本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

でっかいランタン

本日も曇天なり。





部屋で転がっているバランスボールに懐中電灯をあててみたらランタンみたいに明るい照明になるのではないかと考え、やってみたの図。


c0122670_22100060.jpg

部屋を暗くしてみたら案の定。


暗がりに浮かび上がる球体は神秘的だ。

もっと明るい懐中電灯だったらさらに面白いかも。

災害時、懐中電灯はあるがランタンがないなどの時、部屋全体を万番なく明るくするのに有効かも。

拡散光として使えるってこと。
コンビニ袋ランタンなども同じ原理だ。








ここ数年道路工事などでランタンのマントルというか、
どちらかというとホヤみたいな照明器具が使われていて、面白いな~と思ってみている。

c0122670_22153967.jpg

バルーンライトっていうらしいのだが、あれ考えた人頭いいよね~





c0122670_22160713.jpg
少ないエネルギーで明るい照明。

アイデアで世の中の役に立つ、面白い道具を考えてみたいな~





by oyakata58 | 2015-08-31 22:17 | 何気ない日常 | Comments(0)
本日も曇天なり。



今日は職場のイベントで横浜へ。



c0122670_08592566.jpg





そこでリアルガチャピンとリアルムックに会うことができた。

子供たちも大喜び。


コナツなんてムックと握手してもらったらしい。

手が温かかった~ と喜んでいた。





ムックとガチャピンがジョンレノンとポールマッカートニーをモデルとしているのでは?というのは都市伝説だそうだ。
c0122670_08592569.jpg

今回、間違いなく声もリアルガチャピンムックだったのだが、この声ってどこで音入れしているのだろう。

声と動作が一致しないと変だし、状況に応じて人形の方が勝手に動くわけで、それに応じて声は瞬発的にフォローしているのだろうか・・・




注意深く周辺も見ていたが、答えはわからず・・・

ディズニーランドのカストーディアルパフォーマンスの効果音並の謎である。





まてよ、ガチャピンムックには中の人などいない?

声も本人たちの肉声??
そういえば40年も変わっていない?し・・・

c0122670_09390680.jpg
※借用写真




c0122670_09390988.jpg
※こんなCGも存在するらしい 借用写真




最終的な結論はそう思うことで納得しようという風に決めた。







c0122670_08592542.jpg
ガチャピン
南国生まれの恐竜の男の子
誕生日4月2日
永遠の5歳
165cm 80kg
腕についている玉はエネルギーボール ガルルンパワーを溜められる
リアルにスキューバダイビングやフリークライミングまでエクストリームスポーツに至るまでなんでもこなす



c0122670_08592525.jpg
ムック
北極近くの島で生まれたイエティーの男の子
同じく誕生日4月2日
永遠の5歳 生まれも育ちもガチャピンとは違うのに凄い奇遇
185cm 110kg
ガチャピンの活躍の陰で、若干地味な存在
でも手が五本指で人間らしい形をしており、器用な仕事はガチャピンより確実にこなす
頭のプロペラは、暑さに弱い自分の身体のクールダウン用。


c0122670_09462240.jpg

ちなみに、この「ペッパー」にも出会うことができて、興味深く見ていたのだが複雑なコミュニケーションを実現している。


こちらももちろん、中の人などいない。

すっげー細い人が中で我慢しながら一生懸命仕事してたら面白かったけど。


c0122670_09313345.jpg

私が生まれたころからいた人気キャラと超最新のロボットの競演。





どちらにも中の人などいないようだ。




by oyakata58 | 2015-08-29 23:58 | 何気ない日常 | Comments(0)

REVOラックを買ってみた

本日も曇天なり。


なかなかカラッと晴れる日が少ないですね~



c0122670_21052726.jpg






この前のキャンプでPEAK1のデュアルガソリンランタンを点火しようとしたらジェネレーター付近からガス漏れしていたらしく、炎上。

結果的にはボルトの締め付けが緩くなっていたのが原因だったのであるが、不安だったのでW1さんに相談しに行ってみた。

おそらくW1で買ったものではないにも関わらず、店員さんは文句も言わず無償でその場で修理してくれて、無事に点火。


そのお礼というとこじつけにも聞こえるかもしれないが、何か買おうかな~と物色しているとなんといつのまにかREVOラックが発売中ではありませんか!。

もう春くらいからとっくに発売していたのですね。



その場で購入。

c0122670_07125699.jpg

デッドスペースを有効活用!このコンセプトに弱い私。






c0122670_07125625.jpg


タープのポールを活用して拡張できるシステムと化しているREVOシリーズをついつい集めてしまうのはユニ沼にはまっているユニフレーマーの典型的なパターンかもしれない。




