本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

本日も晴天なり。




照り返しのまぶしい朝。


コナツが学校で作った手作りカイト(凧)をいつもの公園に飛ばしに行きたいというので、仲良しのお友達も誘って行った。

c0122670_23532011.jpg

ほぼ誰もいない広い公園。

白い雪に包まれていて新鮮な景色。

カイト(息子)は勉強をするからいい と言ってついてこない。





結構いい感じの風が吹いていて、思った以上に元気に凧が飛ぶ。
c0122670_23532087.jpg







c0122670_23532083.jpg


とてもいい風だったので羨ましくなって、わたしも自転車で家までカイト(凧)を取りに帰ってきた。

カイト(息子)はDSをやっていた。






車で公園に戻った。

誰に手伝ってもらうわけでもなく、簡単に空へと揚って行った。
c0122670_23532006.jpg
おそらく250mはあろうかと思われるリールの凧糸が、みるみる内にに全部放出された。




こりゃ巻くのが大変だ。


10分ほど経ったころ、そろそろ手が疲れてきたので満足して、一生懸命巻き戻していた時・・・・



カイト(凧)が徐々に低空に。




公園を取り囲む林に近づいてきたので、ヤバいなあ。

でもおそらく150m弱まで巻いたからもう林には届かないだろうと余裕でいたら、

なんと、思ったより距離感がずれていて、カイトは丁度林の上まで伸びていたようで、林の木の枝に引っかかってしまった。

c0122670_00092306.jpg









c0122670_23532077.jpg
じつは以前も同じようなことが起きて、その時は引っ張ったら外れて事なきを得たので、今回も大丈夫だろうと思っていたら・・・

まったくもって外れない。

何度も引っ張っているうちに糸が切れてしまった・・・・



c0122670_23531954.jpg

ひえええええ

まずい。

どうしよ~

超お気に入りのカイト(凧)だったのに。



木も高すぎて、しかも下半分には枝が無い木だったので登れない。

木を切り倒すか?とも思ったけど、かなり太いし怒られる。


最悪、カイト(凧)は諦めたとしても、景観をこわしてしまうな~
自分に責任があるので申し訳ない。



本当にどうすることもできない。

糸は切れて本体からはほとんどでていないので、枝に絡みつくことは無さそう。

きっと北風が南風に換わればおそらく飛んで落ちてくるだろう。


そのころには劣化でボロボロになっているかもしれないけど・・・

せっかく中国から友人にハンドキャリーで運んでもらった大切なカイト(凧)だったのに残念だし申し訳ないな~







c0122670_23532088.jpg
凧揚げをやめて雪だるま造りに変更。



「雪だるまつくろ~♫」


c0122670_00092459.jpg





c0122670_00092428.jpg







c0122670_00092443.jpg








かなーり北風も強かったし、お昼になったので一旦撤収。










c0122670_00092025.jpg
駐車場のアオゾラ号の隣に「ヒダマリアイボリー・パール号」が。

同じ世代で「アオゾラブルー・メタリック」とは別コンセプトの特別カラーのステップワゴン。

初めて並んだ。







夕方、もう一度カイト(凧)が引っかかった林を見てみるも、まだ引っかかったままだった。

暫く無理そうだ。


管理人さんに報告して、もし落ちてたら拾ってもらおう。

(不在だったのでいまだ連絡できず)









夕焼けの照り返しがちょっと綺麗だったので別の公園の展望台へ。
c0122670_00162783.jpg
カメラを持った人がたくさん来ていた。











c0122670_00162753.jpg

早くカイト(凧)が回収できますように。




by oyakata58 | 2015-01-31 23:20 | 何気ない日常 | Comments(0)
本日は雪天なり。


嫁さんが翌日車を運転する必要があるというので、昨夜、雪が降る前に遅ればせながら冬タイヤを装着した。




八王子の降り始めはお昼からなんて予報だったが、それは外れて朝起きたらすでに薄ら銀世界。


c0122670_23194819.jpg







c0122670_23194814.jpg
通勤路の風景。








c0122670_23212021.jpg
どこの田舎道だこりゃ??といわれるほどの獣道を歩いて(近道して)通勤しておりますが何か・・・?






