本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

車検前日

本日も晴天なり。


ステップワゴンを買ってから早くも丸3年が経とうとしており、明日は最初の車検の日。

車検前点検をディーラーでやってもらったら、「タイヤの溝が浅く、合格してもギリギリセーフのレベル」というので、いっそのこと交換することに。

走行距離は3万4千キロ程度。


いろいろとお店をリサーチして、ミニバン専用タイヤを比較的安く売っていたお店を足で稼いで発見した。4店舗ほど回ったかな。

ちょうど新製品が出たモデルの型落ちタイヤが処分値で売っていたのでラッキー。

c0122670_13525853.jpg


予定より安く手に入ったということもあり、検査でバッテリーとエアコンフィルターもかなり劣化していたことを指摘されていたので、ついでに交換してもらった。店員さんの強引過ぎない積極的な接客態度も良かったし。纏めて値引きもしてくれた。




c0122670_21523711.jpg
窓越しに撮った整備中のアオゾラ号






作業時間が1時間だというので、その間暇つぶしにネットサーフィン中。

そこで見かけた面白画像。

この服が何色に見える?というのがここ数日前から世間を騒がせているらしい。

c0122670_2152372.jpg


どっからどう見たって「ちょっと薄暗い場所で撮った白地にゴールドのラインが入った色」のドレスでしょ?

って思う以外にないのだが、

嫁さんに聞くと、「どう見ても青地にこげ茶にしか見えない」という。

ええ?? 白地だろう!!!?

同じ画面を共有しているのに、見え方が違う。

同じ写真なのに見る人によって違うって不思議だねえ。
あなたは何色に見えますか?



ちょっと時間をおいてから別の場所で見たら確かに青とこげ茶のストライプに見えたときがあったので、その時の目か脳の状態によって変化するのか?
むかし流行った携帯のシャッター音の「撮ったのかよ!」と「エーアイアイ」を思い出す。









作業完了。

寒風が吹く中、屋外で作業をされた店員さんに寒い中でお疲れ様でしたとねぎらいの声を掛けたら

「いえ、寒さは平気なんですが、スギ花粉が辛いっす!」とのこと。

「エアコンフィルターは花粉が飛ぶ前に交換しておいた方が正解ですよ」だって。

本当は花粉が飛び終わってから換えようと思っていたのだが・・・



帰り道。

タイヤを久々に換えると結構路面に対して硬い感じがしたのだが、それはミニバン専用のタイヤの特徴でもあるらしい。

新しいタイヤの感触は気持ち良い!


久々にエンジンルームが開いているのを見たら埃まみれだったので明日出る前にちょっと掃除をしてあげよっと。

by oyakata58 | 2015-02-28 21:50 | ステップワゴンRK | Comments(2)
就寝した3時間後の深夜2時半

パッチリと目が覚める。



草木も眠る丑三つ時

前回のキャンプの時は真っ暗で不気味で目を開けるのがこわいくらいだったのに、
灯油ランタンのほのかな灯りで照らされた洞窟の天井や、壁に映る自分の影が幻想的で美しい光景に見える。
小さな暖かい明りがあるだけでこんなにも安心感があるのは不思議。



昨夜たくさんお酒を飲んでいたのでトイレに起きるついでに、残っていた薪を火種がかろうじて残る焚火の跡に入れてトーチの火力と合わせて火をともした。まだみんなスヤスヤと寝ている中、益々洞窟内が明るく照らされて、パチパチと鳴る薪の音と共になんとも心地よい至福の時間を過ごす。



外は雨が降ってるようだが、ピチョンピチョンと雫が垂れる音がするものの、暗くて見えないのでよくわからず。

波音が雨音をかき消すのでザーザーという音も聞こえないし。

すぐ横にねているHIGE-Sさんのイビキの音もまったく気にならず。

さらに分厚い岩の屋根で包まれた安心感は半端ない。

視覚も聴覚も大自然に支配されてる感覚が心地よい。




ニイちゃんのコットが無いな~車に戻って寝たのかな?ってなんとなくランプの明かりで探していたら、大きな流木の影で地面に直接マットを敷いて寝袋で寝ていた。
ワイルド~

c0122670_21542656.jpg

そうはいっても少し寒いので再び寝袋に入るも、どんどん満ちてくる潮と、どんどん大きくなる波の音で余計に目が覚めてしまい、朝まで二度寝することもなかった。

興奮状態にあるキャンプでよくあることだ。










数時間後・・・・
c0122670_21542547.jpg
ようやく外が白み始める。

HIGE-Sさんも目を覚ました。









c0122670_21565197.jpg








c0122670_21564817.jpg
徐々にみんな起き始めた。


地べたで寝ているニイちゃんは一番熟睡している。





c0122670_21564533.jpg









c0122670_22011611.jpg








c0122670_22011640.jpg
朝ごはんの準備。








c0122670_22011694.jpg








c0122670_22011666.jpg

こんがりと美味しく焼けたホットサンド。

バウルー万歳!










c0122670_22011610.jpg






本日は曇天なり。


天気予報は一日雨だったが、どうやら今は止んでいるらしく、雨が降っていない間に荷物を撤収して車に移動。

でもしばらくここを離れるのももったいないので、シーグラスを拾ったり、捨てられていたゴミを回収したりして過ごした。

c0122670_22022859.jpg





今日何しようかね~

カヤックもSUPもあるけどね~

天気も悪そうだし、波もちょっとある。




とりあえず温泉にでも行くか!