c0122670_07125607.jpg








c0122670_07125686.jpg









若干しっとりとしたメッシュのビニール素材でできている。

滑り止め効果も狙っているからだろう。








c0122670_07130250.jpg
タープを建てないとセッティングができないのだが、天井にフックを無理やり取り付けて組み立ててみた。











c0122670_07125682.jpg






c0122670_07125638.jpg






c0122670_07130297.jpg







c0122670_07130214.jpg
引っかけが付いている。

どう使うと便利なのだろう・・・





c0122670_07215313.jpg

狭いところで張ったのでテンションが気持ち良く張れなかった。

外で使ってみたいな~。





c0122670_07224397.jpg
UNIのHPによるとこんな感じにも使えるらしい。

フラップの内側に向けて張る。

そうそう、こういう使い方をしたかったのだ。

ほかにもどのようなアレンジが可能か、どのような活用ができるか、キャンプの予定がまだまだ先なので、

そのうち公園にでも張って研究してみようと思う。





なにげに、この上の写真にはREVOルーム4プラスが写っている。


c0122670_07234181.jpg




c0122670_07234131.jpg
前室付のREVOルーム4 (上3枚すべてUNIFLAMEのHP画像)


雨の日を見越したテントとしては理想的な構成である。

欲しいけど、今のルーム4が壊れるまでは無いだろうな~



こちらは9月発売らしい。








by oyakata58 | 2015-08-28 23:10 | キャンプ道具 | Comments(0)

焚火台の軽量化実現

本日は晴天なり。





2008年11月にキャンプ場デビューした我が家のスノピの焚火台Lセット。

7年間もガシガシ使って故障なし、紛失なし。

どんだけ薪を重ねても、ダッチオーブンを重ねても、びくともしない頑丈な造りには敬服。



性能には不満が無いし、デザインも超お気に入りだったのは間違いないが、

重さだけが不満だった。

でもその重さが自分の中で最大のネックであったので、思い切って別の商品に鞍替え。








家に帰ったら届いていた。

嫁さんが押印。
c0122670_21083223.jpg






無事、負傷なく容認。


c0122670_21011308.jpg






ファイアグリルさん、ようこそ我が家へ。

c0122670_21001803.jpg








c0122670_21001925.jpg

まぶしい。








c0122670_21001977.jpg
ギラギラ攻撃に耐えながら、組み立て完了。


簡単。


スノピに比べればガタつき多し。

薪が積まれる程に安定感を増し、整置化されるようだ


c0122670_21001940.jpg
輸送中多少乱暴に扱われたのか、両エッジの板金に歪みが。

通販の弱みだね。

まあこんなのは使ってれば勝手につくものなので気にしない。








c0122670_21001988.jpg












c0122670_21001954.jpg
今買うとなんと!! なかなかしっかりしたケース付。

厚み方向のたるみを縛るベルトもあり。










c0122670_21001912.jpg
箱ごと袋に入れてみたら、あらぴったり。

しかもこれは軽い!!!

毎回持っていきたい気持ちになるわ~。


しっかりモト取ったるで~



なるべく壊れんといてね~









c0122670_21052726.jpg
ふと見ると、こんな道具も!!!






おまえはユニフレーマーか!!??

どうやらそのようです。



この話はまた後ほど。








by oyakata58 | 2015-08-27 21:06 | キャンプ道具 | Comments(0)

焚火台の軽量化宣言

本日も雨天なり。


あの暑さはどこへ行った!!?





キャンプ道具軽量化計画実行中。
嫁の居ぬ間にポチリ。


c0122670_22362609.jpg

いまさらだけど、ここへたどり着く。

しらなかったけど、これってこんなに安かったのか?

