてみると「今の湖面は満水状態ですよ。さっきの滝も貯水量が多い時でないと倒木などが邪魔をしてたどり着けないですから」

なるほどね~

満水だといろんな支流にも入っていけるし、行動できる範囲や距離が増えて、いろいろ楽しめそうだな~

紅葉の木々も湖面ぎりぎりでとっても近いしね~



c0122670_01033714.jpg



益々雨が強くなってきたので今日のカヤックは終了!

まさきさんと一緒に陸に上がった。

いやあ、お陰様でほんとに満足な一日になりましたよ!ほんとにありがとうございました。




雨宿りしたり、まさきさんに手伝ってもらってカヤックを片づけたりしながら時間をつぶしているとファミリーグループの仲間たちも続々と上陸してきた。

子供たちもかなり疲れている様子。雨が強かったからね~


簡単な着替えと撤収も終了したところで、みんなで温泉に行って体を温めようということに。

まさきさんと「また会いましょう!」とお別れの挨拶をして、近くの亀山温泉へ。

珍しい黒いお湯で、硫黄臭もほどよくしていてとても気持ち良い温泉だった。


家から(道が空いていれば)二時間半で野趣あふれるカヌーができて紅葉を満喫できて温泉があって、なんとも贅沢なエンターテインメント空間だな~




温泉を出ると青空のかけらが。

c0122670_01361967.jpg
いまさらだけど、雨雲が去ったようだね。



ファミリーグループは近くのキャンプ場に泊まるというが、わたしとNiiちゃんは海の見えるダイナミックな景色の場所で星を見ながら静かに過ごしたかったので内房へ移動することに。


c0122670_01354794.jpg
40km離れた海を目指す。

ああ、太陽が沈む~、ちょっとまって~






c0122670_01354781.jpg
すっかり太陽が沈んでしまった西に美しいシルエットの富士山を見ながら南下する。







ちょっと撮影ポイントで休憩
c0122670_01354793.jpg








c0122670_01354772.jpg








c0122670_01354777.jpg











c0122670_01354764.jpg








c0122670_01354665.jpg








c0122670_01384935.jpg


三浦半島横須賀(久里浜)と千葉富津(金谷)を40分で結ぶ東京湾フェリー
片道3000円ちょっと。
一時間に一本近くあるので便利。

帰りに乗ってみたい気もするが、今度家族がいるときじゃないともったいないかな。








c0122670_01384910.jpg




Niiちゃんが、先週発見したという鋸山の近くまで移動。

近くのスーパーで惣菜やら酒のつまみやらを買い出しして、新鮮な魚料理で有名な「ばんや」を過ぎて、

海岸線に向けて道を曲がると、真っ暗な海沿いの駐車スペースに到着。

ここはどこだ???




周りが暗くてまったくよくわからないが、今日はここに宿泊。

焚火用に薪を集めたり、食材を準備して酒を飲む。


ふ~っ、今日は意外と漕いだのでなかなか疲れたね~

GPSの記録だと10kmも漕いだらしい。


c0122670_01395313.jpg


しかしここはとても静かで良いね~

波の音もいい感じ。

半月にも関わらず星もたくさん。






c0122670_01395336.jpg












c0122670_01395398.jpg











c0122670_01395311.jpg










c0122670_01395377.jpg
スバルがくっきり














c0122670_01395335.jpg







c0122670_01395366.jpg
23時30分

生まれて初めて水平線に沈んでいく月没を観た。

最後は夕日のように真っ赤になって沈んでいった。

ありがたや~


明日こそはスッキリした良い天気になりますように。






今夜も車中泊。

つづく。

by oyakata58 | 2014-11-29 21:51 | カヌー | Comments(2)

リンゴ狩りへ

本日も晴天なり。




関越道を北上し群馬県の昭和ICを降りたところにあるリンゴ農家で行えるリンゴ狩りに行って来た。


c0122670_11372069.jpg



たくさんあるリンゴの木の中に数本だけ鈴なりのリンゴの木があって、
聞くとリンゴ狩りの予約して頂いた客の為に収穫せずに残してくれたものだとか。

c0122670_11372152.jpg

もうシーズン的には終わりなのね。
保存が効く果物だからね。




c0122670_11372331.jpg

品種はフジ。
傷ありのもぎたてをその場で試食させてもらったけどやっぱり最高に美味しい!!