c0122670_23194861.jpg
タイヤの跡が後から降る雪に隠されてグラデーションが美しい。

地面に置かれたレースのカーテンのようだなあ。






c0122670_23194849.jpg







c0122670_23194858.jpg
つららが・・・

というのは嘘で、コンクリートからにじみ出た石灰分が鍾乳石のようになった状態。










c0122670_23194843.jpg












c0122670_23244929.jpg
お昼すぎには雪は雨に変った。









帰りの電車内でみかけた中吊りの広告があまりにも美味そうだったので我慢できず、早速駅のコンビニで買って帰った。


c0122670_23245085.jpg






c0122670_23261277.jpg
良く冷えていて、柑橘の味がしっかりしていて、とてもジューシーで飲みごたえがあり美味しかった!



外を見てみると、まだまだ雪が地面を覆っている。

でも明日は週末。

少しも寒くないわ~






by oyakata58 | 2015-01-30 23:28 | 何気ない日常 | Comments(0)

カイト10歳の誕生日

本日も晴天なり。

今日は息子カイトの誕生日。
丁度10周年。


c0122670_23553162.jpg




c0122670_23551679.jpg


ママさんの栄養いっぱいで美味しい料理を食べて、大した病気もせずすくすく成長し大きくなってこられた。

c0122670_23551910.jpg

誕生日は母親に感謝する日でもある。

照れ臭そうに産んでくれたママさんに「ありがとう」と言っていた。



c0122670_23552026.jpg


こっちが思うように育ってくれないのは仕方がない。

親子とはいえ、別の人格を持った生活共同体でしかないのだから。

我々もパパ&ママの資格を取得して10周年。まだまだ未熟。常時格闘中。



c0122670_23552099.jpg


でもだんだん生意気になっていくのは成長の証。

しかも妹より厳しめに育てているからね。



c0122670_23552147.jpg






c0122670_23552193.jpg






c0122670_23552495.jpg

なんだかんだで兄弟とても仲良しなのが嬉しい。



c0122670_2355258.jpg


休日の遊び相手が父親ではなく、友達の方を優先し始めた。
ちょっと寂しいがそれで良し。



c0122670_2355275.jpg


いっぱい遊んで、いっぱい食べて、程々に勉強して、たくさん栄養と教養を吸収して、ココロとカラダの基礎を作る時。



c0122670_23553025.jpg


今のうちに体験させてあげたい事はなんでも挑戦させてあげるので、その中でなるべくたくさん感動してほしいなあ。



徐々に徐々に幸せ体質を身につけられるようサポートをして行こう。

20歳になった時にはそれを実感できるように目標を置いて。
自分が親からそうしてもらったように。



とりあえず、10歳の誕生日おめでとう。
by oyakata58 | 2015-01-29 23:07 | 何気ない日常 | Comments(2)
本日も晴天なり。


前日に続き、今日もMTB。


今日は最初から尻が痛いな~。


でもシフトチェンジを昨日修理してもらったお陰で楽ちん。






みなみ野を一気に抜けて七国峠のある山に入り、林道を走る。

c0122670_22324320.jpg

狸や猪に出会わないかな〜

実際に目撃されているらしい。

これでも東京なのだ。



c0122670_22324349.jpg





c0122670_22324306.jpg
地面が落ち葉でふかふかなので、写真撮りながら運転は危ないわ。

まだ通ったことのない道をずんずん走って行くと想像しなかった知ってる道に突如合流する瞬間が好き。

「あれ、ここ見たことあるな〜

えーーーっと」


イメージと現実の景色が重なった瞬間の喜び!