北川温泉の黒根岩風呂で海を見ながら温泉に浸かってのんびりしよう!


ということで移動。




ようやく到着したものの、午前の営業は終わっていて、13時まで開かないらしい・・・

残念。

そういえば、ちょっと手前に温泉の看板があったよねえ。

そこに行こう!




c0122670_22064687.jpg
これまた準備中らしい・・・




c0122670_22064665.jpg
このアプローチの仕方が面白い。

下水管(下水ではなさそう)を通って道路を地下で渡り、海岸線の温泉小屋に繋がる。

大雨の日は通路が遮断されるではないか!




c0122670_22064667.jpg
トンネルを抜けると、そこは湯煙だった!。








c0122670_22091108.jpg









c0122670_22091197.jpg







c0122670_22065188.jpg


まだ営業まで30分あるね・・・


と思ったら、そこに一人の男の人が鍵と足ふきマットをもってやってきた。

「ひょとしてお風呂の管理人さん?」

「そうですよ」「お湯ができていたら開けますんで」


ラッキー

結果オーライになった。

500円を受付で払って中に入る。




管理人さんにお湯がちょっとぬるいかもと言われていたが、入ったらちょうどいい感じ。


c0122670_22122469.jpg
癒されるな~

といいたいところだが、テンションの上がったYUJIさんのいたずらで、のんびりくつろぐこともできず・・・


でもやっぱり温泉はいいな〜



そのあとは山焼きの行事で黒焦げになったばかりの大室山を麓から眺めたり

c0122670_22140979.jpg






c0122670_22140942.jpg
(上の写真の部分拡大)光学ズーム10倍と高解像のコンパクトデジカメの技術は凄い。







前回家族で行ってお気に入りになった伊豆高原のおしゃれで若い女性やカップルに人気のカフェベーカリーでもっさい男4人でランチを食べたり、
c0122670_22140990.jpg






c0122670_22140968.jpg
結局、雨の予報も、一度も雨に合うこともなく、屋外のベンチでのんびりランチができた。





c0122670_22140992.jpg








c0122670_22164456.jpg
食事の後は、もうちょっと海辺で遊んだりしながら、今回のツアーは無事に終了。





無事にと言っても、思い返せば細かいハプニングがたくさん。

比較的花粉濃度の高い伊豆半島なので仕方ないのだが、時折りくしゃみを連発するところをみると、いよいよ本格的花粉症モードに突入したようだ、

そんなの序の口で、

デジカメを地面の砂利に落としたついでにブーツで踏みつけて傷つけてしまったり、

気が付いたら偏光サングラスがリュックの中で真っ二つに割れていたり、

せっかく買った焼き網を運ぶのを忘れて使えなかったり、

暗がりの岩場でバランスを崩してスネを強打し、骨折したかと思うほど長く痛みが取れなかったり、

気を付けて運んで来た灯油ランタンを、使う直前に倒してタンクの灯油のほとんどを地面にこぼしてしまったり
(でも少ない灯油でも朝まで余裕でもったのは驚き)、

せっかく持って行ったシーカヤックのフルセットを一度も使えなかったり、

ブーツの足首の隙間から中に焚火の火の粉が飛んで入って、脱ぐのに手間取り足首を火傷したり(なぜか靴下には穴が開いていない)、

狙っていた温泉が営業時間外で入れなかったり、

最後は温泉でYUJIさんに冷水をかけられたあとに、熱湯シャワーで頭皮に軽いやけどをしたり・・・



なんだなんだ?今日は厄日か??



c0122670_22140933.jpg
ここらの季節はすっかり春に突入しているというのに・・・





しかし、ここから逆転。

帰りの道は真鶴道路付近の大渋滞に巻き込まれそうになるも、前の知らない湘南ナンバーの車がふと入って行った謎の脇道に思い切ってついて行ったら、驚くほど渋滞を回避して20分以上短縮するという本当にラッキーにも恵まれ、余裕ができてお土産にみかんと干物を買えた。

高速道路を走っていると青空が見えてきた。なんだかんだで今回一度も雨には合わなかった。

小田厚と圏央道を乗り継ぎ、あっという間に八王子に戻った。

HIGE-Sさんに大量の荷物の収納を手伝ってもらった後(本当に助かった)、彼を最寄り駅まで送り届けるついでに、実家に電車で遊びに行っていた嫁さんと子供たちを入れ違いでピックアップして効率的に帰宅できた。

私も子供たちもそれぞれとっても楽しい週末を過ごせたようで何より。


結果として今回も非常に内容の濃いツアーに大満足。

また行きたいな~子供たちも連れて。





おしまい。


by oyakata58 | 2015-02-24 23:08 | キャンプ | Comments(0)
南伊豆から西伊豆へ向け北上




事前調査の結果、キャンプ地とする予定の海岸に今日は薪となる流木がかなり少ないようだ。

なんで?