それとも私がスノピとヘリノの価格で金銭感覚が麻痺してきたか・・・?


c0122670_07371453.jpg





c0122670_22362694.jpg
買ったのはこれ。

ナチュラムさんのバイヤーMさんの努力に一票。ちょうど良いケース付きでお値段据え置き。

本体重量たったの2.7kg

小さく畳めて大きく使える。

軽くて持ち運びが便利。

お値段5400円(税込)ポッキリ。

これで十分だ。







今使っている焚火台



c0122670_22414179.jpg
お得?な28600円。

買った当時はもっと安かった。

実質7割くらいだったかも。

炭床はもっていないが、それでも総重量8.5kg弱。
c0122670_07370640.jpg
なによりデザインが美しく、機能的で、強くて壊れないのは素晴らしい利点ではあるが、この重さはもう限界。
オーバースペックを毎回運べない。

Mサイズのセットだったらまだ良かったかも。

腰を痛める前に手を打つ。








昔はこんなになかったのに、気が付くとさまざまなメーカーから良くできたデザインなものが数多く出ていて、選択肢が広がっている。


c0122670_22362657.jpg
c0122670_07371402.jpg


コールマンのバリエーションは豊富。

c0122670_22362616.jpg


c0122670_22362695.jpg





c0122670_22362627.jpg


c0122670_22362669.jpg

これ良さそう。




c0122670_00075603.jpg






c0122670_00075655.jpg






c0122670_00075608.jpg

6角の網が市販品と互換しなさそうなところが惜しい。




c0122670_00075623.jpg
c0122670_07370771.jpg
いろいろ変化してくれそうだが使いこなせるか?






本気で軽さを狙うならこんなのも理想的だが、我が家にはちょっとお値段が高い。

c0122670_22362684.jpg


c0122670_07395509.jpg




こちらはユニフレ

c0122670_22362628.jpg
c0122670_07415050.jpg
もうちょっとがんがん使える方が良い。







収納の簡便さや信頼性を考慮するとやっぱりUNIFLAMEの定番品かな。

って思って、注文済みの到着待ち。




スノピの焚火台はTPOに合わせて必要な時用に倉庫でスタンバイさせることにする。





まもなく秋になり、本格的キャンプシーズン突入。

焚火が恋しい季節。

新しい相棒と秋の夜長を楽しもう。








※ナチュラムさん、写真の転用ごめんなさい。


by oyakata58 | 2015-08-26 00:14 | キャンプ道具 | Comments(0)

本日は曇天なり。


一人の朝。

自分の子供たちは不在だが、町内会のラジオ体操に参加してきた。


みんなの前に出て見本で体操する係り。

だって行ったら長老たちに有り難がられるんだもの・・・

朝のラジオ体操も本日が最終日。

無事任務完了。



一旦帰宅してから帰省の為の新幹線予約に駅へ。

9時過ぎに完了。この窓口では3番目の予約だそうだ。

10時の発売開始まで時間があるので、近くに比較的最近できた喫茶店でコーヒーでも飲みながら、優雅に時間潰しをすることに。



c0122670_05265003.jpg
モーニングメニューのリコッタパンケーキ




ハワイで食べた世界一の朝食より美味しかったかもしれない。

しかもお値段4~5分の1程度?



