本日も晴天なり ちょっとそこまで自転車で

oyakata58.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

本日は曇天なり。




c0122670_22515353.jpg
ウッドデッキのラティスに緑色のカワイイ奴発見!


カモフラージュの目がリアルすぎて、本当の頭部の存在がイメージできない。



TG-3をマクロモードにして近づきすぎると・・・・





c0122670_22515398.jpg
こんなに小さい幼虫のくせして、最大限の怒り表現。


わたしはくだらないことで怒ったり怒鳴ったりする生き物が大嫌いなんだよ。

良く吠える犬もしかり、すぐ声を荒げる人もしかり。


しかもこの幼虫の出てきた角は相当臭い!

見た目だけじゃなく、臭いまで圧倒的。


加齢臭がきつくて、気が短いオヤジみたいだ。
幼虫=子供だけど。


c0122670_22515368.jpg
もしやと思い、プチ庭のみかんの木を見ると、たくさんのアゲハの幼虫がせっせと葉っぱを食べていた。

c0122670_07095382.jpg





c0122670_07095458.jpg



この季節にせっせと生まれるんだっけ??


しかし我が家の庭で蛹にまでなった固体を見たことがない。

鳥に食べられちゃってるのか。




そんなアゲハの行く末を見ると、これだけ本気で怒る姿も、納得してしまった。

みんな生きるのに必死なんだ。






c0122670_22515381.jpg
ふと見ると、さっきのとは別の幼虫が蛹にまで進化していた。

幼虫の形をしているわけでもないし、蝶の形をしているわけでもない。

背中には何故かカブトムシの角のようなものも。

なんのための形なのだろう。


推測するに、ひとつには、蝶の形として殻を脱出するときに力をかけやすいとか、抜け出しやすいとか。

その先を見越した効率的な性能を求めたデザインなのだと思われる。

もう一つには冬を越す木の枝の先に擬態して、この無防備な状態で鳥類などに襲われるのを防ぐデザインなのだとも思われる。



この殻の中で一回自分の体を完全に液状化し、再構築してあんなにきれいな成虫になるんだねえ。



昆虫の生命力ってすごいなあ。








by oyakata58 | 2016-09-29 22:59 | 何気ない日常 | Comments(0)

憧れの別荘生活③

c0122670_23351429.jpg
今度来るときはシーカヤックで海からアプロ―チし、

携帯電話で、「今ご近所を漕いでるんですけど、お邪魔していいっすかーーー?」ってやるつもりである。

ふふふ


c0122670_00390673.jpg




なんだか一つの幸せの形を体験させてもらい、

有意義な時間を過ごさせてもらい、帰宅の途へ。

ここは今後、わたしたちの別荘にもなるのである。

おそらく。


維持管理費、差し入れのお菓子。

それから世間話の相手役。


ふふふ





ちょっとその前に、

日没までもう少しあったし、いつもの海岸でマッタリしたいな~と思ったので、

高速道路に乗らず(そこまで激混み)、三戸浜へ。






c0122670_23351280.jpg








c0122670_23351207.jpg












c0122670_23420203.jpg





















c0122670_23420248.jpg
伊豆で切り出した石を江戸城建設の為に運んでいる最中、なんらかの理由で船ごとひっくり返してしまい、
あまりの重さに運ぶのを諦めてそのまま放置してしまったという物語を持つサンコロ石。