仕方がないので移動途中にあるカインズホームで購入しておいた。

海岸で流木が無いなんて、買わなければならないなんて、なんとも屈辱的な・・・






若干の渋滞に嵌りながら、約2時間ほどかけてようやく到着。

おととしの12月に来て以来の秘密の場所。



先客が誰もいなくて良かった。

一年以上前に自分たちで作った巨大な流木の囲いのレイアウトがそのまま残っている。
ここを使う人みんなに気に入って貰えているようだ。

目の前の波打ち際にあった視界に邪魔な巨大流木がなくなっていた。

あのサイズも大潮の日には流されるということか・・・


前回一掃したマナーの悪い人が放置したビニールゴミたちは今回ほとんど無かった。
ゴミがゴミを呼ぶので、片づけたら連鎖を食い止める効果がある。






早速薪に着火。




c0122670_20543960.jpg





ここを初めて訪れるHIGE-Sさんもこの数奇なシチュエーションに激しく興奮し、大満足の様子である。

この日が来るのを遙か中国で待ちつづけていたからね。


さらにもう一人、私の洞窟キャンプのエピソードを伝えたら、職場の先輩が駆けつけた。
彼は私のアウトドアのお師匠さんである。
明日朝から用事があるのでみんなが寝るころに家に帰るらしい。



酔っぱらったYUJIさんとその先輩はマニアックすぎるバイクの話で盛り上がる。

私含め他のみんなは良くわからない型番で理解し合うバイク談義についていけず。













c0122670_21033629.jpg
火を囲んで座っているだけで、みんな自然に笑顔がこぼれる。

やっぱそうなっちゃいますよね~




さあ、もう今日は移動もないし、とりあえず乾杯じゃ!

「カンパーイ!!!」


c0122670_20455930.jpg

いまどき直火ができるキャンプ場なんてほとんど存在しないですからね~

溶岩混じりの砂利石の上で何度も繰り返された焚火の灰が定着した場所。



焚火は地面から炎が上がるに限る。

足元が暖かいんだから~







c0122670_20455503.jpg

直火でお湯を沸かして、山羊汁の準備。


「やばー、さっきホームセンターで買った焼き網を車に置いてきちゃったかも!」

「取りに戻るのめんどくさい」

「網だったらその辺に売るほど落ちてるじゃん!」

「えー、何に使ってるかわからない捨てられたゴミの網を使う??」

「アルミホイル敷いて焼けば平気だよ」

「そうだね」

「アサリは直置きでも平気でしょう」



境目を失った我々は10数分後に、直にステーキ肉が焼かれていた・・・・

まあ火力殺菌されてるから大丈夫か・・・









c0122670_20455666.jpg

さらに次から次へと出てくる美味しい地元の食材。

海のモノから山のモノまで、たまらんな~






c0122670_20455562.jpg












c0122670_20455557.jpg

初めて投入した灯油ランタン。

ホームセンターで1500円くらいだったか。

しかし、今回灯油ランタンの燃費の良さを恐ろしいほど知った。

一晩中、朝まで灯し続けても燃料がほとんど減っていない。
















c0122670_20585247.jpg


住人のコウモリさん、若干煙たくさせちゃってごめんなさい。

と言っても空間が広いので煙が籠ることもない。







c0122670_20584106.jpg
ローチェアにふんぞり返りながら、会うたびに繰り返されるようなどうでもいい話で盛り上がるのが楽しい。

今日も一日青い空と青い海をたくさん拝ませていただきました。

冬だっていうのにビールの消費量が半端ないっす。











c0122670_20585218.jpg

最高の貸し切りロケーションと、気の置けない愉快な仲間に、美味しい料理とお酒。

最小の道具によるミニマムキャンプでこのクウォリティー 

これ以上のキャンプがあるのだろうか。

言葉が出ないっす。






c0122670_20455932.jpg
普段の忙しい仕事のことをぜーんぶ忘れて、今という時間を堪能する。

至極の悦である。











c0122670_21005408.jpg




洞窟の入り口に打ち寄せる波の音を聞きながら眠りについた。

コットにシュラフというとっても簡易的な寝床にもかからわずそんなに寒くもない。


目の前の海は暖流だからねぇ。

深夜から雨が降るというが、野生の屋内キャンプなのでなーんの心配もない。






とっても良い一日の終わり。

おやすみなさい・・・



つづく。




by oyakata58 | 2015-02-21 22:37 | キャンプ | Comments(0)
本日も晴天なり。



金曜夜から、アウトドア仲間のHIGE-Sさんが中国より一時帰国したので我が家で一泊してもらい、
土曜日にいつもの仲間たち4人で一緒に一年ちょっとぶりに伊豆のとある場所にキャンプに行くことに。