日本の食のコストパフォーマンスは良いわ~
c0122670_05265027.jpg







c0122670_05265166.jpg







c0122670_05265147.jpg
なんだか良い時間だな~

10時を過ぎたので切符を受け取りに緑の窓口へ。

無事に第一希望がとれたらしい。

まあ当たり前か・・・たかがシルバーウィークの田舎発の新幹線。









嫁さんも子供たちもいない、移動手段となる車もない時間というのはなんというか暇というか、張り合いがない時間。

帰宅後、ついついソファーに座って意味もなくTVを見てしまったり、インスタントラーメンを食べてしまったり、不健康極まりない。


車も予定もない日は自分で体力づくりをするか、遊び友達に誘ってもらうに限るな~ とつくづく痛感。



5日間のたったの2日目であるが、仲間の存在の有り難さ、嫁さん子供の存在の有り難さを再認識するには十分な時間だった。







それでも頼まれていた部屋の掃除をしたり、洗濯物を畳んだり、

24時間TVや世界陸上を見ながらワインとチーズをつつきながらしみじみ美味いなあ~と感激してみたり、

夕方からは散歩に出かけてみたり。

c0122670_05265180.jpg

元祖いつもの公園にある家から一番近い神社で夏祭りが開かれるところだった。







c0122670_05265286.jpg









c0122670_05265293.jpg








c0122670_05265301.jpg



ああ、こんなことじゃあいかんいかん。

せっかくの自由時間なのに、まれにみる怠惰な一日(午後)を過ごしてしまったかも・・・




予定を立てて、一日一日を大事に楽しく過ごさないと。




by oyakata58 | 2015-08-23 23:46 | 何気ない日常 | Comments(0)
本日も晴天なり。

c0122670_18591293.jpg





嫁さんは子供たちを連れて昨夜から埼玉の実家に帰省中。

わたしは車が無いがスーパーフリー。



なかなか合わないYujiさんの休日と私の暇日が合ったのでSUPをしに行く予定を立てていた。

ニュースでは「台風の影響で太平洋沿岸は波が高く、海のレジャーは危険を伴うので十分にご注意ください!」と言っている。




前夜、「じゃあ朝5時に迎えに行くね~」との連絡。

私「行き先は安全な本栖湖でもいいよ~」





朝5時。
c0122670_20573480.jpg






c0122670_18424748.jpg

きっかりに来てくれた。

「おはよ~ 今日はよろしくお願いします!」



私はぼ道具を全部借りなので、小さな着替えが入った荷物の袋一つと、麦茶を入れた水筒のみ持参で参加。





さて、どこいこうか。

三浦か本栖湖か

私「太平洋沿岸は海のレジャーに注意って昨日のニュースで言ってた!」



出発して30秒。

早くも意志を決定する分岐点。

c0122670_18453501.jpg

右が本栖湖 左が三浦。

「Yujiさんに任せるよ」


悩みながら徐行運転。

うーーーーーーん、どうしよ~








左に曲がった。











三浦に行くのね・・・


「きっと大丈夫だよ~ 波があったらたまにはサーフSUPでもいいじゃん」

「まだできないけど」





c0122670_18424766.jpg
早朝にしては意外と車通りが多い16号線を南下しながら進む。




今日の太陽が出てきた。





朝ごはんを食べていないので朝から吉野家の牛丼で腹ごしらえ。






さらに南下。





c0122670_18424702.jpg
朝7時

2時間弱で三浦半島入り。



c0122670_18424888.jpg
展望台のような場所に連れて行ってもらう。

かろうじて富士山が見える。

ここから海の様子は見えず。








c0122670_18424894.jpg
海が見えてきた。

さてどんな感じ?







c0122670_18424877.jpg






c0122670_18424844.jpg

比較的穏やかに見えるいつもの浜辺。

でも堤防の外は凄い波。

c0122670_18563326.jpg







Yuji「波が高いだけじゃなく、風もあるね~ 漕いでも漕いでも進まないんだよね。ちょっと別の場所を見てみようか」

私「はいはい、波が穏やかなところがあるならどこにでも行きましょ~、おれ見学でもいいよ~」

Y「それは無し~っ」








通ったこともない細い道を進みながらYujiさんの心当たりのある別の場所へ。

いろいろ知ってるね~
c0122670_18523266.jpg











c0122670_18552668.jpg








c0122670_18523268.jpg
ここも白波が立って荒れてるね~

駐車場もないし~










c0122670_18523236.jpg












c0122670_18523205.jpg

















さらにさらに移動

c0122670_18523182.jpg
SUPやってる人いないね~








c0122670_18563764.jpg








c0122670_18563737.jpg



c0122670_18563766.jpg
って言うか、ここ絶対無理。











c0122670_18563765.jpg
富士山(山頂のみ)が見える。












さらにさらに移動




c0122670_18563727.jpg











c0122670_18563730.jpg
おお、ベテランサーファー限定ポイントだね~














c0122670_18591260.jpg
SUPもいるけど、立ててないね~

あれは波が高いだろう~












c0122670_18591232.jpg

遠目に見ると穏やかだけど、波も風もなかなかのものである。










c0122670_18591293.jpg
材木座海岸の方へ。

うわっ、SUPもいっぱい。

人が多すぎる!!





c0122670_18591295.jpg







風も波も強い!