c0122670_23351232.jpg
カメラを構えて光の道を撮る夫婦、







シーカヤックの遊びを終え、車に積んで余韻を楽しんでいるアクティブなグループ








c0122670_23351265.jpg
浜辺でのんびりタープの下でお茶している家族








c0122670_23391764.jpg
キャンプを楽しんでいる家族グループ












c0122670_23392138.jpg
宝貝を拾いながら歩いているご婦人









c0122670_23351104.jpg

海に向かって石投げに興ずるうちの息子に







c0122670_23401418.jpg
それを見守る嫁さんと娘








c0122670_23401520.jpg
それを客観的にみながら写真を撮る私











c0122670_23401150.jpg






いろんな人たちの、それぞれのしあわせそうな風景が集まっていた。



人々の幸せは、人それぞれ。

人の数だけ幸せの数がある。

幸せだなあと思ったときに、だれからも文句の言われようがない幸せが生まれる。







c0122670_23420641.jpg
飛行機に乗って旅行に出かけている人








c0122670_23420612.jpg
ヨットに乗って夕日を眺めている人











c0122670_23351259.jpg
一人で沖に向かってSUPを漕いでいる人









c0122670_23420634.jpg

まさにこの時間にも、どこかに必ず

病気と闘う人、障がいと向き合う人、戦争やテロで国を追われ子供を抱いたまま歩き続けている人、

生きる辛さと戦っている人もいるのも確かである。


そんな中にもしあわせの瞬間はもちろん存在して、それらをちょっとずつ集めてみんな幸せになろうと生きている。

不幸せの中にも、ちょっとした一言や、ちょっと手を差し伸べるだけで生まれる誰かの幸せもある。





c0122670_23351209.jpg
このなんとも言えない夕日に包まれそうな景色を眺め、

いろんな人の幸せの形を見ていると、そんなことを考えてしまった。




自分の心に余裕があるうちに、もしくは自分のことで精いっぱいと思っているような時こそ、

だれかへの「ちょっと」を差し入れ、幸せを生み出せたら、

それは幸せの連鎖のきっかけとなり始まりになるなのだろうなあと思う。

c0122670_00420095.jpg

まず自分は家族を守ることが大事だが、

少しずつそういうこともやっていかなければと思う。


そういうことをしている仲間は私の周りにたくさんいるから。

c0122670_00420296.jpg



by oyakata58 | 2016-09-29 00:11 | 何気ない日常 | Comments(0)

憧れの別荘生活②

c0122670_23060577.jpg


大先輩が建てたもうすぐ定年後の住処(現時点では別荘)へ。





c0122670_00394992.jpg





おじゃましま~す

まだ新しい匂いがする~。

一階は土間になってて、遊び道具が置いてあるのですね。

理想的だな~

自転車の手入れをしたり、カヌーを掃除したり。











そして一階の突き当りの湾に面した空間にバスルームとトイレがそれぞれ個室で並んでる!!

このお風呂に入りたい!!!



c0122670_22351681.jpg








c0122670_22351781.jpg
階段を上ると広いリビングが。

湾に面した大きな窓から程よい光がそそぎ、心地よい風が突き抜ける~
(実際は無風な日だった)



c0122670_22351698.jpg

ベランダに出ると、ヨットハーバーが!

