失敗しないキャンプ道具選び①

本日も晴天なり。



まるで最後のblog記事を書くかのような気分で長い文章を書くので、興味のない人はスルーしてください。


これから一緒に遊べる仲間に仕立てあげようと思っている職場のキャンプ初心者の若者に自分の経験からくる失敗の少ない道具選び術を伝えたい。



好みや嗜好は人それぞれであるのに偉そうに自分の考えを押し付ける行為は拒否反応を起こされがちだが、20年超のキャンプ歴を持つ道具選び失敗経験者が実体験のもとで厳選道具を勧めるのだからまあまあ説得力があるのではないかと思う。

そもそも道具選びに失敗しない人なんていない。使ってみないとわからないし、お勧めされて買ってみたものの、好みや感動ポイントは人それぞれ違うからうまくはまらない事だってある。

c0122670_10072417.jpg

道具選びが重要なのは初心者だけではない、むしろキャンプの計画を立てるたびに新アイテムを買ってしまう物欲降臨キャンパーもだ。(これは言ってしまえば男子脳が先天的にそうさせているに違いない)この記事は私がその心理状態を卒業したから書いている。


巷のインスタブームブームの勢いで、雑誌から飛び出したような超おしゃれなキャンパー(おしゃれ道具を使いこなし継続できる人たちは多くのファンからイイネと応援され続ける人か、ハイセンスな特殊能力の持ち主だけだ)の影響を受け、じゃあ俺も私もと便利道具集めに夢中になった結果、さらに大きい車を!さらに大きな倉庫を!とキャンプ道具沼に嵌り、みんながいる時に便利だから、盛り上げるために必要だから(これは他人からすると有難い場合が多い)と少ない小遣いで新アイテムを買い続け、そのたびに嫁さんに呆れられて叱られている人が続出しているのではないだろうかと容易に想像できる。(私も正にそうだったから 笑)


荷物が増えると準備や設営において時間と労力が余計にかかるので、そのうち自然と腰が重くなり、モチベーションが下がり、キャンプ自体が面倒になる場合がある。持っていく道具を減らせば済むことであるけど。


それでも懲りずにこの先もキャンプに行くために(十分道具がそろっているにも関わらず)もっと本質的に使い勝手の良い道具を追い求めてしまうのである。


そうなると行きつく次のステップは道具の断捨離と買い直しである。


キャンプスタイルの変化はモチベーションの変化だけが理由ではない。変化するライフステージにおいて子供達も成長しいつからか参加してくれなくなったり、事情で友達も変わったり、自分も老いる事で体力も下がり、最適な道具が変化していくのも自然である。

しかし冷静に考えるとテントのサイズは変化しても基本道具は必ずしも変化しなくても良かったはず。
c0122670_10090204.jpg



さて話を戻すが

職場の同僚にこの夏からキャンプデビューをしたい若者がいて道具選びの相談に乗ってくれと言われたところである。

彼はまず人生初の車(ライトクロカン車)を手に入れたばかりで気合いが入ってる。お金はそんなに積極的に使う性格ではない。

限られた容積の荷室にうまくフィットする道具選びはとても重要だ。


物に対する価値の判断や、好き嫌いなど好みが彼なりにあると思う。身銭を切って投資できるお金も限られる。


そこは尊重しつつしっかりコミュニケーションを取りながら、買い替え不要で一生使える道具選びのポイントを真心こめて真剣に伝えることにしよう。


というわけで、前振りが異常に長くなったが、「今から揃えるなら(買いなおすなら)、このアイテムを買っておけ!」特集である。



キャンプ道具必須アイテムを目的に応じて以下のようにカテゴライズしてみた。

①食う道具 コッヘル スプーン 
②作る道具 調理器具 ナイフ
③寝る道具 マット シュラフ コット
④灯す道具 ランタン ヘッドライト
⑤座る道具 チェア
⑥置く道具 テーブル
⑦プライバシーを保つ道具 テント 
⑧日差しや雨から守る道具 タープ
⑨保冷する道具 クーラーバッグ
⑩水を溜める道具 ウォータータンク
⑪火を楽しむ道具 焚火台
⑫火を操る道具 ストーブ
⑬持ち運ぶ道具 収納バッグ
⑭危険を回避する道具

長くなったので次回につづく…


c0122670_22573134.jpg



by oyakata58 | 2018-06-12 22:59 | キャンプ道具 | Comments(0)

何気ない日常の中に見つけた小さな幸せを綴ります


by oyakata58
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31