c0122670_11372590.jpg


それからは気に入ったリンゴを物色


c0122670_11372648.jpg

農家のお母さんに美味しいリンゴの見分け方ともぎ方を教えてもらって、大きなリンゴをゲットしてご満悦。



c0122670_11372712.jpg




蜜もたっぷり。
c0122670_11372967.jpg






c0122670_11373056.jpg






c0122670_11373278.jpg






c0122670_11373330.jpg





c0122670_11373552.jpg

群馬名月という品種も少し収穫させてもらった。





c0122670_11373697.jpg

以前から探していたリンゴの木箱が野積み山積みされていたが
お願いしてまで欲しいと思える精度や質感ではなかったなあ〜
期待していただけに残念。









c0122670_11373890.jpg

しかし、リンゴは本当に美味しかったです!!
ありがとうございました。






c0122670_11373953.jpg

この辺りは蒟蒻芋の名産地でもあるらしい。

収穫時期とも重なってて近所の畑では家族総出で作業中だった。



c0122670_11374138.jpg






c0122670_11374317.jpg

紅葉が綺麗に見頃を迎えた道の駅でランチ。



c0122670_11374443.jpg

裏の畑の中にプチ見晴らし台があった。



c0122670_11374526.jpg





c0122670_11374641.jpg


ちょっと移動。


c0122670_11374762.jpg





c0122670_11374895.jpg

わざわざここまできてリンゴ狩りだけで帰るのは勿体無いので近くの豪華な遊具がある運動公園に寄って子供達を遊ばせて帰った。



c0122670_11374958.jpg






c0122670_11375125.jpg


結構 紅葉満喫できた。


by oyakata58 | 2014-11-23 23:36 | 旅行 | Comments(0)

柿暖簾(カキノレン)

本日も晴天なり。


秋の行楽日和三連休初日、嫁さんの仕事の都合で我が家は家でおとなしくしている。

ついでに私の腰が久々に悪化したので、病院に行ったり、掃除したり、家でのんびりしたり。



先週、実家から渋柿を大量に送ってもらったので夫婦でたくさん皮をむいて干し柿の仕込みを終えた。

c0122670_11422009.jpg







c0122670_11422017.jpg









c0122670_11422411.jpg






c0122670_11425872.jpg






c0122670_12474198.jpg
吊るしたのは全部で55~60個くらいですかね~

まだ剥いていないのが余っている・・・








c0122670_11422473.jpg



デッキに吊るすとちょっと隙間が多いので簾(すだれ)ほどではないが、柿でできた暖簾(のれん)のようである。


c0122670_13495541.jpg
今日みたいに天気の良い日はデッキの屋根になっている幌を畳んで直射日光にさらしてあげる。

表面が良く乾いて硬くなりかけたらモミモミしてほぐし、糖分や水分を均等に行きわたらせる。

太陽のパワーをたっぷり吸収して美味しい干し柿になって頂戴ね~



c0122670_13495536.jpg
















c0122670_11422488.jpg
コナツが小学校で作って来た樹木のネームプレート。

この木はコナツが生まれて一歳の誕生日の記念に植えた木だからちょうどよかったね~




c0122670_11422429.jpg
「とね りこ」 女の子の名前みたいでかわいい。








c0122670_11463903.jpg








c0122670_11463937.jpg







c0122670_11463931.jpg




宿題を終わらしたというので、ゲームに夢中の兄弟の図。











c0122670_16410115.jpg
近所の小学校は桜が咲いており、そういう品種なのでしょう。










c0122670_16410059.jpg
皇帝ダリア














c0122670_16410129.jpg










c0122670_16410078.jpg













c0122670_16410101.jpg








c0122670_16420671.jpg






c0122670_16420680.jpg






c0122670_16420620.jpg






c0122670_16420690.jpg
縄跳び猛特訓中





by oyakata58 | 2014-11-22 11:47 | 何気ない日常 | Comments(0)