今回、嫁子供はついてきてくれず。私だけでごめんなさい。




早朝6時出発。

c0122670_20414467.jpg





圏央道を南へ






c0122670_20414419.jpg







c0122670_20414488.jpg
厚木PAで朝食をとりながら日の出を迎える。

良い朝だ。





c0122670_20414489.jpg













c0122670_20414427.jpg













c0122670_20460339.jpg
熱海でちょっと寄り道












c0122670_20464420.jpg
大楠

でかい!!!!








c0122670_20464416.jpg









c0122670_20464429.jpg









c0122670_20464437.jpg
屋久杉か?と思うほどの幹回り(本物知らんけど)。

でもこちらは楠の木なのだ。


なにかが宿ってそうだね。

中にトトロが住んでいそうな・・・・





c0122670_20464499.jpg
しかしまったく、なんという大きさだ。



いったい何年この場所に生きているのだろうか。

夜は幻想的な光の演出がされているようで、その景色も観てみたいものである。












c0122670_20464486.jpg
それ以外にも立派な木がたくさん周りを囲っていて、荘厳な雰囲気だった。

早朝にもかかわらず、散歩したり、観光しに来ている人が結構いた。















c0122670_20484101.jpg











c0122670_20482332.jpg












c0122670_20484103.jpg
この木も凄いな~









c0122670_21505273.jpg









c0122670_20484298.jpg
この周辺でも河津桜が見ごろを迎えようとしていた。








c0122670_20484397.jpg


さて再び移動。







伊東の宇佐美海岸の駐車場に先に到着した他の二人と待ち合わせ。

9時に合流した。







結構気温が低い中、サーフィンをしている人たちを見ながら、
c0122670_20501876.jpg
この波じゃあシーカヤック無理だわ。

この寒さじゃあSUPも無理だわ。

弱音を吐きつつ、




10時に待ち合わせしている、初対面の方々を待つ。


ある理由でロケを行うためにここを集合場所に指定して、おち合うことになっているのだ。


c0122670_20501849.jpg
寒いので砂浜を走ったりしながら。








c0122670_20525361.jpg







予定通りの時間に3名の方が現れた。

「どもども はじめまして!、今日はよろしくお願いします」




私「なんかここ、天気がいまいちなのであと60kmほど南下して弓ヶ浜へ移動してもいいですか?」

「はい、行きましょう!」





c0122670_20525991.jpg
アオゾラ号の天窓から見える桜。







伊豆半島の60kmは道路がクネクネでかなりの時間を要する。

ところどころ渋滞もある。



しかし南下するに従い、空も雲が切れて徐々に晴れてきた。







c0122670_20525919.jpg


結局90分以上かかった。







夏の海水浴に毎年来ている弓ヶ浜。

冬に来るのは初かも。



しかしまあ、予想通りのアオゾラブルーな空と、アクアブルーな海!

まるでリゾート。

来てよかった。


イメージ通りの場所に車を停めて絶好のロケーション。

湾内なので波も穏やか。

仲間も無理やり一緒に来てもらった感じだけどね。

c0122670_20525961.jpg


ロケも無事終了(そのうちタイミングがあればお知らせするかも)

c0122670_01092918.jpg







c0122670_20525920.jpg








ちょっとの隙をついて、YUJIさんがSUPを出して、海へ。

c0122670_22161882.jpg

Photo by HIGE-S


でもせっかくここまで来たんだものねえ。

しかしいつのまにウェットに着替えてボードを組み立てていたんだ??しかもみんなの分も。





みんなに手伝ってもらって荷物を車に積んでいる間に、もう今日のキャンプ地に向かわなければならない時間になってしまった。

急がなくちゃ。




結局YUJIさんも海上でちょっと海で遊んで撤収に。ほんと申し訳ない。

c0122670_22111259.jpg








とりあえずお昼を食べていなかったで、下田港の道の駅で美味しいお昼ご飯を速攻でがっついて、


c0122670_22183566.jpg
豪華三色丼







c0122670_22192047.jpg
お腹も満たされ幸せに。



さあ頑張って北上しましょう!







つづく。




by oyakata58 | 2015-02-21 20:38 | キャンプ | Comments(0)
本日も晴天なり。



スキーに行ったときあったら便利なものを手作りしてみた。



c0122670_22233402.jpg
元ネタはこれ。

これはあると確かに便利なのだ。

しかし販売価格は1700円ほどする。

ちょっと高くないか??せいぜい1000円で十分だろう。






じゃあ工夫して作っちゃおう!