ビーチには人がまばらで、パラソルは風がつよくて立っていない。
c0122670_18591261.jpg



しかもこのへん、サメが出たんだよ~

ハンマーヘッドシャークが30匹も。


私「なんかさ~、俺たちやらない理由を探すのに必至になってない??」

Y「うん、完全に丘サーファーの思考パターンにはまってるね」









判った、もう本栖湖いこう。


すでに10時。


ナビによるとここから2時間って見積りがでている。



c0122670_18591283.jpg

あの富士山の向こう側か~

結構遠いな~


でも行くしかないよね。








「西湘バイパスを使っていけば早くて2時間だけど、凄い渋滞しているね~」

って言っていたら・・・・


c0122670_18591207.jpg
波が高すぎて通行止め!!!??








c0122670_19035152.jpg


すぐに引き返せない道路なので数十分そのまま渋滞の波に揉まれる。






ようやくあった中央分離帯の切れ目でUターンして引き返す。







今日はいろいろな行動が裏目に出る日だね~

変だね~




c0122670_19035140.jpg


江の島を見ながら海沿いを逆方向に戻る。

さっきまで渋滞に並んでいた道をスイスイと通過。

c0122670_19125543.jpg














c0122670_19125573.jpg

するとさっきまで空いていた東向きの道も大渋滞。

鎌倉高校前で事故らしい。

片側相互通行だって。


ついてないね~



大きなトラックと自転車?の接触事故のようだ。

おそらくどっちも水着ギャルを見て脇見運転してたんだろうね~




ようやく通過。



もう11時

出発から6時間が経過。

まだなにも結果を生み出せていない。

南伊豆の弓ヶ浜(湾内なので波が穏やか)まで余裕で行けている時間だね。





Y「せっかくここまで来たのだからじゃあせめて美味しいモノをお昼に食べて帰ろうか~」

私「この前鎌倉で食べた同僚の友達が出してるイタリアンのお店があるからそこに行こう!」

私「この流れからいうと定休日とか貸し切り日かもしれないから電話しようかな~」

Y「いやいや、そこは行ってみて駄目な方がこの流れからしたら面白いからアポなしで行こう」





鶴岡天満宮の前を通過しながら進む。

すれ違いが厳しいような場所でバスや対向車を優先で譲るも、なんのお礼のジェスチャーもない事が3件ほど続いた。

それぞれ別の場所で。






ようやくお店の駐車場へ。


一台分空いていた!ラッキー!!





「そこ右」
「ねえいい感じでしょ~」





Y「ねえねえ、これ」

足元を見る。







c0122670_19035128.jpg

まじっすか!?




空気読んでるよね~

みんなして俺たちを嵌めているよね~



全員がエキストラで俺たちに意地悪をする番組の収録中??

ドッキリカメラが周りで撮ってるかも。


帰ろっか。



以前このお店を紹介してくれたtommyさんにLINEで事後報告をしたら、

「すみませ~ん、貸し切りしたの私含めて予備校の同級生のグループなんです~」


「ええええ~っ」




今日はいろいろな分かれ道でことごとく裏目裏目に出る行動をとってしまったね~

まあもし逆に(本栖湖に)向かっていたらもっとひどい事故に巻き込まれていたのかもね。



長淵剛10万人ライブがその近くで行われる日だから、道路も麻痺だったかもしれない。

行ってたらもっと悲惨な状態だったかも。


c0122670_19143907.jpg
※この信号の地名は鎌倉に実際にあったものである。






じゃあこれ以上はなんの抵抗もせずに八王子に向かおう。

もう諦めて帰ろう。












そのまま帰宅の途へ。


もうすぐ家に着くかというちょっと手前の道すがら、お腹が空いてきたので肉汁うどん屋へ寄ることに。

以前一回だけ来たことがあるお店。

非常に美味しかった記憶がある。



そこが閉店だったり、ありえない行列だったりしたらもうおしまいだね。



駐車場は14時にもかかわらず満車だったりしたが、空くのを待ってからようやく店内に。
c0122670_20573322.jpg



「今日はさ~ 5時に(Yujiさんは4時に)家を出て、散々移動し続けてこのお店に遠回りをしながら来たって感じだね~
c0122670_20580551.jpg
このお店の為にね~」




「でも美味しいね~」
c0122670_20573392.jpg

「まあたまにはこんなこともあるよね~、それにしてもここまでやるか~って感じな一日だったね~まだ昼過ぎだけど」









c0122670_19153702.jpg


15時に帰宅。

長い長いドライブだったな~


お疲れ様でした~


Y「次回は九十九里にサーフSUPしに行こうね~」

ありがとうございました!