コナツ七五三のお祝い

本日も晴天なり。


今日はコナツの最後七五三のお祝いの日。

我が家にとっても最後の七五三か。

c0122670_21333176.jpg

久々にメイクさんにばっちりキメてもらってます。









c0122670_21485399.jpg
前回の前撮りでは赤系の着物だったので今回は黒系で。

これも似合ってる~










c0122670_21353264.jpg
着付けが終わったら、埼玉から来てくれたおじいちゃんばあちゃんと一緒に

生まれた直後からお世話になっている八王子の神社へ。









大勢の七五三客でごった返す中、

これからの健やかなる成長をしっかりと祈祷してもらってきた。







c0122670_21362727.jpg










c0122670_21353258.jpg
おじいちゃんおばあちゃんの健康も祈って。










c0122670_21353203.jpg










願いがかなうといいね~





そのあとはお昼ご飯へ。


c0122670_21392235.jpg






お庭が綺麗なので、ご飯の前にしばし撮影タイム。




c0122670_21392201.jpg








c0122670_21392286.jpg









c0122670_21392298.jpg










c0122670_21392264.jpg











ご飯で汚すといけないから、ここでお色直ししておいた。

c0122670_21432314.jpg











c0122670_21402512.jpg










c0122670_21402568.jpg










c0122670_21402521.jpg


子供ランチセットの一部









c0122670_21402563.jpg

はーっ、着物は疲れたわ~

お昼ご飯がおいしいな~










c0122670_21402536.jpg


これって職人さんによって一枚の銅板からひたすらたたき出して作られた、最近テレビでよく見る高級急須「鎚起銅器」ですよね。



















c0122670_21423881.jpg











c0122670_21423851.jpg











c0122670_21423818.jpg








c0122670_21432320.jpg










c0122670_22214822.jpg











c0122670_21432877.jpg










c0122670_21432935.jpg




大変おいしゅうございました。









c0122670_21432901.jpg











c0122670_21443608.jpg










c0122670_21443640.jpg










c0122670_21443648.jpg










c0122670_21443669.jpg











c0122670_21451887.jpg


心配させられることもたくさんあるけど

これからも素直で明るく元気の良いコナツのままでいてくださいな。

そのちょうし、そのちょうし!













by oyakata58 | 2014-11-17 21:51 | 何気ない日常 | Comments(2)

近所の秋

音楽発表会の帰り道




c0122670_16373464.jpg









c0122670_16373372.jpg










c0122670_16373489.jpg










c0122670_16373498.jpg










c0122670_16373798.jpg









c0122670_16383004.jpg










c0122670_16383018.jpg










c0122670_16383066.jpg










いつもの公園で、以前、あるFテレビのドラマのロケが行われていたのだが、

たまたまチャンネルを換えていたら放送されていた。

出演はわたしと同い年のフジワラノリ○や、タチヒロ○や、カワイガモ○など。

c0122670_16403624.jpg



c0122670_16460530.jpg
同じ場所



c0122670_16373760.jpg

ロケの日程は町内会の理事にも事前に連絡があるらしい。。。

まあ、どうでもいいけど・・・




すっかり秋だな~

by oyakata58 | 2014-11-16 16:47 | 何気ない日常 | Comments(0)

音楽はっぴょう会の日

本日も晴天なり。




c0122670_16144510.jpg
すこぶる良い天気の日。

土曜日だけど小学校で全校生徒の学園別による音楽会が開かれるので観に行く。






せっかくなので写真でも撮りながらゆっくり登校。


c0122670_16144580.jpg











c0122670_16144591.jpg











c0122670_16144544.jpg










c0122670_16144659.jpg











c0122670_16144655.jpg




















c0122670_16164730.jpg









c0122670_16164798.jpg









c0122670_16251380.jpg











c0122670_16251371.jpg










c0122670_16255726.jpg













c0122670_16265546.jpg











c0122670_16251366.jpg









c0122670_16273326.jpg











c0122670_16164775.jpg
コナツのいる1年生の出番が回ってきた。

頑張れ~












c0122670_16164750.jpg
とっても楽しそうで良い笑顔。











c0122670_16164799.jpg
最初一人だけ体の揺らしが反対動きでこちらから必至でジェスチャーで指摘。

気づいたのかたまたまなのか、途中で修正することができてほっとした。


大勢の声のなかから時々、コナツの声を聴き分けることができたよ~







c0122670_16180500.jpg
鍵盤ハーモニカもなんどもなんども練習して上手に弾くことができるようになった!





c0122670_21510169.jpg
photo by 四軒隣のNさん
別角度からの素敵な写真ありがたいな~








c0122670_16180604.jpg
難しかった手話つきの合唱も上手に間違えることなく歌いこなせた!










c0122670_16180607.jpg
ちょっとみんなよりペースは遅いけど、頑張って成長しているな~ こなつ!