ということでそのお店でたまたま見つけた流用素材はこれ

c0122670_23565022.jpg
河口湖のスポーツデポで在庫処分価格で売ってたのを見つけた。


スキー板用のリーシュコード

確かに子供スキー板や短いファンスキー用の板なんか流れ止めが付いていないからねえ。




二つ入りだったので、二つを中央部で縫い合わせる。

するとこうなる
c0122670_23565091.jpg


出来上がり。





c0122670_23565073.jpg
手提げカバンのような感覚で持ち運び可能。

駐車場からゲレンデまで歩く距離が長いところもあるから、そんな時はかなり便利だと思う。

丸めてポケットに突っ込めば滑走中は邪魔にならない。






c0122670_23565000.jpg
実際に使ってみるととても便利だったので、家族分作成したいな~ 現在3つ買って作った。







あと、今回大活躍だったもの。


スキー場で大活躍のTG-3(広角でパースがおもしろい絵が撮れるフィッシュアイコンバージョンレンズ装着状態)

しかしスキーウエアなどのポケットに入れると嵩張る。

無理やり入れても取り出しが面倒で、せっかく持って行っても撮るのがおっくうになる。

c0122670_00035811.jpg


そこで、大活躍したのはウエストポーチ

c0122670_00035803.jpg
八ヶ岳のクロカンレースで参加賞として全員に配られた豪華な景品。






c0122670_00035876.jpg
そのポケットに見事に納まった。


これを腰に巻いて滑ったのだが、撮りたいときにすぐに取り出せて、すぐに仕舞える。

とっても使い勝手が良かった。




c0122670_00035799.jpg
不慮の落下防止のゴムも付いている。



もともとの狙いはペットボトルケージなんだけどね。

しかもデジカメとトータルコーディネートされたかのような色合いで

素材もふんだんに使っていて良いデザインに仕上がっている。

良いモノもらったな~



次にスキーに行くのが楽しみだな~





by oyakata58 | 2015-02-17 23:11 | スポーツ | Comments(0)
本日も晴天なり。




今日は別の予定(半分仕事)もあったのだが、家族の要求に押されて我が家だけで急遽スキーに行くことに。

我が家でスキーツアーとなると、いつもshu.tさんや050k2さんに誘ってもらってばかりだったのだが、今回初めて家族単独ツアー。

我が家だけで大丈夫か?

c0122670_20381679.jpg


ソロで行く冬山、遠出の雪山は結構不安だったので、手軽に行けて手軽に帰ってこられる富士山の麓、「富士天神山スキー場」改め「ふじてん(正式名称)」に行ってきた。

ここなら我が家でも大丈夫でしょう。



八王子を7時過ぎに出発してコンビニで朝食を買って、8時15分ごろには現地に到着。

とにかく近い!夏とは違って道路も空いているし、本当にあっという間。



道路も雪やアイスバーンなど皆無で走りやすいし、本当にお手軽に行ける関東のスキー場って感じ。

念のためスタッドレスタイヤを装着しチェーンも積んで行ったけど。





c0122670_22001288.jpg
今回から家族全員分のスキー道具セットがそろった(カイトのストックを除く)。
全部リユースだけどね。ハードオフ様様である。






駐車場からも雄大な富士山の山頂がばっちり見えている。

c0122670_22104778.jpg


嫁さんに日焼け止めのファンデーションを借りたら、自分の肌の色よりずいぶん明るい肌色のクリームで、唇も含めて顔が死体みたいな不気味な色になってしまって、子供たちが大笑い。


さて、気を取り直して張り切って行きましょ~





c0122670_22001245.jpg



板をもっと簡単に運ぶ方法を考えなければ。

自分はちゃっかり対応済みなのだが。

c0122670_22001258.jpg








c0122670_22001256.jpg


リフト券の購入列が行列だったけど、リフトの列もコースも結構空いていて快適だった。

ちなみにリフト券はファミリー4人セットで休日価格の12000円。これでも割引価格。

スキー遊びって結構お金がかかるよな~ これでレンタルまでしたらもう大変。


ケチって回数券を買おうかとも思ったけど、結果的に一日券じゃないとダメなほどたくさん滑ったので一日券を購入して正解だった。




c0122670_22001391.jpg
キッズパークも充実している。




我々はファミリーゲレンデへ。

とにかくそこで何度も何度も降りてボーゲンを習得させねば。




c0122670_22031864.jpg
富士山にみまもられながらのスキーは爽快である。









c0122670_22031843.jpg








今日は自分の滑りや上達がどうとかではなく、完全にコナツに付きっ切りの特訓モードである。

c0122670_22031800.jpg

「いいよ~、いいよ~その調子」

「はい、三角作って~」

「後ろを開いてブレーキ!!」

「あ~、転んだ~」

  