ばいばい~








家で昼寝。



あっ、水筒降ろすの忘れた!!!







by oyakata58 | 2015-08-22 19:22 | スポーツ | Comments(0)

この夏の思い出

本日は雨天なり。




気温がずいぶん下がって来た。

あんなに暑かった夏だったけど、もう徐々に秋に変って行くんだね~





私の夏休みは終わり、今日からお仕事だった。



子供たちの夏休みはもうちょっと続くのだが、

子供たちがこの夏の思い出として描いた絵日記が彼らにしてはなかなか頑張っていたので載せてみた。




c0122670_22105674.jpg











c0122670_22142026.jpg












c0122670_22105613.jpg











c0122670_22144389.jpg





目で見る、

肌で感じる、

においを記憶する、

すべきことを頭で考える。


体験したことを言葉で表現する、

絵にして誰かに体験した世界を伝えようとする。


そしてそれらを通じ記憶として深く脳内に刻む。






子供達に一連の作業を通して自分の感動を表現し、誰かに伝え、共感を得るというフローを体験させたかったのだが、その喜びを体で覚え、これからも絵や作文という形で残してもらいたいなあ。

自分が子供の時に絵を描くのが大好きだったように。






この夏に沢山遊びながら沢山の経験をしてまた少し成長したんじゃないかな~




そうであったら嬉しいな。



そしてこれからもそれぞれの季節の一番良い時期に、

とびっきりの場所でいろんな体験をさせてあげたいと思う。



(自分がやりたいから)

by oyakata58 | 2015-08-17 22:27 | 何気ない日常 | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by oyakata58 | 2015-08-16 23:01 | キャンプ道具
本日も朝から雨天なり。




c0122670_14230519.jpg











しかもかなりの量が降っている。

とはいえ、撤収時だけでも雨が止んでくれればOK~


c0122670_14203244.jpg













c0122670_07232157.jpg









c0122670_14213953.jpg






朝食は今朝はいつものホットサンド。

昨日の余りのカレーを使ってチーズやらを挟んで作るのだが、ホットサンドにカレーやチーズは正直やめた方が良い。

固体に近かったカレーは融けて液体化しこぼれるし、こぼれたら焦げやすいし、バウルーに引っ付きやすいし、食べながらやけどをしそうになるし。

総合的にメンテナンスが大変。とても美味しいのであるが、なるべくなら避けるようにしよう。





コナツは昨夜の残りご飯で作った唯一のおにぎりを昨晩から執着しており、

誰にも食べられないように、今朝に限っては速攻で起きて出てきた。

「だれか勝手に食べたら20万円払ってもらう!!」って警告していたので、誰にも食べられなくって良かったね~








ところでここからは独立記事にしようか悩んだネタ。


イモートさんが面白いものをみせてくれた。



c0122670_14230502.jpg
おそらく40年近く前に日本で初めてバウルーが発売され始めた当初のパッケージ?。

紙でできている。

二色刷りのデザインがいかにもレトロ!

レシピの書いた紙が入っていたらしいのだが、それは破棄したらしい。

非常に残念!!!!





嫁さんの実家にも、私の岡山の実家にもおそらく40年前の発売当初からバウルーがあったのが驚き。

この確率を考えると相当数が日本に流通していたことになる。


イモートさんも我が家と同じく、当時のバウルーを引き継いで使用しているらしい。
おなじような焼き色がアルミ部分についていた。








c0122670_14230532.jpg
いまご家庭で静かなブーム・・・・ってすでに発売中に改編されたパッケージなのだろうか。

といいつつ新発売のシールがギラギラと輝いている。




「バウルーでコンガリ焼かれたサンドイッチはどなたが召し上がってもこれは最高のパン食だとおっしゃいます」

ふむふむ、大いに賛同!