ママさんと担任先生にサポートの先生、協力してくれる友達たちのお陰だね~










c0122670_21510184.jpg
photo by 四軒隣のNさん
良く撮れていて嬉しいな~











c0122670_21510147.jpg
photo by 四軒隣のNさん






c0122670_16222222.jpg

コナツの学年無事終了!

入学後、最初の音楽発表会に大拍手! パチパチ パチパチ!!

みんな大勢の観客の中でよく頑張った!!!

先生もお疲れ様でした。






ここで30分間のインターバル休憩

c0122670_16234500.jpg







さまざまな楽器が大活躍。


c0122670_16234561.jpg










c0122670_16234536.jpg










c0122670_16234578.jpg











c0122670_16243099.jpg






c0122670_16243027.jpg







c0122670_16243069.jpg







c0122670_16243067.jpg







c0122670_16243102.jpg








終わった学年は外で遊んだりしていおります。

ちなみにプレで前日に通し発表会があって、すでにお互いに鑑賞済だそうなのだ。

c0122670_16251430.jpg




c0122670_16251417.jpg







c0122670_16251433.jpg









c0122670_16255700.jpg











c0122670_16315607.jpg









c0122670_16315666.jpg





さて、次はカイトさんの番でございます。

上手くいくかな。



c0122670_16315604.jpg
電子オルガンを弾いております。










次は木琴を
c0122670_21510144.jpg
photo by 四軒隣のNさん
今回も私より良く子供たちを撮ってくれてありがとう!!
(トリミングさせていただきました)







c0122670_16315644.jpg






c0122670_16315649.jpg
学年で一番大きな口を開けてはっきりと歌っていたのがとってもカッコよかったぞ!












最後のとりは6年生。

小学校最後の音楽会で琴や和太鼓まで入ってきて日本らしい内容で盛り上がって終わらせることができた。

お疲れ様。






c0122670_16340314.jpg










c0122670_16340322.jpg









待ち時間が1時間以上あったけど、写真を撮りながら時間をつぶして帰りの通学路で待ち伏せして一緒に帰宅。

c0122670_16422596.jpg






コナツの友達たちにいじられながら(私が)談笑しながらの下校道。

みんな音楽発表会の歌も演奏も良かったよ~。








c0122670_16340340.jpg

子供たちの純粋な歌声に演奏、そしてなにより着実な成長が見られて、とっても満足した音楽会であった。












帰ってからのご褒美はママさん特製紅玉のアップルパイで!
c0122670_22293154.jpg

美味かった~っ





by oyakata58 | 2014-11-15 16:37 | 何気ない日常 | Comments(0)
本日も晴天なり。


曇りだったか?


c0122670_22400766.jpg


嫁さんが、手作りリンゴとサツマイモのタルトを作ってくれた。




c0122670_22400794.jpg

上手にできているね~


c0122670_22400799.jpg
ほくほくしてて、サツマイモの甘さとリンゴの酸味がほどよく混ざって、素朴な味で美味しかったです。

ご馳走さんでした。







ここ数週間、キャンプの収納用棚としてワインの木箱か、りんごの木箱が無料(~500円/個)で手に入らないか物色中。

物流で商品を痛めないために利用され、利用が終わると多くは廃棄らしい。

オークションやらアマゾンやらでも意外と安く売られているのだが、いかんせん送料が無駄にかかる。

近所でもゴミもしくはリサイクル販売として扱っているお店はありそうな予感。

なかなかコネがないと手に入らないものなのかな~

こまめにワイン屋さんや八百屋さんにダメ元で聞いてみよう。

c0122670_22530122.jpg
リンゴの木箱(拾い物画像で失礼します)






c0122670_22525777.jpg
ワインの木箱(拾い物画像で失礼します)