あは体験。





相原の乗馬クラブの横に出た。


出た瞬間、ハイカーが歩いてて、同じ職場の人だったけど、帽子にサングラスに耳当てにネックウォーマーの私に気づくはずもなく、一瞬目が合ったけど通り過ぎていった。

私も脅かすまいと、そっとしておいた。



東京造形大の駐車場が一杯になっていたので、疑問に思い、整理員をしていた女子学生さんに「何か開放行事でもやっているの?」
と聞いたら「卒業制作展を開催してます」と。

観たいな〜という気持ちを抑えつつ、

今日は明るいうちにもっと自転車で走るのだ!
と思い直し、振り切った。

ちょっと後悔。





c0122670_22344544.jpg

有名な珈琲屋さん。
一杯のカフェがかなり高額だった記憶がある。

でもまた入ってみたいな〜





車でよく使う抜け道に入る。

春の気配がする木を発見。

c0122670_22324331.jpg
立ち止まって梅の木のつぼみを写真に撮っていたら、ロードバイクの人が通りすがりに「もうちょっと行った先に咲いてる花があったよ!」と教えてくれた。

「えっ、そうなんですか?、情報ありがとうございます!」


どれどれ




c0122670_22365207.jpg



その木は「絹の道資料館」の駐車場の隅っこにあった。


c0122670_22365291.jpg





c0122670_22380995.jpg

本当だ!すごいなー

ここだけ春が来ているようだ。

これ、東京でもトップクラスの早咲きじゃないの??





c0122670_22324375.jpg
ロードのおじちゃん、教えてくれてありがとう。

知らなきゃ手前で折り返すところだったよ。








c0122670_22365261.jpg









c0122670_22365259.jpg





で、最初に予定していた、その手前の折り返し地点に戻って別れ道を山側に入って「絹の道」へ。

c0122670_22405380.jpg








c0122670_22405366.jpg









c0122670_22405409.jpg
ゴミ捨て禁止の看板がしつこいのがちょっと残念。




江戸時代くらいには物流の大動脈として多くの人が歩いていたんだろう。

そんな様子を想像しながら
まあまあ急な坂を一生懸命漕いで上がる。

途中ですれ違ったのはクロカン練習していた学生さんらしき青年一人っきり。

ひっそりとしていてちょっと怖い道。




c0122670_22405499.jpg
なぞの小屋 ネバーランドも

人影がなく放置されてるような…







c0122670_22405490.jpg












c0122670_22405429.jpg
八王子が見渡せる。











c0122670_22430616.jpg

長い登り階段を使って足腰のトレーニングをしているご老人がいた。




この周辺は半端ない多くの種類の野鳥の鳴き声が聞こえてくる森だった。

すごく騒がしいくらい、聞きなれない鳴き声が聞こえてきた。





c0122670_22430628.jpg
ここはおそらく狸の寝床だろうなあ。










頂上のお堂跡がある公園を散策。


c0122670_22430785.jpg
前にもこのBlogに書いたことがあるけど、ここは東京心霊スポット30選で筆頭トップに出てくるところである。

一人で散歩するのは怖いなあ~



上の絵のように立派な建物があったらしく、その当時を感じさせるような地形は維持されてたので見て回った。

c0122670_22494289.jpg

誰もいないなあ~とおもったら静かなお年寄りが来ていた。

話かけようか迷ったが、やめておいた。



首が折られたお地蔵さんがあって、修理されていた。







c0122670_22430748.jpg
立派なスダジイの木が見守っている。

事件があった時も上から見ていたのかな~









c0122670_22475524.jpg
北野台の住宅街を走りながら下界に戻って来た。

ふーっ


平和が何より。

c0122670_22494659.jpg







c0122670_22494404.jpg


今日はなんだかんだで15km走った。

やっぱり足腰を使いながらエクササイズもでき、しかもいろんな景色が楽しめて、それでいてそんなに疲れない自転車最高!