「パパ助けて~!!涙」 

の繰り返し。








c0122670_22031934.jpg


午後からは混雑してきた。


子供たちも上達してきたので、ファミリーゲレンデ以外の別のコースにも行ってみた。




c0122670_22042094.jpg








c0122670_22042797.jpg
富士山めざしてクアッドリフトがぐんぐんと進む。

「速い~、空飛んでるみたい~」とコナツさん。



思えばここも富士山の一部を滑っているんだねえ。
贅沢で気持ちの良いコースだ。





c0122670_22042751.jpg
カイトは一人でさっさと行ってしまうほど上達が早い。







c0122670_22042717.jpg

最初はかなりビビっていたけど、何度も滑るうちに徐々にうまくなって行き、

転んでも自分で起きながら最後まで滑り下りられるようになった。

スケートもスキーもできるようになってきたね~

冬の遊びが充実するな~










c0122670_22042713.jpg


昨年のクロカンレースの時に参加賞でもらったウエストポーチのボトルケージにフィッシュアイコンバージョンレンズを装着したままのTG-3が入る事を発見して今回着けて滑ったのだが、撮りたいときにすぐにデジカメが取り出せて大活躍だった。









c0122670_22144154.jpg
ゲレンデも影の方が多くなってきた。

朝の9時からお昼休憩をちょっと挟んで15時まで実質5時間ほど滑りまくりで、

さすがに疲れてきたし、みんな大満足。

午後になって気温が下がり始めるとコースの表面が凍ってガリガリと鳴り始めたので、ちょうど潮時だったね。










c0122670_22144174.jpg
帰り道も順調。









c0122670_22144191.jpg
富士山があまりにも綺麗だったので、ちょっと脇道に入って寄り道して写真を撮ったり。







c0122670_22154658.jpg




帰り道で富士吉田に新しくできたスポーツデポに立ち寄り、カイトのストックを買ったり。

結果これだけ新品。


このお店はなんでもそろっているぞ~




それから板を簡単に運ぶためのキャリーベルトを買おうとしたら実際置いてあったのだが、

これが1700円位で意外と高くて
c0122670_22233402.jpg

代用品が無いかと探していたら、500円位で作れそうな都合の良い品物を発見。

超ラッキー

その話はまた後日。






ついでにお腹が空いていたのでラーメンを食べたりしてゆっくり帰った。

河口湖ICに入ったのが17時過ぎ。


c0122670_22154693.jpg
さようなら富士山。

一日中本当に美しかったな~



中央道の渋滞も5kmほどだったが、意外と流れていた。


八王子JCTを使って圏央道に入りしばらく走っている時、ちょっと考え事をしているうちに高尾山ICを通り過ぎてしまい、愛川ICまで行ってしまった・・・

片道15kmのロス。なんというハプニング・・・

節約のため、一般道で八王子へ帰った。



それでも家に着いたのは18時半前。

こりゃ楽だな~。




スキー道具も完全にそろったし、気合が入ればいつでも行けるね~

「楽しかった~ また来たい!」という子供たちの期待にこれからも応えましょう。








by oyakata58 | 2015-02-15 22:25 | スポーツ | Comments(2)
本日も晴天なり。


嫁さんが仕事のため、子供の面倒を見がてら、


予約していたステップワゴンRKアオゾラ号初めての車検の一か月前無料点検に行ってきた。


c0122670_23180818.jpg
今日発売されたばかりのハイブリッドカーが展示されていた。








c0122670_23180841.jpg







c0122670_23180894.jpg







c0122670_23180856.jpg







c0122670_23202297.jpg
なかなか良いお値段がするだけあって、良い質感に仕上がった車だ。












c0122670_23194330.jpg










c0122670_23180878.jpg
娘はショールームに置いてあった自転車安全運転練習マシーンに待ち時間の1時間座りっぱなし。








午後

私は子供たち用のスキー道具一式をハードオフで買おうと、いろんな店舗を回って探している間、

コナツはママさんと一緒に手作りチョコを作ってくれていた。


前の日から、コナツが「パパにチョコレートプレゼントしてあげる~」と張り切っていた。


家に帰ったらそれは出来上がっていた。


c0122670_23123858.jpg

板チョコを数種類使ってブレンドしてパウダーシュガーでくるんだらしい手の凝ったチョコ。

嬉しいな~



c0122670_23123814.jpg

外はいい感じの硬さがあるのに、中はふわふわ。

めっちゃ美味しかった。





c0122670_23123833.jpg







c0122670_23123712.jpg
コナツが書いた今日の日記。裏面







c0122670_23123796.jpg
夜は子供たちが大好きなチーズフォンデュで。








c0122670_23123769.jpg









c0122670_23123753.jpg








c0122670_23123845.jpg




大変美味しく頂きました!