案外スーパーとかで手に入ったりして。

情報求ム。




by oyakata58 | 2014-11-12 22:55 | 何気ない日常 | Comments(0)
本日も晴天なり。



W-1を物色中にとっても素敵な色のアウトドアジャケットを発見。

まずは色で惹きつけられ、ブランドを見て、ロゴは知っているものの、読み方が分からぬ…

試着して、シルエットに非常に気に入り、素材感も最高でストレッチ性も高い。これいいな~

値段を見て驚き、これはちょっと衝動買いは無理だわ。。。。

と、いったんあきらめピローだけ買って帰宅。




家に帰っていろいろ調べるも、ますます気になるこのジャケット。

値引きしているお店がほとんどない・・・





最近新しいジャケット買っていないな~

いつもライトグリーンのばかりだし・・・


カリマーのKブルーのジャケットかマムートのブルーのジャケットをそのうちネットオークションか何処かのバーゲンで安くなったら買おう!と思っていたのだが

それらのブルーよりもはるかに綺麗なブルーの色味が気に入って、他が霞む。

ちょっとだけ値下げしていたネットのお店を発見しロックオン。


3色4サイズあって狙った色とサイズが在庫少となっていてそれ以外は完売しているらしい。


c0122670_22244498.jpg
とりあえず気分だけでもと買い物かごに入れてみたりして、他の気になった商品の詳細に入ってみたり、また戻ってみたり、

買い物かごに1個入れなおしてと、もうブラックやグレーは売り切れかあ~ でも俺がほしいのはリップタイドというブルーだから関係ないけど!


人気がある商品なのだな~



試しにブルーのMサイズの在庫がまだあることは間違いないことを確認し、試しに購入手続きへをクリックしてみると・・・・

「在庫は最後の1個のため、お客様のご希望数量にはお応えできません」と・・・・

ああ、間違えて買い物かごに2個入っていたことになっていた。


ええ!? ってことは最後の1個??

これは運命か?


どーしよう この瞬間にも売り切れになってしまうかも…


えいっ ポチっ






嫁さんには事後報告で、冬のボーナスの前借りということで。





c0122670_23133467.png
アークテリクスというブランドらしい。

1989年カナダ生まれのブランド。人類が知る地球最古の鳥類といわれる始祖鳥の学名にちなんだ名前らしい。





実物は写真よりももうちょっとグリーンが混ざったような深くも鮮やかな色であるが、本当にお気に入り。
※どの写真も実物とはちょっと違う色味に撮れております


色の名前になっているリップタイド(riptide)とは、
「岸から沖に向かって流れる激しい海面の流れ」らしい。
昔、ハワイのハナウマ湾のリップタイドに連れて行かれかけたのを思い出す。

他にも「心的葛藤」という意味があるそうな・・・
買うか買わぬか、買ってよいモノか、買わずして後悔しないか・・・・
まさに心的葛藤と戦った。

わざわざブルーだけRiptideなんてしゃれた名前を付けているということはこれがコンセプトカラーだったのだろうな。
ステップワゴンで言う「アオゾラブルー」みたいな。



細かいデザインも素晴らしい。

c0122670_23143590.jpg




2日後・・・

早くも納品完了!!
c0122670_23170930.jpg





c0122670_23170990.jpg






c0122670_23170293.jpg
チャイナ製のところは仕方ないが、縫製もストレッチ性も素晴らしい。


KAVUのひさし付きの帽子をかぶったままフードがかぶれるように大き目のサイズのフードが付いている。
ありがたや。


これ以上道具は増やしたく無いが、新しい服を着て遊びに行ける喜び。

日常に注がれた小さな喜びと、その喜びが与えてくれる影響でもたらされる付加価値は価格以上かも。




新しい服を着て早くどこか遊びに行きたいな~












by oyakata58 | 2014-11-11 23:29 | キャンプ道具 | Comments(0)
本日も晴天なり。


先々週末はROUND1だったので、先週末はWILD-1へ。

一人でどっぷり1時間半の物色ツアー。


見てるだけのつもりが、気になるものを多々発見。

モンベルブランドのヘリノックスチェアとか
c0122670_23581720.jpg
これは売れなさそう。












サーマレストのコットの現物
c0122670_23592954.jpg

マットの素材感と張り具合がとても素晴らしい。さすがサーマレスト。








UNIFLAMEの新作チェアとか
c0122670_00014436.jpg
これも細長く畳めて収納性も良さそうだし、座り心地も凄く良かった!!
もうちょっとロゴが小さ目の方が品があってかっこいいんですけど・・・・
そうなってたらガダバウトを諦めて買ってたな。

などなど。

UNIのカタログをもらったけど、新作ぞくぞく!アイテムがすごく充実してきていたワクワク!!。
頑張れUNIFLAME!
ホームページに行ったら、不具合と入荷遅延の影響で発売延期のアイテムがゾクゾク・・・・
負けるなUNIFLAME!