箱庭的な空間にうっとり。

入り江になっていて、ほぼべた凪の海面。

ときおり入ってくるクルーズ船やヨットが静止画の中で動くGIFアニメのように、

静かにスライドしていく。

まるで焚火を見ているようにぼーっと見ていても飽きさせない、無限の揺らぎ映像のようだ。




c0122670_22351766.jpg











c0122670_22351704.jpg
スイーツがより一層美味しく感じる、リゾート感満点の眺望。











c0122670_22351777.jpg






デッキのローチェアや地べたに座り込んで、お茶をいただきながら、この景色やこの土地、この家のいろいろなエピソードを伺いつつ

のどかな時間が過ぎて行った。




1時間ほどたったころ、ちょっととっておきのご近所冒険ツアーに行きますか!とご主人。




いくいく~
c0122670_23311571.jpg



ぬかるんでるトンネルを抜けるから、長靴を履いた方が良いよ

ということで、サイズが合った嫁さんとカイトは借りた。

c0122670_22480051.jpg



坂道を下り、森に突入。


c0122670_22480039.jpg
獣道を突き進む。






c0122670_22515381.jpg
野生のブドウなんか生えている。

食べてみたけど、酸っぱかった。






c0122670_22480001.jpg






すると突然目の前に謎の手掘りのトンネルが。












c0122670_22480006.jpg
うわ~








c0122670_22480010.jpg
躊躇していると、肌に蚊がまとわりつく。

手首に3匹も連なっていたので、ひと叩きすると、まとめて3匹も殺生してしまったよ。

人生最高記録。


まあそんなことどうでもよくって、ぐんぐんと雨水か湧き水でぬかるみ、転びそうなトンネルを進む。



c0122670_22480060.jpg






トンネルを抜けると、違う景色に出た。

千と千尋の神隠しのようだ。





さらに、右に歩くと別のトンネルが。

c0122670_22581381.jpg

入り口周辺にはアカテガニが我々を警戒している。

これ、なかなか冒険感ありまくりですね~






c0122670_22480003.jpg





c0122670_22480086.jpg

今度もまた違う景色に出た。

正面にはなんと富士山が。



おもしろい~

大将、得意げである。






c0122670_22594359.jpg
小さい浜だけど、お宝さがし。








c0122670_22594347.jpg

あんまり落ちてなかった。

だれかちょいちょい拾ってるんだろうな。



後で調べて知ったのだが、この近くの横穴には結構有名な事件の現場があるらしい。

当時はそんなことつゆ知らず。






しばらくのんびりしてから戻ります~

c0122670_22594326.jpg








c0122670_23035482.jpg





c0122670_22594390.jpg
どろだらけになった靴を玄関先の水道で洗わせてもらって、冒険ツアー終了。

これはなかなか面白いですね。








c0122670_22351647.jpg

再び、テラスでまったりとしながら、奥様とお話で盛り上がっていると近くの木にキツツキが。







c0122670_23035406.jpg
というのも、このお宅は急な斜面に建てており、周りの木々の頂上付近が、丁度テラスの目線の高さに匹敵するのだ。

ツリーハウスを建てるのが夢だったらしいのだが、結果としてツリーハウスとおなじような景色がテラスで味わえているので
もうツリーハウスのことはどうでもよくなったらしい。


餌を置いておくとリスや(夜中のうちに)正体不明の野生動物が現れるとか。





c0122670_23035483.jpg

一方、湾には遊んで帰って来たであろうヨットがスーーっと入っていく。

ゴージャス!!





c0122670_23035411.jpg
本当はこのあと小網代の森の散策に行こうかと思っていたのだが・・・・

居心地が良すぎて長居をしてしまった・・・・


もうちょっとつづく。











by oyakata58 | 2016-09-27 23:08 | 何気ない日常 | Comments(0)

憧れの別荘生活①

本日は晴天なり。

晴れの日曜日。

いったいいつぶりの晴れでしょう。


こんな天気の良い日は本当に久しぶりなので、どこかに行きたいな~

思い立ったが吉日。

急遽海を臨める場所にドライブに行くことに。

一年前、三浦のとある場所に別荘を建てた大先輩がいたのを思い出し、

前日にメールで「すみませ~ん、あした伺ってもいいですか~??」ってお願いししたら

「どうぞどうぞ大歓迎ですよ~」と言ってくれたので、お邪魔させてもらうことになった。

c0122670_00134181.jpg
地獄の渋滞ポイントであった16号と246号の交差点が立体化され初めて通過する。

深夜でも渋滞していたのだ。


この工事、ずいぶんかかったけどこれができてくれたおかげで三浦半島にドライブするのが限りなく苦じゃなくなった!!