ありがとう!








おまけ

c0122670_23123780.jpg
HONDAのディーラー車検に申し込んだら貰った。




これも

c0122670_23180801.jpg
これはバレンタインデー企画かな

ご馳走さんです。



by oyakata58 | 2015-02-14 23:24 | 何気ない日常 | Comments(0)

娘とスケートデート

本日も晴天なり。


せっかくの休日。

特に予定がなかったので、スケートでもしにいくことに。


相模原のリンクはチケット購入で大行列だったので、なんだかテンションが落ちて場所移動。

立川昭和記念公園に移動するも、駐車場の入り口で聞いたところスケートリンクは今年はやっていないとのこと・・・

なんじゃそりゃ。


仕方がないのでIKEAでお買いものをした。

娘は完全にスケートモードに入っていたので、私と一緒に東大和のスケートリンクに行くことに。


興味がない息子と嫁さんはそのまま電車で帰ることに。



学生時代に何度か遊びに来たリンク。

ちょうどそのころ建てられたのだが、もう20年以上経っている。


料金1300円 子供700円、レンタル靴300円



15時半から滑り出したが、そのころリンクは結構な混雑。





でも徐々にすきはじめて、気持ちよく滑れた。



娘は常にしっかり私の手にしがみついていたが1時間ほど一緒に滑り続けていると、だんだんと安定してきて、最後には離れても滑れるようになった。

c0122670_07021884.jpg




c0122670_06470522.jpg








c0122670_06470585.jpg
本人もとても満足している様子。







c0122670_06470534.jpg
しりもちをついておしりが痛がっていたが、転んでも自分で立ち上がる。


偉いな~











c0122670_06484123.jpg
広くて人も少なくってとても気持ち良い。

中央のエリアではフィギアの選手が練習していてスピンとか綺麗に回っていた。



アイススケートの時間終了の18時前まで遊んで満足。

入れ替わりにアイスホッケーのチームの練習が始まるらしい。






c0122670_06470524.jpg

最後はご褒美にアイスクリームを食べて終了。





c0122670_06482071.jpg
二時間滑り続けて結構疲れただろうけど、頑張った。

楽しいスケートデートだった。


また来ようね。







by oyakata58 | 2015-02-11 23:42 | 何気ない日常 | Comments(0)

冬の高尾山登山 '15

本日も晴天なり。



今日は嫁さんが仕事で、私と子供には特に予定がなかったので、子供たちと高尾山にでも登りに行くか!ということで。

嫁さんの仕事は急遽なくなったが、子供達に凍ってて危ないからやめておけとか言うので、嫁さんは連れていかないことに。


あと1週間するかしないかで、この山からも一斉にスギ花粉の第一波が放出されることを考えたら、もうラストチャンスの週末なのだ。明日の天気予報は雨だというし。


冬の高尾山を登るのは2012年以来






家から徒歩15分弱で京王線の駅へ。

ホームから富士山がよく見えていた。

c0122670_14234283.jpg



ここから終点高尾山口駅へは電車で15分ほど。






c0122670_14234227.jpg








c0122670_14244124.jpg
電車はすいていたけど、乗っているのは登山をしそうな格好の人ばかり。










c0122670_14234280.jpg

ちょうど朝の9時。

人は少ないね~




稲荷山登山口に「凍結危険、アイゼンを着けていない人は1号路へ」と書いてあったので、ちょっと迂回?して6号路へ。舗装道路の1号路を上るくらいなら来ない方がまし。



c0122670_14234246.jpg
無事に戻ってこられますように。


c0122670_15150827.jpg




この前の夏に上った6号路に入った。



c0122670_14234208.jpg











c0122670_14234146.jpg
ところどころ凍結していてアイスバーン風に凍っているところもあったが、滑って進めないほどではなかった。

アイゼンの人がほぐしてくれていて歩きやすい。







c0122670_14300511.jpg









c0122670_15251593.jpg











c0122670_14300576.jpg
日差しも降り注いでいて歩いていると暖かいくらいだった。









c0122670_14300561.jpg










c0122670_14300582.jpg










c0122670_14300517.jpg










雪があるところと土のところがあるが、何の違いなのだろう。

地形の違いでこんなにも差があるのかな~








c0122670_14300577.jpg


「ちょっと危ないけど楽しい~」

とコナツは大喜び。

「富士山登山はこんなものじゃないぞ!」とちょっと偉そうなカイト。






c0122670_14300581.jpg

途中すれ違う若い人に、「この先アイゼンとかが無いと登れないような滑って危険なところはありました?」と聞いたところ、「そこまでのところは無かったです、むしろ雪は減って、ぬかるみがちょっと大変かも」だそうだ。