c0122670_14230520.jpg

バウルーの線引き説明いりませんから。






これどうするの?って聞いたら

もう捨てる!というので、もったいないから譲ってもらった。


これは貴重な資料だ。



ちなみにちょっとネットで調べてみたらバウルーの歴史を調べたサイトがあった

最も古いモデルのパッケージとあるが、こちらの方が古いように思える。

しかし、バウルー自体の形状が現行品とも違う(真ん中に仕切りが無い)のでおそらくリンク先の話は正しいようだ。

こんなサイトも発見。未使用状態の当初のバウルーでしょうか。


すごいな~





さてさて、9時ごろに雨がやんだようである。

ここから一気に片づけますよ~

c0122670_14273415.jpg
Photo by kaito










テントやタープについた水滴を全部タオルで拭いた。

c0122670_14213955.jpg

気温も上がってきて乾いた色をし始めた。

良い感じ~


このまま降らないでくれよ~







c0122670_14273596.jpg
Photo by konatsu






さて幕体を撤収するか~と動き始めた途端!



まさかの雨!!!!!

ひーーーっ、全部拭いて乾いたところだったのに~



どんどん雨脚が強くなる。

今までにたとえば5~60回キャンプをしているとして、雨の中撤収したのはその一割以内の5回ほどだと思う。






とはいえ、仕方がないので濡れたテントや幕体たちを大急ぎで全部クーラーボックスに突っ込んで撤収完了。



c0122670_14273402.jpg




管理人さんに挨拶。
管「ちょっと天気が残念だったね~」

私「いえいえ、それでも要所要所では止んでいたのでやることはほとんど実行できて満足してますよ」

管「そうか、それは良かった。今日はさらに悪いらしいんだよね。子供たちがせっかくたくさん遊びに来てくれてるから
元気に思いっきり楽しませてあげたいんだけど、天気ばかりはね~ 明日は晴れるらいんだけどね」

管理人さんは子供たちの事を気にされていた。

虫刺され用に頂いた薬を沢山余ったので返し、「また近いうちに遊びに来ます!」。

今回も本当にたくさんお世話になっちゃったな~

ありがとうございました!!!!






最後は(も)雨だったけど、今回も楽しかったな~






圏央道が東北自動車道とつながったらもっと便利に近くなるので益々来やすくなる。

もうしばらくの辛抱だ。






c0122670_14300083.jpg

湯西川ダムに立ち寄ってすこし見学。








c0122670_14300037.jpg













帰りの道すがら、妙に盛り上がっている肉屋のコロッケを買って車内で頂く。

c0122670_18332563.jpg










c0122670_18332488.jpg









c0122670_18332482.jpg

キャベツメンチ140円が激ウマ!!!!!

これあと3個は買っておけばよかったな~

これから湯西川に行くときには必ず寄っていくこと間違いなしの、お気に入り店に登録します。










高速道路の渋滞はまだ発生していない様子。


c0122670_14300028.jpg



途中立ち寄ったSAで強い日差しが復活してきた。

気温25度前後の快適空間から35度前後の蒸し暑い空間。


SAの敷地の端っこにあった広い休憩広場でびしょびしょに濡れていたテント達を引っ張り出して広げ乾かすことにした。





c0122670_14300017.jpg
タープだけじゃなく、テントもフラップも、グランドシートも。



通行人がこちらをジロジロ

あら大変そうなキャンプだったのね~的なまなざしでこちらを見ておられる。

はい、そうなんです。広げちゃってごめんなさいね~







ロープのところは完璧に乾いていなかったが、幕部分は一瞬にしてパリッパリになってくれて一安心。

再び撤収して再出発。







家までの帰り道、未開通区間の白岡菖蒲ICと桶川北本ICの間にある嫁さんの実家のすぐ横(50m)を絶対通るので、お盆ということもあって挨拶がてら立ち寄った。

圏央道が繋がるとこの行動も起こしにくくなるね~。




そんなことをしながら結局渋滞もなく八王子に無事帰宅。





帰ったらすぐにテントなどをデッキに広げて、ロープなどまだ湿っていたパーツを中心に乾かした。

雨天撤収の後片付けは普通の2倍の手間と時間がかかるのですよ。

しかも大切な道具たちがカビや腐食により傷んでしまう可能性も格段に上がる。

なので油さしなど、さまざまなメンテナンスも要求されるわけですよ。


キャンプはな~、帰ってからもキャンプなんだぞ!







おしまい。


by oyakata58 | 2015-08-14 19:10 | キャンプ | Comments(2)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58