次はどこにを走ろうかな〜カイトと一緒に行きたいなか










by oyakata58 | 2015-01-25 22:29 | 自転車 | Comments(0)

八王子ポタリング①

本日も晴天なり。



数年ぶりの自転車ネタ。


久々に自転車をタワーから降ろして日の光をあてる。

c0122670_06381037.jpg
良いデザインだ。









c0122670_06381050.jpg
このシリーズはもう廃盤になって10年近く経つだろうか。








c0122670_06381036.jpg





c0122670_06381042.jpg
KLEIN(クライン)というブランド自体はTREKに買収されても細々と残っているらしいが、当時のらしさはもう無い。このマントラコンプの特徴であったファットチューブも過去の遺産でしかない。







c0122670_06381076.jpg
このMADE IN USAというステッカーが重要なんだよ。

オールドKLEINを証明するもの。







タオルで埃を綺麗にしてあげて、タイヤの空気を満タンにして久々に乗ってみた。

あれ?ギアが半分ほどしか変えられない。。。


それでも気持ち良かったので近所を走りに出発。

風を切る感覚が懐かしい。

普段使わない足の筋肉を使っている。



どんどん遠くへ向けて漕いだ。

ついでにめじろ台でホンダのディーラーに寄り、車検前点検の申し込みをする。

担当セールスさんと自転車ネタで立ち話してから椚田町周辺の知らない裏路地を走りまくった。

c0122670_06380913.jpg
こんなところにこんな町があったんだな~





c0122670_22550582.jpg

知らない町のなるべく細い道を選んで探検気分で走る。

行き止まりにある歩行者専用の階段を担いで降りる。

懐かしい感覚が蘇る。



最後に八王子の中心街を走り、お気に入りのラーメン屋で昼食休憩。

自転車は席から見えるところに係留した。




c0122670_08234987.jpg
今、ちょっとマイブームな海老味噌ラーメン。

超濃厚でかなり海老の風味が効いていて味噌と混ざって美味い!

麺や 樽座


スマホのアプリで確認したら、なんだかんだで20km走った。



おしりがかなり痛くなったが、サイクリングは良いもんだ。



また走りたくなるように、帰りに自転車屋に寄って、壊れかけていたギアチェンジ用のワイヤーを交換してもらって、変速機の調整をしてもらった。

明日も走ろう。




by oyakata58 | 2015-01-24 23:36 | 自転車 | Comments(0)

危険!SPカタログに注意

本日も晴天なり。


昨夜、家に帰ったら分厚い私宛の郵便物が

何かと思ったらスノピのカタログ。

今回は全会員宛に送られてるとか。

上級者会員は1ヶ月以上早く配布されたらしい

c0122670_215048.jpg

おお、なんだか凄くかっこいいな〜

カタログというより、季刊誌レベルの高価なアウトドア雑誌のよう。
裏表紙に定価1000円(税別)と書いてある。

カタログというよりブランドコンセプトブック。

文章もメッセージも素晴らしいし
一枚一枚の写真のクウォリティーもうっとりするようなレベルである。
ロケ地に見覚えある景色が沢山。
五光牧場やら、ふもとっぱらやらツボをおさえている


会員登録だけしてほとんど商品を買っていない人を含めた全会員に配達するなんて凄い!
カンブリア宮殿やら朝日新聞やら最近露出の多い社長の畳み掛けるイケイケドンドン作戦のトドメの一撃なのだろう。





道具もキャンプサイトで大活躍する良い道具なのは間違いない。持ってりゃ仲間からありがたがられるアイテムも満載。



がしかし!