案の定、すーーーーいすいだ。


午前中、ゆっくり出て、謹慎の身なのでゆっくり走ったにもかかわらず、たいした渋滞に嵌ることなく、たった90分で伊豆縦貫道も超えて自衛隊基地付近まで来られた。


c0122670_00134167.jpg







c0122670_00134159.jpg




八王子から二時間ちょっとで三崎に到着。

随分近くなったな~

c0122670_00134113.jpg






c0122670_00134124.jpg










c0122670_00234250.jpg

前回も立ち寄った三崎漁港に面した食堂でいただく。

目つきの悪い看板ねこがお出迎え。

きくと生シラスはこのところの悪天候で漁にでられず仕入れられていないのだとか。

生シラスとマグロのどんぶりが食べたかったのだが、まあ仕方ない。


c0122670_00134184.jpg
代わりにマグロの三色丼。1800円。

まあまあ美味しいのだけど、ご飯の熱(熱い)とか、刺身の冷たさ(冷たすぎる)とか、もうちょっとこだわって欲しいな~。

せっかくの魚のうま味が台無しである。

常温で食べたいのだ。

しかも今どき分煙されてないし、子供がいるというのに、四畳半で平気でたばこプカプカするオバはんいて煙いしで、

この店、次はないな・・・・





待ち合わせ時間にもうちょっと早いので漁港周辺をぶらぶら散歩。

c0122670_00202364.jpg
なにやら凄い人だかり。

人気のお食事処のようだ。


c0122670_00134282.jpg
隣りの魚やで買った魚をお店で調理してだしてくれるのだとか。


c0122670_00134205.jpg








c0122670_00202038.jpg





c0122670_00202059.jpg




c0122670_00223123.jpg






c0122670_00223171.jpg


ぶらりと寄った八百屋さんで、イチジクを見つけたので、お店に入って、おばちゃんに「イチジク1パックいくら?」

店「400円 消費税はまけとくから」

私「じゃあ一つください」

店「最近の若い人はイチジクをまったく食べようともしないけど、お兄さん珍しいなあ~

わたしらあの世代はみんな食べるんだけど、ホント最近はね~」って言われた。

私「若い人かどうかわからないけど、美味しいですよね~」



なかなか美味しいイチジクだった。

でも蓬莱柿という種類ではない。

c0122670_00202017.jpg





c0122670_00202018.jpg



待ち合わせ時間の13時になったので、油壷方面へ北上。

無事お出迎えに合流できて、ワクワクのご別荘へ向かうのでした。



c0122670_00303504.jpg

つづく


by oyakata58 | 2016-09-26 23:46 | 何気ない日常 | Comments(4)


本日は午後から雨天なり。

明日の晴れ間が待ち遠しい。



ホンダから新型FREED(フリード)が発売された。



c0122670_12512662.jpg

と、同時にFREED+(フリードプラス)と呼ばれる2列シートで荷室が広いモデルも同時に発表。
ハイブリッドもあって燃費が27km/ℓにも達するそうだ。しかも4WDも!

とくにプラスの方はいろいろ調べると興味深々な車である。

今日はいつもお世話になっているディーラーに見学に行こうかな~と思って調べたら、プラスの方はまだ展示されていないようだ。

残念。



c0122670_12512633.jpg

というわけでオリジナルの写真で行きたいところだが、メーカーHPの画像を中心にネット上の拾い物画像を拝借して思うところを勝手に書きたい。
(ごめんなさい)


c0122670_12512647.jpg

c0122670_12572327.jpg

最新のステップワゴンに顔が似ているけど、大きさは長さで40cm 高さで13cm 小さい。 幅は同じ。





c0122670_12512219.jpg
FREED
c0122670_13012233.jpg
STEP WGN

まさに小さいステップワゴンって感じ。
c0122670_12572339.jpg
ちなみにアオゾラ号(RK)



c0122670_12572391.jpg
特筆すべきは荷室の使いやすそうな感じ。

そうそう、この二段式の収納が使い勝手が良くって大事なのよ。床下のスペースが意外に深そうなように見える写真もある。動画を見ると長物のチェアやロール式のテーブルが入る長さを確保しているようだ。四駆やハイブリッドでも同じ空間があるのだろうか。

ひょっとして子供が下なら二段ベッドみたいな使い方もできる??


c0122670_12572352.jpg





c0122670_12512220.jpg

オプションで三段にもなるのか?重いものは載せられ無さそうだが。
目隠しか蓋のようにも見える。




c0122670_12572403.jpg

意外としっかりした棚なのか?





c0122670_12512224.jpg
むむむ

オプションのルーフラック

素晴らしい。こんなのが欲しかったんだ!!!!