物色に戻る。



そのうちの一つに、キャンプ用の枕(ピロー)


普段のキャンプでは今ひとつ寝心地の悪いコールマンの枕を使ったり、ある時はタオルや着替えなどを畳んでマットの下に入れて使ったり、

ある時は家から普段使っている必殺快適「マイ枕」をわざわざキャンプ場に持って行って使おうとして車に積んでいたら、走行中、子供たちに「パパの枕が臭い!!!」と一斉非難を受けたり・・・

カヤックの時はライフジャケットを敷いて枕にしてみたり(意外と悪くない)

いろんなことを試したのだが、これだ!という誰もが快適な枕には出会えずじまい。



ある時ネットで知らべものをしていたら偶然見つけたキャンプ用枕のラインナップ。

愛してやまないTHERMAREST(サーマレスト)さんも枕を出しているではないですか!


先日のW-1でいろんなものをくまなく物色していたら、目に飛び込んできた枕コーナーに飾られていたサーマレストの枕


他にもISUKAとNEMOがぶら下がっていた。NEMOは価格が高すぎて圏外へ。


柔らかさはサーマレストの方がかなり好みな感じ。
収納状態はイスカの方がスッキリまとまる上、滑り止めポッチも付いていて使いやすいかもしれない。


ニトリみたいに寝転んで体験できるコーナーがあれば良いが・・そんなものはなく。



どうしよう。店員に聞いてみようか・・・


「えー、お客サーマレスト、どっちがイスカね~、最後は好みですからね~」なんて言われるに決まっている・・・。






嫁さんの枕も必要だろうということと、実勢に使って比較してみたい!ということで、とりあえず両方とも買ってみた。

c0122670_23312433.jpg
上がサーマレストで、下がイスカ



c0122670_23312480.jpg
2600円 Made in USAなところがとっても惹かれる。
ブランドが生まれた土地で生産っていうのがストーリー的にもっとも美しいね。


c0122670_23312428.jpg







c0122670_23312488.jpg
こちらは1800円 中国製




まずはイスカから

c0122670_23312459.jpg









c0122670_23312441.jpg


こちらはタイトなビニールの袋に入っている。




c0122670_23362568.jpg

ご丁寧にリペアキット付き。

空気注入方式なので穴が開くと機能しないのだ。

バルブを緩めて自動回復している間にサーマレストへ。






こちらはポケット状のカバーから引きだすだけ。簡単。

c0122670_23375405.jpg






c0122670_23362588.jpg







c0122670_23362533.jpg

素材はフリースかな?

中にはスリーピングマットの中の素材が細かく粉砕されて詰められているような感触。
間違いない。





c0122670_23362522.jpg

背面



ゴロンと床に寝て頭に敷いてみたが非常に心地よい感触だった。

これは快眠が期待できそう。



一方のイスカ

c0122670_23362566.jpg

自力回復が遅いので口をつけてふくらます。

水蒸気が入るのであまり良いことではないのだろうが、仕方がない。

ここまでふくらますと逆に反発が強すぎて快適ではなかった。

バルブを緩めて空気を少し抜いた。

c0122670_23375446.jpg

背面の滑り止め。

これがあるのは気が利いていて有り難い。

ちょっとの斜面なんかに寝ると、あっという間に滑ってどこかに行ってしまうからな~



イスカの枕自体の寝心地はというと、表面を覆う素材の繊維と頭や髪の毛が擦れる音がうるさい感じ。

枕カバーで包めってか??








収納状態に戻してみる
c0122670_23375469.jpg

イスカは空気を抜くのに若干の手間がかかるものの、袋には意外とすんなり入ってくれた。

サーマレストは無理やりポケットに突っ込む感じ。縫製が甘いと裂けそうな感じだが、大丈夫だろう。



コンパクトさはイスカが勝利だが、ここはサイズよりもまずは機能重視!

柔らかさ加減も、後頭部に伝わる快適さもサーマレストの方が圧倒的に自分の好み。

第一印象はサーマレストの勝ちかな・・・

平地で使う分には滑ることもないだろう。



どっちの枕が快適に眠れるのか、考えれば考えるほど寝られない夜が続く・・・

そんなことにならないように・・・


今度実践で使ってみたらまた報告します!








by oyakata58 | 2014-11-10 23:53 | キャンプ道具 | Comments(4)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58