車の積み込み、車から取り出し、遊びが終わって車への積み込み、車から倉庫への収納、それらの快適さも含めて「快適な」使い勝手だと思うのだが、スノピのモノづくりはそこをちょっと蔑(ないがし)ろにしてるのではないの?と突っ込みたくなるほど重いし辛い。焚き火台Lを運ぶたびに腰を痛めそうになる私。
(あくまで個人の意見であり、それなりの価値があるから重くてもへっちゃら〜という人もいますから)



シーズンや場所にもよるがキャンプ場に行ったらテントサイトの風景は今やコールマンに迫るシェアを持ち、逆に無個性化してる気がするし…(個性がテント選びの本質ではないけれどね)
どれも高価なテントなのにみんな凄いなあ。
といいつつ、珍しい新作テントをサイトで見かけたら「すげーっ」って言いながら近づいて観察しちゃうけど。
でもこの結果はスノピの戦略がとても上手く行ってる証拠。



そんな状況を見ると、そこそこ良いものを造りつつ、なんだか今一つ垢抜けず戦略の甘い燕三条の関脇企業「ユニフレーム」を応援したくなってしまう。


それは、むしろ金が出せない者(私)の僻(ひが)みか、負け惜しみか…




スノピカタログは底なし沼への入り口。
読み込みには気をつけましょうね。カタログの狙いは洗脳ですから。
(※ あくまで個人の意見であります)

道具よりまず大事なのは一緒に時を過ごしたく思える、愛すべき仲間ですから!!


それにしてもヘキサエヴォのタープのデザインかっこいいなー

いかんいかん

by oyakata58 | 2015-01-23 20:25 | キャンプ道具 | Comments(4)

どんど焼き初体験

本日も晴天なり。



四軒隣のNさんから、週末に八王子市の夕焼け小焼けの里公園でどんど焼きが行われるから一緒に行かない?と誘っていただいたので、2家族で行ってみた。



我が家から3,40分のところで、あの夕焼け小焼け~の赤とんぼ~の童謡の作詞家が生まれた村落にある。



c0122670_01341368.jpg
入り口ふきんの駐車場がいっぱいで第3駐車場に停めて、現地までちょっと裏道を歩いた。

日陰の霜がとてもきれいで、よく冷えていた。









c0122670_01341343.jpg










c0122670_01341386.jpg









c0122670_01341392.jpg








路地に置いてあったバケツに刺さったホースを引っ張ってみると・・・・

c0122670_01341314.jpg

綺麗な氷バケツになっていた。









のんびり歩いていると、今から点火式を行います!というアナウンスが聞こえてきたので入場料を払い、慌てて走ってどんど焼き会場に行ってみる。

c0122670_01364605.jpg
2000年からここで行われ始めて今年で14回目だとか。

近所でどんど焼きが行われない地域とか、お札やしめ縄を出しそびれた人が集まる。








c0122670_01362977.jpg
竹などでできた15mもあるという「セエノカミ」と呼ばれる高いタワーが立っていて、その麓には正月のお飾り、達磨、書初めなどが納められていた。