でも、なんかどっかで見たことがある天井収納だぞ!


c0122670_13131728.jpg
私の手作り天井収納←

まあ似ちゃうこともあるわな。



c0122670_12512226.jpg
実際にこんな事して車内で過ごすこともなさそうだが、可能性としての見せ方もあるだろう。

なんだかとっても楽しそう。

とっても良い感じじゃないか!!!


確かに車中泊もできそうな荷室の長さ。

幅はステップワゴンと同じという事なので大人2人子供1人ががいいところか。

c0122670_12512284.jpg

170cmの人は足を延ばせても180cmの人はちょっと窮屈なサイズのようだ。

こういう時はおそらくコットを組み立てて二枚広げれば、コット下に収納もできて、かさ上げする事で長さも稼げて180cmの人でも足を延ばせるのではないだろうか。2人しか寝られなくなるけど。コットの脚の位置は重要で端っこにあり過ぎない物を選ぶ必要がある。

この状態で運転席と助手席のスペースも潰されてるのが気になる。


c0122670_12512277.jpg
この写真を見るとルーフラックの奥行きはそんなになさそうだが、車中泊の時、これがあるとないとでは使い勝手が全然変わる。

大事なものが探しやすいし、取り出しやすいのだ。

ライトをぶら下げることもできる。

しかしこのマットレスはどこに入れて運ぶのかな?床下に余裕で入りそうだが、どれくらいのサイズに畳めるか、持ち運べるサイズかが問題だ。




スカイルーフ仕様は設定が無いらしい。

ディーラーに展示車が納車されたら試してみたいな~









c0122670_12512292.jpg

こんなアレンジもカッコいい。

c0122670_12512669.jpg



ちなみにこれはFREED スパイク(旧車)

c0122670_12572481.jpg
先代のFREEDスパイクの時はこんなにもフラットだった。

二列目シートもフラットの床の一部に変身していたのだろう。


でも収納スペースが(床下にちょっとあるだろうけど)ほとんどない。

車中泊にすると、着替えが入った荷物とか降ろさなかったキャンプ道具の置場に困るからな~ 

二人分の旅行荷物だったらなんとかなるかもしれないけど。

そこから考えると床下&天井収納は相当な改善だと思われる。




とっても気になるFREED+

私はステップワゴンRKが大好きで、次の車はまだ考えられないけど、工夫次第でいろいろアレンジできそうなこの車に興味深々である。



by oyakata58 | 2016-09-24 13:26 | 何気ない日常 | Comments(4)

こうきたか

本日も雨天なり。

上野村旅行中に見つけたポスター

c0122670_00332816.jpg


自衛隊員になってみんなでゴジラをやっつけよう!

って募集しているのだが、いざというときは映画みたいには行かないでしょう。

地震、原発、原爆、身勝手な国の偉い人、どれもそうはコントロールできなさそう。

by oyakata58 | 2016-09-23 23:32 | 独り言 | Comments(0)

溺れたヤモリの蘇生

本日も雨天なり。





c0122670_12315081.jpg

最近天気がひどすぎる。

観光業と、農業に従事した人たちの収入が心配だ。


昨夜、2階でパソコンしてたら風呂に入っている嫁さんの悲鳴が!

しばらく放っておいても、一人騒ぎがしつこいのでなんだ何だ?と行ってみると、湯船にヤモリが浮いているという。

いつどのタイミングで侵入したのか不明。


たしかに湯船に くた~って感じで浮いていた。すでに死んでいるようだ。


お湯で火傷しててもかわいそうなので素手で救い上げ、熱さを冷ますために水道水でクールダウンしてあげた。

いいのか悪いのか。


ティッシュに包んで水分を拭いて、しばらく観察するも心臓の動きがない。


c0122670_12315003.jpg
手のひらも折れ曲がったままで、グッタリな様子。死んでるのかな??