日当たりが良く水はけが良くないところは泥状態のようだ。








c0122670_14340799.jpg

野鳥のさえずりが気持ち良い。






c0122670_14340795.jpg










c0122670_14340741.jpg








c0122670_14340783.jpg








言われた通り、標高が上がるにつれ、粘土質の土が水で溶けてドロドロになっているポイントが増えてきた。
c0122670_14340743.jpg







c0122670_14363479.jpg










c0122670_14363121.jpg
とかなんとかいっていたら、あっという間に最後の階段へ。









c0122670_14363184.jpg
途中で出会うおじちゃんおばちゃんたちにも励まされたりして、あっという間にゴール。




まだ11時だ。

ここまで他の子供にはまったく合わなかったね。




c0122670_14363178.jpg

6号路(終盤稲荷山コースに連結)の片道4kmほどで約2時間かかった。

富士山が雲で隠れていた。裾野は見えていたけど。ちょっと残念。

まあいつも見てるから。

















c0122670_14363171.jpg
コンビニで買ったパンとおにぎりでちょっと早めの昼食。








c0122670_14363149.jpg
なんかちょうだいにゃー

だめよ~ だめだめ











c0122670_14384608.jpg
山頂は大工事中。

何ができるのだろう。









c0122670_14384671.jpg
ケーブルカーや1号路で登って来た人たちがゾクゾクとやってくる。

靴の汚れ方を見ると、登って来たコースが分かる。











c0122670_14384668.jpg











c0122670_14384606.jpg











c0122670_14384695.jpg











c0122670_15251613.jpg











c0122670_14384693.jpg








子供達はケーブルカーに乗りたがっていたが、なんだか物足りない感じがしたので、なんとか説得して歩いて降りることに。

また泥道を歩くのはいやなので下りは1号路を使った。

初めての1号路。



c0122670_14384694.jpg
想像はしてたけど完全なる舗装道路だった。

時折山頂へと物資を運ぶ車が行きかう。




地面が固いと膝にくるのでなるべく雪の上や土の上を歩いた。






c0122670_14484702.jpg
先を歩くカイトに追いつこうと下りで小走りしていたコナツが路面の石につまづいてドスン!と転んだ。

コナツが持っていたストックが吹っ飛ぶ。

ちょうど登っていた二人組のお兄さんに「大丈夫?」っていわれながら手を差し伸べてもらって起き上らせてもらった。ちょっと痛そうだったけど泣かずに我慢。

飛んでいたストックはもう一人のお兄さんが拾ってくれて。

「あちゃ~、コナツ~、(お兄さん)ありがとうございます~」

お兄さん「いえいえ」



私が「大丈夫か?」って聞いたら一粒だけ涙がでていたけど、耐えた。偉いな~

「お兄さん、優しいな~」

手袋していたし、長ズボンだったので怪我はなかった。











c0122670_14484738.jpg










c0122670_14484735.jpg
あっという間に麓に到着~

子供たちもピンピンしており、もう一回登れそうな勢いだ。


アプリを見ると高尾山口駅から山頂までの往復で9kmほど。

お昼ご飯の休憩をいれても4時間の行程だった。

登山というよりトレッキングだ。




雪の登山道を登るのは若干スリルがあって、野鳥も観えたり景色も良くって楽しかった。

それほど汗をかいたわけでもなく、上着もほぼ着っぱなしだった。

自然の中を歩くトレッキングはいいもんだ。



今年の夏はコナツを連れて富士山に登ってみるかな~


汚れたブーツで京王線に乗るのが申し訳ないので乗る前に土を落とし、車内では土を落とさないようにおとなしく乗って帰った。


おしまい


by oyakata58 | 2015-02-07 14:51 | 山登り | Comments(0)

おにぃは外~ 

本日も晴天なり。




今日、仕事中(昼休みだったか)に奥歯の銀歯が外れた。

めったに食べない「ぷっちょ」を奥歯で噛んだら着いてきた・・・

夕方、急遽会社の近所で評判の良い歯科を予約して治療中。

突然のハプニングは困るなあ~





帰宅後

我が家で恒例の節分の豆まきイベント。

「今年はカイトが鬼の役をやってよ」と言ったら「いいよ」と。


10歳になって世代交代。

これで豆をぶつけられたり、寒い中、デッキへ追いやられる役から降りられた。

c0122670_23521084.jpg





c0122670_23521009.jpg












c0122670_23521109.jpg
恵方巻はなんだか某コンビニに仕込まれたような半強制的縁起行事な香りがするのであまり好きではない。

といいつつ、我が家は手巻き寿司。








c0122670_23521156.jpg
とっても美味しいので、口に入れたまま何も言わずに完食するなんてできませ~ん

一口食べたら「うっめー」と思わず叫んでしまう。




c0122670_23521101.jpg











c0122670_23572794.jpg

家の中では福が笑っておった。






by oyakata58 | 2015-02-03 23:59 | 何気ない日常 | Comments(2)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58