これを燃やしてもらうために来たんだけどね。

本当に日本人らしい年始の風物詩だ。初めて間近で見たけど。





c0122670_01362911.jpg
着火に間に合った。















c0122670_01362936.jpg
あっといまに燃え上っていく。


このまま燃やすと半端ない火柱になって、夕焼け小焼けどころか、大焼け山火事の大惨事になってしまうらしく、倒します!との放送があってすぐに倒していた。

その時の土煙も凄かった。動画で撮ったけど、


c0122670_01362971.jpg







c0122670_01362946.jpg
まゆ玉を焼くイベントが始まるのを待っている人たち。







c0122670_01403632.jpg
お飾りやシメナワは現地で受け取ってくれて、火に入れてくれる。










c0122670_01403620.jpg








c0122670_01403610.jpg

まゆ玉と呼ばれる団子?おもち?を長い竹串に刺して、あの火で自分で焼いてから食べる。

そうやって今年の無病息災を祈祷するのだ。風邪をひかなくなるとの効果もあるとか。

今日の寒さでこれに参加して風邪ひく人もでそうだが・・・







こんなに火が燃え上がるシーンなんてめったに見られないレベルだった。

周りは灰が凄い。

緊急事態に備えて消防車や消防署員も大勢待機。
c0122670_01424962.jpg












c0122670_01424916.jpg




ちょっとやそっと待ってもなかなか順番が回ってこなさそうなので、

大混雑を避けて一旦撤収。

というか、施設の中の別の遊び場へ移動。


c0122670_01452014.jpg
おおきな温室のような施設で、まったりと過ごす。






c0122670_01452093.jpg
スタンプラリーのスタンプを求めて楽しそうに走り回る子供たち。






前田真三さんの写真ギャラリーがあって、あまりの美しい風景写真にうっとりしたりしながら、1時間ほど時間をつぶしてから、またどんど焼きに戻ってみた。




c0122670_01403636.jpg

そろそろ人が減ったかな~










c0122670_01444399.jpg

まだまだ人が多いな~







c0122670_01444383.jpg
スタッフのみなさん、お疲れ様です。

600個のまゆ玉が準備されていたようだが、最後の数十個のぎりぎりだった。






c0122670_01444349.jpg
暫く待っている間に人もほとんど去って、火も丁度良いおき火になっていて、煤(すす)が付かないし、焦げにくいしでいい感じ。

っていうか、早い段階で焼いていた人たちは炎と飛び舞う灰と他人と格闘しながら相当熱い中で表面だけが焦げたまゆ玉を食べていたのではないか???

人数制限しながらローテーションで上手にやっていたようではあるが。



結果的に丁度良いタイミングで楽しめたかも。



c0122670_01444328.jpg



焚火のような、釣り堀のような、マシュマロ焼きを作っているような・・・・

不思議な光景。


c0122670_01444336.jpg
醤油や味噌でもつけて食べたいところではあったが、

これはこれで素材の味が良くわかって良い感じ。










c0122670_01442062.jpg








c0122670_01530518.jpg











c0122670_01530534.jpg













c0122670_01530558.jpg






帰り際の駐車場で非常に面白い光景が。。。。

c0122670_01551473.jpg
なんと真ん中の一台をのぞいてステップワゴン4世代すべてがそろい踏み。

奥から初代、3代目、一台飛ばして、2代目、4代目。

これはなんとも奇遇だ。

真ん中の車、空気読めよ!!





お昼ご飯をみんなで食べて、夕方にはいつもの公園で凧揚げをした。





残念ながらダイヤモンド富士のタイミングは数日前だったようで過ぎていた。
c0122670_01551471.jpg






日本の伝統の一端に触れたちょっと貴重な楽しい一日であった。




by oyakata58 | 2015-01-18 20:20 | 何気ない日常 | Comments(0)

寒い日の温かなできごと

本日も晴天なり。



嫁さんが仕事で、私は子守の日。

丁度会社の正月イベントが社屋と社庭で行われるというので、せっかくなので参加してきた。





子供が楽しめるイベントを中心とした構成になっているので、家族連れがほとんど。

というか、全部。



c0122670_01113071.jpg
会社の食堂で太鼓を聞いたり、おもちをついたり、

c0122670_01113001.jpg
達磨落としをしたり


c0122670_01113070.jpg



c0122670_01113030.jpg

残念。
これ、本番前のコソ連。

達磨落としのチーム戦があり、ちなみにカイトとコナツのいたチームはぶっちぎりで優勝した。
カイトもコナツも大活躍!









c0122670_01113040.jpg







c0122670_01113029.jpg
めちゃ美味しかったです。










コナツの行動を客観的にしばらく観察していて驚くことがいくつか。


年の近そうな面識の一切ない女の子のグループ3人ほどが、鬼ごっこをしようとして集まっているところを見かけたコナツは、着ていた上着をするっとぬぐや、私に「これ持ってて」と渡し、

すたすたすた・・・と近づいて行って、「私も仲間に入れてくれない?」

と積極的に声をかけて行った。



するとその子供たちはちょっとあっけにとられたような感じだったが、コナツを受け入れてすぐに鬼を決めるルールを説明してくれたり、鬼を選んだりとはじまってコナツも含めて広い場内に散って行った。