仰向けにして指で軽くトントンと心臓マッサージ。

口の方からゆっくり息を吹きかけてみるも反応なし。


c0122670_12315028.jpg

ヤモリって家の守り神っていうからな~

網戸や外灯にへばりついて蚊とか、蛾とか食べてくれるし。

できることなら生き返らせてあげたい。



c0122670_12315155.jpg
しかし近くでよく見ると体表にはきれいな模様が入ってるなあ

同じ爬虫類の恐竜に毛が生えていたというのも無理があるような・・・(毛らしき成分が含まれた化石が実際に発見されている)









すると・・

c0122670_21023912.jpg
数十秒後に、喉を鳴らすような音がしてキュツっといってピクついた。

口も一瞬だけ開いた。


おっ、まだ完全には死んでいないようだ。

また何も動かない時間が続く。






また数十秒後、同じような反応が。


c0122670_12315048.jpg
口を開いて呼吸をしているようだ。

心臓や肺がぴくぴくと動きを再開させたのがはっきりと見て分かった。

口は一瞬だけ開いてまた閉じた。






c0122670_12315163.jpg
さらに時間が経つと、頭が持ち上がった。

指も開いて歩きだしそうな感じ。

いいぞいいぞその調子。

虫かごに入れて経過観察しようかとも思ったが、エサを食べたいかもしれないし、人に怯えているかもしれないし。


野生なのでこれ以上過剰に介護するのもどうかと思い、玄関の外の脇に積んでる薪の上にティッシュごとそっと置いておいた。






翌朝、ティッシュごとなくなっていたが、その後、このヤモリがどうなったかは不明。

また家の周りで餌を食べつつ、守ってくれているといいけど。









by oyakata58 | 2016-09-22 12:41 | 何気ない日常 | Comments(2)

雨の群馬県上野村旅行④

上野村で参加したフォレストアドベンチャーの会場の横のキャンプ場で、木工作家さんなどが一同に集まって家具やらインテリア小物などの作品の展示即売会をやっていたのだが、雨も降っていたり、地面がぬかるんでいたり、木と雨の相性が非常に悪く、ほとんどお客さんが来ておらず、本当にかわいそうな状況だった。

その中でも数少ないお客さんを奪っていたのがジャズのミニコンサート。

c0122670_01050981.jpg






c0122670_01050969.jpg






c0122670_01050949.jpg
テントの屋根に当たる雨の音でさえも自分たちの奏でる楽器のリズムに取り込むかのような、

なんとも耳に心地よいライブを行ってくれていたのでした。






家族たちが着替えたりしている間に一人でパイプいすに座って、数少ない客の一員として楽しませてもらった。

こんな大人の人達、カッコいいな~





c0122670_01050970.jpg
それにしてもたくさんのテントで販売している多くの作家さんたち、暇そうだし、作品は雨で痛むし、
地元のボランティアたちで車の誘導をやったり、食事を振舞うテントや出店もあったのだが、
本当にお客さんがおらず・・・

自分たち家族の団体が用事を済ませて立ち去るのも申し訳ないくらいだったよ。

天気ばかりは仕方ない。

適当に美味しそうなお店でお昼ご飯を食べた。

c0122670_01372518.jpg





c0122670_01394991.jpg






c0122670_01395032.jpg





二台の車で移動しているのだが
子供達が全員あおぞら号に乗っている。

c0122670_01372552.jpg

なんで?と聞いたら、天井がガラスで楽しいからだそうだ。明るく開放感があり子供達には人気なのだ。







c0122670_01050822.jpg

さて、雨も時折強く降ってきた。

子供と一緒にどこ行こう〜

こういう日は屋内展示施設に限る!