結局その中で同じ一年生の女の子と仲良くなって、いろいろなイベントを一緒に参加するまでになって、それはとっても楽しそうに過ごしていた。



c0122670_01113072.jpg

身長も同じくらい。
市民プールのアクアブルーのウォータースライダーにギリギリ乗れなくて泣いた話がお互いにシンクロしていておもしろかった。


c0122670_01184283.jpg






c0122670_01184644.jpg
やるなあコナツ。

子供たちってちゃんと挨拶して積極的に入っていけばすぐに友達になれるのね。

でも誰でもできることではないのだよね。

まあそれは大人だって言えることかもしれないけど、雰囲気などいろいろ気を遣っちゃったりねえ。






仲良くなったお友達はたまたま私の同期の娘さんだった。

父親同氏は同期といえどもそんなに接点がなかったのだけど、

コナツの力を利用させてもらってこれからも良い付き合いがうまれるように、

そのうちその家族と何か遊びの企画しようかな。




c0122670_01184679.jpg






c0122670_01184628.jpg



結局外のイベントでも仲良く一緒に遊んでいたよ。

カイトもそれにあやかって仲間に入れてもらってたけど。





c0122670_01184654.jpg






c0122670_01265040.jpg




時間いっぱいまで一緒に他の子供たちも、そのパパさんまでも巻き込みながら走り回っていた。


雪のちらつくこともあった寒い冬の昼間だったけど、

ほっこり温かな気持ちになる、娘の嬉しい成長を見た一日だった。



by oyakata58 | 2015-01-17 23:09 | 何気ない日常 | Comments(0)
本日も晴天なり。


外房に遊びに行く朝、インターチェンジのぎりぎり手前でガソリンを満タンにした。


宿以外行き先も決まっておらず、時間にも拘束されていないので、のんびり安全に走ることを優先。

高速道路の流れに乗ってから「ステップワゴンRKの燃費がどこまで伸びるのか挑戦してみよう!」

と思い付き、アクセルやブレーキを超ソフトタッチで回転数を上げずに丁寧に走ってみた。


ちなみに普段は街乗りで9km/L
高速道路で12km/L 前後
常時エコモードONではあるけど普段乗り方は特に気をつけていない。



<気を付けたこと>

・アクセルはなるべく踏まず、エンジンの回転数は1500回転を超えないように我慢


・フットブレーキはほとんど使わない(車間距離を十分にとり、減速が必要な時はエンジンブレーキ)

・高速道路なので80km/h以下にはしない(ほぼ常時90km/hだった)。


-条件ー
エコモードON
常時エアコン使用
外気温5度前後
家族四人と一泊分の荷物(推定合計150kg)
燃費数値はインパネのデジタルデータ


高速道路の走行車線に合流してから燃費アタックを開始した。給油から流れに乗るまでは意識していなかったので加速でガソリンを消費しただろう。最初でちょっとロス。




中央道は八王子ICから新宿くらいまではほぼ平坦で、首都高に入ると複線と立体交差するために若干アップダウンが発生する。

最初は13km/Lほどだったのだが、徐々に上がって行き走行距離が40kmを過ぎたあたりでなんと19km/Lを記録。

これには驚いた。

丁寧に走れば結構行くもんだね~

c0122670_15413987.jpg




首都高のアップダウンを丁寧に走らせ、後ろにも迷惑にはならないレベルの速度で走りつづける。

アクアラインのトンネルに突入し、数キロの緩やか下だりが続く中、じわりじわりと数値が上がってって、トンネル底部の平地のストレートも惰性で進むと・・・

c0122670_15413930.jpg
出発して72.8km地点で19.9km/Lを記録。

あとちょっと粘れば20kmに達する!!


と思ったところでアクアラインのトンネル出口に向かう上り坂に入った。

残念・・・・

結局20km/Lまでには届かず、最高記録はここまで。

自分の最高記録は19.9km/Lとなった。


やるじゃんアオゾラ号!