上野村から出た。





c0122670_01050928.jpg



群馬県立自然史博物館へ。


c0122670_01121012.jpg






c0122670_01120139.jpg












のっけから地球誕生の秘密をせっせと説明してくれていたり、それを通過すると透明な床の下が採掘現場のジオラマになってたり

c0122670_01120160.jpg





c0122670_01120179.jpg






c0122670_01120186.jpg
結構リアルな巨大な動く恐竜(ここではティラノサウルスがティランノサウルスというらしい)がいたり、


c0122670_01120129.jpg


そこそこ広い空間だけど、これでもかーーーっていうほどいろんなものを詰め込んでくれていて見応えがあるのだが、情報が氾濫し過ぎている上、子供たちは先さき行くしで、まったく頭に入ってこない。


c0122670_01120138.jpg





c0122670_01120104.jpg
動物の剥製なども多い。中には触ってもいい剥製も多かったりと、不思議な博物館。


c0122670_01395154.jpg





c0122670_01395281.jpg







ちょっと納得がいかないのが、多くの恐竜や古代生物の化石がたくさん陳列されているのだが、どれが本物でどれがレプリカなのか全く表示が無かった。

まさかどれも本物な訳が無かろうに、正直に書いてくれていた方が感動のポイントが明確でテンション上がるし、レプリカはレプリカで良くできてるな~と感心できたりするのだが、ちゃんと説明書きしておいてくれよ~

本物を展示している博物館で人気らしいのだが、いったいどれがどうなのよ!!!
それとも私が表示を見逃していただけ???

ロボット仕掛けの恐竜にこれはレプリカです!なんて説明はいいけど、化石関係だけでもお願い!!



c0122670_01164316.jpg
そんな中、私が一番感動したのは、生きているヤドクガエルの二匹!!
黄色と黒の個体と、青と水色のグラデーションの個体。

ありえないほど美しいつややかでビビッドな個体だった。

私、小さいカエルだけは好きなのよ(トノサマガエルサイズまで)。






地球の誕生から始まり、プランクトンになり、恐竜になり、現代の野生動物になり、霊長類になり、原始人から現代人になってく順番に展示されている。
c0122670_01164328.jpg

原始人の生活のレプリカも切なくて良かった・・・・








いちおう入口が別の特別展示の「ティランノサウルスの時代と体」コーナーはなかなか新鮮で面白い工夫がされていて、毛におおわれていた恐竜の想像標本が見られた。

c0122670_01164209.jpg






c0122670_01164275.jpg
本ではみたことあったけど、立体物としてみたのは初めてだ。

いったいどの案が正しいのだろうな~

タイムマシーンが開発されるか、DNAから忠実な再生ができる技術が考案されるまでは、正解は謎のまま。


c0122670_12161614.jpg
天井に映り込む化石の影がかっこいい。

この化石から肉づきはある程度想像できそうだが、顔つきや肌の模様、毛の有り無しを判断するのは無理がある。

例えばシャチを知らない時代にシャチの骨だけが見つかったとしても、想像や分析だけからは絶対にあのデザインには行きつかないもの。

ご参考 シャチの骨格
c0122670_18250541.jpg
鴨川シーワールドにて









c0122670_01164240.jpg

夕方5時前までここで過ごして、いざ八王子へ。

なんと関越道は60kmの大渋滞。トホホ・・・

しかたなく下道を走りまくる。

圏央鶴ヶ島ICからようやく高速道路にのったのだけど、群馬から帰宅するのに4時間半ちかくもかかったよ。



おまけのおまけ情報

圏央道外回り狭山PAの抹茶ソフトが、感動的な美味しさだった。バニラの味よし!降りかかってる抹茶のパウダーの香り良し!!また食べたい。

c0122670_01511079.jpg



by oyakata58 | 2016-09-21 23:01 | 旅行 | Comments(0)

雨の群馬県上野村旅行③

なんだか午前中は雨が大降りにならずに持つかも!?