せっかくなので一般道に降りても丁寧に運転し続ける。

c0122670_15413984.jpg

すると100kmの時点で19.0km/L






c0122670_15413902.jpg

200kmの地点で 16.4km/L



帰りは保土ヶ谷バイパスの終点横浜町田インター付近で断続渋滞に入り、16号では信号につかまる事が増えどんどん下がっていった。


c0122670_23093695.jpg
最終的に家に着いた時は15.0km/Lまで落ちたけど、2/3が一般道だと考えるとかなり頑張ったかも。

潜在能力は意外と高かった。

(本当はガソリン満タン法で計測しないと正しい数値は出ないのだが、今回はやっていない・・)



高速道路の本線を走る車の流れに乗る時にちょっとアクセルを踏んでしまったと思うが、

それが無かったら20km/Lに達した瞬間があっただろう。

春秋のエアコン未使時なら更に上が狙えたかも。

20km/Lオーバーの挑戦はまた次回のお楽しみ!


by oyakata58 | 2015-01-16 15:56 | ステップワゴンRK | Comments(0)

外房であそぼう④

もう内房



お昼ご飯に非常に満足したあと、このままアクアラインで都心を抜けて帰る。


というのはちょっと味気ないし、せっかく子供たちといるので東京湾フェリーに乗って三浦半島経由で帰ることに。

金谷と久里浜を結んでいる。

c0122670_23000690.jpg
フェリーに乗るなんて、2年前の小豆島以来だな~



車検証をもってチケット売り場に向かう。




c0122670_23000682.jpg









c0122670_23000612.jpg
アクアライン通ればほんの800円とかそのくらいなのだが、フェリーだと5000円超。

まあ、イベント性があって楽しいからいいけど。

アクアラインの渋滞や都心の渋滞に巻き込まれないから、その価値は大きい。


c0122670_23000772.jpg
嫁さんが気を利かせてスマホからインターネットで東京湾フェリーのサイトに行くと割引券のページが。

プリントアウトしなくても、その画面を受付で見せると10%オフになった。お得!

割引が効いてちょっと助かった。

スマホ大活躍。








c0122670_23000703.jpg
のりまーす。



3連休最終日だからか、フェリーはほぼ満車。

でも並んでいた車たちの中にフェリーに乗りそびれる車は無かった。




c0122670_23000798.jpg





c0122670_23000734.jpg








c0122670_23000613.jpg
おじさんがロープを離したら離岸である。









c0122670_23050025.jpg

約40分の船旅。

旅情があっていいね~





c0122670_23050093.jpg








c0122670_23050011.jpg






c0122670_23050018.jpg
富士山も良く見えている。




c0122670_23050062.jpg
さすが東京湾だけあって、船の往来が半端ない。

このまま進むとぶつかるんじゃない?

みたいなのがいっぱい走っていて、みんなひやひやしてみていた。

でもそんなの慣れっこのようで、みんなルールを守って上手にすれ違っている。




c0122670_23050071.jpg
入れ違いに進むもう一つの東京湾フェリーとすれ違う。






c0122670_23050080.jpg









c0122670_23050095.jpg








c0122670_23080904.jpg

















c0122670_23080915.jpg














c0122670_23080921.jpg
売店でかっぱえびせんを買うと、カモメの餌やりが楽しめる。







そんなことをしているうちにあっという間に到着。

c0122670_23080916.jpg

楽だな~

意外と楽しいな~





今日は成人式の日だったので、綺麗な着物を着た女性をたくさん道端で見つけた。
c0122670_23093646.jpg
おめでとうございます!






おれ、たぶん成人式参加してないな~




保土ヶ谷パイパスも渋滞が無く、まだ明るい時間に気持ちよく八王子に到着。

お疲れ様でした~
c0122670_23093694.jpg








c0122670_23093695.jpg
今回、335km走ったのだが、平均燃費を15.0km/リットルで走った。

アオゾラ号、結構頑張った。

実は最高燃費記録に挑戦してみたでのあるが、その話はまた後日。






おしまい。
















by oyakata58 | 2015-01-14 22:58 | 旅行 | Comments(0)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58