と淡い期待を抱き、上野村にオープンして間もないフォレストアドベンチャーツアーへ。
全国に20か所くらいあるこのシリーズで、この夏にオープンしたばかりのここが一番新しいらしい。

c0122670_19101397.jpg





c0122670_23265282.jpg


宿から車で5分くらい。
おそらく今日最初の客だろう。


実は昨日も立ち寄ったのだが、天気が悪くて諦めた。

宿から近かったので、その時の天候を見ながら何度でも挑戦できた。







小雨が降ったり止んだりの危ない天候であるが、始めてしまえばそんなの関係ない。







c0122670_19110133.jpg
いってらっしゃい!








c0122670_19123208.jpg
ちなみに私は妹さんのちびっこの子守という重要な任務を授かり、観てるだけ~










c0122670_19110136.jpg
霧のかかる森の高いところを子供たちが動き回る姿はとても幻想的で美しい光景だった。

一部おばちゃん、一部おばあちゃん。




c0122670_19110138.jpg










c0122670_19110180.jpg




なんだか似たような写真ばかりになるなあ







c0122670_19110139.jpg

ジップラインで森を一気に滑るように移動するのはとても楽しい。







c0122670_19155065.jpg














c0122670_19155031.jpg







c0122670_19172276.jpg












c0122670_19155055.jpg










c0122670_19171460.jpg











c0122670_19155052.jpg











c0122670_19171431.jpg














c0122670_19170269.jpg














c0122670_19171492.jpg














c0122670_19170217.jpg
















c0122670_19170169.jpg

















c0122670_19170101.jpg













c0122670_19183689.jpg
この施設は最新なだけあって、安全管理システムがちょっと他と違う。

命綱としてつけ換えが面倒だったカラビナがないのだ。

プーリーがカラビナの役割を常に持っていて、コースを大きく移動するとき以外取り外す必要が無いのである。



もちろん、木の上では脱落せず、


c0122670_19183671.jpg
コースの最後、ジップラインを終わった時だけ取り外せるのだ。

取り外すのも簡単で、良くできている。








c0122670_19215970.jpg

一時間を超えるコースをすべて走破。





c0122670_19232901.jpg




c0122670_19215910.jpg


時折小雨が降ったが、森の中なのでそれほど濡れることもなく、全員無事に終了!


とっても満足した様子。


この遊び、子供の内から森をアクティブに駆け回っているだけで、高所恐怖症の克服にもなるし、

バランス感覚も若干は身に付くし、ほどよいスリル感も味わえるし、かなりいいかも!!!



また別の場所でトライしてみたい。








by oyakata58 | 2016-09-20 19:25 | 旅行 | Comments(2)

雨の群馬県上野村旅行②

お宿の夕食


c0122670_22350014.jpg




c0122670_22350211.jpg




c0122670_22350436.jpg







c0122670_22350671.jpg

イノブタ鍋

脂身に甘味があって、味に深みがあって意外に美味だった。




c0122670_23251736.jpg
これは中年の胃袋にはこたえるわ。








c0122670_22350707.jpg

名物 上野村クリーム大福


c0122670_22350984.jpg

かなり美味しかった。
茶色のソースは若干味噌味。


お料理は写真がすべてではない。

超お腹いっぱい。


我々の食事のお世話をしてくれた宿のスタッフさんの印象がすこぶる良く、こういう人がいたら評価がいやでもあがっちゃうな~と思った。





夜はもちろん、朝も温泉に入ってのんびりした。


翌朝。

ビュッフェスタイルの朝食も、おかずのバラエティーも豊富で満足。


特にヨーグルトがネバネバクリーミーでフルールカクテルと一緒に食べたら美味しかった!!
c0122670_18442105.jpg


さらに、牛乳が自分としては感動の美味さだった。


外は、やはり雨だったけど、昨日ほどではない。

c0122670_23265302.jpg


傘がなくても遊べる小雨レベル。






c0122670_23265319.jpg

しばらく河原であそんでみたり、


c0122670_23265343.jpg
めずらしい石を探してはし写真を撮ってみたり。











c0122670_23265282.jpg
そのあとは果敢にも、再びフォレストアドベンチャーに挑戦するのであった。

天気が持つかなーー

つづく・・・




by oyakata58 | 2016-09-19 22:33 | 旅行 | Comments(2)

何気ない日常の中で発見した小さな幸せを綴ります。


by oyakata58